● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

早いもので、今日から11月。

ようやく秋らしい気候になってまいりました。

秋といえば音楽。
秋といえば食欲。
秋といえば運動。

ということで、ちょっとタイムラグがございますが、先月楽しんだ色々な「秋」を記したいと思います。

まずは芸術の秋。

その日、私は谷町九丁目あたりにいました。

演奏会のナビゲーターをつとめる会社の知人のお誘いで、應典院で開催される「吉村七重と田原順子のぶらり関西二人旅:吉村七重と田原順子の二人会-筝歌(KOTO-UTA)と琵琶語り(BIWA-GATARI)の競演」にお邪魔しました。

琵琶奏者田原順子さんの琵琶語り、そして琴奏者の吉村七重さんの筝歌の演奏会。

和楽器の演奏会に行くというのはもちろん初めてということで、かなり興味津々で訪れました。
お二人共数々の賞を受賞されたり、海外でも精力的に活動をなさっている演奏家です。

自由席だったので、最初はホールの最後列から楽しんでいたのですが、欲がでて結局はちょうど最前列があいていたので最前列の端から楽しませて頂きました。

私が普段慣れ親しんでいるメロディにはない音の配列、そしてその潔さからくる凛とした佇まい。


(祇園精舎)

言うまでもなくこのジャンルの音楽に無知である私は全く、本当にただただ、音色とその響き、それらと足し算引き算するかのような静寂、場の空気、それらの中にひっそりと息を殺して、自分の五官を駆使して想像力を最大限に膨らませながら楽しみました。

お二人ともお見受けするには50代、くらいの方々なのですが、その佇まいがかっこいい。
いいなぁ。こんな素敵な年の重ね方。

人の想像力をかきたてる演奏。
これは私が普段演奏している音楽にはないものだと再認識しました。

む~、音楽は深い。

この日のセットリストは以下の通りでした。

1.千鳥の曲 吉田検校作 (古典筝歌)
2.青葉の笛 平家物語巻第九「敦盛」 (古典琵琶)
3.箏歌・蕪村五句(歌と20 絃箏のための) 湯浅譲二作
4.ひばり(中勘助の中将姫伝説より) 田原順子作
5.竜田の曲 三木 稔作

また関西でコンサートがあったら是非とも足を運びたいお二人でした。

コメント

すごいいいですね~。
琵琶の音が体中に染み渡る感じ。。

これは生で聴いたらすごかったやろうな~
いい経験でしたね。
2010/11/02(火) 08:47:38 | URL | kirara #-[ 編集]

kiraraさん>
ご無沙汰しています!
そうなんです、琵琶は前から興味があったのですが、お寺での生演奏ということもあり、更に五官が刺激されました。
とてもいい経験をさせて頂きました!!
2010/11/02(火) 20:01:25 | URL | Jackey #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://jackey.blog20.fc2.com/tb.php/1063-03aaea9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック