● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

Billy Joelの楽曲の中でも5本指に入る好きな曲は”She's always a woman"。


淡々としたメロディの中で、進んでいく歌詞とのバランスが素晴らしい。
だからBメロが更に印象的になる。

個人的には物凄く残像感がある曲だなぁと思う。


少し肌寒くなってきた。

これからの季節。
乾いた空気に広がる夜空を眺めながら、靴を前に踏み出し踏み出し、この曲を聴くのが好き。

Billy Joelの当時のでいい映像があればと思いましたが、Fyfe Dangerfieldのカヴァーをどうぞ。



コメント

イイ曲ですね。初めて聴かせていただきました。
英語の歌詞は意味が全く理解できないのですが、
ほんとに「一歩ずつ、ゆっくり前に向かって・・・」というイメージがぴったりくる感じですね。
2010/11/06(土) 17:53:48 | URL | つっつん #-[ 編集]

つっつんさん>
こんばんは。
オリジナルのBilly Joelのほうは更にいい感じですので、機会がございましたら是非是非。
実はこの曲の歌詞、男性をふりまわすいわば小悪魔的女性のことを歌っていますが、そんな女性であっても自分にとっては始終心に映る人、というような内容です。
淡々と進むメロディは彼女の言動や行動、そしてそこに男性の気持ちが歌詞としてのっかりそのギャップが残像感を与えます。
2010/11/06(土) 21:36:38 | URL | Jackey #-[ 編集]
私も。。。
この曲好きです。
歌詞は分からないまま、聴いていたのですが(今も)
たしかに、今の時期。。。
すこし肌寒くなってくる季節にぴったりの
素敵な曲ですね(^J^)
ビリージョエルの曲は10代の終わりから20代のはじまりの頃によく聴いていたので
聴くと、その頃の事が沢山思い出されて
切なくなります。。。
2010/11/07(日) 15:30:23 | URL | OURS #JFPbBaAw[ 編集]

OURSさん>
こんばんは。
お、同志。
歌詞の内容は絵に描いたような小悪魔的な女性のことを歌っていますが、淡々としたところからぐっとあがっていくメロディ、いいですよね。
ビリジョー私も大好きです。
音楽がその当時の自分の状況と共に深く刻まれていることってありますよね。
ところでOURSさんのチャリおさんぽ。
私も数年前まではどこでもチャリで動く人間だったので、とても楽しそうで羨ましくなりました・・・
2010/11/08(月) 19:52:13 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1073-a95ca539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック