● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20070319220258.jpg

ラナンキュラスって本当に愛らしいですね。

後ろのお花は、手前のお花を支えているように大きく花びらを広げて咲いています。
陰ながらエールを送っているようにもみえます。

人は1人では生きていけないなぁとたまに痛感することがあります。

現実に見える、見えないは別として、やわらかい真綿のような気持ちで見守ってくれていたりするのですよね。
きっと相手も気づかないうちに支えてくれているのでしょうね。

人に支えてもらえる、自分を甘えさせてくれる人々がこの世に存在するということは、非常にありがたいことだと思います。

それは親であったり兄弟であったり連れ合いであったり連れであったり友人であったり、そしてバンド仲間であったり。

基本的な性分として、人に頼るより頼られることのほうが自分にあってにいるだけに、私は人に甘えることが苦手です。
なかなか心を開こうとしません。

人に甘えるということは、相手にとって迷惑な話だとさえ思っていました。

でもそれは違うのですよね。

私はこの間違いに気づくまでにいったい何十年かかったのでしょう。

例えば親に対してが良い例ですが、甘えるということが親孝行につながるなんて、思いもしませんでした。
世間的に言われる「親孝行」は確かにしてきました。
まだまだ全然足りませんが・・・。
しかしそれだけではないのですね。

何故かというと、親は私を生んで、成人するまで育ててくれたという時点で有難い話なのに、それ以上何を求めるのだ、何を甘えるのだと思うのです。
早く自立して、早く親に恩返しをすることが全てだと思っていました。
親が何かしてあげると言っても、ありがとうと言って気持ちだけ受け取って断ってきました。

大人になり、私が嫁ぐ前後であったと思いますが、他の兄弟のように上手に甘えることをしない私を見て、母の友人のおばさんは、「甘えることも立派な親孝行なのよ、お母さんの気持ちもわかってあげなさい」と叱りました。

こないだ東京タワーのドラマが終わりましたが、最終回の最終のシーンで、本当にそれを痛感しました。

大人になっても非常に不器用な自分は、今更ながら、限られた時間の中で、これからどうやって親孝行をすればよいのだろうと、色々考えるのでした。
コメント

Jackeyさんに甘えられるのはいつでもウエルカムですよw
あっこれはもっと迷惑な話ですねwww
2007/03/24(土) 06:40:39 | URL | 不真面目サラリーマン #-[ 編集]

甘えるというのと、あつかましいっていうのの違いって難しいですよね。
アァ人付き合いは難しい~
2007/03/24(土) 20:38:55 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/592-07a59afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック