● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20061126225329.jpg

実は1ヶ月ほど前に、2年間いた町から数キロ離れた町に移り住みました。

マンションの高層階に住むことになり(今までの3倍の高さで当初はめまいが起きたりしました)、リビングの大窓が奈良の生駒山に向いているので、朝目覚めると生駒山から昇ってくる朝日を拝むことが出来、気持ちの切り替えをするにはうってつけです。
夜になると、色々なビルや高層マンションのイルミネーションが見えるので、ぼーっと眺めたりしています。

と、こういう心の余裕が出来たのは最近になってからのこと。


突然引越しを思い立ったのですが、近距離ということもあり、いつでもどうにでもなるだろうとタカをくくっていました。
2年しか住んでいないので、二人分の荷物はさほど増えていないだろうと、数キロしか離れていない引越し先には大型の家具や家電製品以外は自力(車)で運ぼうと提案し、実行しました(あまり距離が近いと引越屋さんに嫌がられると聞いたこともあったので)。

これが大きな間違い。
2年間というのは言い換えてみれば730日間ということで、想像以上に荷物が増えていました、特に楽器を含む音関連の機器(相方)や衣類(私)。
いづれも自分達の生活から分離不能なアイテムなので、仕方ありません。

あとはキッチンまわりや食器類全般。
図画工作好き、そして雑貨好きな私には切り離せないアイテム。
食器や製菓器具などは、私にとっては目の毒。
昔、一人暮らしを始めた頃から少しづつかわいこちゃん(お気に入り)が増え、現在は住人の数分を大幅に超える数のものが存在します。

手に入れた彼ら全てをきちんと使っているかといえば、これがB型の性分で、手に入れた時点で満足してしまうパターンも多く。
だからB型は・・といわれそうですね。

仕事から帰って、毎晩毎晩、荷物搬出搬入の為に、車で恐らく通算30数往復したのではないかという感じで、連れにドラちゃんがいたらどれだけ有り難かっただろうと思いました。
深夜まで続く梱包作業と搬出搬入作業、そして必要なアイテムの買出し。
睡眠時間も削られ、精神的にも肉体的にも疲労困憊。


結論:

◎ 近距離だからといって、引越屋さんに頼まないのは大間違い。

◎ 想像以上に自分のお気に入りの数は増えている。

◎ 引越を機にお気に入りを捨てる・・という計画は倒れる。

◎ 共働きは引越屋さんに任せたほうがよい。

◎ 精神衛生上よくないので、とにかく頑張り過ぎない。


引越屋のお兄さんに言われました。
“あの・・・・これだけの量の荷物、ご自分達で全て運搬されたのですか??信じられない・・・・凄いしんどかったでしょう?”



・・え、これってやはり凄い荷物多かったの?


とにかく疲れました。


引越してからも、荷解きに要した時間は・・・


お引越ってたいへん。
コメント

朝日が見えるなんて、すばらしい環境ですね!
うらやましい~。

うちも京都に住んでいたい頃は、
逆に、夕日の見える
低層ボロマンションにすんでおりました。(^_^;)

とくに、秋。
日が沈むとともに変化していく空の赤みを感じながら、
部屋で音楽聴いたり、本読んだりするのは
最高の贅沢だったな・・・。
また、見たいものです。

朝日はいつの頃がいいんだろね・・・
2006/12/03(日) 17:32:49 | URL | らな #-[ 編集]

らなさん>
コメントありがとうございます!
最近は朝日がのぼる時間が遅くなってきて、出かける支度をしている間にのぼりきっています・・とほほ。

夕日が見えるほうが素敵だと思います。
あのピンクモーメント、本当に綺麗ですよね。
京都・・私も学生・社会人で通算4年ほど、郊外に住んでおりました・・とてものどかで楽しかったです・・嗚呼懐かしい・・。

>日が沈むとともに変化していく空の赤みを感じながら、
>部屋で音楽聴いたり、本読んだりするのは最高の贅沢だったな・・・。

最高ですね~贅沢です羨ましい。
2006/12/03(日) 17:45:07 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/539-d10878a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
2006/12/20(水) 10:25:05 |