● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20130526tanktops1.jpg


先週末、萩之茶屋のオールドグラフィティで開催されたタンクトップスさんのジョイントライヴにお邪魔しました。

久しぶりのタンクトップスさんのステージ。
とても楽しみにしていました。


20130526tanktops4.jpg



4月にCocodriloの伊丹ライヴにサプライズでお越し下さったのですが(本当に驚きました!!)、この日はココメンがサプライズ返し!!


20130526tanktops3.jpg
(みぃさんのこの笑顔サイコーです!!)


萩之茶屋駅を降り立ち、まだ日も暮れていなかったので、地図を見ながら探し・・・あれ、ここにあるはずなのに、あれ、あれ???

暫くは行ったり来たりを繰り返しました(笑)。

実際物凄く近距離だったのですが、見つけれませんでした。


20130526tanktops7.jpg


トップはタンクトップスさん。


20130526tanktops6.jpg



みぃさんの歌声が、以前にも増してとてもパワフルでした。
それでいてエモーショナルでした。

お二人のギターの音色の重なっていくさまがとても心地よく響きました。


20130526tanktops5.jpg


みぃさん、eisukeさん、お疲れ様でした!!
テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

タンクトップスさんから教会でのコンサートのお誘いを頂きました、ありがとうございます!!

タンクトップスさんとご一緒させて頂くのは本当に久しぶりで楽しみです。

毎年恒例の地元のイベントで、教会内では当日、飲食物の販売があるそうです。

教会の扉を開放する為、ご来場の方は、蚊対策を万全にしてくださいとのことです。

教会でのコンサートですので、祭壇がステージになり、音の響きも素敵とのことで、とても楽しみです。

日没も随分遅くなりましたので、お散歩がてら、休日の夕方、3組のアコースティックの音の響きを楽しみにいらして下さい。

詳細は以下の通りです。

大阪聖和教会コンサート「ちまたライヴ」
日 時:2013年6月1日(土)18:30~20:30
会 場:大阪聖和教会
http://sky.geocities.jp/osaka_seiwa_church/index.html
大阪府大阪市生野区桃谷5-10-32
℡ 06-6712-5239
JR環状線桃谷駅より徒歩15分弱
出演(出演順):Cocodrilo / タンクトップス / Tomorrow never knows
入場料:¥500

どうぞ宜しくお願いします!
そして喉が渇ききった一行(特に私は砂漠化が進行中)は、長寿蔵へ。

20130518otoraku121.jpg
(ココメン+旧ココメン+池やんの5人で打ちあがることに。)


20130518otoraku51.jpg

あぁ!!ビールが美味しい!!!
おなかもぺこぺこ!!
私はソーセージの惣菜とまずはスノーブロンシュをオーダー。

すぐに空になり、おかわりに行くと、一品が鶏のみになっていました。

合鴨は食べれても鶏は難しい年頃の私(なんで?とよく不思議がられます)、残念ながら丁重にお断りさせていただきました。

20130518otoraku50.jpg



ちょうど1年前は普通に4人で活動していたのに、1年前のオトラクが終ったら脱退の声明を発表したカホニストのふじをちゃん。
愕然としたことを覚えています。

この1年間、トリオになって、Cocodriloはかなりその姿を変えました。
3人でもちゃんとCocodriloでいれるように頑張りました。
その姿をこういった形で旧メンバーに披露できるのは緊張半分、嬉しさ半分でした。

バンドは抜けても普段もよく連絡は取り合っていて、こうやって顔を突き合わせば昔のように悪態をつく仲。
音楽を通じていい仲間に出会ったなぁと再認識した次第です。

今年こそはふじをちゃんとどこかでジョイントしたいなぁと思います。


20130518otoraku52.jpg
(久しぶりの「いつもの」。)


そしてオトラクな1日の打ち上げ会場があるクロスロードカフェ前へ。


20130518otoraku54.jpg
(おにぎり頂きました、まかない班の皆様ごちそうさまでした!!)


遅い合流だったために、差し入れなどは既になくなっていました、残念無念!!
しかしビールが美味しい!!
(今回KIRINさんが協賛してくださいました!!)


20130518otoraku53.jpg
(皆様、1日お疲れ様でした!!!)


オトラクつながりの、親しくさせて頂いているミュージシャンの方々や、池やん、過去にお世話になったサポーターばばちゃんなどと1日を振り返りつつ、色々な話に花が咲くわけです。
最高の〆です。

20130518otoraku55.jpg


この打ち上げの時間、大好きなのです。

楽しい時間はすぐに過ぎていきます。

最後に昭和なお店、DAVADAさんにお邪魔して、雅夢のビデオをリクエストしました。



色々な会場でお世話になりましたお店の皆様、お仕事中にもかかわらず演奏に耳を傾け、また盛り上げて下さったこと、物凄く心の支えになりました。
そして差し入れなどのお心遣いも頂き、本当にありがとうございました。

そして色々な会場でお会いしました来場者の皆様。

沢山のミュージシャンが色々な会場で演奏する中、我々の演奏に耳を傾けて下さってありがとうございました。
沢山の笑顔や手拍子も頂きました。
これが、我々が何よりも嬉しいことです。

久しぶりにお会い出来た皆様、そして初めてお会いできた皆様、また今後もどこかでお会い出来る機会がございましたら是非声をかけてくださいね。

そして1日本当に献身的にCocodriloをサポートしてくださった池やん、細やかな心配り、本当に感謝しています。
ビデオ撮影も細かくズームイン・アウトしてくれて、本当に大変だったと思います。
是非また呑みに行きましょう(連絡先を聞き忘れた・・・・どうしよう・・)。
伊丹に集合です。

そして池やんに密着取材されていた神戸新聞のMさん、当初池やんの取材のはずが、途中から我々の写真もバンバン撮影してくださったり場を盛り上げて下さったりと、本当にお世話になりました、ありがとうございました!!
撮影して下さったお写真、沢山拝借いたしました。


このオトラクな1日という、長時間、色々な場所で色々なドラマが生まれているこのイベントが滞りなく、また次へと続いていくことが出来る。

どのようにしたらこんな立場の人は楽しいか、どのようにしたらあんな立場の人は喜んでくれるか、などなど、皆が楽しめるにはどうしたらよいかというミッションのための色々な行き届いた配慮。

この1日が楽しく、そして無事に終るように、それまでの日々、そして当日も、終了後も、縁の下の力持ちな方々は北へ南へと、色々なことに追われる毎日。

ひとことでは言い表せない、とてつもなく大変なことだと思います。

我々ミュージシャンが色々な会場で楽しく演奏させて頂くことができ、またお店の方との交流もあり、色々なお客様との交流、そしてミュージシャン仲間との再会など、こうやって楽しく過ごせるのは、紛れもなく色々とご尽力下さったオトラクの大将、中脇氏をはじめとする事務局の皆様のおかげだと思います。

いつもうまく言葉で表せないのがもどかしく、更に人見知りが災いして直接きちんと御礼を述べることも出来ない、情けない人間ですが、ずっとオトラクに関わる機会を与えて下さっていることに心から感謝しています。

この1日で出逢う全てのことが本当に貴重で、自分にとっては忘れがたいものです。

今後も末永く、このミラクルなイベントが続くことを切に願っています。

ふと、オトラクの事務局の皆様やサポーター、協賛店の皆様にどうやって恩返しができるのだろうと考えました。

やはり我々には音楽しかありません。

いつかちゃんとご恩返しが出来るようなそんな機会が訪れることを願っています。


20130518otoraku56.jpg
(阪急伊丹駅の最終電車。何度みたことだろうか。)


そんなことを思いつつ、心地よい疲労と睡魔におそわれながら、またこの表示を見て家路へと帰ったのでした。

今回は疲労度がマックスだったのか、塚口駅で何度も船をこぎ、若干夢の中へいざなわれていました。

20130518otoraku57.jpg
(皆様、本当にありがとうございました!またオトラクでお会いしましょう~!!)

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
20130518otoraku113.jpg
(三軒寺前広場も明かりが灯りはじめました。)


20130518otoraku114.jpg
(「OHANA」さんの前でパチリ。お店の外にもテーブルがあります。)

しばし休息を取ったココメン、次は最後の会場、19:00枠のOHANAさん(MAP:49番)へと移動しました。

会場前のテーブルには何とTomoさん、ふじをちゃん、そして私の母という不思議な組み合わせが!!
これもオトラクならではなのだなぁと。
何だかその光景が嬉しくて、私もその輪に入って呑みたかったです。

OHANAさんはこじんまりとしたいわゆる立ち呑みスタイルのカウンターのお店です。
厨房もカウンターと同じように細く長い一本道です。

さて、ここでクエスチョン。
ココメンは一体どこで演奏するの?

20130518otoraku115.jpg


そうなんです、我々はなんと厨房側での演奏!!
横並びで、自分の首元くらいまで隠れてしまうくらいの高さのカウンター塀から、ココメン横並びで演奏させて頂きました。

20130518otoraku118.jpg
(こんなに高い角度からも撮影して下さっていたMさん、本当に貴重です、ありがとうございました!!)


うまく言葉で表現できませんが、写真ではこんな感じです。

カウンターには綺麗なお嬢さん方が数名並んでいらっしゃって、やっさんはセッティングの間に迷わずその前を陣取りスタンバイ。
その横に私、そしてタケシくん。

しかし演奏開始と共に、女性たちの視線は全てベース氏のところへ。
もう、ガン見でした。
やっさん、残念!!
というのは嘘で、演奏を聴いていると、どこかからタンバリンのようななにか音が鳴っている。
誰か他にいる?
どこにいる?
一体どこから鳴っている????

ということで、何故か体を上下しているタケシくんではないかと睨んだお客様方でした。

種明かしをして、足がつりそうなくらいに足を上げてこれです、これです、とお見せした次第でした。

ちっちゃいおっちゃんがどっかで演奏しているのか!?という話題で盛り上がりました。
確かに全身をご覧頂いていたら、あれ、何だかおもろいもん付けて演奏しているな、となるのですが、見えないと・・・・。

そういえば店内のモニターにはずっとクラプトンのライヴ映像が流れていて、消音した映像の下でクラプトンを弾き語るやっさん。
非常に不思議な光景でした。

20130518otoraku119.jpg

既にご陽気なお客様方。

一緒に楽しんで下さっていたのがとても嬉しかったです。
色々なお話をカウンター越しに交わしつつ、陽気なナンバーを織り込みつつ、たまにバラードをはさみつつ、沢山の手拍子も頂きつつ、かなり楽しいひとときとなりました。

20130518otoraku117.jpg


ラストの会場ということもあり、我々も最後の力を出し切る覚悟でテンションマックス!!

カウンターに並んでいるアルコールや食べ物が本当にうらやましく、終ったら呑める、終ったら呑めるんやと自分に言い聞かせました。

OHANAの皆様も一緒に盛り上げて下さっていました。

池やんとMさんはお店の中と行き来して我々を撮影して下さいました、本当に感謝です!!

皆様、本当にありがとうございました!!

ということで第8回伊丹オトラクな1日のCocodrilo最後のお座敷のOHANAさんでのセットリストは以下の通りです。


20130518otoraku116.jpg


Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
Perfect (Fairground Attraction)
Eternal flame (The Bangles)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
Sir Duke (Stevie Wonder)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

ということで6幕終了!!!!

演奏が終り、あ!今日演奏していない曲がいくつもあった!と気づきました。
今回は何となく、演奏の最後はサニーサイドでしめたいな、という気持ちになりました。

最後にOHANAの大将とも少しお話させて頂く機会もあり、嬉しかったです。
我々の演奏中、まな板の上でトントンと指でリズムを取ってくださっていたことも嬉しかったです。

いつも、オトラクな1日の夜遅くにOHANAさんの前を通ると、店内の熱気といいますか、物凄い楽しそうな雰囲気が、あ~いいなぁって、私も仲間に入りたいなぁって思っていたのです。
まさか自分がその店内で演奏させて頂けるとは・・・・・。

皆様、どうもありがとうございました!!
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
そしてこの日5つ目の18:00枠の演奏会場、「オトラクな1日」の目玉といえばオトラクバス。

20130518otoraku33.jpg
(ウミネコ楽団のお二人。大盛り上がりでした~)


ミュージシャン、乗客の皆様、サポーター、そして車掌さんも、伊丹を周遊しつつ、音楽も皆で楽しむ、まるで修学旅行(やっさんがこういう気持ちらしいです)のような時間です。

過去に何度かCocodriloも演奏させて頂きましたが、今回は何と1組ごとのオトラクバス。
ということでCocodriloのワンマンバスが登場!!

20130518otoraku32.jpg
(オトラクバス”ココドリロ"号!!!うひょ~!!)

そして停留所に入ってきたバスの行き先表示が“ココドリロ”に!!
え~!!こんな嬉しい粋なはからい、ありですか!?


20130518otoraku106.jpg
(そりゃよろこんじゃいます!!)


さすがオトラクの皆様です、心にくい演出に大感激!!!!

20130518otoraku35.jpg
(バス側面の表示もいい感じです!)


18時発、ココドリロ号の車掌さんは、以前にもオトラクバスでお世話になりその際もお話させて頂いた方で、我々のことをちゃんと覚えていて下さいました。
その時も褒めて下さって照れた覚えがありますが、またお会いできて物凄く嬉しかったです!!

20130518otoraku31.jpg
(乗車前に池やんと。)


ということで出発進行~!!

20130518otoraku37.jpg

気がつけばココドリロ号はちびっ子号と化していました。
というのも、一体何人のちびっ子がココドリロ号に乗ってくれていたのでしょうか。
恐らく他のオトラクバスとは一味違った、アットホームなバスでした。

20130518otoraku36.jpg

20130518otoraku109.jpg


ご家族連れの方が多く、今度はお子様向けのレパートリーも持っておいたほうが、と思った次第です。
そのおちびちゃん達、鳴りものをお渡しすると、演奏中はかなりエキサイト、場をぐっと盛上げてくれました。


20130518otoraku107.jpg



今回のオトラクバスは、中央が座席なしのタイプで、ここで私は歌わせて頂いたのですが、調子にのっていつものように動き回ると、道の曲がり角でふらっふらしてました。
帽子も脱げそうになりながら、全力投球しました。

20130518otoraku39.jpg

途中、窓の外を見ると、ちびっ子がバスに向かって手を振ってくれていたので、こちらも思いっきり降り返しました、するといい笑顔が返ってきました、嬉しい~!!
別の場所では、以前オトラクバスでもご一緒させて頂いたJT☆Starsのお二人が元気よく手を振ってくださって、これまた感激!!!思いっきり手を振り返しました。


楽しい時間はあっという間に過ぎました。


20130518otoraku110.jpg
(帽子が真上にぴよぉぉぉん!)

演奏のエンディングで私がぴよぉんとジャンプ時に帽子も一緒にぷかっととジャンプして、その光景にタケシくん曰くツボったらしいです。

ご乗車下さいました皆様、どうもありがとうございました!!!

ということで、オトラクバス、“ココドリロ”号のセットリストは以下の通り。
実はバスの中では記憶が定かではありません・・確かこんな感じだったような・・・。


20130518otoraku111.jpg


Perfect (Fairground Attraction)
Sir Duke (Stevie Wonder)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


ここまで結構突っ走ってきたココメンとその一行。
さすがに空腹そしてしばしの休息が必要。

三軒寺前広場にあるオトラク本部へGo。


20130518otoraku41.jpg


すると道すがら、季節*FUさんとサポーターのしゅんやくんを発見!!
ちょうど“Flower”熱唱中で、通りには大勢のお客様が立ち止まって楽しんでいらっしゃいました。

我々もしばし季節*FUさんの音楽に身を委ね、本部へ歩みを進めると、売り場で見覚えのあるポップでカラフルなナイスガイ発見。

1年前までCocodriloのフォトジェニックだったカホンのふじをちゃんでした。
今回はお客さんとしてバルそしてオトラクに遊びに来てくれました。


20130518otoraku43.jpg
(本部でしばしの休憩。)

本部で休憩するココメンとサポーター池やん。
他のサポーターさんやミュージシャンの方としばしお話タイム。

20130518otoraku42.jpg
(美味しく頂きました、ありがとうございました!!)


Tomoさんから頂いた差し入れの鯖寿司と、開華亭さんから頂いた炒飯を頂きました、沁みます、おいし~い!!
とにかくスタミナを蓄えないと!
あ、わたくしは少しアルコールも頂きました・・・最終ラウンドまで楽しみは取っておこうと思いましたが到底無理な話でした、おほほほ・・・。

我々が本部で休憩を取っている間にふじをちゃんが私の母をおでん屋さんに誘って連れて行ってくれました。
ふじをちゃんどうもありがとう~。

余談ですが、前述の通り、母はこういったイベントに参加するのも、そして立ち飲み屋さんも生まれて初めてで、どんなリアクションをしていたのか興味津々です。


20130518otoraku44.jpg
(当日のミーティングでは”ナカワキコール”を起こしたオトラクの大将、中脇氏。いつもありがとうございます!!)
テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽
20130518otoraku19.jpg
(「あじまる」さんの前で。ココメンと池やん、そしてMさん。)


3つ目の16:00枠にお邪魔したのは、伊丹停車場線に面したとり焼居食酒家「あじまる」さん(MAP:4番)でした。

まだ準備中だったので、お店の方に楽しんで頂ければと演奏させて頂きました。

ここで、サポーターの池やんに同行取材される神戸新聞社のMさんが登場。
とても陽気な方で、池やんの密着取材の傍ら、最後の会場の演奏までCocodriloの演奏も盛り上げて下さったり沢山写真も撮影して下さいました。
本当にありがとうございました!
以降、最後までずっとココメン3人+サポーター池やん+Mさんの5人の旅が続きました。

20130518otoraku20.jpg
(セッティング中。奥手で演奏させて頂きました。)


我々はお店の奥手でスタンバイ。
お店のカウンターにはなんとガンバ大阪の加地選手のWC時のシューズが。


20130518otoraku21.jpg
(侍ブルーをバックに嬉しそうなココメン。)


そうこうしているうちにお客様もぼちぼち入店され、開華亭方式で、お客様、厨房の皆様も鳴りもので参加して頂き、楽しいひととき。

20130518otoraku100.jpg


Mさんの声援が有難かった~

ということで、あじまるさんでのセットリストは以下の通りです。

20130518otoraku101.jpg


It don't mean a thing (Duke Ellington)
Isn't she lovely (Stevie Wonder)
You've got a friend (Carole King)
Sir Duke (Stevie Wonder)
Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

皆様、どうもありがとうございました!!



そして4つ目の会場、17:00枠は、同じく伊丹停車場線の阪急高架下にある「Taverna Pecorino(タベルナペコリーノ)」さん(MAPの41番)の軒先でした。


20130518otoraku29.jpg
(「Taverna Pecorino」さん前で。)


20130518otoraku102.jpg
(セッティング中のココメンと池やん。)


早めのブランチはとったものの、おなかがすいていました。
気がつくと、MCで“Taverna Pecorino(タベルナペコリーノ)さん・・おなかがペコリーノ”と何度も言ってました。

セッティングをしていると、遠くから見覚えのある長身の男性、そして足元にはトコトコする白い犬が・・・あっPekoちゃん!!
そしてTomoさん!!
1年ぶりの再会に鼻が赤くなってしまいました。


20130518otoraku26.jpg
(1年ぶりの再会。)


Pekoちゃんは15歳になりました。
Cocodriloと初めて豆腐庵さららさんの前でお会いしたのが2010年の春バル。
我々の演奏をじーっと聴いていてくれました。

嬉しかったのが、1年間は少し体調がおもわしくなかったのが、今回、毛がふさふさで体型も少し戻って、少し安心。
ほうっておいたらいつまでもPekoちゃんと遊ぶ勢い、しかしセッティングをしなければ。
とにかく嬉しくて嬉しくて・・・。

そして演奏開始。

20130518otoraku103.jpg


交通量の多い道路の前での演奏だったので、目の前を通る方や、道路を挟んだ向こう側からこちらに耳を傾けて下さる方がいらして嬉しかったです。


20130518otoraku104.jpg


バラードは演奏しても音が聴こえないことを考慮し、陽気なナンバーをお送りしました。
歌いながらじーっとPekoちゃんを眺めてみたり、行き交う人の波を眺めてみたり、目の前で微笑みながら演奏を聴いてくださる皆様を、ちょっと照れくさくなりながらチラッと見たりして。

演奏途中で、あら、びっくり。

母がやってきて、何食わぬ顔で演奏を聴き始めました。
伊丹に来るのは初めてで、しかもよくこの演奏会場まで辿り着いたなと。
箱入り娘の母はこういったイベントに参加するのは初めてで興味津々でした。


20130518otoraku105.jpg


ここでも聴いて下さっている方々に鳴りものをお渡しして一緒に曲を奏でました。

嬉しい再会もあり、テンションもぐっとあがったTeverna Pecorinoさんでのセットリストは以下の通りです。


20130518otoraku27.jpg


Perfect (Fairground Attraction)
The moon is mine (Fairground Attraction)
Sir Duke (Stevie Wonder)
Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)

皆様、どうもありがとうございました!!


20130518otoraku30.jpg
(Pekoちゃんおうちへ帰るの図。)
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
さて、今回を振り返ってみたいと思います。

先週あたまの天気予報は雨。
週の中盤までは、雨対策のグッズを買う算段をしていましたが、晴れることが分かりひと安心。


20130518otoraku2.jpg
(ミーティング会場にはいつものホワイトボードが。)


いつものように、演奏開始前の関係者が一堂に会する伊丹ホールでのミーティング。

ここでの再会、そして新たな出逢いにいつも目がキョロキョロ。

今回集合会場の和室に入るや否や、沢山のサポーターさんが、担当のミュージシャンをお出迎え!!
びっくり!!

20130518otoraku3.jpg
(可愛らしい”オトラク”。)


そしてなんと部屋には陽気な飾りつけが!!
なんとも可愛らしく、午前中からサポーターの方々が飾りつけされたようです、お疲れ様でした!!
これから演奏するミュージシャンを応援して下さっていっしょに頑張りましょうね、という気持ちがひしひしと伝わってきて嬉しくなりました!!
一緒に楽しい1日を過ごしましょう、と結束が固くなるわけです。


20130518otoraku5.jpg
(まかない班の皆様。美味しいまかないありがとうございます!!)


20130518otoraku6.jpg
(記録班の皆様。色々な会場に行ってカメラ撮影、ビデオ撮影と大忙しです、お疲れ様です!!)


そしてサポーターさんが増強されたためか、人数が非常に多くなり部屋はぎゅーぎゅーに(因みに結構な大広間です)。
私は押入れを開けて、首だけ外に出して体は押入れの中に収めて亀のような、おもろい姿勢で聞くことに。


20130518otoraku7.jpg
(オトラクで一番最初に出会ったミュージシャン、NOB&TAKEさんのNOBさん。)

今回のバルチケットはこんな感じでした。


20130518otoraku9.jpg
(気合ばっちしの季節*FUさんとサポーターさんのしゅんやくん。)


出発前気合を入れる伊丹の夫婦デュオ季節*FUさんと、前回サポートしてくれたしゅんやくんが今回は季節*FUさんのサポーターに。

20130518otoraku8.jpg
(一同色々な会場に向けていざ出発!!)


20130518otoraku01.jpg
(今回のサポーターさん、池やん。)


今回我々に同行してくださるサポーターは池やんでした。
メガネを外すとキラキラ瞳の彼は、ファゴットとバイオリンの奏者でした。
昼から晩まで、Cocodriloのために非常に細やかな配慮で同行して下さいました。
池やんありがとう!!

ということで4人でいざ出発!!


20130518otoraku10.jpg
(“ザッツ中華料理屋さん”な「開華亭」さん。)


14:00枠、最初にお邪魔したのは、阪急伊丹駅の西エリアにある中華料理屋の「開華亭」さん(MAP:17番)でした。
外観は“ザッツ中華料理屋さん”です。

お店の方が非常に優しい笑顔で温かく出迎えて下さいました。


20130518otoraku11.jpg


そして我々の演奏中も手を止めてしばし一緒に楽しんで下さいました。
最後の“On the sunny side of the street”では、お客様、そして開華亭の皆様に鳴りものをお渡しして、全員で何かしら音を出して演奏を楽しみました。

そういえば女性のお客様が氷菓子のようなものを召し上がっていらっしゃいました。
非常においしそう~でした。
以前に別の会場で我々を見かけたとのことでした、ありがとうございました。

ということで開華亭さんでのセットリストは以下の通りでした。

Perfect (Fairground Attraction)
Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
Sir Duke (Stevie Wonder)
Eternal flame (The Bangles)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)


演奏の合間にマイクでお客さんの呼び込みもしたりして・・・。
これってありだな、と思いました。
やはりお邪魔するからには、何かしらお役に立てればなぁ、と、ほのかに思います。
呼び込みをして、お店に喜んでいただけて、そして演奏する我々も楽しくなるなら言うことないですね。

皆様、どうもありがとうございました!!


20130518otoraku12.jpg
(ゲリラライヴでよくお世話になる「イツモノトコロ」さん。)


そして、我々の出没会場にはリストアップされていませんが、開華亭さんから目と鼻の先に位置するカフェ「イツモノトコロ」さん(MAP:19番)へ。

20130518otoraku13.jpg

もしかしたらかなりの確率でゲリラライヴでお邪魔しているかもしれないです。

20130518otoraku14.jpg

お店のスイーツを堪能する目的もあり、少しだけ演奏させていただき、その後はまったりとバルメニューのパイナップルのケーキ、スコーンを頂きました。


20130518otoraku18.jpg
(今回のバルメニュー。おいしゅうございました。)


ということで、イツモノトコロさんでのセットリストは以下の通り。

20130518otoraku16.jpg


Perfect (Fairground Attraction)
Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)

20130518otoraku15.jpg


お店の雰囲気からして、なんとなくあまり大きな音を出してはいけないかなぁと思っていつもベースだけアンプに入れて演奏していたのですが、我々の後続のバンドさんは、普通にアンプにつないで大きな音で演奏されていました、そうか、大丈夫なのだ。


20130518otoraku17.jpg
(軽くかんぱーい。)


皆様、どうもありがとうございました!!
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
20130518otoraku1.jpg


はるバルきたぜ!!

「参加店は過去最多の107店舗。」

「伊丹と函館の航路が再開したそうや。」

「元祖まちバル「函館バル街」ペアご招待って太っ腹やな。」

「チケットが抽選券になるんやて?」

「チケットは売り切れることもあるで。」

「サッと飲んで次の店へ。楽しい夜は短いもんやで。」

「どなたさんもご機嫌な1日を。」

伊丹まちなかバル公式MAPのイラストの吹き出しです。


5月18日は伊丹で開催されました第8回目の「伊丹まちなかバル」の併催イベント、「伊丹オトラクな1日」に参加させて頂きました。

「伊丹オトラクな1日」にご来場下さいました皆様、一緒に演奏を楽しんで下さったり立ち止まって聴いてくださった皆様、色々なところから手を振って下さったり声をかけて下さった皆様、本当にありがとうございました。

優しくお出迎え、そしてお仕事中(調理・給仕)にもかかわらず一緒になって盛り上げて下さったお店の方々のお心遣い、そしてこのような素晴らしいイベントを創り上げている縁の下の力持ち、大将中脇氏をはじめとする事務局スタッフの皆様、各ミュージシャンに同行された多くのサポーターの皆様、そして各会場を走り抜け撮影して下さった記録班の皆様、関係者のために美味しいまかないを作って下さったまかない班の皆様、本当にありがとうございました。

まさに色々な立場の人が一丸となって楽しいことを皆でエンジョイしようという心意気。
最高です。

我々のようなバンドに声をかけて下さることに常々本当に感謝しています。
得ること、学ぶことが数知れない、しかもどんどん進化を遂げていく貴重なイベントです。

オトラクがご縁で繋がった方々との再会、そして新しい出会い。
人との繋がりの輪も最初は本当に小さかったのが、徐々にどんどん大きくなっていきます。
人見知りの私がこれなのですから、社交的な方は一体どうなるのでしょう。

ミュージシャンの演奏会場ですが、どの会場でお世話になるかは事務局から直前にリリースされます。
大・小、屋外・屋内、静か・賑やか、本当にさまざまな環境での演奏の機会が与えられます。
沢山のミュージシャンの色々な会場への振り分け、これだけでも本当に骨の折れる作業だと思います。

そういった機会を頂くことにより、我々自身学ぶことが多く、また毎回新鮮な気持ちで臨めます。
会場にお邪魔して、まずはどうぞよろしくお願いしますから始まり、さてどこで演奏しようか、どれぐらいの音量で調整しようか、どんな感じの曲を演奏しようか、お店の方も仕込みの合間、楽しんで下さっているだろうか、などなど。
ミュージシャンの創造力や機転も試されるような、非常に興味深いシチュエーション。
色々な人とのコール&レスポンス。
まさに一期一会の極み。
これがたまらないのです。

私はいつも、事前にMAPやミュージシャン情報をプリントアウトして、そこに自分達や音楽仲間の演奏会場の情報を書き込んでいき、あとはどんなお店にお邪魔できるかな、美味しいもの頂けるかなどと思いをはせるのですが、これがまた楽しいのです。

オトラクに参加させて頂くようになってから、我々のフットワークの軽さはどんどん向上しました。
今回はこういった感じになったから、次回はこうしてみよう、機材はこれに買い換えたほうがいいかな、やはり移動にラクな軽量重視のものもはずせないな、一緒に楽しめるならこんな曲がいいな、我々だけでなく皆で一緒に音を出せたら楽しいだろうな、など。
いつの間にか色々な環境にも対応できるバンドになりました。

恐らく、オトラクに出逢っていなければ、我々は未だに当初のスタイルを貫いていたのだと思います。

さて、長編のレポートになりそうです。
何回かに分けてつらつらと記していこうと思います。

お時間の許す限り、どうぞ~。
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
otoraku2012102016.jpg
(オトラクバスはこんな感じです!)


いよいよ本日は待ちに待った第8回目の「伊丹まちなかバル」です。
もはやCocodriloのライフワークともいえる大切なイベントで、我々自身が足のつま先から髪の毛の先まで楽しんでいます。

Cocodriloはこの伊丹まちなかバルの併催イベント、「伊丹オトラクな1日」に1回目から参加させて頂いていまして、色々な方にお世話になっています。
伊丹の街の人はあたたかく、そんな街全体、そしてミュージシャン、来場者が運命共同体となって1日を謳歌するミラクルなイベント。
是非ともおススメです!!


otoraku2012102011.jpg
(演奏中のNOBさん。ミュージシャンは色々なお店に出没します!)


バルでどう過ごしたらいいのか、またどんな店があってどんなバルメニューを提供しているのか。
そして一体どこに行けばどんな感じのミュージシャンに遭遇できるのか。
などなど、是非以下の公式HPやMAPなどをご参考下さい。
特にお店は事前におよそのめぼしをつけておくと便利ですよ!

三軒寺前広場にはまちなかバル、オトラクな1日、いづれも事務局が設置されていますので、きっと色々なことを教えて下さると思いますので知りたいことがございましたら是非事務局まで。


otoraku201210207.jpg
(お店の看板息子さんともコラボったりします。)


伊丹まちなかバル公式HP
http://itami-tc.com/bar/

伊丹オトラクな1日公式HP
http://itami-otoraku.com/

伊丹まちなかバル公式バルMAP表はこちら!
主にバル開催エリア、参加店の地図と各店舗のバル営業時間帯が記載されています。
http://itami-tc.com/global-image/units/upfiles/1513-1-20130415171005.pdf

伊丹まちなかバル公式バルMAP裏はこちら!
各店舗一押しのバルメニューの詳細が記載されています。
http://itami-tc.com/global-image/units/upfiles/1514-1-20130415171045.pdf


伊丹オトラクな1日 ミュージシャン別出没情報!!
http://itami-otoraku.com/wp-content/uploads/2013/05/20130518-music.pdf

さて、Cocodriloは今回公式には5つの枠で演奏させて頂く予定です。
そして注目はバル名物の”オトラクバス”!
阪急伊丹駅の東側ロータリーのエリアで、真ん中にちょこっと停留場があります。
今回なんと1ミュージシャンごとの枠になります。
陽気な音楽と共に伊丹の街の風に吹かれてみたい、何か一緒に音や声を出してみたい、わーっと楽しく盛り上がりたい方、Cocodriloと楽しい30分、過ごしてみませんか?
その後のバルメニューはきっと美味しいはず!!
Cocodriloは18時出発のバスです。

Cocodriloの出没情報は以下の通りです。
もしかしたら下記以外にもゲリラライヴがあるかも!?
(毎回密かにゲリラしてます)

14:00~15:00の間
中華料理「開華亭」(MAPの17番、阪急伊丹駅西エリア)
バルメニュー:当店自慢のオードブル+1ドリンク

16:00~17:00の間
とり焼居食酒家「あじまる」(MAPの4番、阪急伊丹駅西エリア)
バルメニュー:黒さつま鶏の手羽先2本+生ビールorチューハイorジュース

17:00~18:00の間
「Taverna Pecorino(タベルナペコリーノ)」(MAPの41番、阪急伊丹駅南エリア)
バルメニュー:ペンネアラビとゼッポリーネ+ワインorビールorソフトドリンク

18:00~18:30の間
オトラクバス( 阪急伊丹駅東側のバスロータリーから出発)
※ この30分間はCocodriloワンマンバスとなります!是非一緒に楽しみましょう!!

19:00~20:00の間
OHANA(MAPの49番、三軒寺広場の少し西)
バルメニュー:カレー+バケット+¥380までのドリンク


otoraku2012102006.jpg
(サポーターさんはミュージシャンの有難い存在です、お世話になります!)


沢山のお店で、是非色々な味をお楽しみ下さい。

有難いことに本日は快晴、最高の食べ歩き日和です。
そして、多くの素敵なミュージシャンがオトラクな1日に参加し、伊丹のいたるところで昼から晩まで色々なジャンルの演奏を行っています。
バルを楽しむ傍ら、しばし音楽にも身を委ねてみて下さいね。

それでは、皆様の笑顔にお会い出来ることを楽しみにしています!!



もう長いこと探している曲のうちの1つがあるきっかけでぽっとピースがつながってわかりました。

あぁそうだったのか、という感じです。

昔、実家でラジオをカセットに録音して、しかしメロディは覚えていてもタイトルはわからず。

転調好きのバラード好きだった私は30年を経て漸く見つけました。

この曲、好きだったんですわ。

で、カセットを失くして、もう手がかりないわと思っていたのに。

賛否両論かもしれないですが、私はこの曲のやんわり残像系が好きです。
20130505ReVox1.jpg


5月5日のこどもの日は京都Silver Wingsで開催されたジョイントライヴに行ってまいりました。

1年くらい軽音の先輩方のライヴにもお邪魔していませんでしたが、本当に久しぶり、そしてきむりんさんのソロから、LP88さんをはじめとするバンドへと変化したRe:Voxさんを目指して京都へ。

京都は・・・当たり前ですが、GW中だったので、恐ろしいくらいの人の波が押し寄せてました。
鴨川沿いのお店ってあんなに川床ってありましたっけ?
混雑を避けて人通りの少ない路地を抜けてSilver Wingsへ。

軽音関係の先輩方も多くお見えになっていました。

懐かしい顔が。
同期のフルノがRe:VOXさんの鍵盤として参加していました。
相変わらず巧い。
20年ぶりくらいに同期が演奏しているのを見れるって物凄く嬉しいことでした。


今まで、ソロのきむりんわんわんさんはのステージを拝見し、その世界観が私には浸透していたわけですが、バンドでのアレンジが、またこの上なくかっこいい!!
うわー!すごい!!と心の中で思いながら楽しませて頂きました。

言葉ではなかなかうまく表現できないのですが、きむりんさんのソロが空色だとしたら、そこへ虹がかかったような感覚を覚えました。


20130505ReVox2.jpg


漸くRe:Voxさんを聴けて、感激でした。
夏の同窓会が本当に待ち遠しいです。

Re:Voxの皆様、お疲れ様でした!!
テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽
20130504高槻ジャズスト1.jpg
(2日目の会場、炭焼料理「炭摂屋(たんとや)さんの夜の風景。」


2日目は焼き鳥の香り漂う炭焼料理の炭摂屋さんでのステージでした。

この高槻ジャズストリートには色々なイベントが併催されていて、アートの森ではアート系のパフォーマンスやフリマが開催されていました。


20130504高槻ジャズスト2.jpg
(鯉のぼりのバルーンアートを貰って上機嫌な鰐。)


会社のボスがこの2日間、バルーンアートのパフォーマーとして参加されてて、なんと、この鯉のぼりをプレゼントして下さいました。
私、性別は女性ですが、いわゆるキャラクターものより、鯉のぼりのほうが断然テンションがあがります!!
むちゃくちゃ嬉しい!!
ボス、本当にありがとうございました!!
そしてこの鯉のぼりを掲げつつ、自分達の演奏会場までの移動距離が結構あったので、道中は若干注目を浴び、“ちょうだい”とか普通に言われました。


そして会場付近でスタンバイ。

この会場での1番目の出演バンドさんがものすごくかっこよかったです。
ふと・・・・果たして、我々のような、海のものとも山のものともいえないトリオが受け入れられるのか、若干不安がよぎりました。
とはいえ、やることは決まっているので、とにかく一緒に楽しんで頂けるようベストを尽くしました。


20130504高槻ジャズスト3.jpg
(ステージには先程の鯉のぼりを。)


この日もノリのよい曲を中心にセットリストを組みました。

ここで不安材料が。

20130504高槻ジャズスト8.jpg
(フードや照明にあたりそう・・・どきどきでした。)


ココドリロはじっとして演奏するバンドではないので、特に私はよく動いて手もぐるぐる回すので、ちょうど演奏させて頂くスペースにフードがいくつかあり、その横にぶら下がり式のランプがあり・・・・・・
何とかあたらないように気をつけながら・・・・動きもいつもより小さめで演奏しました。
(そういえばタケシくんはフードに頭を、私は手をランプにぶつけてしまいました)。

20130504高槻ジャズスト4.jpg


店内のお客様、そして有難いことに、店の外でも多くの方が立ち止まって一緒に音を楽しんで下さっていました。

20130504高槻ジャズスト7.jpg
(MBSのクルーが突然撮影!!びっくり!!)


ちょうどやっさんVoのクラプトンを演奏している時でしょうか・・・
MBSのカメラクルーが入ってきて突然録画されました・・・一同びっくり!!
ここぞとばかり前に踏み出すやっさん、逆に驚いて隠れる鰐。
こういうところで性格が出るなぁと思いました。
その翌週に放送を確認してみたら、我々の採用はボツでしたが、昨年御堂筋kappoでお会いした外国人のカップルそしてお友達が今回の我々の演奏を聴きに来てくださっていて、その時にコメントを求められていたようで、その場面が放映されていました。
番組からは「ちちんぷい」のステッカーを頂きました、どうもありがとうございました!!


20130504高槻ジャズスト5.jpg


当日のセットリストは以下の通りです。


 Clare (Fairground Attraction)
 The moon is mine (Fairground Attraction)
 Allelujah (Fairground Attraction)
 Nobody knows you when you're down and out (Eric Clapton)
 It don't mean a thing (Duke Ellington)
 Sir Duke (Stevie Wonder)
 Isn't she lovely (Stevie Wonder)
 On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
 Perfect (Fairground Attraction)


20130504高槻ジャズスト6.jpg
(きむりんさんがカニタンバリンで加勢してくださいました!)


今回は、どうしてなのか、煙を直接吸引しながら歌っていたからなのか、喉がへばりつくくらい乾燥してしまって、毎回水分を入れてもその気持ち悪さがましにならない、解決策が見出せないまま、声はいつもより若干ざらついてしまった気がします。
そんなわけで、MCは殆どやっさんにお任せしてしまいました、ごめんなさい。

我々のすぐ後の枠に、実に10数年ぶりでしょうか、Nさん、Bさんのバンドが演奏なさっていて、久しぶりの再会となりました。

20130504高槻ジャズスト11.jpg
(あ~これがなくちゃ・・・)


RTBののぶさん、そして元ココメンのふじをちゃんを交えての大反省会。
のぶさんは我々の演奏会場に辿り着く前に既にご機嫌さんになっていたようで、打ち上げの時は更にテンションがハイでした。

20130504高槻ジャズスト12.jpg
(ふじをメガネでおすましのやっさん。)


20130504高槻ジャズスト13.jpg
(大切なココメン。)

1年前まで一緒に活動していたふじをちゃんが脱退してから初めてトリオのCocodriloを聴いてもらう機会だったので、正直緊張しましたが(全然あかんやんといわれたらどうしようと)、一緒に活動していたからこその色々なアドバイスや有難いコメントもくれて、本当に嬉しかったです。
ふじをちゃんありがとう。

最終的にはNさん、Bさんの集団と一緒に打ち上げをさせて頂くことになり、これまた本当に久しぶりの嬉しい再会、F嬢、あの美しさは当時のままで、どうしたら年をとらないのかと訊いてみてくなりました。

20130504高槻ジャズスト14.jpg
(のぶさんとちえみもすっかりこういう間柄に。)


20130504高槻ジャズスト15.jpg
(最後に「いつもの」。)


ということで、我々の高槻ジャズストな日々は無事終了いたしました。

この2日間、ご来場下さり一緒に音を楽しんで下さいました皆様、本当にありがとうございました!!

そして声をかけて下さったり、お菓子を下さったり、ファンレターを下さった皆様も本当に嬉しかったです。

お写真を提供して下さったSINさん、ジェイさん、HAMAさん、きむりんさん、どうもありがとうございました!!


また当選できれば来年も高槻ジャズストリートにお邪魔したいと思います。


どうもありがとうございました!!

次回のお座敷は5月18日( 土)。

伊丹まちなかバル併催の”伊丹オトラクな1日”です。

今回で8回目を迎えるこのイベント。

Cocodriloも8度目のオトラクを迎えることになりました。

関西最大のバル、五臓六腑に沁みわたるイベントです。
ゆるさ加減もこれまたいい!!
ぜひぜひ!!!
一緒に楽しい休日を過しましょう。

Cocodriloの出没情報は以下の通りです。

平成25年5月18日(土)12:00~29:00
第8回伊丹まちなかバル
http://itami-tc.com/bar/
伊丹オトラクな1日
http://itami-otoraku.com/

14-15時 中華料理 開華亭
16-17時 あじまる
17-18時 タベルナペコリーノ
18-19時 オトラクバス
19-20時 OHANA

この時間帯のうちいつ出没するかはお楽しみ。
これら以外にもゲリラ的に流す可能性もありますので乞うご期待!!

今からワクワクします。

皆様の笑顔にお会い出来ることを楽しみにしています!!


20130504高槻ジャズスト16.jpg
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
20130503高槻ジャズバス0.JPG
(今年の高槻ジャズストリートのポスター。)


今年はかなり久しぶりに高槻ジャズストリート出演の機会を頂くことができました。

今回は普通の会場に加え、無料巡回バス内での演奏にもエントリーし、当選しました。

お忙しい中ご来場下さいました皆様、演奏前後にも色々とお声がけ下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして事務局スタッフ、ボランティアの皆様、バスの車掌さん、バスガイドさん、大変お世話になりありがとうございました!


20130503高槻ジャズバス2.JPG
(アートの森エリアにてココメンとサポーターちえみ。)

今回ウルトラ助っ人が。
私の軽音時代の同期、ちえみ(あ、男の子です)がたまたま帰省していて遊ぼうかと連絡をくれたので、2日間Cocodriloと一緒するか、という話になりました。
数年前の新開地音楽祭以来です。


20130503高槻ジャズバス8.JPG
(バス演奏中は撮影班として頑張ってくれました、感謝!!!)


2日間サポーターとしてCocodriloについてくれて本当に助かりました、ありがとう!!
そして彼はどこへいっても、どんな環境におかれても、彼は彼なんだなと、独自のキャラクターを展開していました。

さて、1日目のこの日、いい具合のお天気で、ジャズストの街をふらっと徘徊したり、アートの森に行ってみたりしました。

20130503高槻ジャズバス4.JPG
(やきそばをほおばるココメン。こ、これうっまいわぁ。)


グラウンドにある飲食屋台で昼食をとることにしましたが、どこも長蛇の列。
きゅうりとやきそばをゲットしましたが、300円でこんなにお肉入っていてよいのかと思うくらいの大盤振る舞い、良心的かつ美味しいやきそばでした。
高槻のご当地グルメ、うどんギョウザは長蛇の列で断念・・・。

我々は現代劇場前15時15分発のバスに乗り込む予定でしたが、連休ということもあり、交通事情(渋滞)によりダイヤがかなり乱れ、結局我々は16時発くらいになったのではないかと思います。
我々を目指してお越し下さった方々には、随分とお待たせしてしまい、後続のご予定もおありだったと思うのですが、本当に申し訳ありませんでした。

20130503高槻ジャズバス7.JPG
(チューニング中。)


バス停留所にてスタンバイするココメン。


20130503高槻ジャズバス5.JPG
(4/28にお世話になった睡蓮のSINさんと。)


待機している間に色々な方と再会できました。


20130503高槻ジャズバス6.JPG
(ファンレターにうらやましがる一同。)


いつも聴きに来てくださるSファミリーのお嬢ちゃんからやっさんにファンレターが。
一同、いいなぁ・・・・。


20130503高槻ジャズバス10.JPG

ダイヤ遅延の調整のため、バスに乗り込んでからのセッティング時間が殆どなく、結局完全にセッティングが出来ていない状況での出発となり、ドタバタでした・・

20130503高槻ジャズバス11.JPG
(なんと窓の外にはきむりんさんがっ!!!)


バスの車中は楽しくお過ごし頂けたらと、陽気な曲を中心にお届けしました。

20130503高槻ジャズバス13.JPG
(演奏後、お客様からマカロンの差し入れを頂きました、ごちそうさまでした!!)


満員だったため、後方にいらした方々に楽しんで頂けたか不安ですが、
途中、お客様からマカロンの差し入れを頂きました、ありがとうございました!
バスは現代劇場前から途中、市役所前、JR高槻駅前、阪急高槻市駅前、そして現代劇場へと30分の行程で進みました。
窓が少し開いていたため、バス内の演奏はだだ漏れでした。
そのため、バスが通ると、歩道を歩く人々がこちらをご覧になったり、一緒に外から楽しんで下さったりという感じで、これまた音楽のお祭りならではだなぁと思いました。


20130503高槻ジャズバス1.JPG

満員の中、至近距離からビデオ撮影をしてくれたちえみ、恐らく私の後ろ頭オンリーの映像だと思い帰宅後チェックしたら、ちゃんとみどころ(ソロなど)はやっさん、タケシくんにも焦点をあわせてくれていました、ありがとう!!

そしてFSLジェイさんも、満員の中、隙間から撮影して下さいました、感謝です!!

私は万に一つの可能性をもち、フットパーカッションを両足に付けていましたが、発車・停車を繰り返すバスの中で普通に刻めるはずもなく、なんだか面白いことになっていました。

20130503高槻ジャズバス3.JPG

あっという間にバスは終了。
ご乗車下さった皆様の、楽しいバスのお供になったかは不明ですが、一緒に歌ってくれるおじいちゃんもいたりして、本当に楽しかったです。

もし今後またこのような機会が与えられたなら、更に策を練って臨みたいと思います。

皆様どうもありがとうございました!!

20130503高槻ジャズバス12.JPG


ジャズストバス「パラダイス号」でのセットリストは以下の通りです。

 Perfect (Fairground Attraction)
 Clare (Fairground Attraction)
 Sir Duke (Stevie Wonder)
 It don't mean a thing (Duke Ellington)
 On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
 Isn 't she lovely (Stevie Wonder)


その後阪急高槻市駅界隈の居酒屋で大反省会。
個人的にはもっとこうすればよかったなぁと反省しきり。
さぁ、この反省を明日へとつなげるべく、気合を入れなおしたココメンでした。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
4月28日はCocodriloの5ヶ月ぶりのお座敷、伊丹ALWAYSで開催された「春だよ!ライブハウスに行ってみよう!Vol.2」に参加させて頂きました。

20130428Always0.jpg
(1年ぶりのALWAYSさん。この日のラインナップ。)


ご一緒させて頂いたのは季節*FUさん、NOB&TAKEさん、睡蓮さんでした。

お誘いくださったSong-Shopひろさん、共演させて頂きました皆様、そしてALWAYSのスタッフの皆様、大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。

そして連休の中ALWAYSまで足を運んで下さった皆様、とても嬉しかったです、本当にありがとうございました!!

20130428Always15.jpg
(タンクトップスのお二人とパチリ。)


諸事情により、直前にしか告知出来なかったのですが、そんな中、サプライズで遠路遥々お越し下さったタンクトップスのお二人には本当に感激しました!!

そして共演させて頂いた皆さん、伊丹がご縁で親しくさせて頂いるのですが、一緒に演奏の場にいられること自体本当に楽しくて仕方がない方々です。
なので、自分の演奏以外はどっぷり堪能させて頂きました。

イベントは終始手拍子や歓声があがる盛り上がりで、本当に楽しかったです。


20130428Always4.jpg
(アコースティックロックデュオ、睡蓮さん。)


トップバッターはSINさんとKUMIさんのアコースティックロックデュオ、睡蓮さん。
そのいでたちからしてロック色が濃いお二人ですが、バラードではしっとりと透明感のある歌声や世界観に会場がうっとりしました。


20130428Always5.jpg
(お召し物が色っぽいです。)


VoのKUMIさんはロッククイーンコンテストにも出場なさっているそうです。



20130428Always6.jpg
(S&Gカバーのデュオ、NOB&TAKEさん。音が身体に沁みます。)

2番目はNOB&TAKEさん。
お二人のハーモニー、実に心地よくて、あのさりげない雰囲気、いつまでも聴いていたいなぁと、いつも思います。

20130428Always7.jpg

伊丹の音楽仲間のルーツがこのお二人で、NOB&TAKEさんから色々なミュージシャンの方々との輪が広まりました。
伊丹絡みのイベント、例えばオトラクな1日などでお会いするたびに嬉しくなるのです。



20130428Always8.jpg

そして3番目はCocodriloでした。

今回はテンポのいいナンバーを多くセレクトしたこともあり、最初からお客様や共演者の皆様が温かい手拍子や掛け声などを頂戴しました。


一緒になって音を紡いで下さる、いわば会場全体で音楽を創り出しているような雰囲気があり、あぁ演奏させて頂いて本当に幸せだなぁと、すごくじぃんときました。
皆様、本当にありがとうございました!!


20130428Always9.JPG


少しづつではありますが、昨秋のお座敷から徐々に変化しています。
ちょうど1年前の春くらいと比較すると、我々は体育会系になりました。
アコースティックトリオなのに体育会系?
その意味については、是非是非会場で。

さて今回、新曲は2曲。
1曲はFairground Attraction の軽快なナンバー、”The moon is mine”。
そしてもう1曲は、”It don't mean a thing”、ジャズをするならこの曲が歌いたい、と思っていた曲でした。

とはいえ、ロックな人間がジャズを演奏したら、アレンジを行ったら、という完成形が、一体どのジャンルになるのかが不明、という代物でした。
クールな雰囲気が漂うこのナンバーですが、どちらかというと、若干攻め感のあるスリリングな仕上がりになりました。


20130428Always2.jpg


最近の私は、ヒールにフットパーカッションを装着して足を鳴らし、カニタンバリンを振り回しながらカズーを吹きつつ大声で歌う、そんな感じでして・・・・・
で、ちょうどステージの私の立ち位置にケーブルをしまいこむ穴があり、ちょうどカズーソロを吹いていた時にその穴の中にヒールが入り込んでしまい、思わず“あ!”と声をあげてしまいました(笑)。
その後NOBさんのすばやいフォロー(ガムテープで穴を塞いで下さいました)もあり助かりました。NOBさん感謝です。


ということで、この日のセットリストは以下の通りです。


20130428Always10.jpg

Clare (Fairground Attraction)
The moon is mine (Fairground Attraction)
Eternal flame (The Bangles)
It don't mean a thing (Duke Ellington)
On the sunny side of the street (Jimmy McHugh and Dorothy Fields)
Perfect (Fairground Attraction)



20130428Always11.jpg
(今回の主催者、季節*FUさん。お二人のハーモニーもまた素晴らしいのです。)


そしてトリはSong-Shopひろさんとえつこさんのアコースティック夫婦デュオの季節*FUさんでした。
お二人の会場の求心力、その一体感がすごくて、特に最後の”フラワー“ではそれが顕著にあらわれてとても楽しかったです。


20130428Always13.jpg
(NOBさんが加わって。)


多くの方が一緒になって歌ったり、手拍子をしたり、とにかく歌を楽しんでいる雰囲気がとてもよかったです。

3組の素敵なミュージシャンの方々とのジョイント、最初から最後まで本当に楽しませて頂きました、ありがとうございました!!


20130428Always16.jpg
(出演者でパチリ。皆さんどうもありがとうございました!!)


今回は私にとっては普段のお座敷という意味合いの他に、また特別な思いがありました。


20130428Always14.jpg


とてもとても楽しいステージで、きっと空の上からも、音楽が大好きだったあの人は、我々と一緒に手拍子を叩いて、歌って、そして楽しそうに観ていてくれたのではないかなと思います。

実はこの日の2週間前、私は、父であるすてっきを看取りました。
長い間、色々な病を持ちつつも、最期は穏やかに息を引き取りました。

なんといいますか・・・すてっきが空の上でおさんぽしはじめたことで、私は早く自分が元気に暮らしている姿、音楽を楽しんでいる姿をすてっきに見てもらいたくなったのです。

“心配をかけない生き方をする”、でしょうか。

色々な気持ちは複雑に交錯しましたが、私のこういった気持ちを、ココメンも、そしてこういった事情をご存知ないミュージシャン仲間やお客様も、まるでよくご存知かのように、本当にその場の皆さんで空に向かって音を届けているような錯覚に陥りました。
私にとってはミラクルなシチュエーションでした。
だから、とてもとても嬉しくなりました。
色々な方のお力添えで、すてっきに、楽しい音楽を届けることが出来ました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました、ありがとうございました。

実際、このことについて伝えていたのはココメンとごく一部の共演者だけでした。
色々とご配慮、温かい言葉も頂き、たびたび涙腺が緩みそうになりましたが、何とか持ちこたえました。

ブログのプロフィールにも書いていますが、私の愛犬「福」が先に空の上でおさんぽをしているので、すてっきが空の上にトコトコのぼった時に、きっと福がすてっきを見つけてくれただろうなぁと。
そして今は一緒におさんぽしているのではないかなぁと思っています。

ということで、今回は個人的にはちょっと特別なお座敷となりました。
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽