● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

vandenberg.jpg前記事のホワイトスネイクにも加入していたギタリストのエイドリアン・ヴァンデンバーグですが、腕の故障後は画家に転向と、いやはや、素晴らしい。
天は二物を与える・・・・のですね。
このアルバムジャケットも彼の作品です。

エイドリアンに関しては、個人的には自身のバンドでもあるヴァンデンバーグのほうがいいなぁと思います。
ヴァンデンバーグは4年間という非常に短い間の活動でしたが、当時かなりのインパクトを与えたのではないかと思います。

そのヴァンデンバーグの二作目のアルバム「誘惑の炎」に収録されている”Different Worlds"。アコースティックの泣きの曲ですが、切なさがぐっとくる曲です。イントロの物悲しい旋律から徐々にドラマティックに盛り上がっていく流れが本当にいいです。

因みにこのアルバムがリリースされた84年といえば、"Super Rock 84"が開催された年ですね。砂利が敷き詰められた会場にハイヒールで行ってヒールをボロボロにしちゃったなぁ・・・。

さてさて・・・。
音楽に関わっていながら、ブログに関しては殆ど音楽に関することを書いていないので、自分が今までいいなぁと思った曲を、「スキキョク」というカテゴリーで、これからちょくちょく簡単に紹介していきたいと思います。
恐らくバラードが多くなるのではないかと思います。
“あ~、わかるわかる!”という曲がありましたらコメント下さいね。・・・ということでみなさんよろしくです。
コメント
ふむ。
バラード系ですか。
僕はやっぱりROCK BALADと言えば、
「I'LL BE THERE FOR YOU」 by BON JOVI
ですね!これに尽きます!
バラードなのに泥臭い男くささが漂ってて、当時この曲聴いて、女の子へのアプローチは、スマートさよりも、不器用でもストレートな気持ちだなぁ、と思った曲です。
ブレイクでのJOHNのかすれた叫び声にグッときますな。

あと、RCサクセションの「スローバラード」。
FACESの「UH, LA LA」(バラードではない?)
こちらは定番ですが、やっぱいいです。

あとGn'Rの「NOVEMBER RAIN」,
デビュー前のピアノ版の物で、ブートっぽいざらつき具合がピアノと相まって、いい雰囲気を醸し出しております。

あと、MTVで聞いた「DREAM ON」オケ版!

はあ、いっぱい書いた。
2006/01/16(月) 17:54:39 | URL | LEE. #qbIq4rIg[ 編集]

バラード系ねぇ…
「アレスの嘆き」だな。

『♪遠く離れていても作り笑いが上手さ~』

って、知らないかw

LOUDNESS。。。                  
2006/01/17(火) 05:28:41 | URL | DJ #B1DnmyeQ[ 編集]

LEEさん>
今年もよろしくです!!
BONJOVI!これは語らずにはいられない!!
BONJOVIではBed of Rosesが一番かも。
いや、Love Liesも捨てがたい!!BONJOVIネタはまたアップいたします!!

DJ殿>
あのアルバムをラジオで録音した覚えあります。
Satisfaction Guaranteedが一番記憶に残っています。
2006/01/17(火) 19:07:43 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/307-6507e8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック