● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

otoraku2012102001.jpg
(第7回伊丹まちなかバルの公式ガイドマップ。和テイストが粋なのです。)

”今日は彼女と一緒に行くんか”

”女同士で行くと断られましてん”

”こう忙しいと店の予習ができんわ”

”今日はよう働いたからきっと酒がうまいで”

”今晩もえらい酔いが回りそうや”


毎回楽しみにしている公式ガイドマップの吹き出し。
・・・確かに女性の来場者、年々増えている気がします。


otoraku2012102004.jpg
(今回のポスター。”酒かおる街の音遊び”=オトラクです。)


Cocodriloにとって、非常に心地よく、楽しいことこの上ない、もはや欠くことは出来ないイベント。

そんな、我々が心待ちにしていた「伊丹まちなかバル」の“伊丹オトラクな1日”が10月20日開催されました。

なんと今回で第7回目。

1回目からお邪魔させて頂いているCocodriloも今回で7度目のオトラクミュージシャンです。

過去のバル、オトラクはどんな感じだったのか、あくまでもミュージシャン目線ですが、よければ過去の記事を遡っていただけると、その回ごとのイメージをつかんでいただけると思います。


年々、その人気の勢いがすさまじくなっていく「伊丹まちなかバル」ですが、今年のバルチケットの前売り券4000枚は完売、当日券は発売開始間もなく完売したそうです。

その虜になった人は数知れず。

言うまでもなく、ココメンも「伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日」の虜です。

近年、関西でもバルが物凄い勢いで普及していますが、最初に関西にバルを持ち込み、更には音楽との融合を実現させたのは、この「伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日」が初めてだそうです。

その規模も最大級です。


otoraku2012102005.jpg
(今回の伊丹オトラクな1日のタイムスケジュール。)


今回もつらつらとレポートを書いてみましたが、予想通り長文となってしまいました。

お時間の許す限り、またはオトラクに興味をお持ちの方はよろしければチェックしてみてくださいね。


otoraku2012102002.jpg
(伊丹ホールの一室でいつも顔合わせが行われます。)



① 第7回「伊丹オトラクな1日」のはじまりはじまり


まずは恒例の、伊丹ホール会議室で顔合わせ。

会場に続々集結するスタッフ、サポーター、そしてミュージシャン。

久しぶりだったり、はじめましてだったり、とにかく今日一日、この街を楽しい空間にしようという気持ちで集まった人々と出会えるこの瞬間が個人的にはとても好きです。

そして「オトラクな1日」の大将、中脇氏の姿が、“また今回も絶対楽しい!!”と思わせて下さいます。


otoraku2012102003.jpg
(これから楽しい1日になる予感。)


毎回レポートで同じことを記していますが、どの立場の人も楽しめて、細部までよく考えられた、普通ありえないミラクルなイベントだと思います。

そうなるにはこのイベント当日までに中脇氏はじめ色々な立場の方々の色々なご苦労、そしてご尽力がないと実際達成されないわけで、1ミュージシャンとしては本当にこんなミラクルなイベントに毎回声をかけて下さって楽しい1日を共有させてもらえることに心から感謝しているわけなのです。

そんなわけで、集合会場に佇むと、関係者の方々への感謝の気持ち、そしてその日1日の楽しい予感を頭でぐるぐるとめぐらせているのです。

otoraku2012102006.jpg
(ココメンとCocodriloサポーターのしゅんやくん。)


今回Cocodriloにはフルでサポーターのしゅんやくんが同行して下さいました。

時にはビデオ担当、時にはカメラ担当、そして時には盛り上げのシェーカー担当、そして何よりもココメンの”ココロのサポーター”として、非常に心強い存在で、色々とお世話になりました。


② 演奏会場その1:「奄んちゅ」さんでのサプライズゲスト


1つ目の出没会場は、酒蔵通りの「奄んちゅ」さん。

いつも遊びに来て下さる皆さんにも再会でき、あぁやっぱりこういう場でお会いできるって本当に嬉しい!と感じました。

伊丹まちなかバルの協賛店も多く集まるこの通りでの演奏。

お店の中から看板息子の“こたろう”くん(4歳)がやってきて、我々が持つ楽器や小物類に興味津々。

「これなに?」、「これは?」の質問攻めです。

ココメンはこたろうくんに楽器の音をデモします。

すっかり音を出すことに興味を覚えたこたろうくん、シェーカーを両手に持って踊りながら音を鳴らします。

ということで、折角なので、この会場の飛び入りのゲストということで、こうたろうくんをお迎えすることにしました。

そのなんともいえず可愛らしいさま。

ココメンだけでなく街行く人もメロメロです。


otoraku201210207.jpg
(今回のゲスト、こたろうくん。愛嬌たっぷりのダンスで一同ノックアウト。)


多くの方が協賛店に行列を作っていらしたり、また道行く方が立ち止まって演奏を聴いて下さったり。

こたろうくんの可愛い演奏っぷりに助けられつつ、無事演奏を終了しました。

お店の方々から飲み物やお土産の差し入れを頂きました、どうもありがとうございました。


otoraku2012102008.jpg
(演奏後、ゲストを迎え、みんなでオツカレ。)


セットリストは以下の通り。

「奄んちゅ」さん前 2012.10.20 14:00-

   Isn't she lovely (Stevie Wonder)
   You've got a friend (Carole King)
   Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
   Perfect (Fairground Attraction)

Cocodriloの2つ目の出演時間までまだ時間の余裕があったので、他の方の演奏を聴けるかも!ということで2会場をまわることに。


③ 季節*FUさんのライヴ観戦


まずは季節*FUさんの演奏会場である「串かつ吉野」さんへ。

お店に入ってみると、季節*FUのお二人だけでなく、NOBさんも!

なんとコラボステージでした。

その後、季節*FUのお二人はゴダイゴのガンダーラを演奏されていました。

啼きのギターの旋律、ハモり、いい曲はいつまでも褪せないです。


otoraku20121012009.jpg
(ギネスに串かつ、そして季節*FUの音楽、秋です。)


ココメンはお三方の演奏で芸術の秋を堪能しつつ、とろけるようなまったり味のギネスと串かつで食欲の秋を堪能しました。

ちなみに11月10日(土)は季節*FUさんのお誘いで、大阪市鶴見区のイオンモール鶴見緑地にて開催予定の「なにわアコースティックミュージックフェスタ」というイベントに出演させて頂けることになりました。

季節*FUのお二人、ありがとうございます!

またご一緒できるなんて嬉しい!!


(中)の巻へとつづく・・・・・。
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
コメント

ご無沙汰です!
お元気そうで良かったです!

ココドリロさんのNobody Knows~聴いてみたいなぁe-266
全然違う感じになってるんやろうねe-257
是非、動画UPお願いします~e-343
2012/10/27(土) 13:03:33 | URL | kirara★Naomi #2NU31nKA[ 編集]

kirara★Naomi さん>
ご無沙汰しています!
何とかぼちぼち暮らしています。
Nobody...はココドリロ結成時からやっさんVoでとてもシンプルな感じで演奏しています。
現在kiraraさんも歌っていらっしゃると知りました、
またライヴ何とかお邪魔したいと思います!
2012/10/29(月) 20:52:43 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1210-eaf520eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック