● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20131102otoraku30.jpg


その④ 風丹 18:00-19:00
It don’t mean a thing (Duke Ellington)
The moon is mine (Fairground Attraction)
Sir Duke (Stevie Wonder)
Thank you baby (Godiego)
Eternal flame (The Bangles)

長寿蔵さんからは少し遠い場所にあり、急ぎ足で移動・到着したのは18:30前。

20131102otoraku29.jpg


すると、我々の演奏枠で、既に飛び入り演奏されていたので、終了されるのを待ち、店内ではなくお店の外で演奏させて頂くことに。

風丹さんは女性に大人気のようで長蛇の列が出来ていました。
その横で演奏させて頂きました。

20131102otoraku28.jpg


入店待ちの皆様、そして通行中の皆様、風丹の皆様、オトラクスタッフの皆様、どうもありがとうございました!

演奏していると、移動中、あるいはオトラクバス演奏中のオトラクミュージシャンの方々が、
手を振って下さったり盛上げてくださったりと非常に嬉しい瞬間でした。
バスの運転手さんも、信号待ちの間、こちらに向かって手を振って下さいました、ありがとうございました。

20131102otoraku31.jpg


どんどん辺りは暗くなり、夜に突入。
非常に心地よい風が頬をつたっていきます。


20131102otoraku32.jpg
(さて、4人でラストの会場へ!)


そして今回5つ目、最後の会場である「炙りやええねん」さん、「えび家庵」さんへ。



その⑤ 炙りやええねん、えび家庵前 19:00-20:00
Perfect (Fairground Attraction)
Clare (Fairground Attraction)
Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)
It don’t mean a thing (Duke Ellington)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

今回は各会場20時で演奏は全て終了することになっていました。

以前、こちら炙りやええねんさんでは、かんかん照りの真昼間に演奏したことがあり、店内だけでなく、軒先で演奏していた我々もまさに炙られた感じでした。

夜はまた雰囲気がガラッと違い、呑み屋さんなので、バルのお客様もひっきりなしに行き来されていました。

20131102otoraku33.jpg
(全ての力を出し切るリズム隊。)


最後の演奏会場ということもあり、体内に残っているパワーを全て出し切るべく演奏させて頂きましたが、入店待ちのお客様、そして通行中、足を止めて聴いて下さっていた方々、オトラクミュージシャンの方々、そしてオトラクスタッフの方々など、結構多くの方が一緒に演奏を楽しんでくださいました。


20131102otoraku36.jpg
(2階から撮影してくださったもの。)


その場にいらした皆様の温かい気持ちも頂き、我々もこの日恐らく一番いい塩梅に演奏できたのではないかと思います。

20131102otoraku35.jpg

皆様、本当にありがとうございました!!


ということで、第9回伊丹オトラクな1日は終了。

20131102otoraku37.jpg


いざ、打ち上げ会場へ。

いつもは三軒寺前、クロスロードさん前の夜空の下打ちあがりが定番でしたが、今回は屋内へ。

20131102otoraku43.jpg
(まかない班のみなさま、本当にいつもありがとうございます!)


まかない班の皆さんの愛がこもったまかないをみんなで頂きました。
おにぎりやサンドイッチ、そして豚汁が身体にしみわたりました。
おいしかったです、ご馳走様でした!!

20131102otoraku39.jpg

顔なじみの皆さんとその日の各々の会場での模様を語り合ったり、この時間もやはり好きだなぁと。

20131102otoraku38.jpg


20131102otoraku40.jpg



お開きの時間となり、終電が心配なふじをちゃんは先にさよなら。
1日どうもありがとう、久しぶりに一緒に演奏できてとても楽しかったです!!

残る3ココメン、OHANAさんに立ち寄ることに。
オトラクで演奏していたSHEさんが演奏中。
珈琲とカレー (おいしいと人気です)を頂きつつ、軒先のテーブルでまったり、ゆっくり過ごしました。

OHANAさんの軒先のテーブルから窓ごしに見える店内の雰囲気がとても好きです。

軽く1日を振り返り、やっぱり楽しかったね、と。
毎回非常に充実した1日を過ごすことが叶うこのミラクルなイベント。
今回で9回目、初回から参加させて頂き、毎回毎回その都度出逢う人、出逢うお店、演奏会場は変わり、その回ごとに常に進化しているけれど、変わらないのはこの充足感と楽しさ、そして伊丹の人や関係者のあたたかさ。

なかなか普通のライヴでは味わえない、音楽だけではない色々な要素が詰まった貴重な感覚、本当にミュージシャン冥利に尽きますし、声をかけて頂けることにも心から感謝しています。

9回目なのに、常に新鮮であるこのイベント。
ブレインの中脇さんはじめ、関係者の皆様の細やかな配慮や、楽しく独創的な発想がうまく融合されています。

我々のようなミュージシャンの目線にもちゃんと立って色々と細かく工夫してくださっていることも本当に1日で何度も感じます。

ミュージシャンとオトラクのスタッフの皆様との交流、ミュージシャン同士、お互いに色々な会場で演奏するための移動中にすれ違い、挨拶するときも、何というか、私もそうですが、皆さん笑顔なんですよね。

前編にも記しましたが日本でもバル、というイベントが非常に増えて盛り上がっている中、今回の第9回伊丹まちなかバルの前売り券、なんと全国一位だったことは大きく頷けます。

飲み食いだけでなく、伊丹の街を楽しんでもらおうとしているところ、多岐にわたるジャンルの音楽やその他パフォーマンスなども多く取り込んで、いかに色々な立場の人が楽しく1日を過ごせるかを徹底して考え抜かれたイベントだからの結果だと思いました。

本当に皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。

色々とご苦労もおありだと思いますが、どうかこれからも末永く、伊丹から全国に発信する、素敵なイベントとして益々盛り上がって、続いて欲しいと思います。


次回第10回は2014年5月17日(土)です。

10回目という節目、更にパワーアップしたバルやオトラクが皆さんの前に現れることでしょう。

私も非常に楽しみにしています。
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1267-62b59b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック