● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

3月6日は、京都は烏丸の閑静なエリアにあるお菓子、そして雑貨、絵本のアトリエFint,takk!でのスイーツなお座敷をつとめてまいりました。

あいにくの雨模様でしたが、そんな中お越し下さいましたお客様、本当にありがとうございました。
そしてアトリエFint,takk!の土永さん、スタッフのお嬢さん、今回このような機会を与えてくださいましたこと、そして色々と細やかなご配慮、本当に感謝しています。

私にとっては本当に待ち遠しかったお座敷。
アトリエFint, takk!の美味しいスイーツ。
そして土永さんとスタッフさんの素敵な笑顔。

20100306fint,takk9.JPG

思わず通り過ぎてしまいそうなくらいの細い路地に入るとアトリエFint,takk!はあります。
最初に訪れた時に、お店を見つけられた時の感動を今でも覚えています。
というくらい、見つけにくいお店です。
なので、見つけた時は本当に嬉しかった!!・・・のです。

20100306fint,takk11.JPG

20100306fint,takk10.JPG

こないだ府庁でもちょこんと佇んでいたフタコブラクダさんの黄色いCocodrilo看板に、今回Fint,takk!のスタッフさんが手作りしてくださったという可愛らしい看板(なんと鰐のイラスト入り!本当にありがとうございました!!!)が店先に。

20100306fint,takk23.JPG

ちょこんと佇む町屋の扉を開けると、すぐカウンターが現れます。
そして笑顔のスタッフさんが出迎えてくれます。
靴を脱いであがると、どれにしようかと迷ってしまう美味しそうな焼き菓子、そして奥にはハンドメイドの雑貨や外国の雑貨がディスプレイ。

20100306fint,takk22.JPG

掌にのっかるようなふわっとした小さな幸せを感じることが出来る、そんなお店、アトリエFint,takk!です。

20100306fint,takk6.JPG

今回、アトリエFint,takk!の2Fの10畳ほどのお部屋でのお座敷でしたが、2Fへと続く階段、これが貴重なのです。
手摺りなし、そして実は物凄く傾斜がきつく、冗談抜きで45度くらいあるのではないかというかなりの傾斜、そして階段の一段一段が、普通の階段の半分くらいの奥行きで、上り下りするのも注意が必要な階段です。

この日20キロ程のフィル・ジョーンズのベースアンプを持ち込むベースタケシくんにとっては、まずはそれを無事に搬入搬出することが第一。
ということで、開催前日、安全に搬入するにはシミュレーションが必要かという話になり、タケシくんがスーツケースの固定紐を使い、自分の上半身とアンプをくくりつけて、だっこするような姿勢でソファにのぼり、踏み台昇降チックに安全確認するさまを見て、非常につぼってしまいました。

よっしゃ、これで大丈夫、ということで、当日。

お店に入る前に何故かいやな予感が。

J: 「・・・・・・・ひも持って来た??」

タ: 「わすれた・・・」

J: ・・・・(心の中で小さく  ”ど、どあほっ・・・”  )

あのシミュレーションは何だったのだろう・・・ということで、結局は普通に運搬。

以前も感じたのですが、スタッフさんはお菓子やお茶がたくさんのったお盆を
持ちながらこの凄い傾斜の階段をらくらくと上り下りされるのです。
すごいです・・・。

20100306fint,takk3.JPG

さて、普段置いていらっしゃる家具を移動。
その机をどこに置く?
このソファはこっちに置く?
色々と4人で相談しもって動かすというこの行程も、こちらFint,takk!ならではということで、また楽しいひとときでした。
ところどころに可愛らしい雑貨が。

20100306fint,takk5.JPG

土永さんお手製の烏丸近隣の地図が。

20100306fint,takk4.JPG

小さな幸せのもとがあっちにも、そしてこっちにも。

さて、暫くしてふと気づいた4人。

別に相談したわけでもないのに。




20100306fint,takk19.JPG

タイトル:「オレンジャー兄弟」

オレンジのトップスだけでなく、デニムの色合いや、ロン毛具合までお揃いです。
あまりにお揃い過ぎて爆笑しながらカメラで撮影する私とふじをちゃん。

しかし彼らのことを笑っていられなかった我々。



20100306fint,takk20.JPG

タイトル:「チェッカー兄弟」


20100306fint,takk2.jpg

今回は町屋のお部屋の中での演奏ということで、過去最小の音量でのお座敷となりました。
もちろん4人の声は生声。
そしてお客様との距離は目のやり場に困ってしまうくらいの近さで、最初はあわあわしながらの
1幕目でした。

20100306fint,takk13.JPG

今回は2幕、そして幕間には、アトリエFint,takk!がCocodriloをイメージして作ってくださったというスイーツ、そしてフレーバーティを頂きつつ、お客さんとたわいもないお話をしてのんびりと過ごすティータイムがありました。

1幕目では我々もお客様も若干緊張気味でその場にいたのですが、美味しいものを頂き、自然と笑顔もほころび、楽しいお話もはずみ、とてもリラックスした雰囲気になれました。

さて、そのスイーツですが、ご紹介させていただきますと・・・

土永さん曰く、“それぞれは違うけれども、素敵なハー モニーでまとまっている、大人だけれども子どもみたいなところもある、華のあるcocodriloさん。そんなことを表現できるといいな”ということでした。
大人だけれど子供みたいというのが最高の褒め言葉です。
土永さん本当にありがとうございます。

さて、どんなスイーツをお作り下さったのかというと、チョコレート好きのいるバンドということで、イタリア、 ピエモンテ地方の「ボネ」という、コーヒー、アーモンド入りのチョコレートプリン、そして温かいチョコレートプリン、更にラズベリーシフォンケーキのラスク、最後はヴィジタンディーヌのラスクと、何と4種類のスイーツの饗宴でした。
特にボネやプリンは、あの若干ビターな甘さ加減と深みのある味がココちゃん4人もお客様も絶賛!!
これは食べたことのない美味しさで、ますますトリコになりました。
土永さん、凄すぎます・・・・何度でも頂きたい美味しさでした。

そしてそんなスイーツを引き立てるのがバラとジャスミンのフレーバードティー。
凄く相性がいい組み合わせでした。

20100306fint,takk!1.jpg

スイーツって、やっぱり人を幸せな気持ちにさせてくれます。
美味しいね!という表情が笑顔で満ち溢れていて、その笑顔を見ると更に笑顔になって連鎖するさまが、なんともいえずあったかい空間を作っていました。

そしてアトリエFint,takk!のお隣にお住まいの、昔のお嬢さんも途中参加でお越しくださり、2幕目は始まりました。
2幕目は皆さん、いすやソファから下りて、床に座ってくつろいでいただきながら音を楽しんで頂きました。

20100306fint,takk8.JPG

今回、念願のアトリエFint,takk!でのお座敷ということもあり、カホニストふじをちゃんが参加する別バンド、ミカンジルで、彼が作詞作曲した「Fint,takk!」を、この機会にリクエストしました。
ふじをちゃんはギターで弾き語り、そして他のメンバーはベースやコーラスで参加させてもらいました。
北欧を感じさせる雰囲気のメロディライン、最初に迷いながらお店を見つけた時の嬉しさを綴っている歌詞がまた可愛らしく、実際アトリエFint,takk!で聴く「Fint,takk!」は最高でした。

お客様の手拍子とともに、曲が終わった時に、お隣にお住まいの、昔のお嬢さんが、アトリエFint,takk!のお隣にお住まいのはずなのに、ふじをちゃんの「Fint,takk!」の歌を聴いて、“すみません、フィンタックってなんですか?”という質問を一同に投げかけられ、瞬時にお嬢さんのお隣さんである土永さんが“この店の名前です”というやりとりに、一同この日最高の瞬間(最高の笑顔)を放ったのでした。

お嬢さん、土永さんのことはよくご存知でしたが、お店の名前までは理解されていなかった模様です・・・・。
とても楽しい、上品なお嬢さんでした。

それはとてもとてもほのぼのとした、春の昼下がりのお座敷でした。


楽器を片付け、机や家具を元あった場所になおしていくときは、一抹の寂しさを感じました。

また、是非、土永さんの美味しいスイーツに舌鼓をうちつつ、ほのぼのとしたお座敷、やりたいです。

本当にありがとうございました。

帰りはFint,takk!のスイーツを、翌日の楽しみとして沢山買って帰りました。
可愛らしいくるみボタンやきれいな細工の革のクロスもゲットしました。

20100306fint,takk24.JPG

帰り際に、土永さんが、お手製の菜の花のサンドウィッチを下さいました!
帰宅後早速頂きましたが、菜の花の苦味とクリームチーズの酸味と塩味が、さくさくのトーストにサンドされていて、これまた美味!!!
ご馳走様でした!!!

帰りの電車の中で、アトリエFint,takk!でのお座敷や美味しいスイーツ、そして土永さんとスタッフさんの人柄、お客様との楽しいお話を思い起こしながら、楽しかったね~と一同口角ゆるみ気味で電車の揺れに身を委ねたのでした。

最後に、当日のセットリストをば・・。

<< 1幕目 >>
1 Only love can break your heart (Neil Young)
2 Seven impossible days (Mr. BIG)
3 You've got a friend (Carole King)
4 I don't want to miss a thing (Aerosmith)
5 Don't ask me why (Billy Joel)
6 Perfect (Fairground Attraction)

<< 2幕目 >>
1 Ol' 55 (Tom Waits)
2 You got it (Roy Orbison)
3 Fint,takk! (ミカンジル)
4 Thank you baby (GODIEGO)
5 She (Charles Aznavour)
6 Tell me why (Neil Young)
7 Allelujah (Fairground Attraction)

最後に、アトリエFint,takk!の土永さんといつものフォーメーションで。

20100306fint,takk21.JPG

どうもありがとうございました!!
コメント

どれも美味しそう。

ふじをちゃん、ギター弾いてる。

せっかくの京都だったのに、この週は帰れなかったのだ。残念!!

ちょっと悔やまれる、俺のスケジュール。
2010/03/09(火) 00:12:06 | URL | きむわんぐらんぷり #-[ 編集]

めちゃめちゃかわいいお店ですね~~♪

烏丸は家の近くだから行きたかったんですけど残念ながら日本にいませんでした…。

次回は見に行ってみたいです★
2010/03/09(火) 00:14:31 | URL | キャロライン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
きむわんぐらんぷりさん>
まぢで美味しいです!特にチョコのシフォンケーキは甘すぎずむちゃくちゃしっとりで最高です!
ココちゃんではカホニストなので確かに珍しいですが、ふじをちゃんのルーツはアリスだそうです。またお会いできる日、楽しみにしています♪
2010/03/09(火) 18:52:39 | URL | Jackey #-[ 編集]

キャロラインさん>
香港お疲れ様でした!!
日本は寒さが戻ってしまいました~
そうでしたか、ご近所さんとは・・
古い小さな町家でほんとに可愛らしいです、お菓子も美味しいです、是非一度お店にお立ち寄り下さいね~
2010/03/09(火) 18:59:28 | URL | Jackey #-[ 編集]

この2階の味がグー。
ほんま"お座敷"って感じ。
なんかツレんち来たみたいね。
転がって無言でドラゴンボールとか読破してそうな部屋。
でも傍らのオヤツはうまい棒とかファンタじゃなくって、
キッシュとかベーグルとか出てきそうな、なんかオッサレ~なんよね~。
菜の花サンド、超ウマソー。
かもめ食堂みたいなソフト感。
2010/03/16(火) 00:58:44 | URL | LEE. #qbIq4rIg[ 編集]

LEE.さん>
フィンタックさん、本当になごむんです。
2F、古い町屋の一室で、本当にお友達の家でという雰囲気なのですが、登場するスイーツがはんぱではありません。
菜の花サンドもかなりうまし!!
かもめ食堂のもほんとにおいしそうだった・・
ところでマリンピアは4月24日になりました・・
2010/03/16(火) 19:22:42 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/968-1b14eca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック