● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20060117192245.jpg

いきなりボケボケの気持ち悪い画像で失敬。

数年前にちょっと目を悪くして、片方の端っこが見にくいんです。
ストレスから生じたものなのかもしれないですが、一応当時ほぼ正常にはなったものの、たまに何らかのストレスを抱えると片方の片端の視界がおぼつかなくなり、夜間の運転が怖くなることもあります。

最近、若干その傾向が見え始め、ちょうど使い捨てのコンタクトも底をつきそうだったので受診しました。

一般的にコンタクトレンズを購入する際に行う検査だけでは少し不安があったので、先生に眼底検査もお願いしました。眼底検査は、昔目を悪くしていた頃にたまに受けていました。

この検査を受けた方ならお分かりかと思いますが、目薬を両目に入れてもらい、20分くらい経過すると、瞳孔ががーっと開くのです。目の真中の黒い部分がむちゃくちゃ大きく黒々になるのです。その頃には「めがね、めがね・・・・」状態です。遠くのものはうっすら見えても近くのものは全く何も見えない。

先生に隅から隅まで検査して頂いて、結果問題なしでした。
何か病気が潜んでいるのかもと思っていましたが、大丈夫でした。ほっとひと安心。
細胞数も正常値、少しドライアイではありますが、それはコンタクトをしていたら宿命のようなものですものね。

それで、診察も終わりお金を支払おうとしたら・・・・あれ・・・・。
小銭が全くわからない・・・・財布のチャックすら開けれない・・・・。
必死にもがいてなんとか支払い終えて、病院の外に出ると・・・・あかん・・・。
昔眼底検査を受けていた頃は、検査後もチャリにのってわりと見えていたのに、今回は本当に殆ど見えない状態になりました。
しかも吐き気が・・・。

そんなとき、救世主は現れました、その名は「盲導あざらしごまん」。
私が眼底検査を受ける前に、母に「久しぶりに眼底検査を受ける」とメールしていたのをごまんに伝えていたようで、心配になって車で迎えに来てくれました。母子の連携プレー、素晴らしい。
そしてありがとう、盲導あざらしごまん。

デパ地下に所用があり、とにかく品物もブレ見、財布すらまともに開けられないので、私はまるでおねだりしている子供のように、ごまんの袖を持って歩いて「これ買ってぇ」「あれ買ってぇ」とお願いしてごまんが盲導あざらしとなって大活躍してくれました。

そして何とか帰宅。
部屋が散らかっているのは朝出勤する時点に理解していました。
部屋の片付けは「すてっきじじい」さながらのアクションでした(カンペイ・ハザマ氏のすてっきじじいをご想像下さい)。

そしてネットを開けよう・・・と・・・・何も判らない。
が------------------------------ん。
所用で携帯からメールを送ろう・・・・・が-------------ん。
なんもみえん。ボタンすら判らない。

し-----------------------ん。


しょんぼり。

ということで、昨晩は何にも見えないまま大人しく眠ったのでした。
しかし・・どうして以前受けた時とこんなにリアクションが違うんだろう・・・???

ということで、これが眼底検査を行って1時間くらいしてからの目です。
記憶を辿り、携帯で撮りました。
ボケボケの画像、そして充血。
黒い部分が異様に大きくなっているのがお解かりになるでしょうか?
なんだかRAINBOWの「闇からの一撃」みたいですね。
あ、あの目は別に瞳孔開いてないですね。失礼。
しかしきもちわる----い。
みなさんごめんなさ----い。
コメント
あいもブログ作りました★
http://blog.livedoor.jp/ai_kojima2000/写メもあるので恥ずかしいケドがんばって作ったので見に来てください!
2006/01/17(火) 20:05:55 | URL | 愛 #-[ 編集]
眼底検査
ちなみに私も
いずれ眼底検査を受けなければ
ならない身ですが
その検査は痛かったりするのでしょうか。
車で行かない方が良いみたいですね。

目医者に行ったことがないので
ちょっと怖かったりします。
2006/01/17(火) 22:47:18 | URL | 塚原しじみ #-[ 編集]

しじみさん>
いくつかの病気を診断する上で、眼底検査はおススメです。
そして大丈夫ですよ、点眼自体は痛くない筈(私は角膜が荒れていたためちょっとしみましたが)。

ただ、個人差があって、物が見えなくなってから通常の見え方に復帰するまでの時間や視界の鮮明さにはまちまちのようです。

私の場合も、数年前、数回眼底検査を受けた際、点眼は特にしみることもなく、検査後も普通にゆらゆらチャリに乗って帰りましたが今回は全く違いました。同じ人間なのにどうして??
だから車やチャリでは行かないほうが得策かと。

しじみさんも目の写真お撮りになってみては?普段と全然違って面白いですよ。ただ携帯をまともに操作できるかどうかは・・・む~・・・。
2006/01/17(火) 23:27:48 | URL | Jackey #-[ 編集]
目に関するイベント
一番の理由は目医者と言うところに
あまりなじみがないため怖いというか
多少先端恐怖症気味なので
目薬すら上手く入れることが出来ません

しかしいずれ勇気を出して
行かなければと思っていましたので
痛くないとのこと
大変有益な情報となりました

今年の目標といたします。
2006/01/17(火) 23:54:12 | URL | 塚原しじみ #-[ 編集]

おいらは他の病気もそうだけど目に関しては特に心配になってしまう。今ではすっかりど近眼になってしまったけど、めがねかけ始めの頃はこのまま見えなくなってしまうのではと心配したのを思い出した。
眼底検査ってうけたことないけどそういう状態になるんやね。一度受けてみようかな。
母子の連携、盲導あざらしごまん活躍。 ええ話やな~。
2006/01/18(水) 12:35:38 | URL | むねさん #-[ 編集]

しじみさん>
先端恐怖症気味ですか、お辛いですね。
目薬は、薬液が出る部分が直角に曲がっていて、さす時に「いかにも先端が向いている」という感じではない目薬も発売されていますので、お探しになる場合はそれがおススメです。
先生は色々な検査で色々な機械などを目の至近距離まで持ってこられる、あるいは時部んが器具の前に顔を固定して指定された方向を見るなどがありますので、そういう場合は、意識を至近距離ではなく、その先の遠くにもっていくと現実逃避できるのではないかと思いますよ。
早い人では40代から目に不調を訴えるようになりますが、早めに対応しないと細胞や神経は二度と戻ってこないので、ちょっとでも何かお感じになられた場合は是非是非頑張って目医者さんに行って下さいね。
それで受診後、「よくがんばった!」ということで何か自分にご褒美、というのはいかがでしょう?私が幼い頃は牛乳やさんのコーヒー牛乳でした。
しじみさんその時がきたらどうか頑張ってくださいね!!

むね3>
まいど!むね3もコンタクトだとは知らなかったなぁ。眼底検査は恐らく40歳くらいから受診したほうがよい、と聞いたことがあります。勿論何か問題があればすぐに受診するにこしたことはないけれど、私は眼科ではうまく自分の不調を伝えられないのでたいがい事前に症状を詳細にメモして持参しています。
ごまん、ええ子やろ~ほんまにありがたいよ。
2006/01/19(木) 07:52:11 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/314-9615926b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック