● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

先週、ようやくすてっきが退院できました。

色々とご心配をおかけしてすみませんでした。

昨年末からですから、かなり長期の入院となり、その間色々な疾患にかかっては治り、かかっては治りの繰り返しでした。

長期間病床にいたため、色々な病を繰り返すたびに徐々に色々な機能が低下してしまい、残念ながら入院前と同じ生活は送れなくなりました。

どれぐらい成果があるのかないのか、現時点では全く未知数ですが、できる限り、ほんのわずかでも現存している機能を少しでも回復させてあげたいと家族で無理のない範囲でやってみようと思います。

今後はショートやディを利用しての基本は在宅介護となる上、体力や機能なども低下しているので、どちらかといえば退院後の今後のほうが、介護者にとっては色々と悩ましいこともでてくるかと思います。
在宅の日は勿論どちらかが休暇を申請しなくてはいけなくなります。

主介護者となる二人、すてっきと同居のごまんそして日々通い介護となる私は、“なるようにしかならないし、今はやれるだけのことをやりたい”と思っています。


介護というものは、ひとくちでは言い表せないくらい結構ヘヴィなこともあったりします。

しかし、それ以前に二人とも根底にあるのは親への恩返しという気持ちでしょうか。

幸いにも、我々兄弟には、父の介護をするという機会が与えられました。

大きくなるまで我々子供達を育ててくれた感謝の気持ち、大人になって親孝行をする機会を与えてもらえたことについて、ラッキーだったと思っています。


昔、年の離れた呑み友達によく言われました。
自分は親に感謝の気持ちも伝えないまま、親を亡くしてしまった。
親が亡くなってからでは遅すぎる。
自分が後悔しないように親孝行だけはしておきなさい、と。
その言葉は未だに頭の中にしっかりと刻まれています。

それ以前に、大好きなんでしょうね。
二人ともすてっきのこと。

特に二人ともファザコンでも何でもないのですが(特に私はどちらにもなびかなかった)、この長期の入院で、今までより更にすてっきへの愛情が深まったというか、我々のかわいこちゃんなんです。

入院中、仕事帰り、病院に顔を出して、その時に一瞬でも笑ってくれたらいいなぁって、1日分の笑顔をそのときまでとっておいたのです。
すてっきとなんとか目があったらその瞬間、もうあふれんばかりの笑顔をして、すてっきを安心させたいと思いました。

これからのことは全くの未知数ですが、家族に与えられたいい機会だと思って前を向いて歩こうと思います。


それと、兄弟が仲良しで同じベクトルに向いていて、本当にこれだけはよかったと思います。

今は二人とも、とにかくすてっきに良い環境、そして仕事をしもっての介護者の我々が倒れないようにお互いにきっちりするところはきっちりと抜け目なく、そして手抜きできるところは手抜きして、疲弊しないように日々相談しあっています。

今は学ぶことが多く、介護ノートに日々のことをこと細やかに記しています。
これが互いに非常に参考になります。

不思議ですが、すてっきの介護をしていることについて、つらい、ではなく楽しいと思える自分がいます。


さて、これから前に進むとします。
コメント

大変なご苦労をされてたんですね…
文中の、飲み友達の言葉、非常によく理解出来ます。
20数年前、俺も同じ思いをしました。
「親孝行したい時にいない」を。

社会に出て、さあこれから何かとしてやらんとな~
って考えてた矢先。

夫婦で旅行でも行きな。
一緒にゴルフ行こうや。
美味しい店あるねん、行こか。
特別席で巨人阪神行こか。
全身凝ってる?マッサージしたろか。
etc……

つまらん事ばかりですが、そのつまらん事すら、
どれも叶わず、でした。
だから、非常によくわかります。

今、Jackeyはそれが出来るんだと思います。
思いっきり、楽しませてあげて欲しいな!

男親にとって、娘さんは飛び切り可愛い存在であるのは間違いない筈です、たとえ口に出さなくても。

だから、楽しくないLiveも嫌なんです、ボク。

兎に角、いい思い出というか、親子でしか味わえない絆(かな?)を堪能させてあげてくださ~い!
2011/08/19(金) 02:23:47 | URL | godzilla #-[ 編集]

godzillaさん>

コメントありがとうございます。

そうだったのですね。
godzillaさんにとって辛い思い出を思い起こさせて
しまって本当にすみませんでした。

私の飲み友達もgodzillaさんと同じ頃に親御さんを
亡くされました。
私が言われていたのはちょうど20代の頃でした。

お二人のお言葉、肝に銘じます。

すてっきにとって、毎日毎日が少しでも楽しく実りある
ように、尽くしたいと思います。
たとえ私を忘れてしまっても、この人、何らか自分と
関係があって悪い人ではない、というくらいだけでも
心の片隅に想いのカケラが存在していれば、それ以上は
望みません。

親子でしか味わえない絆・・そうですね、そうします!

同窓会の1日、あの1日だけは、本当に音楽だけに没頭しました。
godzillaさんにはオアフ島、そしてSmileでも凄く楽しい気分を
沢山頂きました、本当に楽しかったです~
ありがとうございました!!

これからもみんなをわくわくさせる楽しいステージ、
心待ちにしています!
2011/08/20(土) 01:33:58 | URL | Jackey #-[ 編集]

Jackeyさんお久しぶりです。

ブログを拝見するのも久しぶりでしたので、色々大変でいらしたのが分かり、Jackeyさんの体調もまた心配です。

お父様退院されたとのことで、ほっと致しました。
これからの在宅もまた周りの方も大変かと存じますが、
Jackeyさんのお気持ちがとても温かいので、お父様にいっぱい伝わると思います。

私も両親に色々親孝行していこうとあらためて感じました。
早速、今週末に実家へ行こうかなと考えています。

こんな気持ちに気付かせて頂けて、ありがとうございました♪

お体に気を付けて頑張ってくださいね!
いつも応援しています。
2011/08/26(金) 00:16:07 | URL | かわっく #-[ 編集]

かわっく>

お返事が遅くなってごめんなさい、本当にご無沙汰です。

そちらはダーリンやややこ、親御さんはお変わりないですか?
小さな身体でくるくると働きまわっているかわっくを想像してます。
どうか無理しないでね、というかお互いにだね。

こちらはこんな感じです。
私の目下の課題は同居のごまんにできるだけ負担がいかないように
私に分散させることです。
一人でも欠けたら成り立たないので、お互いにガス抜きしながら
ぼちぼちいきたいと思います。

そうそう、むねぞうに第3子うまれたよ~
3人の子供のパパになったよ~

かわっくもきっと忙しい日々を送っているだろうから、どうか自分の
身体もいたわってね。

また集おう。私も同じようにかわっく応援しているから。
2011/08/29(月) 22:48:12 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1129-1522f0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック