● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20130518otoraku1.jpg


はるバルきたぜ!!

「参加店は過去最多の107店舗。」

「伊丹と函館の航路が再開したそうや。」

「元祖まちバル「函館バル街」ペアご招待って太っ腹やな。」

「チケットが抽選券になるんやて?」

「チケットは売り切れることもあるで。」

「サッと飲んで次の店へ。楽しい夜は短いもんやで。」

「どなたさんもご機嫌な1日を。」

伊丹まちなかバル公式MAPのイラストの吹き出しです。


5月18日は伊丹で開催されました第8回目の「伊丹まちなかバル」の併催イベント、「伊丹オトラクな1日」に参加させて頂きました。

「伊丹オトラクな1日」にご来場下さいました皆様、一緒に演奏を楽しんで下さったり立ち止まって聴いてくださった皆様、色々なところから手を振って下さったり声をかけて下さった皆様、本当にありがとうございました。

優しくお出迎え、そしてお仕事中(調理・給仕)にもかかわらず一緒になって盛り上げて下さったお店の方々のお心遣い、そしてこのような素晴らしいイベントを創り上げている縁の下の力持ち、大将中脇氏をはじめとする事務局スタッフの皆様、各ミュージシャンに同行された多くのサポーターの皆様、そして各会場を走り抜け撮影して下さった記録班の皆様、関係者のために美味しいまかないを作って下さったまかない班の皆様、本当にありがとうございました。

まさに色々な立場の人が一丸となって楽しいことを皆でエンジョイしようという心意気。
最高です。

我々のようなバンドに声をかけて下さることに常々本当に感謝しています。
得ること、学ぶことが数知れない、しかもどんどん進化を遂げていく貴重なイベントです。

オトラクがご縁で繋がった方々との再会、そして新しい出会い。
人との繋がりの輪も最初は本当に小さかったのが、徐々にどんどん大きくなっていきます。
人見知りの私がこれなのですから、社交的な方は一体どうなるのでしょう。

ミュージシャンの演奏会場ですが、どの会場でお世話になるかは事務局から直前にリリースされます。
大・小、屋外・屋内、静か・賑やか、本当にさまざまな環境での演奏の機会が与えられます。
沢山のミュージシャンの色々な会場への振り分け、これだけでも本当に骨の折れる作業だと思います。

そういった機会を頂くことにより、我々自身学ぶことが多く、また毎回新鮮な気持ちで臨めます。
会場にお邪魔して、まずはどうぞよろしくお願いしますから始まり、さてどこで演奏しようか、どれぐらいの音量で調整しようか、どんな感じの曲を演奏しようか、お店の方も仕込みの合間、楽しんで下さっているだろうか、などなど。
ミュージシャンの創造力や機転も試されるような、非常に興味深いシチュエーション。
色々な人とのコール&レスポンス。
まさに一期一会の極み。
これがたまらないのです。

私はいつも、事前にMAPやミュージシャン情報をプリントアウトして、そこに自分達や音楽仲間の演奏会場の情報を書き込んでいき、あとはどんなお店にお邪魔できるかな、美味しいもの頂けるかなどと思いをはせるのですが、これがまた楽しいのです。

オトラクに参加させて頂くようになってから、我々のフットワークの軽さはどんどん向上しました。
今回はこういった感じになったから、次回はこうしてみよう、機材はこれに買い換えたほうがいいかな、やはり移動にラクな軽量重視のものもはずせないな、一緒に楽しめるならこんな曲がいいな、我々だけでなく皆で一緒に音を出せたら楽しいだろうな、など。
いつの間にか色々な環境にも対応できるバンドになりました。

恐らく、オトラクに出逢っていなければ、我々は未だに当初のスタイルを貫いていたのだと思います。

さて、長編のレポートになりそうです。
何回かに分けてつらつらと記していこうと思います。

お時間の許す限り、どうぞ~。
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1228-d45a0208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック