● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20070610230708.jpg

先週に、すみさんから郵便物が届き、封筒のかた口が切除されているので、これはもしやと思ったらビンゴでした。
5月19日のSmile in a whisperの新開地音楽祭でのライヴ音源をCDに人数分焼いて送ってくださいました。
いつもありがとうございます~
今回のジャケットもCDのほうも、これまた凝ったデザインでして(下記参照)、こういうお気遣い、そしてお忙しい中作製して下さったこと、本当に嬉しいです。

すみさんのおかげで音源としても、とてもいい記念になりました。

20070610230828.jpg


そういえば、すみさんといえば、新開地音楽祭の日に商店街でお会いし、地下の喫茶店へ行った時に思い出したことがひとつありました。

ずいぶんと昔、とある地下道を健くん、枝龍、そしてお洒落なめがねをかけた男性と4人で歩いている夢を見ました。
夢を見た当時は健くんと枝龍には既に出逢っていたので理解できたのですが、残る1人の男性はその当時だれのことだかさっぱり見当がつきませんでした。
だいたい、当時、そのメンツで歩いている理由も何なのだろうと非常に不思議に思ったことを覚えています。

で、こないだ新開地音楽祭の時に、枝龍、健くんと3人で喫茶店でも行こうかと話しながら歩いていたところ、前からすみさんがやってきて、では4人で行きましょうということになり、地下に色々店舗があるからということで地下に潜って歩き始めたのでした。

そう、まさにこの光景。
当時夢に出てきためがねの男性がすみさんであったことをようやく知ることに。
そして枝龍と健くんとSmileで一緒に活動するということもその夢の中では知らされていたようです。

実は私、こういうことがよくありまして。

夢を見た当時では考えられないようなことが夢でおきるので、本人は何だか不思議だなぁと、まるでパズルのひとかけらを手に入れたような感覚で、記憶の奥底に刷り込みが入るようです。

で、数年~10数年たって、同じ状況におかれてはたとフラッシュバックします。
夢の中に存在する場所(生まれてこのかた見たことがないような場所でも)は、結構記憶に残るようです。

ということで、すみさんありがとうございました。
コメント

それデジャブという既視感ですよね。
自分も最近なくなりましたが、まだ若いときはたま~にありました。
ただ自分の場合は人ではなくて殆どが風景でした。
自分が幽体離脱して魂だけ先行して一人歩きしてたのかと思い、変にビビッてたりしてました。
2007/06/16(土) 07:53:48 | URL | 不真面目サラリーマン #-[ 編集]

そうです。
私の場合は殆どが風景と人物がセットになっていて、自分もその中に当然いて、それを客観的に見ているんです。
私も離脱しているんかって思ってしまいます。

2007/06/16(土) 08:08:22 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/633-e3ac4cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック