● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20120304022.JPG


ブログの左帯にはお座敷があることを告知していましたが、記事では告知していなかった、・・・そういえば以前の記事では”しばらくお座敷はありません“と宣言していましたが、その後急遽決定し、3月5日にお座敷がかかりました。

その模様をぽちぽち綴ります。


少し前、(財)泉佐野市公園緑化協会のFさんから、泉佐野のよさをもっと知って頂くための地域振興のツアー内のランチタイムコンサートでの演奏をお願いできないか、というオファーが音楽団体のNさん、そしていつもお世話になっている某財団のNさんを介してCocodriloにやってきました。

JTB西日本企画・実施、泉佐野市観光協会協力、関西国際空港会社後援の日帰り観光ツアー(弾丸ツアーで泉佐野の一押しのエリアを沢山巡られたようです)で、ツアーの途中、泉佐野の有名な酒造店、北庄司酒造店さんの2Fにある「蔵シックホール」という立派なコンサートホールで、昼食を楽しみつつ、ステージでは楽しい演奏が繰り広げられる企画(実はサプライズだったようです)のためのバンド、ということでした。

ご縁がご縁を呼んだという感じで、急遽決定しました。
我々のようなバンドに声をかけて頂けるというのは本当に嬉しい限りで、紹介して下さった皆様、ありがとうございました!!

今回色々とお世話になりました(財)泉佐野市公園緑化協会のFさんをはじめとするスタッフの皆様、快適な音環境を作って下さったTさん、そして素敵な会場で演奏させて頂く機会を与えて下さいました北庄司酒造の皆様、そして今回ご縁をつないで下さった団体の皆様、本当にありがとうございました。

そして北庄司酒造さんで昼食時に我々の演奏をお聴き下さいましたツアーの皆様、興味をお持ち下さって嬉しかったです、どうもありがとうございました。


さて、当日をふりかえります。

ココメン3名は各々車で現地集合、私は電車に揺られることにしました。

日曜日の朝8時台、電車を乗り継ぎスーツケースをコロコロしながら閑散としたJR大阪駅のコンコースを歩きつつ、空を仰げば時計台や白い骨格が視界に入り、広がる風景を見てふとこの曲を思い出しiPodをくるくるしました。

CMなんかにぴったりなんじゃないかと個人的に思ったりして。

さて内回りから関空快速に乗り込み、環状線をぐるりと回ると今度は南へ線路はのびてゆきました。

鳳あたりまでは何となく知っているけれど、そこから先は全く知識がない。
途中、電車の扉は自己責任で開閉を行う駅になりました。

日根野駅におりたつと、大阪よりもぐっと冷え込みが厳しく驚きました。

奈良方面から威勢のよい軽トラ営業車が登場。
ふじをちゃんピックアップおおきにです。
カーステで前日の練習の音源を聴きつつ、数分で北庄司酒造に到着。

2012030402.JPG
(小雨が降っていました。北庄司酒造前。)


そういえば、Cocodrilo、酒造と何かしらご縁があるようです。

例えば「オトラクな1日」では酒の街、伊丹が会場で、その中の長寿蔵という白雪の酒蔵レストランでは毎回お世話になっていたり、来月出演が決定した今年3回目の「びわこJazz Festival in 東近江」では、近江酒造さんで演奏させて頂いたり、そして今回の泉佐野が誇る北庄司酒造さん。
ひそかに喜んでおります。

因みに、既にご存知かもしれないですが、北庄司酒造店さんは、「全国新酒鑑評会」2年連続金賞受賞の“荘の郷・都娘醸造蔵”を世に送り出している酒造さんです。

2012030403.JPG
(荘の郷!!)

酒造に足を踏み入れるとこういう風景が。

2012030405.JPG


2012030406.JPG


演奏は2階の会場、「蔵しっくホール」。

2012030404.JPG
(会場の真ん中あたりからステージ方向。ココメンとFさん発見。)


2012030407.JPG
(ステージの裏手には酒樽が。)


その広さにまず驚いてしまいました。
大きな円卓が沢山セッティングされていて、その円卓の天板、実は酒樽の底板なんだそうです。
この円卓、むちゃくちゃかっこいい・・・

2012030409.JPG
(やっさんと酒樽。)

因みに酒樽の大きさを人間(Cocodrilo 2名)で計測してみました。いかがでしょう?

2012030408.JPG
(二人で計っても全然足りない。)


天井に張り巡らされた柱の重厚さ、照明の黄味を帯びた光度の加減(私の携帯では全く再現できず、残念)、そしてこういった歴史が感じられる重厚なホールにぴったりのストーブ。
この空間の全体的な色合いもまた深みがあり、最高の空間でした。

20120304010.JPG
(なかなか伝わらないかも知れないですが、全体の空間の色合いが素敵でした。)


軽くリハを行うべく楽器セッティングを行っていると、ツアーバスが予定よりも早く到着され、1Fの酒蔵見学を終えられ2Fに続々と集結し、最終的には140名くらいいらっしゃったそうです。

20120304014.JPG
(ツアーの皆様の多さにびっくり。)


時間が早まったこともあり、我々のリハが少し丸出しに。
プログラムに「演奏」なんて書いていないので、何事かと驚くツアーの皆様。

お食事も始まったところで、我々の演奏スタート。

20120304011.JPG


個人的に、お食事中は静かなのんびりとした曲を演奏したほうがよいのか、それとも少し軽快なにぎやかしの曲などを演奏したほうがよいのか、その判断に困りましたが、結局は当初組んでいたセットリストのまま演奏することに。

20120304012.JPG
(”Nobody knows you...”演奏。)


Roger Gloverの”Love is all”は、前日の練習にアレンジを大幅に変えての登板となりました。

ありがたいことに、食事を終了されたツアーの皆様は手拍子を打ちながら一緒に楽しんで下さっていたり、演奏に合わせて首を揺らせて楽しんで下さったりでした。
楽しんで頂けたようでほっとしました。

ということで、ランチタイムコンサートのセットリストは以下の通りです。

20120304013.JPG


1 Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
2 Thank you baby (Godiego)
3 Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)
4 Love is all (Roger Glover)
5 Clare (Fairground Attraction)
6 Perfect (Fairground Attraction)

20120304015.JPG

演奏後はステージに置いていたCocodriloの名刺を手にお取り下さる方も多く、またカホンに興味を示して下さった方々が多数いらしたので、即席カホン講座の始まり・・・でした。

そうそう、このランチタイムコンサートでツアーの皆様が召し上がっていたお食事は、空港のケータリング会社が地場産のものを使ったお弁当だったそうです。
皆さん、本当においしそうに召し上がっていらっしゃいました。

ツアーの皆様は弾丸の如く、バスで次の目的地へと移動されていきました。
因みにツアー内容は
梅田(8:15集合)⇒りんくうタウン駅(9:15集合)⇒蟻通神社⇒射手矢農園(キャベツの収穫体験)⇒北庄司酒造(酒蔵見学と地場産食材の昼食)⇒泉佐野漁港(青空市場見学・ショッピング)⇒関西国際空港(保安地域、展望ホール見学)⇒泉州沖サンセットクルーズ⇒りんくうタウン駅(17:30頃解散)⇒梅田(18:30頃解散)
だったそうです。
盛りだくさんです・・・・・。


20120304016.JPG
(階段で「いつもの」。)


その後、我々とFさん、Tさんの6人で昼食(ご主人、お弁当ありがとうございました)をいただくことに。
お心遣い、感謝いたします、美味しく頂きました。

北庄司酒造の3代目ご主人とおかみさんの笑顔と腰の低さに驚きました。
満面の笑みで話しかけて下さるので、我々も幸せな気分に。
従業員の方も声をかけて下さり、我々の演奏を気に入って下さったとのことで、その方もまた笑顔が非常に印象的でした。
ふと、米から酒というと美しい滴に成長を遂げる過程で、沢山の笑顔に囲まれながらすくすくと育ったら、大切に育てられていることも酒は理解していて、きっと豊かな味わいになるのだろうなぁと思いました。

20120304017.JPG
(すっかりくつろぐココメン。本当に心地よい空間でした。)


スピーカーから流れてくるジャズのしらべに、照明を落としたこのホールがなんともムーディで、この時点で既に幸せな気分に浸るココメン。
更に私は3日前にしぼったばかりの“荘の郷 大吟醸 雫酒” を頂戴することに。
他のココメンは車のため代表して戴きました・・・・休日の真昼間から美味しいお酒・・・もう最高です。


20120304018.JPG
(新生姜ときゅうりの粕漬、こんにゃくの味噌漬、買っちゃいました。)


そして酒造特製の新生姜ときゅうりの粕漬、こんにゃくの味噌漬を頂きました。
新生姜の粕漬は初めてで、これがいい具合に漬かっていて本当に美味しかったです。

・・・日本酒にあいます・・・・・本当に最高です。
私、きっとこのときいい笑顔していたと思います。

6人で色々なお話をした気がします。
FさんもTさんも、非常に気さくで素敵な方でした。
泉佐野について、我々は知らないことが非常に多かったので、色々なお話を伺い興味を持ちました。
同時に、もっと活性化につなげたいという熱意もひしひしと伝わってきました。
音楽でも盛上げたいとも仰っていました。
我々でよければまた是非お声がけ下さい。

ところで、(財)泉佐野市公園緑化協会の活動で、自分の身近な場所で活動なさっているイベントがありました。
私の職場から比較的近いエリア、淀屋橋や中之島で毎週マルシェを開催なさっています。
イベントの時間帯をどうやら私は誤解していたようで、オフィス街のOLさんにも泉佐野の美味しいものを知って頂きたいということで、夜は19時まで、淀屋橋ならOdona前でオープンなさっているそうです。
私、時間的に無理だよなぁと思って今まで行ったことがなかったのですが、是非お邪魔してみようと思います。
今は女性ならエコバッグを携帯なさっている方も多いので、会社帰りに電車にのって野菜を持って帰ることにも抵抗がないですよね。

ということで、非常にまったりとした、個人的には真昼間からのほろ酔いで最高なひとときを過ごしました。


20120304021.JPG
(「荘の郷 大吟醸 新酒 初走り」。)


帰り、北庄司酒造のご主人から3日前にしぼったばかりの日本酒を頂きました!!!
えぇ!3日前!!本当に我々ラッキーです、大喜びです!!
お心遣いありがとうございました!!


20120304019.JPG
(うわさの泉州名物「松波キャベツ」。芯まで甘いのです。)


そして、今回のツアー先の1つでもあった、TVでも有名な甘いキャベツ、松波キャベツを栽培されている射手矢農場・長左ェ門さんから松波キャベツを頂きました!
物凄くどっしりとしていて重たい!中身がぎっしり詰まっています。
芯まで甘いそうで、ゆでたり焼いたりすると、糖度が非常に高くなるそうです。
そういえば芯って今まで捨てることが多かったです・・・
キャベツも大好きでよく買うので本当に嬉しいです、ありがとうございました!
お好み焼きにして頂きましたが、確かに甘い!!

私はお好み焼きの他には、ざくっと大きくカットして新潟の「雪太鼓」に少しマヨネーズを和えたディップで頂いてみようと思います。
キャベツの甘味と雪太鼓(新潟の辛味噌)のピリ辛がいい相性かなと思います。


そしてこの長左ェ門さんのHP制作を担当されたMadocのHさんからも当日の演奏の模様の写真を頂きました、どうもありがとうございました!!

泉佐野での楽しい時間があっという間に終わり、雨もしとしと降ってきました。

非常に貴重な機会を与えて頂き、本当に皆様ありがとうございました。

またどこかの街でお会いできることを楽しみにしています。

尚、今回の模様は以下の方々のブログでも紹介されています。

射手矢農場・長左ェ門さん → コチラ

北庄司酒造店さん 「蔵人便り」 → コチラ


・・・そして・・・ここから車3台で移動。

番外編へとつづく。

もうこの時点でえらく長編になっています、毎度皆様お付き合いくださってありがとうございます。

20120304020.JPG
(ステージでパチリ。)


追伸:北庄司酒造店さん、Fさん、Hさんから写真を頂きました、どうもありがとうございました!


追伸2:タケシくんブログ「本日の一枚」でも当日の模様をUPしています。
本日の一枚」 → コチラ
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
コメント

LIVEのレポートやのに、
ごめん!
松波キャベツに目が輝いてしまった(笑)

いいなぁ、いろんな人と出会いがあって♪
2012/03/09(金) 08:54:15 | URL | Meg. #-[ 編集]

Megさん>
キャベツ、本当に芯も甘かったです。
生で食すよりも熱を加えたほうが、他との違いは歴然でした・・・・・
2012/03/09(金) 21:51:30 | URL | Jackey #-[ 編集]

いろんな場所でLIVEする機会があるのですねぇ。
昔、酒蔵見学を毎年行ってたことがあって、その頃をちょっと懐かしく思い出しながら読ませて頂きました。 
2012/03/11(日) 02:04:48 | URL | きむりん@わんわん #-[ 編集]

いいライブをされましたね~私も見学客に混じりたかった!
2012/03/11(日) 23:00:51 | URL | みぃ #-[ 編集]

きむりん@わんわん さん>
今回お世話になった酒造のホールは本当に
素敵でした。
色々な場所で演奏させて頂く機会を頂ける事は常に有難いと感じます。
何らかのご縁がつながっていくのを凄く感じます。
毎年酒造見学行っていらしたのですね、京都でしょうか?
京都の酒造は伏見に一度私も行った事があります。
私はどうしても日本酒を頂く時は、おいしいおととが欲しくなります。


みぃさん>
今回後でサプライズだったことも知り、あと、お食事中にその前で演奏することにお邪魔ではないかと若干とまどいましたが、喜んでいただけたようでほっとしました。
ツアーのお客様のお食事がおいしそうで・・・
2012/03/11(日) 23:42:41 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1183-32a8ade6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック