● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

北庄司酒造店さんでのランチタイムコンサートを終え、アフターライヴも非常に有意義なひとときで一同大満足で次の地へと移動を始めました。

堺です。
堺は各メンバーにとって何かしらゆかりのある地でして、泉佐野でのお座敷が終わったら、堺ツアー(食べ物めぐり)をしよう、ということになっていました。


まずはカフェ「Oogi」。

モノトーンのチャコールの世界が広がります。

20120304sakai01.JPG


店先には”パン販売中“。
ふじをちゃんが以前立ち寄った際に手に入れたパンが非常に美味しかったとべた褒めしていたので、それは是非!ということでココメンでお邪魔しました。
パンは10数種類ありました。

お店の説明にもあるように、北海道の小麦粉・全粒粉を使用したオーガニックレーズンの酵母のパンは、卵は未使用で、小麦そのもののほのかな甘さが感じられます。

天板に整然と、またパンとパンの間の間隔まで計算しつくされているような雰囲気。
その佇まいからしてアートでした。
私は色々なパン、そしてキッシュを買いました。

そしてカフェではメンバー思い思いのものをオーダー。


20120304sakai03.JPG


やっさんはガトーショコラにコーヒー。
ガトーショコラは物凄く濃厚かつ重厚、添えた生クリームがケーキのビターさをいっそう際立てていました。


20120304sakai02.JPG


タケシくんはチーズケーキにコーヒー。
生クリームの添え方にもアートを感じます。
さっぱりとした味わいで、こちらも生クリームと共に食すといい感じでした。


20120304sakai04.JPG


私はフレンチトーストにスパイシーチャイ。
“いわゆるフレンチトースト”ではなかったです。
パンがまず美味しくて、“パンありき”のフレンチトーストでした。
パンの酸味が非常に感じられて、卵は恐らく入っていない?のでしょうか、バターと蜂蜜が濃厚に絡んでいました。
新感覚のフレンチトースト、うまく言葉で表現できないのですが、これもきっとくせになるのだろうと思いました。
スパイシーチャイは身体があったまりました。
時折物凄くスパイスがききすぎるチャイに遭遇しますが、そちらはどうも苦手なので、oogiさんのはちょうど自分好みで美味しかったです。
ふじをちゃんはコーヒーに、私のフレンチトーストを半分こしました。

実は私を除くココメンは大のコーヒー好き。
前回ふじをちゃんがこちらを訪ねた際はおかわりしたらしく、また、今回やっさんはいたく感動していました。
コーヒー好きも大満足のコーヒーだそうです。

店内の奥手には衣類や雑貨の販売スペースがあり、こちらもシンプルかつモノトーンな世界でした。
上から三方をつまんだような変型シルエットの帽子もありました。

堺には私の実家の墓のうちの1つがあるので、墓参りの際にまた立ち寄ろうと思いました。

少し脱線。
帰宅後、パンやキッシュを少しあたためてから頂きました。
こんなパン食べたことない、と思いました。


20120304sakai08.JPG


特に私のお勧めは、小さな3つの山形の「くるみとカランツのパン」、「じゃがいもパン」、「マカロンのパン」です。
くるみとカランツのパンは、しっとりとしていてふわふわの絶妙な食感とあの繊細な甘さ、じゃがいもパンはふかふかで、これまたいい具合に差し込まれた塩が、甘くてしょっぱくて、どストライク。そうそう、キッシュも物凄く美味しかったです。


20120304sakai07.JPG
(絶妙な塩加減、パンチのきいたじゃがいものパン。)


ゲットしたパンどれも本当に物凄く私好みで、幸せ。
見た目は非常にシンプルで美しく、口に入れると最大限に力を発揮するような、全体を通してあの食感、そしてほんの僅かに感じられる酸味と甘味、さりげなくて物凄いパンたちでした。
ふじをちゃんが絶賛するのも無理ないと思いました。
もっと沢山買ってもよかったと思ったりしました。


20120304sakai05.JPG
(くるみ餅といえば「かん袋」。)

そして店を出た後は、歩いて1分程度の、堺の銘菓といえば5本指に数えられるであろう、くるみ餅で有名な「かん袋」へGo。
ついさっき甘いものを食べたばかりだというのに、結局は店内でくるみ餅を戴くことに。

20120304sakai07.JPG
(イートインの”くるみ餅シングル”。)


ココメン、女子ばりの別腹仕様です、女性の私もびっくり。

20120304sakai06.JPG

柔らかい餅に濃厚なくるみ餡が絡みます。
私はこれをアツアツ食パンなどにつけて食べたら美味しいだろうなぁと思います。
ところで、大阪で「くるみ餅」というのは、東北でいう「ずんだ餅」に似ています。
お餅を、くるみの餡ではなく、枝豆で作った餡で“くるむ”(くるんで食べる)ので「くるみ餅」といいます。
津久野にある「八角堂」さんもおすすめ。

・・・・・食べてばかりのココメン。

ここでその日は解散することにしました。


20120304sakai08.JPG
(私の家の墓参り時の定番、曽呂利。)

その後、私は墓参りをして、いつも墓参りの帰りに立ち寄る、こちらも堺で有名な和菓子司、曽呂利へ。


20120304sakai09.JPG
(好物「大鏡」。ホットミルクにも合います。)


いつも買うのは大判の「大鏡」という白餡の和菓子。
本当に大きいので1つ食べると結構おなかが満たされます。

そして数年前に発売された生クリームと粒あんの絶妙なマッチング、非常にあっさりした味わいの「そロール」もゲット。
これは実家用。
あんこ好きのやっさんにおすすめしたかったのですが、かん袋で既におなかが満たされていたので結局声をかけずじまいでした。

その後私はせいろそばで有名なそば屋「ちくま」に立ち寄るつもりだったのが満腹感であきらめることに。
こし命の麺好きは少し物足りないと感じるかもしれない、茹でたての柔らか麺をおつゆに普通の大きさの生卵を1つ投入して頂く、少々変わったスタイルのおそばです。

お店の外観はそば屋に見えません、何かの工場っぽいですが、店内に入ると何ともいえない古い建物の雰囲気がよいです。

ということで、泉佐野・堺を堪能しつくした1日、そして沢山の笑顔に囲まれた1日でもありました。

お世話になりました皆様、本当にありがとうございました。
またお会いできる機会を楽しみにしています。


コメント

パン~どれも美味しそう!!
2012/03/11(日) 01:45:40 | URL | きむりん@わんわん #-[ 編集]

きむりん@わんわんさん>
本当に目から鱗、でした。
むちゃくちゃストレートに素材の美味しさが
伝わってきました。
もし堺方面に御用の際は、是非!!
ところで全然関係ないですが、寒い日はたまに
治部煮が食べたくなります・・・・・
2012/03/11(日) 23:35:55 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1184-597a7881
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック