● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20070925233756.jpg

亡くなって満2年以降はマイナス1年で回忌を数えるということで、今年の9月19日は福の3回忌、そして2さいのたんじょうびでした。

毎朝起きぬけに、お水とお香をあげ始めてまる2年。
2年もこの行為を行っていたという実感が全くないのですが、365日の倍の730日間、勿論不在の日もありましたが、毎朝福と言葉を交わし、私の日々の暮らしぶりを伝えていました。

命日の9月19日は昨年もそうしたように、福が生前好きだったものを揃えました。
りくろーおじさんのチーズケーキ、梨、みかん、大根、栗、肉、お菓子など。
そして18日に、こたつむしさんから頂いたかわいいお花。
ふとした優しさに、涙腺が緩みました、ずるいですよね、こたつむしさん。
さぞかし福も喜んでいることでしょう。

そして福の乳歯が入った指輪とネックレスも綺麗に磨きました。

亡くなった時間がやってきて、暫く合掌。
まる2年が過ぎたなんて。
本当に早いものだと感じました。
今年も少しづつ、遺品を処分しました。

こうして文字にすると、未だにひきずっているように思われるかも知れないですが、実際は1年前とは全く異なる感覚になっている自分がいて、「ひにちぐすり」とはよく言ったもので、記憶の中から薄れていくというのとはまた異なりますが、心の中のいくつもの扉のうちのひとつの扉の奥にしっかりとしまわれた感じとでもいいましょうか。
その扉を開けると、色々な想い出を連れていつでも福は私のもとにやってくる感じです。
2年たった今、ようやく一心同体、私の血となり肉となったように思います。

人として原点に戻らないといけないような時、ふと福の私への接し方を思い起こすと、非常に冷静に、そして穏やかな気持ちになれます。

うまく言えませんが、未だ精神力の面では、福には頭が下がります。

心の中のいくつもの扉のうちのひとつの奥に福はいます。

さて、今年またぼちぼちと、一歩一歩歩んでいこうとおもいます。

20070925233746.jpg

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/678-ea1cc32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック