● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

結晶

その昔、冬という季節に永遠の誓いを交わした私は、雪の結晶をモチーフにしたウエディングドレスを選びました。
後方にドレスが長くたなびくロングトレーンタイプのいたるところにちりばめられた雪の結晶は、自分の気持ちも余計神聖なものにさせたのでした。

そして私の手元には同じ雪の結晶のモチーフのブローチがありました。
デザイン的に冬限定ですが、ブローチをつけると結婚した瞬間のことを思い出し、新鮮で少しだけ幸せな気持ちになります。

私がお世話になったホテルの写真館では、挙式の3年後に、集合写真や個人写真のネガを無料で分けてくださることになっていて、過日、久しぶりにホテルを訪れました・・・前述のブローチをつけて。

ちょうど大安ということもあり、いたるフロアで綺麗なドレスを身に纏う新婦さんと沢山遭遇しました。
真っ白のドレス。
幸せそうに微笑んでいる新婦さん、そしてその傍ら、これからはしっかりせんといかんなぁという面持ちの新郎さん。
彼らが放つ独特の空気感。
幸せなひとときを分けて頂くと共に、初心を忘れてはいけないと改めて思いました。
そんな感じで色々なことを回想しつつ、暫く滞在した後、予定していた忘年会へ。

そして会場に入る手前でブローチを落としてしまったことに気づきました。
言うまでもなくかなりのお気に入りであったので、落胆の度合いはすさまじかったです。
まるで相原コージの漫画に出てきそうながーんて顔をしていました。
ホテルに電話をして確認するも、現時点では届けはないとのこと。

ご縁がなかったのかもなぁと諦め、その後は気持ちを切り替え、忘年会を思う存分楽しませて頂きました。
実際この忘年会(RTBさん、Tippi-Toesさんその他色々なミュージシャンの方々が一堂に会し、呑んで食べて楽器を持ってセッション大会)は久しぶりに音楽のルーツに触れたくらいに本当に楽しいものでした。

話は戻って、もう無理だろうなぁ(もう見つからない)と諦めていた矢先に、ホテルから発見したとの連絡が。
恥ずかしかったですが嬉しくて思わず声をあらげて喜んでしまいました。
私のもとに戻ってきた・・。
ほんとに良かった・・・・・。
お蔭様でご縁があったようです。

少し前に神社でひいたおみくじには「失せ物:女性が見つけてくれる」と書かれていたのですが、本当にその通りになりました。

冬の季節の楽しみがひとつ消えなくて本当に良かったなぁと思います。
コメント

メリークリスマス!
冬が好きなんて、槙原敬之みたいですね。
私の場合は山の中で育ったので、
色取りどりの四季のどの季節かを好きになるなんてできません。
けど、凛とした空気感とか、冬ならではの清々しさはすごい共感できます。
今の季節なら、ぴーんと冷たい空気の中、
もち米を蒸したりあずきを煮たりする母や祖母の姿、
しめ縄をせっせ綯う父の姿を思い出します。
私の役目は、主に障子破りと焼き芋の監視でした。
2007/12/25(火) 12:40:18 | URL | LEE. #-[ 編集]

おおお、、、、
びびったがな。

そんな大切なもの、
ほんと見つかってよかったです。

雪ちゃんも
家に帰えらなと、必死やったんやろな~!アハハ
2007/12/25(火) 12:57:49 | URL | らなお #d8VeJLZM[ 編集]

めりーくりすますv-255
そして、結婚3周年おめでとうございますv-256

大切なブローチが見つかってよかったです。
一生の思い出ですものね。
2007/12/25(火) 13:10:30 | URL | みほっこ #-[ 編集]

LEE.さん>
ご無沙汰してます!!
凄く羨ましい環境で幼少時代を過ごされていますよね。子供にとってはまさに理想的!!

芋の監視。家の裏が公園で、そこで落ち葉の掃除がてら焼き芋よくやりました・・おいしかった。。

らなおさん>
ほんまに失くしたの気づいたとき、かなり泣き入りました。
戻ってきてくれたのでこれからもっと大切にしないと。

みほっこさん>
めりーくりすますです!
どんなクリスマスをお過ごしになられましたか?
ほんとに見つかってほっとしてます。
2007/12/25(火) 23:45:50 | URL | Jackey #-[ 編集]

すいません、論旨違いなのですが、この場をお借りして。実は絵本を探しています。
小さい頃に親戚からもらったと思われる物ですが、淡いグリーンにモノトーンの絵だったと思います。
物語はこう。
「あるお屋敷に住む主人が、クリスマスに大広間に飾る大きなクリスマスツリーを準備するように命じました。
召使は森で大きなモミの木を取ってきて飾りましたが、大きすぎて大広間の天井に先がつかえてしまいました。
これでは星を飾ることができません。仕方がないので、上の方を切り落としました。星も飾れました。
『この切り落とした先はどうしましょう?』と、背丈ほどもあるモミの木の先をかついで召使。
『もういらないから、お前にあげよう。』と、ご主人様。召使は深々と頭を下げてお礼を述べます。
しかし困ったことに、召使の部屋の天井は思ったよりも低く、先が天井につかえてしまいます。
これでは星を飾ることができません。仕方がないので、上の方を切り落としました。星も飾れました。
『この切り落とした先はどうするの?』と、部屋の隅の巣穴から現れたねずみ。
『もういらないから、お前にあげるよ。』と、召使。ねずみは深々と頭を下げてお礼を述べます。
そして自分の巣穴へ。
それぞれが、それぞれの楽しい夜を過ごすのでした。」
若干違うかもしれませんが、大体こんな感じ。
Jackeyさんなら知ってるかな、と思って。
知ってたら教えてください。
2007/12/26(水) 12:55:35 | URL | LEE. #qbIq4rIg[ 編集]

LEE.さん>
”淡いグリーンにモノトーン”というところで、アーノルド・ローベルの「ふたりは」シリーズかと思いましたが違いました。
いいお話ですね、どんな挿絵だったのでしょう・・・?
私も興味があるのでちょっと絵本探してみます。
見つけたらまたお知らせします~
因みに洋書・和書、どちらでしたでしょうか?

コチラをご覧の方でご存知の方がいらっしゃったら宜しくお願いします!!

2007/12/27(木) 00:33:08 | URL | Jackey #-[ 編集]

すみません、面倒な事書いてしまって。
すごく思い出があるので、子供にプレゼントにしたいなあと思いまして。
今年も見つからなかったので、代わりに「さむがりやのサンタ」(ブリッグス)でした。
そう、あの有名な「スノーマン」です。
ぶつぶつ言いながらプレゼントを配るのですが、何とも人間くさくて楽しい絵本です。
これは気に入ってもらえました。
ちなみにブリッグスの「サンタの夏休み」というのもあります。
2007/12/27(木) 09:37:29 | URL | LEE. #qbIq4rIg[ 編集]

LEEさん>
こちらこそ非力でスミマセン~!!
絵本は子供も楽しいし、大人になっても新たな切り口で物語の根底に根付いている何かを探ることもできたりして、時代時代にとらえかたが変わるので本当に楽しいですね~
2007/12/28(金) 00:15:49 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/698-f0343c42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック