● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

先週の金曜日は仕事帰りにビルボードライヴで行われたMarlena Shawの大阪公演最終日の2セット目に行ってきました。

あまりにも自分が幼すぎてレビュー出来る立場にもいないので、既に色々な音楽関係のお友達がライヴのレビューをUPされていますので、詳細は皆さんのブログをご覧下さい。
ちなみにSmile/CocodriloベースのタケシくんのブログにもUPされています。

さて、Marlena Shawのバックを固めるのは「Who is this bitch anyway」当時の四天王、Chuck Rainey、David T Walker、Harvy Mason、Larry Nashが25年ぶりに復活という凄いラインナップでした。

そんなわけで、オーディエンスが盛り上がらないわけがないです。
そしてその大多数はナイスミドルが多いように(?)感じました。

ため息のでるパフォーマンスで、1曲ごとに演奏が終わると鳴り止まない拍手の渦。

練りこまれ年輪を重ねたそれぞれの匠のあの空気感、タイム感には言葉が出ませんでした。

Marlena ShawとDavid T Walkerの互いに燃えさせるような音の駆け引き、うっわー・・でした。

歌い手は、加齢と共に色々と支障が出てきたりするものなのに、Marlena Shawの衰えを全く感じさせないあの声の輝きって何なのでしょう。

時間を少しおしてのライヴ開始となったため、アンコールはステージを一旦退場ではなく、退場する途中でアンコールに応えるべくステージに戻り、Smileでもカヴァーしている"Loving you..."でおひらきとなりました。

ステージをおりてバックステージに戻るまでの道程、最前列のオーディエンス一人一人に、メンバー各々がきっちりと対応(握手など)されているのがとても印象的でした。

彼らが去った後もアンコールの拍手が長く鳴り止まず、ビルボードの場内アナウンスが3度あり、最終的に「営業時間を終了します」ということで残念ながら、続きはありませんでしたが、その後も暫く拍手はやみませんでした。

ところで、演奏については言うまでもなく大満足だったのですが、この日ライヴを見て一番良かったと思ったのは、メンバー全員で終了後にお辞儀をして頭をあげた瞬間の表情を観れたことでした。

彼らのあの表情、きっと一生忘れられない気がします。
色々なことを考えさせられました。

年を重ね、色々な人とのセッションを重ね、音楽にも深みと色艶がかかり、圧倒的な存在や説得力、人間としての人となりも音となって我々に伝わってくる。

音楽に携わるはしくれにとってはこれが理想の姿だなぁといたく感動しました。

自分も、何らかの形で、彼らぐらいの年齢でも歌うことを続けていたいと深く思いました。
コメント

素晴らしいLIVEだったんですねぇ。

僕も時々思うんですよ~
いくつまで歌えるだろうって。

このお話を聞いたら、そんなことを考えた事が恥ずかしくなりました。
生涯現役でいよう!!


2009/08/11(火) 22:23:37 | URL | きむりんわんわん #-[ 編集]

歴史的なライブでしたね!

Marlena Shawの歌って、ちょっとだけ演歌のこぶしみたいなところがあって、それが日本人に受けるところなのかなあと思うんですが、こんなの思うのん僕だけですか?
2009/08/12(水) 00:16:02 | URL | アサキチ #-[ 編集]

きむりんわんわんさん>
言葉で言い表せないような素晴らしいステージでした。
いつまでって一度はやっぱり考えてしまいますよね。
私の目標は、棺おけに入るまで歌っていたい、です。
年老いて声が今のように出なくなってしまっても、言葉に宿る魂が歌わせる気がします。
生涯現役!!大賛成です!!
2009/08/12(水) 01:09:50 | URL | Jackey #-[ 編集]

アサキチさん>
誰かに会わないかな~と思っていたら、アサキチさん、ダッチーさん発見!!
仰るように歴史的でした、感動しました。
アサキチさんのブログの〆に「どうしてこんなに日本人にうけるのか」という問いかけがありましたよね。
気になっていたのです。
こぶしですか、なるほど・・・。
当たり前ですが、Marlina Shawは外国人なのに、何故か聴くと少し日本人の歌手とだぶったり思えるのはそういったところなのかもしれません。
彼女独特の色んなクセが、日本人に何か引っかかりを持たせるのかもしれないですね。
衰え知らずの輝かしい67歳、凄いとしかいいようがありません。
2009/08/12(水) 01:19:43 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/889-bb58447d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック