● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

パンダのたからもの

今回の入院で、すてっきが結構な嚥下障害(飲食物を飲み込む際に間違って気管に入れてしまうとか、うまく飲み込むことが出来ないなどの症状)を起こしていることを、病院のST(言語療法士)の先生から知らされました。

しかしその後の精密な検査で、嚥下障害は起こしているものの、それよりも、口腔内に食べ物をかなりためこまないと食道に落ちていかないため、口腔内に食べ物を貯蔵するような仕組みになっているようで、それがあとでむせなどに繋がっているそうです。
まるでリスのようです。
いづれにしても、食事は誰かが付き添わないと、誤嚥する可能性が高く、毎食、誰かが付き添うことになりました。

入院するまでは、いわゆる嚥下障害の人には不向きとされるようなごくごく普通の飲食物を(トロミのないさらっとした飲み物、パンなど)、特に問題もなく普通に食していたのですが、入院をきっかけに、飲食物には全てとろみをつけることになりました。

水で、そんなんすって飲めるやん、て思いますよね。
これが高齢者などの嚥下障害を持つ人には危険なアイテムなんです。
飲み込むと即座に喉の奥に落ちていく=誤嚥しやすいらしく、水をはじめ、お茶、ジュース、味噌汁にいたるまで、とろみが簡単につけれる粉末のとろみ剤があって、それを入れてかき混ぜて与えています。
食べ物も、そんな感じで、ゆっくりとなめらかに喉を通っていくように工夫されています。

STの先生に教わったのは、すてっきが食べ物を食べた(現在はスプーンで小さく一口づつ家族かSTの先生、看護士の方が与えています)時は、すてっきの首元に指をあてて、ちゃんと飲み込んだかを確認し、その後“アーって言って”と言ってすてっきに言葉を発してもらっています。

ある日の食事の際、いつものようにすてっきの口にスプーンで食べ物を運んで、飲み込んだことを確認した後に、
“おとうさん、アーって言って”とお願いしてみました。

するとすてっきは、突然

「ぱぁんんだぁぁの たぁぁかぁぁらぁぁもぉぉの! (パンダのたからもの)」
と言いました。

どうしてその言葉が出てきたのか不思議なのですが、何度聞いても、すてっきの答えは

「ぱぁんんだぁぁの たぁぁかぁぁらぁぁもぉぉの! 」

なんとも可愛らしい。

ひょっとしたら、いつもお世話になっているディサービスで、そのような言葉の何かが交わされているのかも知れません。

パンダのたからもの・・・・・・

笹?
コメント
がんばってくださいっ!
休みの日にも馬車馬のように働いている、と書いてはったので、
どう働いてはるんやろうぉぉ?と思っていたら、
こんな大変な生活をされていたのですね。。。
お疲れ様です。
仕事も、看病も、そして、バンドも。。。
すごい。。。すごすぎます。。。
とてもいい刺激になりました。

とは言うものの、Jackeyさんは、
まだまだ大変な日々を続けていかれることと
なるとは思われるので、あまりうかれたことを
言っては失礼ですね。。。どうぞ、頑張ってください。
陰ながら、応援させていただきます。

ちなみに、話題に出ている誤嚥ですが、
私自身も、たまに誤嚥をするのです。。。
食べるときではないのですが、
ぼーっとしていると、ツバを気道に飲み込むようです…。
調べてみると、治すような病気ではなく、
舌の根元だかの筋肉が弱っているとかで、
舌をまわすなりして、筋肉を鍛えるしかないとのこと。
とは言うものの、すてっき氏には難しいかもしれませんね。。。

ただ、私自身、一度、寝ているときに誤嚥をして、
息苦しさに目を醒ましたことがあったので、
非常に恐怖を感じておりました。
ですので、こうやって書いていただくと、非常にうれしかったです。
私だけじゃないんだ。。。という感じでしょうか。

また、お時間のあるときでかまいませんので、
ブログの更新、楽しみにさせていただきます。

どうか、Jackeyさんやごまんちゃん、
そして、家族の皆さまに、少しでも楽しい時間が持てますように。。。
2008/05/10(土) 23:27:07 | URL | べまき #-[ 編集]

べまきさん>
ご無沙汰してます!!
べまきさんお変わりないですか??
コメント嬉しいです、頑張ります。
馬車馬なことは実は他にもありまして、ここ数ヶ月、いろんなことが目白押しで凄いことになってます。
そんなときにすてっきが入院してしまったので兄弟かなり歯をむき出し馬車馬状態です(笑)。
ところでべまきさん誤嚥があるということで、就寝中とは、凄く心配です。
べまきさんの原因が分からないので何ともいえないのですが、高齢者の場合は、口腔内の環境が誤嚥による肺炎にかなり影響を及ぼすみたいです。
すてっきは以前、口腔内の菌が肺にいき肺膿瘍になって入院しました。
高齢のために、もともと嘔吐や咳嗽の反射が鈍い上に、脳梗塞を起こしているものだから、余計にひどくなりがちのようです。
高齢者は常々少しづつ誤嚥をしているそうなので、口腔内に細菌が繁殖していると、それが少しづつ肺に送り込まれてしまうので、すてっきも毎食歯磨き、うがい、そして入れ歯洗浄殺菌をしています。
そういえば、私のような逆流性食道でも起こるそうですね。
べまきさんもどうかお大事になさって下さいね。
そしてまた遊んで下さいね。
2008/05/11(日) 23:14:11 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する