● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

voices.jpg秋から冬へと季節が変わる瞬間を感じた今日のお天気。

今からちょうど30年前にデビューしたCheap Trick。
彼らの単純明快な音作りとロビンの声がいいです。

さて、彼らの曲の中でも私にとって一、二を争う珠玉のバラード、“Voices”です。

シンプルでいて凄く切ないのです。


メールがまだなかった時代の連絡手段といえば、電話(固定・公衆)か手紙。

話下手な私は、人に電話をする際、話すことを事前にメモに書いて電話することが多かったように思います。
今でも「電話」というのは、本当に緊張するものですね。

そうそう、電話といえば、こんなことがありました。

実家の私の部屋には黒電話がありました。
ベッドの横にテーブルがあり、そのテーブルの上に黒電話を置いていたので、人と電話をする際は、私と遊んで欲しい愛犬の福は、私の顔から伸びている黒い線の元の黒い物体(黒電話)が悪者だと思い込み、ダイヤルを足で回したり、フックを押して切ったりしました。
一度や二度ではありませんでした。

それで、ちょうど福の足の爪が伸びていた時に、いつものように黒電話のダイヤルに近づいて、ちょいと足を入れたら、爪が抜けなくなり、ものすごい声で叫び続け、電話の向こうの人はただ驚愕(犬の甲高い叫び声の後に「ツーツー」という電話の切れた音)、何が起こったのか解らず、あれは本当に凄かったです。

話を戻して。

聴く人によれば「怖い」と思うかもしれないような歌詞の内容ですが、とてもピュアなきもちが伝わってきます。

"Voices" by Cheap Trick ← コチラ
Hey, it's me again, plain to see again
Please can I see you every day
I'm a fool again, I fell in love with you again
Please can I see you every day

You didn't know what you were looking for
'Till you heard the voices in your ear
You didn't know what you were looking for
'Till you heard the voices in your ear

Words don't come out right
I tried to say it, oh, so right
I hope you understand my meaning
Hey, it's me again, I'm so in love with you again
Please can I see you every day

You didn't know what you were looking for
'Till you heard the voices in your ear
You didn't know what you were looking for
'Till you heard the voices in your ear

I remember every word you said
I remember voices in my head
I remember every word you said

Your voices, cool voices, warm voices
It was just what I needed to.

Cool voices, warm voices, your voices
But it's just what I needed for.
コメント

電話の話 確かに相手の人はビックリしたでしょうねぇ。
黒電話はもうなくなってしまったのでしょうか。
よく混線して知らない人の会話が聞こえてきたりするのが結構楽しかったです。
今はデジタル化してそのような楽しみは無くなってしまいましたが。
2007/11/12(月) 23:35:00 | URL | 不真面目サラリーマン #-[ 編集]

ご無沙汰しております^^
黒電話懐かしいですね~ 黒電話を悪者だと思うなんてかわいいですね。でも爪が挟まったのはびっくりして、痛かったでしょうね。。相手の人もびっくりしたでしょうが。。
チープトリック、母が大好きなグループです。
以前MTVか何かでライヴ映像を観ました。
黒電話は廊下にあったので、(いまは子機がありますが)長電話は寒かったです。。
2007/11/13(火) 21:18:47 | URL | mari(m+) #-[ 編集]

不真面目サラリーマンさん>
混線、そういえばしていました、嗚呼懐かしい。。。
あれって結局自分の会話も他人に聞こえていたってことですよね、凄いことですよね・・・
昭和ブームで、この黒電話も結構人気があるようですね。
デジタル化、便利になっていく分、人間らしさを失っていくようで、有難いことでもあり、ちょっとさびしくもあります。


mariさん>
お変わりないですか?
爪が挟まって、まるで気が狂ったかのように叫び続けていたのでよっぽど痛かったのでしょう。
この電話もそうなのですが、例えば床に胡坐をかいて新聞をだーっと広げて読み始めると、その広げた部分にとことこ歩いてきて座るのですよ、彼は。
時にはおなかを見せて、おなかかいてくれってポーズもとったりしていました。
当然新聞は読めません。
彼の気持ちは”新聞読む時間があるなら俺をかまってくれ”だったのでしょうね。
ところでお母様、ファンなのですね、mariさん、一度お母様から音源を拝借して通して聴いてみて下さい、結構よいですよ。
2007/11/13(火) 23:17:19 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/674-e4ecfab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック