● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「伊丹オトラクな1日」(2011.11.12)の後編です。


その④ 「陽楽房」さん

☆ Allelujah (Fairground Attraction)
☆ Only love can break your heart (Neil Young)
☆ Girl (The Beatles)


20111112otoraku16.JPG
(ビデオアングルで近すぎてやっさん入らず、やっさんごめんなさい・・・)


伊丹ホール前の大通りから少し細い路地を入った古民家の陽楽房さん。

住宅街の中、またお店の方の赤ちゃんも一緒に楽しんでくれるということもあり、優しい曲をセレクトしました。

お客様が目の前で召し上がっていらしゃったバルメニューのタコライスが美味しそうで美味しそうで・・・。


20111112otoraku10.JPG
(お手製のオトラクバスの案内板。Cocodriloは18時の組でした。)


この後、Cocodriloが乗車するオトラクバスの1コマ前のミュージシャンの方々に、タケシくんの充電式ベースアンプをお貸しすることになっていたので(バスの電源は不安定なため充電式が良いのでと白羽の矢が立ったらしい)、オトラクバス発着場に立ち寄りました。

20111112otoraku17.JPG
(オトラクバス。音符が・・・かわいい。)

既にオトラクバスの中には乗客がいっぱい。


その⑤ 「イツモノトコロ」さん
☆ Perfect (Fairground Attraction)


ずっと休憩することなく流してきたためちょっと休憩したいね、ということで、オトラクバスを見送った後、変わった名前のカフェ、「イツモノトコロ」さんにお邪魔しました。

可愛らしい雑貨などを扱っていらっしゃるカフェでした。


20111112otoraku20.JPG
(アツアツのバナナワッフル。うんまい。)


バルメニューのアフタヌーンティーセットは残念ながら売り切れ、ということでバナナワッフルとベリーが沢山入ったブラウニーとお茶を頂きました。

アツアツのバナナワッフル、とても美味しかったです。


20111112otoraku18.JPG
(「ヤモリ来ず。」の皆さん。)


我々が到着した頃、ちょうどアイリッシュトリオの”ヤモリ来ず。”の皆さんが演奏なさっていて、夕暮れの中、我々の心を癒して下さいました。

哀愁漂う旋律が心地よく、こういった機会に生で拝聴できるなんて贅沢だなぁ、我々、非常にラッキーだなぁと思いました。

演奏後、「ヤモリ来ず。」の皆さん、そしてドイツ在住のバグパイプ職人の方、お客様と色々なお話をしていると、お店の方からサンドウィッチをどうぞと頂きました!

え!バルメニューではないのに・・・嬉しい!

これは一宿一飯のご恩をば・・・

ということで、急遽“Perfect”を演奏させて頂くことに。
テーブルに座りながらベース以外は生音、ソロはいつものギターからカズーにチェンジで臨みました。

“Perfect”の雰囲気がお店に妙にマッチしていて、歌っていてもとても楽しく(メンバーもきっとすごく楽しんでいました)聴いて下さっていた方々も喜んで下さり、とても嬉しかったですし、何よりお店の方も笑顔で聞き入って下さっていたのでほっとしました(ご恩返しはできたでしょうか???)。

こういった突然のノリから発生する演奏も伊丹オトラクな1日の醍醐味のひとつなのだなぁと再認識した次第です。

お店にディスプレーしてあった雑貨も私の心をくすぐるものが多く、また立ち寄りたい、素敵なお店でした。


20111112otoraku21.JPG
(お店で皆さんとパチリ。ふじをちゃん、でこぴんしか写ってないよ。)


そして気がつけばオトラクバスの運行時間が迫っていたので、皆さんとお別れし阪急伊丹駅にGo。


20111112otoraku25.JPG
(このロゴのバッジが存在したらしい・・・欲しかった・・・・・)


その⑥ オトラクバス(阪急伊丹駅東出口発)
出演者:五月エコ&Hatao、JT☆Stars、Cocodrilo

☆ Perfect (Fairground Attraction)
☆ Beautiful name (Godiego)


前回の第4回から始まった「オトラクバス」。
今回も前回と同じメンバーで組んで下さったそうです、ありがとうございます!

ミュージシャン一同も本当に楽しくて思い出深いオトラクバスだったので、今回もわくわくしていました。

乗車した時点でテンションはマックスです。

まずはトップバッター、五月エコ&Hataoユニット。

20111112otoraku23.JPG

エコさんは既にご機嫌さんの様子(お酒が入ると更にいい笑顔をしはるんです、これが可愛らしい)“オトラクバスで世界一周をしましょう”、との掛け声で始まりました。

演奏が終わると、まるで車内は全員酒が入っているかのようなご機嫌さん状態。
そして次は我々Cocodrilo。

“世界”のお題に“皆で楽しめる”ということで、強引だけれどスコットランド~イギリスのFairground Attractionの”Perfect“をチョイス。

車内一同手拍子、そしてソロは我々からの無茶振りでエコさんに演奏してもらいました。


次はワールド音楽のJT☆Starsさん。

民族楽器を手に独特の節回しの歌で、一同手拍子だったり、足をドンドンと鳴らしたりして演奏に参加しました。

その後1巡してオトラクバスはおひらきとなりました。

2巡目の“Beautiful name”では日本語ということもあり、皆さんよくご存知だったので一緒に歌って下さる方もいらっしゃってとても嬉しかったです。

最後のJT☆Starsさんの”バスのうた(本当のタイトルがわからない・・)“、どうやら子供向けの歌のようでしたが、全員で振り付け付で大合唱、大盛り上がりの中、あっという間に楽しいオトラクバスはバス停に到着しました。

20111112otoraku24.JPG
(またこのメンバーでオトラクバスに乗れるなんて感激!!ほんとに楽しかったです!!)

最後にミュージシャンでぱちり。

今回も文句なしに楽しかった・・・このようなシチュエーションで演奏する機会ってなかなかないですし、一緒に楽しもうと思って乗車して下さる方ばかりなので、私も珍しく饒舌になっていました(まだビールコップ半分しか入っていないというのに)。

またオトラクバスでの演奏のチャンスを頂けるなら、更にパワーアップしてオトラクバスを盛上げたいと思います。

その後、この日最後の会場、長寿蔵へと向かいます。


道すがら、先ほど「イツモノトコロ」で演奏なさっていた「ヤモリ来ず。」のメンバーさんが参加されているBeats of Fairyさんの演奏を楽しみました。

三軒寺会場ではこんな感じで夕暮れ時も演奏が繰り広げられていました。

20111112otoraku26.JPG
(アイリッシュのBeats of Fairyさん。)


その⑦ 白雪ブルワリー長寿蔵さん

☆ Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
☆ Tell me why (Neil Young)
☆ You’ve got a friend (Carole King)
☆ I don’t want to miss a thing (Aerosmith)
☆ Girl (The Beatles)
☆ Thank you baby (Godiego)
☆ Clare (Fairground Attraction)
☆ Perfect (Fairground Attraction)
☆ Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)


長寿蔵の1Fでトリトリさん(1つ前の枠で演奏)と遭遇、皆さん楽しまれたようで何よりでしたい。
我々が会場入りすると、既に団体さんの何かの会で盛り上がっていらっしゃいました。

20111112otoraku27.JPG
(最後の会場、長寿蔵さんにて。皆様ありがとうございました!)


演奏を始めて暫くして空席待ちの列のお客様が遠くから手拍子を送って下さっていることに気づき、もう、むちゃくちゃ嬉しかったです、ありがとうございました。

終盤は場内の手拍子も多くなり、最後の力を出し切り演奏させて頂きました。

演奏後、よくカホンについて説明を求められることが多いのですが、今回はウクレレベースへのリクエスト!


20111112otoraku28.JPG
(ウクレレベース講座。)


興味を持って下さった方々がタケシくんの丁寧な説明に熱心に耳を傾けていらっしゃいました(今まで彼がこんなに長くお話する場面に遭遇したことがなくココメン驚きでした)。

その後サプライズが!

長寿蔵の方から直々のやっさんへのクラプトンのリクエストでやっさんの独演会となりました。

20111112otoraku29.JPG
(長寿蔵独り占め状態のやっさん。)


やっさんがクラプトンを歌うこと、どうしてご存知だったのかは不明ですが(もしかして隠れやっさんファンの方だったのでしょうか?)、お店の方も興味をお持ち下さってリクエストを頂戴するなんて、本当に嬉しい出来事でした、どうもありがとうございました!!
そしてやっさんお疲れ様でした!!


その後長寿蔵にてプチ打ち上げをば。


20111112otoraku30.JPG
(グラスがどんどんあいていく。)


やっさん(下戸さん)を除くココメン3名は長寿蔵で演奏後に地ビールを頂くのが何よりの楽しみになっていまして、毎回有難いことに最後の演奏会場が長寿蔵さんで、そのまま打ち上がる、という構図が出来上がっています。


今回、お店からのリクエストにお応えしたことからなのか、スノーブロンシュをご馳走して下さいました、ありがたいお心遣い、感謝です!!


20111112otoraku31.JPG
(酒蔵鍋、最高でした!)


そして今回更に満足度UPだったのは、この酒蔵鍋でした。

いつもバルメニューはオードブル系の突き出しを提供されていたのですが、この鍋、個人的には大満足!!
美味しいしボリュームもあるし、冷えたビールにアツアツの鍋との相性、最高でした!!


20111112otoraku32.JPG
(変顔選手権その1。)


20111112otoraku38.JPG
(変顔選手権その2。譲らない二人。)


その後、オトラクチームの打ち上げ会場のある「クロスロードカフェ」
さんにお邪魔しました。
既に多くのミュージシャン、サポーター、事務局の方々で楽しそうに盛り上がっていらっしゃいました。

我々も仲間に入れてもらい、色々なミュージシャンの方とお話をする機会を得ました。

ちょうど同じテーブルにSong-Shopひろさんつながりで「ツキサケ」さんがいらして、初めてお会いしたのに色々とお話できて嬉しかったです。

お二人とも幼稚園、保育園の先生で、確かにお二人とも爽やかで表情が柔らかく、園児達にも人気者なのだろうなぁということが容易に感じ取れました。

何故かカレー流し込み系の話で盛り上がりました。


色々な参加店さんから有難いことにまかないが次々と打ち上げ会場に運び込まれてきます。
こういったお心遣いって本当に嬉しいです。


打ち上げ会場から失礼し、NOB&TAKEさんや、そしてひろさんが演奏していらっしゃる「Tomorrow」さんへ。

20111112otoraku34.JPG
(NOBさんのさだまさしユニット。)


20111112otoraku35.JPG
(NOB&TAKEさん。久しぶりの歌声。心が緩みます。)


20111112otoraku36.JPG
(お仕事帰りのSong-Shopひろさん。ひろさんの歌声も久しぶりでした。)


運よくNOB&TAKEさんの“Boxer”や、そしてひろさんの”上を向いて歩こう“を拝聴できました。

久しぶりの皆さんの歌声。
あぁ、沁みます。

最近のオトラクの〆はTomorrowさんでひろさんやNOB&TAKEさんなど、伊丹つながりの方々の演奏を堪能するになっています。

気がつけばさっきの「ツキサケ」さんが隣のテーブルに。

そして向かいのテーブルには「カリスマ一人っ子西田」くんも。

西田くん、先週のうえほんバルでは喉を痛めていたようですが、オトラクでは大丈夫だったようで、鬼のように会場を回って弾き語りしていたようです。

NOBさんがNOB&TAKEさんユニットの他に、さだまさしのユニットでも歌っていらっしゃいました。


そうそう、もう随分と昔、小学生だったか、中学生だったかも定かではないのですが、さだまさしのカセットを1本持っていたのですが、その中に収録されていた曲のタイトルが分からず、Youtubeで探してもいまいちわからず、長い間、私の中での謎でした。

それで、伊丹でNOBさんに出会い、いつかさだまさしフリークのNOBさんにいつか尋ねてみたいと思っていたのがその晩漸く叶いました。

NOBさんにAメロを歌って聴いてもらったら、すぐに歌詞付きで歌って下さって“そうそう!!それです!!”ともう大感激。

結局私が知りたかったのは「ミステリー」というボッサ調の曲でした。

あぁすっきり! NOBさん本当にありがとうございました。


そして皆さんとお別れし、終電を目指し、伊丹駅へと向かいました。

電車に乗った頃には、アルコールを多く頂いたせいか、ガラガラのええ声になっていました。



ということで、伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日の楽しい1日は終わりました。


私のレポートは何故かどんどん長編化していきますが、辛抱強く最後までお付き合い下さった方々、本当にありがとうございました。

長編になったものの、私の拙い構文力と表現力ではこのイベントのよさが伝わったか分かりません。

しかし、ちょっとでも興味をお持ちになった方がいらっしゃったら、是非次回の伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日に遊びにいらして下さい。

百聞は一見にしかず、です。

遠方からお越しになっても絶対損はしないイベントです。

ということで、今回も本当に楽しかったです、最高でした!!!

どうもありがとうございました!!


20111112otoraku37.JPG
(長寿蔵の綺麗なお姉さんの絵と一緒に“いつもの”。)


さて次回の御座敷は12月3日(土)です。

2011年最後の御座敷になりそうです。

「つかしん街角ライブ FM aiai セレクション!」

公開録音です。

Cocodriloの出番は15:00~15:30です。

当日の模様は後日FMあまがさきでオンエア予定です。

お近くの方は是非遊びにいらしてくださいね。
スポンサーサイト
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
20111112otoraku1.JPG
(伊丹まちなかバルの公式ガイドブック。毎回この吹き出しを楽しみにしています。)


「今回の参加店はついに100軒やて」

「お酒もえらい仕込まんと」

「てんてこまいや」

「早よ飲みに行きたいわ」

「どこに行くかほんま迷うなぁ」


20111112otoraku2.JPG
(こちらがバルチケット。5枚綴りです。)


11月12日(土)は好天に恵まれ、第5回目の“伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日”が開催されました。


「伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日」にご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

我々の演奏を目指しご来場下さった皆様、通りすがりにお聴き下さった皆様、リクエストして下さった皆様、一緒に手拍子や掛け声で楽しんで下さった皆様、とっても嬉しかったです、心から感謝の気持ちをお伝えしたいです。

そして事務局、サポーター、参加店、オトラクバス関係等々、この「オトラクな1日」に関わる関係者の皆様、今回も貴重な機会を与えて下さって本当にありがとうございました。

共にオトラクで活動した多くの(今回は約100名!)ミュージシャンの皆様、互いにエールを送りつつ、さまざまな会場で演奏することに大きな楽しみを覚えました。

打ち上げではその日巡った先でのお話やこのイベントならではの醍醐味、普段の音楽話など、オトラクで出逢わなければこうしてお話しするご縁もなかったのだなあと感じ、その有難さ、共に酒を交わしつつ感謝しました。

また普段遭遇することのないジャンルだったり、楽器だったりと、色々と学ぶ機会もご縁も与えて下さってありがとうございました。



関西ではいわゆる「バル」というイベントがここ最近随分と浸透してきているようで、私の職場近辺でも2つ開催されていました。

伊丹まちなかバルはその中でも関西では最大級を誇るイベントだそうで、今回5回目を迎え、なんとバルの参加店は100店、そしてオトラクな1日の参加ミュージシャンも100名を越えました。

巨大化と共に得ることがあれば失うこともあり、色々な制約や妥協が生じることは予想され、実際他の音楽イベントなどでもそういったことに遭遇することはよくあります。

どんどん大きくなっていく伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日ですが、毎回感じることは、どの立場の人も、どんな角度に立っても「楽しい」と感じることが出来る非常に珍しいイベントだということです。

どうしてかというと、色々と実に細かいところまで緻密に配慮されているからだからなのですが、それが何らかの制約を生んだりせず全く堅苦しくない。

例えば来場者の立場からすると、街全体が非常にウェルカムな雰囲気を醸し出しているので遠方から来場された方々にとってもお店に入りやすい。

またお店の方もたまに気軽に声をかけてくれたりする。

来場者自身がその1日をどのようにお店を回ろうか、どんなミュージシャンの音楽を聴きに行こうかと考えた時に助けになる情報もリアルタイムで提供される用意周到さ。

頭の中では楽しい構想がもくもくとわいてくる。

またミュージシャンにとっては大枠で演奏する会場と時間帯が振り分けられているものの、与えられた1時間のうちでいつ、どれぐらいの長さで演奏してもよい、つまりはその場で色々とアレンジすることも可能、更には場合によっては(例えば体力が尽きたとか)演奏しなくてもよいし、気が向けばその場のノリで演奏することもあるという自由度の高さ、この点は他のイベントではまず殆ど見られないのではないかと思います。

回を増すごとに出演者の数が増え、絆が深まっていくさま、オトラクな1日がきっかけで広がる音楽の輪、そして人と人との輪。

そしてミュージシャンとして、毎回感じる伊丹の街の人々のあたたかさ。


これらは、事務局、参加店、そして伊丹の街の方々の街を盛り上げようという心意気といいますか、深い理解と多大なご尽力なしではこういった有意義なイベントの実現は正直ありえないと思います。

本当に関係者各位に脱帽です。

私にとっては理想のイベントです。


私自身、こういったことを考えるのが好きなので、非常に共感を覚えます。

だから余計に初回から参加させて頂いていることに感謝せずにはいられません。

本当に心から、ありがとうの気持ちをお伝えしたいです。



既にこの時点で長編になっていますが、まだ余力のある方は、この後のいつもの「当日を振り返りたいと思います」前編後編をお楽しみください。

では、当日を振り返りたいと思います。


今回はオトラクバスを含め、当初4つの会場での演奏を予定していましたが、結果的に前日に1つ会場が増え、当日はその場のノリで2つ増え、結局は大小あわせて7会場でのお座敷となりました。

今回は途中までサポーターとして“カトウちゃん”が担当してくれました。
我々の担当から離れた後も遅くまで頑張っていました、カトウちゃんどうもありがとう!!


さて、ざくっと当日のスケジュールは以下の通りでした。

その① 串カツ吉野
その② 十一(といち)
その③ 三軒寺会場(本部前)
その④ (41)陽楽房
その⑤ イツモノトコロデ
その⑥ オトラクバス(阪急伊丹駅東出口発)
その⑦  (83)白雪ブルワリー長寿蔵


まずはオトラクな1日のスタッフ、サポーター、そしてミュージシャンが伊丹のあじさいセンターに大集合。

今回ミュージシャンは100名越え。

どんどん広がるミュージシャンの輪。

20111112otoraku3.JPG
(いつもの事務局、ミュージシャン、サポーター顔合わせ会の後、初参加のミュージシャン及びサポーターへの説明がありました。カトウちゃんも一生懸命聞いてる・・)


20111112otoraku4.JPG
(顔合わせ会解散後、神社の前で”トリトリ”さんと互いにその日の幸運を祈りつつ。)


最初の演奏会場である串かつの吉野さんにGo。

道中、いつもお世話になっていたカフェモール「集い」さんの前を通りました。
ちょうど“ツキサケ”のお二人が演奏中、お店の外までお客さんが溢れているという大盛況ぶり。


20111112otoraku6.JPG
(カフェモール”集い”さんで満員御礼、演奏中の”ツキサケのお二人。)


その① 「串カツ吉野」さん

☆ My shining star (Eddi Reader)
☆ You’ve got a friend (Carole King)
☆ Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)
☆ You got it (Roy Orbison)


20111112otoraku7.JPG


入口付近で演奏させて頂きました。

やっさんもよく利用するという串かつのお店です。
演奏中、串かつと生樽のギネスが目の前を通過していくのです。
誘われます。。。美味しそう。

演奏中、ふら~っとNOB&TAKEのNOBさんが遊びに来て下さいました。
今回、お昼間はサポーター、そして晩はミュージシャンと二役をこなされていました、本当にお疲れ様でした!


20111112otoraku8.JPG
(カトウちゃん、いけるくちでした。色々とお世話になりました!!)

演奏後、お店の方からギネスを頂きました、お心遣いありがとうございました!
甘く柔らかい喉ごしでした。
最初からあんまり呑んでしまうと後で使い物にならないので皆でわけました。

店先で折鶴のコーナーがあり、Fさんにレクチャーを受けて私、恐らく人生初の折鶴に挑戦。
Fさん、最後まで見捨てずに教えて下ってありがとうございました!!


20111112otoraku11.JPG
(まかないをほおばるココメンとカトウちゃん。)


オトラクの本部に立ち寄ると、まちなかバルの参加店から有難いまかないが沢山届けられていました。
考えてみると、ミュージシャンは昼から晩まで色々な会場を歩き回って演奏しているので、ゆっくりと食事を取る時間って実はあまりなかったりします。

こういったお心遣い、本当に有難いです、参加店の皆様、ご馳走様でした!!


20111112otoraku12.JPG
(三軒寺会場での演奏。かっこいい・・・・・)


前回サポーターとして参加していた若いほうのやっさんが、今回はオトラク本部駐在になり、色々な細かい用事などを引き受けて走り回ってくれていました。

色々な道端で会うたびにエールを送りました。
彼のようなサポーターさんがいるだけで、ミュージシャンは円滑に演奏が出来ます。

実は先週の「うえほんバル」の時も彼はサポーターとして参加してくれていました。
本当に有難いことです。
彼を見ると自然と笑顔になってしまいます。


その② 「十一(といち)」さん

☆ Seven impossible days (Mr.BIG)
☆ So bad (Paul McCartney)
☆ Perfect (Fairground Attraction)
☆ I don’t want to miss a thing (Aerosmith)
☆ Love is all (Roger Glover)


20111112otoraku13.JPG
(十一さん前のリズム隊。)


前回もお世話になった十一さんは、お店の軒先での演奏でした。

バルを楽しむ方々、お買い物、お散歩を楽しむ方々が通りがかりに聴いていって下さいました。

また、向かい側で立ち止まって聴いてくださっていた皆様も本当にありがとうございました。


20111112otoraku14.JPG
(前回はなかったポールが今回増えていることに気づく。)


演奏後、バルメニューのコロッケをゲット。
食べる時機を逸し、結局は打ち上げで食すことに。
「お肉」を感じることが出来るコロッケ、冷めてもおいしかったです。


その③ 三軒寺会場(本部前)

☆ Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
☆ Clare (Fairground Attraction)


20111112otoraku15.JPG
(三軒寺会場のフリー枠にてゲリラライヴ中。)


三軒寺会場にはクロスロードカフェ前、そして本部前と2つ演奏の場があり、1枠(1時間)だけフリーとなっていたので、あわよくば演奏出来るかもと思っていたのですが、幸い我々が到着した時はどなたも演奏されていなかったので、次の会場である「陽楽房」さんで演奏する前に少しゲリラライヴを行いました。

本部前に集う方々、休憩をしているミュージシャン、そしてたまたま本部付近でバル情報を収集なさっていた来場者から有難く手拍子も頂き、本部前を盛上げてきました。

サポーターでお忙しいNOBさんが走ってきて我々の演奏を盛上げて下さいました、NOBさんありがとうございました!

演奏会場から次の演奏会場へと歩いて移動するミュージシャン同士が遭遇すると、互いに笑顔で”お疲れ様“と交わす言葉がいいなぁっていつも思います。


ということで、後編へと続きます・・・・・
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
201105オトラク3.JPG
(前回の模様。)


さて、今週末、11月12日(土)はいよいよ第5回目の“伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日”です。

毎回このような機会を頂けることに心から感謝しています。

伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日”ってどんなものなのか?

その楽しさをお分かり頂くには、過去の様子をご覧頂いたほうが早いかもしれないです。

第1回 伊丹まちなかバル → 公式HP

第1回 伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日「わにのにわ」レポート → コチラ



第2回 伊丹まちなかバル → 公式HP

第2回 伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日「わにのにわ」レポート → コチラ



第3回 伊丹まちなかバル → 公式HP

第3回 伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日「わにのにわ」レポート → コチラ



第4回 伊丹まちなかバル → 公式HP

第4回 伊丹まちなかバル当日の写真 → コチラ

第4回 伊丹まちなかバル―伊丹オトラクな1日「わにのにわ」レポート → 前編 後編



前回初の試みであった「オトラクバス」に今回も乗車させて頂くことになりました。
車内を大いに盛り上げたいと思います。
なんとメンバーは前回と同じ、五月エコさんとJT STARSさんです。


バルチケットの半券提示でご乗車頂けますので、是非是非遊びにいらしてくださいね。

今回はオトラクバスを含め、合計5つの会場での演奏を予定しています。


Cocodriloの当日のスケジュールは以下の通りです。

☆ 14:00―15:00の間 ・・・> 追加です!
(47)串カツ吉野
伊丹市中央1-5-5
Tel: 072-772-0913

201105オトラク.JPG
(前回の模様@十一さん前)


☆ 15:00―16:00の間
(93)十一(といち)
伊丹市伊丹1-8-22-4
Tel: 072-770-3711
http://www.teppan-toichi.com

☆ 16:00―17:00の間
(41)陽楽房
伊丹市中央2丁目2番20号
Tel: 090-8208-3415
http://www.qoorie.com/

201105オトラク4.JPG
(オトラクバス。)


201105オトラク2.JPG
(オトラクバスでの演奏風景。)


☆ 18:00―19:00の間(18:00に出発します!)
オトラクバス(阪急伊丹駅東出口発)


201105オトラク5.JPG
(演奏後のカホン講座。)


☆ 19:00―20:00の間
(83)白雪ブルワリー長寿蔵
伊丹市中央3丁目4-15
Tel: 072-773-1111
http://choujugura.com/restaurant/


あくまでも予定は未定です。
もしかしたら予定地の他でも演奏しているかもしれません。


是非伊丹まちなかバルのバルメニューを堪能しつつ、ふらっと我々の演奏もひやかしにお越し下さい。

こないだのうえほんバルでは雨に見舞われて、若干苦戦を強いられましたが、伊丹まちなかバルは、開催エリアがかなり広範囲なので、移動のことを考えると何とか晴れて欲しい!と切に願っております。

バル参加店は今回100軒に突入だとか・・・・
すごい規模だと思います。

バルメニューを楽しむにはバルチケットといって、お得な5枚綴りのチケットがあり、こちらをバル参加店でご利用下さい。

詳細は伊丹まちなかバルサイトまで。 → コチラ

我々も演奏で色々な場所を徘徊することになりますが、その合間をぬってバルも是非楽しみたいと思います。

もしどこかでCocodriloに遭遇!の場合は気軽にお声をかけてください。
その場で1曲・・・ということもあるかもしれないです。

伊丹まちなかバルの事務局の皆様、サポーターの皆様、そして参加店の皆様、伊丹つながりのミュージシャン仲間、そして何よりも過去でお会いしご縁を頂いたお客様、まだお会いしたことがない、これからご縁が生まれるかもしれない皆様とお会いできることを心から楽しみにしています。

楽しい1日にいたしましょう!!

11月5日は大阪の上本町で開催された「うえほんバル」に音楽班として参加させて頂きました。


20111105uehon2.JPG
(我々の出没エリアはここ!)


今年第1回目となる「うえほんバル」。

今週末Cocodriloがお世話になる “伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日”の音楽班が助っ人で参加ということになり、オトラクな1日でお馴染みの常連ミュージシャンやスタッフが集結しました。

告知でも記しましたが、うえほんバルも伊丹まちなかバル同様、色々な参加店のお奨めの品を頂き、そしてその界隈にミュージシャンが流しで音楽をふりまく、といった感じです。

今回のバルではあまり広範囲で演奏することはなかったのですが、大小あわせて合計7セットの演奏をさせて頂きました。

その際、たまたま足を止めて、または店内でCocodriloの音楽に耳を傾けて下さった皆様、演奏後に声をかけて下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして今回お世話になりました「うえほんバル」の事務局、音響スタッフの皆様、そしていつもお世話になっている“伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日”の事務局、サポーター、ミュージシャンの皆様、そして演奏させて頂きました参加店の皆様、貴重な機会を与えていただき、本当にありがとうございました。

折角の街をあげての記念すべき第1回目のバルだったにもかかわらず、残念ながら天気には恵まれず、時折強い雨も降る中でのイベントで、我々ミュージシャンも若干苦戦を強いられることになりましたが、それでもそれが何だったっけと思わせるくらい、何故かテンションも高く、楽しい、また諸環境における演奏で色々と勉強と教訓を得た、とても充実したイベントでした。


さて、当日を振り返りたいと思います。


character_s.jpg
(うえほんバルのイメージキャラクター。)


この子たちのイラストが描かれたのぼりが上本町にたなびいた11月5日、上本町では初の試み、上本町ハイハイタウンを中心に、上本町界隈の飲食店が参加した「うえほんバル」。

電車を乗り継ぎ上本町に到着。

大阪は既に雨模様。
どうか雨が上がりますようにと願う関係者一同。


下町情緒を感じさせる生活に密着した色んな業種のお店が並ぶハイハイタウンの中を歩き、音楽班の事務局へ。

すると伊丹オトラクのとりまとめ役、仲間内では”ふじをちゃんの兄弟”と信じて疑わない中脇氏をはじめ、スタッフの皆様、そして常連ミュージシャンの皆様が集まっていました。

20111105uehon4.JPG
(この日も本当に洒落たメガネをお召しだった伊丹オトラクのボス、中脇さん。二人の共通項は鮮やかな色のものをさらりと着こなすところ。そしてメガネにこだわりがあるところ。尊敬します。)


「伊丹オトラクな1日では」、参加ミュージシャンごとにスケジュールが割り当てられ、参加店やオープンスペースを流していくスタイルですが、今回の「うえほんバル」ではミュージシャンが数組固まって行動し流していくスタイルとなりました。

Cocodriloは、前回のオトラクのオトラクバスでご一緒させて頂いた五月エコさん(ボタンアコーディオン)とカリスマ一人っ子の西田さん(ギター弾き語り)のお二人とご一緒させて頂くことになりました。

1つめの会場は上本町YUFURA前のオープンスペース。

雨の中、スタッフさんがステージのあるテントでスタンバイして下さっていました。

トップバッターは五月エコさん。

ボタンアコーディオンの憂いのある響きが上本町界隈に響きました。


20111105uehon6.JPG
(五月エコさん。この日上本町でゲットした赤の差し色がいい感じのワンピ。私も欲しい。)


エコさんが演奏している後方で、Cocodriloはセッティング。

そして雨が降る中、演奏をスタートしました。

雨の音、その雨の中走っていく車のタイヤの音や雑踏の音。
晴れていたならこれらの音がもう少し抑えられたかもしれなかったですが、負けずに演奏。

セットリストは以下の通りです。

その1:上本町YUFURA

◎ Perfect (Fairground Attraction)
◎ Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)
◎ You’ve got a friend (Carole King)


雨の影響で、テントなどの雨よけがセットされていない屋外オープンスペースは演奏不可となり、自動的にミュージシャンが演奏する場が少なくなりました。

2つめはYUFURA前から横断歩道を隔てたハイハイタウンのローソン前。
こちらでも少しだけ演奏させて頂きました。
こちらでは更に雑踏の音が結構大きく、状況もかなり厳しく、少しだけの演奏となりました。


20111105uehon7.JPG
(雨天のため、普段の車のタイヤの音も大きく、なかなか難しい。)


セットリストは以下の通りです。

その2:ハイハイタウン ローソン前

◎ Clare (Fairground Attraction)
◎ Beautiful name (Godiego)


その後、飲み屋さんが比較的テナントの多くを占めているハイハイタウン、ビル全体の盛り上がりのピークは夕方以降にやってくる感じかもしれないと思っていましたが、実際その通りで、お昼間というのは人通りもまばらで、我々の音楽チームは分散して流すことに。

ココメン一同、Eddi Reader (Fairground AttractionのVo)に似ている!と思った店員さんがいらっしゃる「民芸酒房あけの」さんに。
お店の前で演奏させて頂きました。

20111105uehon8.JPG
(「あけの」さん前でセッティング中のリズム隊。)


あけのさんの目の前にはスタンドバーもあり、お昼からお酒を嗜む方々もいらっしゃいました。

のんびりとしたムードでセッティング、そして店員さんの容姿でセレクトしたわけではなかったのですが、Eddi Readerはじめ、比較的静かな曲を中心に演奏することにしました。


セットリストは以下の通りです。

その3:民芸酒房あけの


20111105uehon32.JPG


◎ My shining star (Eddi Reader)
◎ Thank you baby (Godiego)
◎ Allelujah (Fairground Attraction)
◎ Tell me why (Neil Young)


演奏中、どこからともなく男の子がふらっとやってきました。
そして、普段演奏の録画をするのですが、ビデオカメラが設置されていると分かると、カメラの前にどかんと立ってみたり、手でレンズを隠してみたり色々ないたずらをしていました。

子供なので怒る気にもなれず、逆に個人的には「試されている」感を感じた次第で、これは笑ったら、つぼったらおしまいだと、反撃のつもりで笑顔でピースを送ったりしました。

演奏中、終始そんな感じで”なにわのEddi Reader"(お店の方)も笑いたいけれど演奏中だからどうこの気持ちを抑えたらよいのだろう的な、崩れ落ちる寸前の表情を浮かべていらっしゃいました。

そして演奏後、二人で大笑いしました。

20111105uehon9.JPG
(”なにわのEddi Reader”とパチリ。)


ちょっとしたハプニング、しかしおもしろいひとときでした。


伊丹オトラクでは、1時間に1枠、その時間内であればいつ演奏してもかまわないというスタイルなのですが、今回のうえほんバルでは特にそういったしばりもなかったにも関わらず、演奏→撤収→移動→セッティング→演奏という構図が出来上がり、結局全く休む間もなく演奏することになったので、このへんでちょっとひといき。

20111105uehon10.JPG
(下から煽ってみました。)


カフェ クラムボン」さんにお邪魔しました。

ひとやすみで乾杯。

こじんまりとしたカフェで、バルメニューのケーキセットを頂きましたが、自家製のケーキ、チーズケーキとチョコレートケーキの2種類でしたが、いずれもどっしりとした感じで美味でした。私はチーズケーキをチョイス。
本当に美味しかったです。
ココメンもチョコレートケーキとブラックコーヒーの相性がよいと言ってました。
気づいたら全部食べてしまって写真がありません・・・

お店のオーナーと少しお話させて頂いた際、昔ベースを弾いていらしたことを知り、更にNeil Young、Tom Waitsなど、音楽もお好きだということが分かり、話の流れから2曲演奏させて頂くことになりました。


20111105uehon12.JPG
(Claptonなやっさん。)


20111105uehon11.JPG
(Neilなふじをちゃん。)


セットリストは以下の通りです。

その4:カフェ クラムボン

◎ Ol’ 55 (Tom Waits)
◎ Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)

20111105uehon14.JPG
(フラワーフェスティバルなタケシくん。)


ケーキも美味しかったのですが、イタリアンのお料理メニューも気になったので、また機会があればお邪魔したいと思いました。

オーナー、ありがとうございました!!


20111105uehon16.JPG


その後、一旦事務局に戻り、ミュージシャンも集結。後半戦の作戦を練りました。


20111105uehon17.JPG
(この緑ののぼりがバルの参加店のしるし。やっさんもバルに参加しているからある意味あっている。)


ここから、スタッフとして通称「ばばちゃん」が我々のサポートをしてくれました。

なんとやっさん、ふじをちゃんのお子達と同い年、フレッシュな大学生でした。

我々は、ハイハイタウンから少し南下した古い佇まいのレストラン、「CALLION (キャリヨン)」さんにお邪魔しました。


20111105uehon18.JPG
(機材持ちの雨の中の移動はちょっと大変。)


古くから上本町を見守っている欧風料理、キャリヨンさんです。

店構えからして非常に興味深く、店内もその長い歴史が感じられました。

20111105uehon19.JPG
(横にだだっと広がっての演奏。遠くに撮影係のばばちゃん。)


その5:レストラン CALLION

◎ Only love can break your heart (Neil Young)
◎ You’ve got a friend (Carole King)
◎ Isn’t she lovely (Stevie Wonder)
◎ Girl (The Beatles)
◎ She (Charles Aznavour / Elvis Costello)
◎ So bad (Paul McCartney)


20111105uehon33.JPG


お店の方も、知っている曲ばかりで嬉しかったと仰って下さり、嬉しかったです。

店内でたまたま演奏を聴いてくださっていた方々の中に、某アナウンサーさん、司会者さんがいらっしゃって、ありがたいコメントも頂戴しました。

20111105uehon20.JPG
(ワイン組とノンアルコール組。)

演奏後、キャリヨンさんからのどを潤していきなさいと粋な計らいを頂戴しました。
みんなで乾杯!

こちらでゆっくりとお食事を頂いてもよかったかもと後悔先に立たず、で、お客様の美味しそうなお食事を見つつ演奏したのでした。

20111105uehon21.JPG
(お店の方に薦められ、しばし休憩させて頂きました。)


その後我々は再び上本町YUFURAへ。


20111105uehon22.JPG
(お肉の「やまたけ」さん。)


道中、肉屋のやまたけさん発見。
堺で展開しているお肉屋さんです。

系列店が上本町になるなんて、全く知りませんでした。

美味しそうな匂いが漂ってきます。

誘惑に負けたココメン、コロッケを頂くことに。

スコッチエッグもあって、これも非常に興味津々。
(今考えれば持ち帰り用でゲットしておけばよかった(悲)・・・・

熱々のコロッケをゲットし、YUFURA前で演奏を聴きながらほおばりました。

五臓六腑です、おいすぃぃぃぃぃ・・・・


20111105uehon23.JPG
(コロッケのバロム喰いの図。)


この頃になると、雨もあがっていました。

暫くすると、遠くから見慣れた黒ハットの若干洋風な顔立ちのナイスミドル、私の母の解釈でいうところの”あのカホンの方のご兄弟(母の錯覚です)”がこちらに・・・・。

あっ!がみぃさん。

YUFURA前を最後にしようと思い、楽しい曲を中心に演奏させて頂きました。

雨が上がったからなのか、皆さん家路へと急ぐ方々が集中したのか、足を止めて聴いて下さる方が多く大変ありがたかったです。
“Love is all”や“Perfect”では大きな手拍子も頂き、YUFURA界隈に、大通りに向けて音がのびるように張り切って演奏しました。

セットリストは以下の通りです。

その6:YUFURA前

◎ Don’t ask me why (Billy Joel)
◎ You got it (Roy Orbison)
◎ I don’t want to miss a thing (Aerosmith)
◎ Love is all (Roger Glover)
◎ Perfect (Fairground Attraction)

演奏後、”Perfect”が昔何かのテーマ曲でヘヴィロテだったそうで、当時よく聴いたので久しぶりに聴けて嬉しかったと仰る方は、確かに演奏中、大きな手拍子でものすごく盛り上がって下さっていました。
爽やかなクリーム色のスーツが印象的でした。

こうやって聴いて下さる方々がふと声をかけて下さることは、我々演奏している者にとっては非常に嬉しく、そしてありがたい瞬間なのです。

というわけで、うえほんバルでの演奏は終了、のつもりで、打ち上げ開始時刻まで少し時間があったということ、エコさんが「刺身が美味しかった!」と教えてくれたので、お昼間に演奏させて頂いた民芸酒房あけのさんにGo。


20111105uehon24.JPG


すると、偶然にも多くのミュージシャンがあけのさんに集って楽しそうに酒を交わしていました。
我々も早速仲間に入り、かんぱーい!


20111105uehon25.JPG
(これを待っていた!!!)


とろーんとした目つきだったり、目と頬が真っ赤だったり、もの凄く上機嫌だったり、饒舌だったり、既に出来上がっているご機嫌さんを眺めつつ、こういう雰囲気はやっぱり最高だなぁと感じつつ、美味しいお刺身を頂きました。


20111105uehon26.JPG


ミュージシャンの方々とも言葉を交わすことが出来たり、こういったバルによくお出かけになるカップルともお話させて頂いたり、マニアック過ぎるプロレスの話で盛り上がったり、とにかく楽しかったです。


20111105uehon27.JPG
(エコさんたちによるタンゴ。)

暫くしてエコさんをはじめとするアコギ、ウッドベース、ボタンアコーディオンのトリオでタンゴを演奏して下さいました。

かっこいい・・・・こういった音楽を生で聴けるのが嬉しい、しかも皆ご機嫌さんでいい感じ。

そのうち、お客様からリクエストを頂戴し・・・


その7:民芸酒房あけの内

◎ She (Charles Aznavour/Elvis Costello)

となりました。


考えてみれば、我々は夕食をとっていませんでした。

お昼以降、クラムボンさんのチーズケーキ、そしてやまたけさんのコロッケだけでした。

そりゃおなかがすくはずだ・・・

その後、「洋酒居酒屋 なかの」さんで開催された打ち上げに参加させて頂きました。

うえほんバルのスタッフさん、伊丹オトラクの事務局スタッフさん、そしてミュージシャンが集結しました。


20111105uehon30.JPG
(この頃皆さんのテンションがかなり高く・・)


帰り際、一同”また来週!!”と言って、翌週は伊丹で再会する挨拶を交わすのが何とも嬉しかったです。

皆さんお疲れ様でした!!

そしてうえほんバルにご来場下さいました皆様、ありがとうございました!!


さて、今週末11月12日(土)は伊丹まちなかバル~伊丹オトラクな1日です。

追って当日の詳細をUPいたします!!

乞うご期待!!
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
2011102901.JPG


先週末、スタジオ入りの際、Cocodriloの長男、やっさんの誕生日を祝いました。


2011102902.JPG


まだ“よっつとここのつ”ですが、プレートは先を見越して“いつつ”になっています。

相変わらずやっさんはフォーエバーヤングです。
とても大きなお嬢さんが3人もいらっしゃるようには見えない。
常に女性が4人そばにいらっしゃるから若さを保っていられるのでしょうか・・・

昨年はスイーツをセーブしている頃だったので、和菓子でお祝い。
今年はその制約があまりない??ように感じられたので、ふじをちゃんチョイスでとてもしっとりした美味しいチョコレートケーキでお祝いしました。

いつつ目前の今年1年、思う存分よっつ世代を楽しんで下さい。

やっさんの健康のバロメーターは、キレのある王道のおっさんギャグです。
キレがないと、たいがいどこか調子が悪いです。

いつも“だーいじょーぶ、だーいじょーぶ”と言ってるお兄さんですが、あまり無理はしないでどうか身体も大切に。

長く一緒に音楽続けましょう。
お誕生日おめでとうございます!!


2011102903.JPG


脱線。

スタジオ後ミーティングを兼ねてカフェへ。
話をしつつ、おしぼりをちぎっていたら、あっという間に「妖怪人間べム」に。



さて、Cocodriloのブログで既にやっさんがUP済ですが、今週土曜日、11月5日は大阪の上本町で「バル」が開催されます。

題して「うえほんバル」。


character_s.jpg


イメージキャラクターがこちら。

そう、上本町には新歌舞伎座があります。


うえほんバル」のHPをご覧頂くと、当日の色々なお店の自慢のメニュー、通称”バルメニュー”を紹介されています。

これらのメニューをバルチケットといって、5枚枚綴りのチケット(前売:3000円、当日:3500円)を購入して、1枚はいとお店にお渡しするだけで、お得感満載のフード&ドリンクを楽しんで頂けます。

そして「うえほんバル」ではその界隈で演奏する音楽チームを“伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日”でお馴染みの常連ミュージシャン達が担当することになりました。

Cocodriloもお誘いを頂き参加させて頂くことになりました。

伊丹同様、色々なお店やオープンスペースに出没し、流しをします。

ちなみにバルってどんな感じ?という疑問がありますが、例えば伊丹まちなかバル-伊丹オトラクな1日はこんな感じです。
5月に開催された風景です。

2011年5月の第4回伊丹まちなかバル → コチラ

我々の演奏風景もUPされています。

本家「伊丹オトラクな1日」では個々のミュージシャンが割り振られた会場を中心に流していくのですが、今回の「うえほんバル」では、数組がチームとなって動くようです。

その場でのセッションも色々生まれるかもしれません。

うえほんバルにはどんなふうに参加すればよいか、詳細は「うえほんバルの歩き方」に紹介されていますのでそちらを是非チェックしてみてくださいね。

お買い物のついで、お散歩のついで、呑みに行く場所を迷っているなら、土曜日は是非「うえほんバル」にお越し下さい。


音楽チームは13時頃から演奏しています。

因みにCocodriloは14時頃から20時頃まで流しています。

あくまでの大枠の予定ですが、こんな感じです。

 14:00~17:00(およそです)

  ◎ 「はいはいタウン」ローソン前のオープンスペース
  ◎ 「はいはいタウン」ビル地下あたり

 17:00~20:00(およそです)

 ◎ 「はいはいタウン」ローソン前オープンスペース
 ◎ 「はいはいタウン」ビル内のあちこち


ご来場になる際は、事前にHPに掲載されている参加店舗一覧バルメニューをご覧になりお目当てのお店をいくつか決めておくと便利です・・・どれも魅力的で目移りしますね・・・

現地でCocodriloにばったり遭遇されたらきっと何かのご縁、どの会場でどんな曲が飛び出してくるかは当日のお楽しみ、どうぞ音を楽しんでいって下さいね。

バルメニュー、音楽のほかにも、エアーイーティング&ドリンキングコンテストや、若手落語家による寄席もあります。


ということで、土曜日は上本町、うえほんバルにGoです!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。