● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。



コニー・フランシスはこの曲がきっかけでその昔聴くようになりました。

元々はとても古い曲ですが、私のとても好きな曲のうちの1つで、特に転調後がお気に入りです。

クリアで強く説得力のある彼女の声は本当に魅力的です。
彼女の世界観にはまりました。

で、Youtubeを見ていたら。



うわ~かっこいい。
この雰囲気。

こういうの凄く好きです。
コメント

えー!?
このピアノ、Jon Clearyじゃないですか?
大・大・大好きです!
Jackey様、」ニューオリンズ系もお好きなんですか?!
2009/04/10(金) 00:22:41 | URL | アサキチ #-[ 編集]

むちゃかっこいいっすね。
全体の雰囲気がすごいいい感じで。

さらにジェフベックの何とも独特の味というか、
彼にしか出来ないプレイですね。


2009/04/10(金) 00:24:54 | URL | きむりんわんわん #-[ 編集]

またもや映画の話で恐縮ですが
僕の大好きな映画に「オールザットジャズ」
というのがありまして、その中に
Who's Sorry Nowが出てきます。
もともとはC・フランシスなんや~。
勉強になります。
2009/04/10(金) 17:26:20 | URL | ちょんまげひなちゃん #-[ 編集]

アサキチさん>
ニューオリンズ系、お恥ずかしい話、全く明るくないのですが、これを観たときになんちゅうかっこいい楽しそうなピアノ!!て思いました。
また色々教えてください~
PS:アサキチさんのところで私の好きなナンバー、UPされていて凄く嬉しかったです!!
いつかフルで拝聴させて下さい。
2009/04/10(金) 19:10:14 | URL | Jackey #-[ 編集]

きむりんわんわんさん>
このラフなようでばしっとしてる空気感、凄いですよね!!
何度も繰り返し聴いてしまいました。
やっぱり音楽はいいです!!
2009/04/10(金) 19:13:01 | URL | Jackey #-[ 編集]

ちょんまげひなちゃんさん>
元々はBert Kalmar 、Harry Ruby、Ted Snyder らが作った曲で1923年のことらしいです。

実は映画レビュー楽しみにしています。
映画の残像と共に脳裏に焼きつく音楽というのは一生忘れられないです。
私の場合は2つ、1つは「ひまわり」でしょうか。
それから「Somewhere in time」。
http://www.youtube.com/watch?v=jBPw6wgKDHE
この映画観て暫く魂ぬけたようになりました。
心の描写が素晴らしいです。
ジェーン・シーモア、本当に美しい・・・・。
2009/04/10(金) 19:35:41 | URL | Jackey #-[ 編集]

「ある日どこかで 」は「スーパーマン」で人気の出た今は亡きC・リーヴと
ボンドガールも演じたJ・シーモア、
2人が最も輝いていた頃の映画ですね。

ボンド映画を多く手がけた作曲家J・バリー、
彼の書く旋律は本当に美しいと思います。
2009/04/11(土) 01:56:25 | URL | ちょんまげひなちゃん #-[ 編集]

ちょんまげひなちゃんさん>
興行成績としてはぱっとしなかったようですが、
仰るように、その旋律があいまって、私にとっては
凄く印象深い映画となりました。
2009/04/11(土) 08:57:40 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する