● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20120414016.JPG
(SmileギタリストとCocodriloカホニストのうしろあたま。)

ちょうどCocodriloの演奏が終わった頃、Smileのドラマー、枝龍が八日市に到着。
実はこの1週間、彼女は体調不良で発熱諸々を繰り返し、その日も38度でやってきました。

正直、そんな状態でのドラムの演奏は酷過ぎると思い、メンバーは演奏キャンセルを考えましたが、演奏をするという彼女の熱意で、周囲が見守る中、Smile in a whisperも演奏することになりました。
個人的には途中で倒れてしまわないか心配で、ヒヤヒヤのステージでしたが枝龍、最後まで本当によく頑張りました、拍手ものです、お疲れ様でした。

20120414011.JPG
(スピーカーがぐわんぐわん揺れてます。本当に怖かった。)

これでまだ天候が普通であれば有難かったのですが、今回Smileがお世話になった松原跡地会場は沢山のお店が出店されていたのですが、物も飛んでいったり、大きなスピーカーまでなぎ倒すくらいの比叡颪が吹き荒れていました。
更に演奏するステージは櫓を組んであり高さが出た分、余計その影響を受けたのかも知れないです。

20120414012.JPG
(ものすごいことになってました。)


防寒対策は講じていたものの、ここまでの暴風になるとは想像しておらず(ステージ上でも始終”ゴー、ゴー“と言ってました)、長髪をそのままおろしていたので、演奏中は、その長髪が荒れ狂い、まるで映画「リング」の貞子のように顔を覆うように恐ろしい状態になっていました。
長髪が顔をそっくり覆うくらいならまだ良いのですが、口に髪が覆いかぶさるので、歌い辛いことこの上なし、何度となく髪をどけても全く効果なく長髪がグラインドしていました。
風が邪魔をして終始深く呼吸が出来ない感じで殆ど下を向いて、立っているだけで冗談抜きに体力がどんどん奪われるような、今まで経験したことのないヘヴィなステージとなりました。
ご来場下さった方々には醜態を晒し(傍から見たら非常に面白い光景だったかもしれないですね)、大変申し訳ありませんでした。

個人的にはまず“普通に発声できるか”ということにベストを尽くすしかないという、何とも言えない気持ちでのステージで、声もまともに出ていないだろうと思いしょんぼりしていたのですが、録音物を確認すると、きっちり聴こえていました。
PAご担当の方が1度目にSmileがお世話になった方で、非常によい環境に調整して下さったことに救われたようです、本当にありがとうございました。

そしてもう1つ。
枝龍もブログでアクシデントと書いていましたが、張本人は私です。
Smileは選曲、セットリストを4人で決めるのですが、誰に言われたでもなくいつからか私は4人分印刷して裏面に両面テープをぽちっと貼って(風対策)配布するようになったのですが、今回、どこでどう間違ったか、4人で考えていた途中の曲順案を印刷して配布しまい、本番になり他のメンバーは???状態になったようで、ライヴ後のメンバーの指摘により気づき、かなりへこみました・・・
今まで役立つと思ってやっていたことでこんな迷惑をかけるなんて・・最悪でした。
これからはこういったミスを未然に防ぐため、ダブルチェックの意味でも余計なことはしないでおこうと決めました。
メンバーの皆さん、動揺させてしまってほんとにごめんなさい。

そんなわけで、個人的には非常に色々なことが悔やまれた、泣きの入るステージでした。
しかし、貴重な経験でしたので、これを是非次へと活かしたいと思います。

セットリスト(本来とは違う)は以下の通りです。

20120414013.JPG


Voices inside (Donny Hathaway)
Don’t give up on a good thing (Swing Out Sister)
A song for you (Leon Russell)
Mind trick (Jamie Cullum)
The air that I breathe (Maroon 5)
This masquerade (Leon Russell)


出演者ですらこのような状況で演奏していたのですが、悪天候の中、その演奏を最後までずっとお聴き下さっていた皆様には大変申し訳なく、また感謝の気持ちでいっぱいです、本当にありがとうございました!!
その後体調を崩していらっしゃらなければよいのですが・・・・

ということで、Cocodrilo、Smile in a whisperのびわこJazz Festival in 東近江 2012は終了致しました。

皆様、本当にありがとうございました。


20120414017.JPG

演奏後は近くの喫茶店にてCocodrilo、枝龍、きむりんご夫妻、BALさんで軽く打ちあがりました。

20120414018.JPG
(仲良しふたり。虎試合観戦中。)


20120414019.JPG
(BALさんとココメンでいつもの。)


個人的には、今年も色々な教訓を得たので、もし来年またお世話になることがあれば、更に対策を練って臨みたいと思いました。

20120414020.JPG
(冬に逆戻りのお天気でした。)


皆様本当にありがとうございました。

Cocodrilo、Smile in a whisperのライヴ写真はMegさん、ふじをちゃんから頂きました、どうもありがとうございました!!

20120414021.JPG
(帰り道のココメンの影をぱちり。)


20120414022.JPG
(帰りの高速でのショット。)
コメント

お疲れさん

LIVEツアーって感じ、、楽しい感じがいいね。

2012/04/18(水) 22:58:04 | URL | きむりん@わんわん #-[ 編集]
ほんまにありがとう。
とても、楽しい1日でした。
前の日から、そわそわと落ち着けずに、まるで明日は遠足にでも行く子供のようでした。
ワニさんに会える(^O^)そんな感じでした。
ココドリロからsmileまで久々に腕がなりましたよ。
でも撮影条件は決して嬉しいものではなく、逆光に強風?いや暴風かな。
そんな中でも皆さんの笑顔が印象的でした。
今回はあこがれていた打ち上げに同伴させていただきました。和やかな雰囲気の中、みなさんの温かさに触れとても心地のいい時間を過ごさせていただきました。来年も滋賀の地にワニさんの音楽を届けてください。
2012/04/19(木) 19:23:02 | URL | bal #-[ 編集]

きむりん@わんわん さん>
コメントたくさんありがとうございます!
5月はきむりんさん!!
新しいお子もお手元に届き、益々楽しみですね~

balさん>
14日は本当にありがとうございました!
こちらこそ昨秋Doors以来でお会い出来て嬉しかったです。
2バンドの撮影、本当にありがとうございました。
ココちゃんは逆光、スマイルは暴風と、確かに撮影環境があまりよいとはいえない中、撮影してくださって本当に感謝感謝です!
打ち上げ、参加者全員同じテーブルであれば、色々な人とお話が出来たのですが、またそのような機会があることを楽しみにしています。
お隣のテーブルのご夫妻は大学時代の私の先輩で、お二人とも素晴らしいミュージシャンです。
だんな様のHPです。
http://sky.geocities.jp/kimulinwan/
もしよろしければ夏に京都にいらしてください。
同窓会ライヴに出演なさいます。
では、またお会いできる機会を楽しみにしています!
2012/04/20(金) 00:20:28 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1195-88b7c4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック