● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

12月10日は、がみぃさんが参加される「湊川ロマンチカ」さんの演奏を聴きに新開地方面に向かいました。

新開地音楽祭でこの下町辺を歩くことはありましたが、いづれも真昼間。

全く土地感のないこの界隈に、人通りが少ない夜分に出向くのは初めてで、当初一人でいくことを想定していたため、何故か防御本能が働き、ライダーのようなハードな服装に、普段まずしない上下のアイラインバリバリのメイク(イマドキの子はこういうメイク、普通なのでしょうか・・・)でJoan Jettのようないでたちでした。

最終的にはベース氏と一緒に行くことになり、そのメイクをした私と共に電車に揺られることになったその方から「怖い」の一喝。
1メートルくらい離れて歩いて差し上げればよかったと・・。

会場は新開地と湊川公園の間くらい。
手土産にご当地名物の「宇宙衛星饅頭」(いわゆる大判焼)を箱買いし、会場に向かいました。


20111207minatogawa1.JPG


森本硝子店の中にある、非常に洒落たスペースで「湊川ロマンチカ」さんの2ステージを楽しみました。
会場には多くの外国人が集い、かつ、ぎゅうぎゅうの大盛況でした。
その日特に冷え込んだため、温かいチャイで身体を温めつつ、演奏を楽しみました。

湊川ロマンチカさんはギター×3、ダブルベース、バイオリンの5人編成のジプシースウィングバンド。
硝子張りの会場にはクリスマスを意識した照明がいい按配でディスプレイされ、演奏の雰囲気に非常にマッチしていました。

20111207minatogawa2.JPG

がみぃさんがジプシースウィングのミュージシャンの方々と色々なところで演奏される会場に、時折お邪魔するようになったのですが、自分の肌には合うようです。

独特の力強いギターのカッティングにストイックでいて広がりのあるダブルベース、そして花を添えるような華やかなバイオリンの音色。
大人な夜でした。

がみぃさん、お疲れ様でした。
また遊びに行きます。


脱線しますが演奏後、BGMとして会場で流れたのはGary Mooreのアルバムでした。

薄暗い会場に流れるGary Moore、しかも流れてきたのは彼の曲の中でも私の5本指に入る”Empty room”と”One day”で、こんなシチュエーションで聴けるなんてと非常に嬉しくなり一人じぃんとしていました。

私や兄が昔よくHMやHRを聴いていた頃、母が唯一好きだと言ったのは彼でした。
やはり日本人の琴線に触れる啼きのギターは、母にも共鳴していたようです。
訃報には母もショックを受けていました。

湊川ロマンチカさんのムーディな音楽に身を委ねた後に、しめはまさかのGary Moore。
帰りの阪急電車ではココメン3人と話しつつも、頭の中ではそれらの音楽がグルグル回っていました。

翌日の出勤時にiPodをそれに合わせたのは言うまでもありません。


("One day" by Gary Moore。励まされます。)

歌詞、メロディ、ギター、どれをとっても琴線です。



("empty rooms"。オリジナルのVer.が好きです。)

学生時代の思い出。
コメント
ありがとうございました!
寒い中ありがとうございました!
宇宙衛星饅頭っていうんや!
そういやUFOっぽい形してた。

ゲイリームーアはミキサーの方の趣味でした。

良いお年をお迎えください。
2011/12/27(火) 09:33:30 | URL | がみぃ #-[ 編集]
ありがとうございました!
宇宙衛星饅頭っていうんや!
おいしかった。

ゲイリームーアはミキサーさんの趣味でした。

今年もいろいろお世話になりました。
良いお年をお迎えください。
2011/12/27(火) 09:45:14 | URL | がみぃ #-[ 編集]

がみぃさん>
ライヴ、素敵でした、音楽も空間も夜に溶け込んでいて、ムーディでした。
宇宙衛星饅頭、焼きたてほやほやを膝においてライヴ観戦していましたが、あったかかったです。
Gムーア、やはりそうでしたか・・そんな感じがしました。
がみぃさん、今年も色々なシーンでお会いでき嬉しかったです。
来年もまた集いましょう。
どうぞ宜しくお願いします!
2011/12/28(水) 00:16:04 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1166-e70df6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック