● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20070206184630.jpg

ガレット・デ・ロワです。
ガレット・デ・ロワは、フランスでは新年を迎える際によく食べられるケーキで、サクサクパリパリのパイの中にアーモンドクリームが入ったもので、非常にシンプルではありますが、これが美味しい。
パイ好きの私にはたまりません。
この上部の切り込み模様、お店によって柄が違うのです。

ガレット・デ・ロワには仕掛けがあります。
実はパイ内部に「フェーブ」と呼ばれる陶器の人形(色々な形があるそうで、これをコレクションする人もいるそうです)が1つだけ入っています。
みんなでガレット・デ・ロワを仲良く分けて食べる時に、このフェーブが入っていたら、その人はラッキーさん。
その日1日は王様あるいは女王様になれるのです。
このガレット・デ・ロワを購入すると、必ずついてくるのが「王冠」。
これは王様あるいは女王様になった人の頭にのっけて祝福を受ける、という代物です。

で、今年は食べようと思い立った時期が遅かったので、どこももう終わってしまっていたのですが、幸い前々から気になっていた、大阪で美味しいと評判のパンのお店でガレット・デ・ロワの予約を1月いっぱい受け付けているということを知り、早速予約。

今年はどうしても食べたかったのです。
というのも、年末についていないことがあったので、このパイを食べて、たとえ自分にフェーブが入っていなかったとしても、自分と一緒に食した誰かが幸せになるという時点で満足したかったからです。ということで、私はガレット・デ・ロワを手に入れた時点に既に幸せな気分に浸っておりました。
バターがしっかりときいたパリパリサクサクのパイ、ケーキ箱の外からも香ばしい香りがしていました。

帰宅後、我が家と実家分で8等分しました。
誰のパイに入っているのかわくわくしましたが、同時にもし包丁を入れたちょうどその部分に”かちっ”なんてフェーブがあたったらしゃれにならないなぁとおもいつつカットしました。

セーフ。ふぅぅ。
包丁かちっは免れました。

結局は相方のパイに入っていました。
こんな感じです実物大。

20070206184651.jpgきっとレモンパイのホールでしょう。

この日王様になる権利を獲得した相方ですが、晩御飯のデザートに食べたので、午前0時までの数時間しか王様気分を味わえない、こんなん短か過ぎるやろうとつっこまれました。
きっとシンデレラのような気分だったのでしょう。


あとになって気づいたことですが、このフェーブ、もしすてっきのパイの中に入っていたら、きっといくら説明しても「誤飲」オア「入れ歯損壊」。
あぁ恐ろしい。。。。

20070206184703.jpg


また来年も頂くことにします。
来年は誰のパイの中に入っているかな??
コメント

これは見た目だけでも美味しそうですね!
実は私 じい様譲りでパイものが大好きでして。
一番はアップルパイですけど。
Jackeyさんと同じでサクッと感がたまらないんですよ。
2007/02/19(月) 17:21:01 | URL | 不真面目サラリーマン #-[ 編集]

不真面目サラリーマン さんもパイお好きですか!!
サクサクでバターの味がしっかりと感じられるのがたまらなく好きですね。
私も一番はアップルパイです!!
来年は是非不真面目サラリーマンさんのお宅でもお求めになってご家族で楽しまれては!!
わくわくしますよ~
2007/02/19(月) 18:30:18 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/567-06549027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック