● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



これからの季節に、そしてちょっとココロの風船にぷすっと針を刺して空気を抜きリラックスする時などにもってこいの曲です。

Curly Giraffeの新譜から、"123 4 U"。

この独特の抜け感が心地よいです。

背後から流れる風に背中を押してもらうくらいのゆるくて穏やかな流れに任せて自転車を走らせたくなります。

そして彼のこの声。
ずるいですよね。


夕暮れから夜にかけてはこの曲が聴きたくなります。




"CHAOS" by Curly Giraffe
スポンサーサイト
20100424マリンピア0.JPG


昨日4月24日は、兵庫県は垂水にある三井アウトレットパークマリンピア神戸でのCocodriloの3セットステージでした。
施設の並びには明石海峡大橋がかかっていて、船着場もあったり、釣りを楽しむ人々もいたりと、和やかなムードでした。

20100424マリンピア3.JPG


20100424マリンピア9.JPG


しかし。海のそばでのお座敷ということである程度覚悟はしていたものの、あの強風には想定外でした。


20100424マリンピア5.JPG
(お座敷の合間、手の暖をとるやっさん)


そして温度も低いことから真冬並みの体感温度、そんな中、有難いことに最後までご覧下さっていた方々もいらっしゃって(皆さんその後お風邪などめされていなければよいのですが・・・)、本当に嬉しい限りです。

お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました!!

今回は3セットということで、1年間のレパートリーを大放出でした。


20100424マリンピア7.JPG


こういった巨大商業施設内での演奏は初めてで、私自身最初は勝手がわかりませんでしたが、回を追うごとに要領を得ました。

途中でひがさす時間もありましたが、そのうちに、近くのカフェのお客さんも身体をこちらに向けて聴いて下さったりして、徐々に耳を傾けて下さる方々は増えました。


20100424マリンピア6.JPG


休憩中のひとコマ。

暫く席を外して会場に戻ってくると、何やらニコニコと互いのワンセグを楽しんでいるリズム隊。
どうやら阪神対中日戦でちょうどよい瞬間だったようです。
虎ファンのお二人、本当に楽しそうにしていました(阪神、昨日はいい勝ち方をしたそうで、おめでとうございます)。

ということで、マリンピアでのセットリストは以下の通りです。


 1セット目
① Have you ever seen the rain? (CCR)
② Only love can break your heart (Neil Young)
③ Seven impossible days (Mr. BIG)
④ Girl (The Beatles)
⑤ Thank you, baby (GODIEGO)
⑥ Perfect (Fairground Attraction)

 2セット目
① You got it (Roy Orbison)
② You’ve got a friend (Carole King)
③ Ol’ 55 (Tom Waits)
④ I don’t want to miss a thing (Aerosmith)
⑤ Perfect (Fairground Attraction)
⑥ She (Charles Aznavour / Elvis Costello)

 3セット目
① Don’t ask me why (Billy Joel)
② Tell me why (Neil Young)
③ Allelujah (Fairground Attraction)
④ Nobody knows you when you’re down and out (Eric Clapton)
⑤ Clare (Fairground Attraction)
⑥ Perfect (Fairground Attraction)


お座敷後は、マリンピアから車で少し明石方面に走らせ、FIESTAという眺めの良いイタリアンレストランへ。


20100424マリンピア8.JPG


お店のテラスからは綺麗に明石海峡大橋が一望できました。 


20100424マリンピア11.JPG


あまりにも眺めが綺麗だったので、4人ぼーっとしていました。
美味しくパスタを頂き、たこフェリーを目で追ってみたり、ピンクモーメントを楽しんだり。


20100424マリンピア12.JPG


明石海峡大橋について4人でお話している際に、橋が出来た頃、橋のてっぺんに登るツアーに行きたかったという話をしたのですが、調べてみると、現在も開催されているようで、いつか行ってみたいと思いました。
http://www.jb-honshi.co.jp/bridgeworld/tour.html


海をぼーっと眺めるのは本当に久しぶりのことで、非常に癒されました。


20100424マリンピア13.JPG
(この日阪神勝利により更にテンションが高いカホニスト)


ということで、いつものショット。

20100424マリンピア10.JPG


Cocodriloの次のお座敷は以下の通りです。

☆ 第10回新開地音楽祭 ☆
http://www.shinkaichi.or.jp/ongakusai/
日 程: 2010/5/8(Sat) 
開 演: 11:50- 1st stage
     14:50- 2nd stage
場 所:  みなとがわステージ
入場無料

陽気な街、新開地です。
音楽を中心にお祭り騒ぎの2日間の初日に出演します!!

音楽の他にも屋台アート縁日兵庫特産品市フリーマーケットこども広場などあり、色々なことが楽しめるお祭りです。


皆様のお越しをお待ちしています。
マリンピア.gif

明日4月24日は兵庫県は垂水にある三井アウトレットパークマリンピア神戸での3セットライヴです。

三井アウトレットパークマリンピア神戸
http://www.31op.com/kobe/

日 程: 2010年4月24日(土)

開 演:
    1st stage 13:00-13:30
    2nd stage 14:30-15:00
    3rd stage 16:00-16:30

場 所: 三井アウトレットパークマリンピア神戸 船の広場 野外ステージ
     JR垂水駅、山陽垂水駅より徒歩9分。無料シャトルバスもあります。

入場無料


お買い物のついでに是非是非お立ち寄り下さい!!
biwakojazz20109.JPG
(近江酒造の煙突)

さて、前述のSmile in a whisperのファミリーマート会場でのライヴの後は、車で次の会場、近江酒造へと急ぎました(結構タイトなスケジュールでした)。

biwakojazz2011010.JPG

近江酒造の「志賀盛」の樽の前には信楽焼が。

biwakojazz2011011.JPG

おお~近江酒造・・・・。
心躍ります。
近江酒造ではお酒や梅酒、そしてふなずしの物販をなさっていました。
ゆっくりと観たいと思いつつ、すぐに、Cocodriloの出番がまわってきました。

さて、今回の目玉は3つ。

1つはふじをちゃんのカホン。
お気づきになりましたでしょうか?

biwakojazz2011018.JPG

打面がCocodriloのテーマカラー、グリーンであったりイエローであったりのニューカホンになりました。
各々の打面において異なるサウンドが楽しめて、更に演奏に幅が広がりました。
前日の直前練習で初登場したのですが、可愛らしいルックスな上にきっちりとええ仕事しますなぁという感じでした。
今後のCocodriloサウンドにも大きく影響してくると思いますので皆さん乞うご期待!

biwakojazz2011017.JPG

そして2つめは新境地の新曲”Clare”。
元々私がこのバンドを組みたいと思ったのは、永年の夢であったFairgroundの音楽がしたいから、だったのですが、その中でもこの曲は絶対に外せないと思っていた曲で、我々にとってはハードルが高いと思ってはいたものの、やってみないとわからない、ということで、練習数回で登板させてしまいました。

そして3つめはこの曲でふじをちゃんのカズーも登場!

biwakojazz2011015.JPG
(お座敷前のリラックスしているやっさんと近江酒造の看板、煙突)

さて、お座敷の時間がやってきました。

biwakojazz2011013.JPG

演奏が始まるや否や、お客様からの嬉しい掛け声や、ファミリーマート会場と同様に、実行委員会のスタッフの皆様やMCのyuyuさん、近江酒造の方々の「カシャ・カシャ」(後述)や手拍子も頂き、また近江酒造の敷地内という普段演奏出来ないような環境で演奏させて頂ける嬉しさもあって、我々もテンションがかなり高まっていました。

何よりも、聴いて下さっている方々の笑顔が、更に我々を笑顔にして下さいました。
「笑顔が笑顔をよぶ」、嬉しい瞬間です。
同じ時間を色々な人と楽しく共有できることの素晴らしさを最近痛感します。

biwakojazz2011014.JPG

演奏を聴いて下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして、心地よい環境に音を調整くださいましたPAの皆様、我々の声が遠くまで波紋を描いていくさまがみえました、嬉しかったです、ありがとうございました。

biwakojazz2011016.JPG

Cocodriloのセットリストは以下の通りです。

Cocodrilo 「びわこジャズフェスティバルin 東近江2010」

1 > Don't ask me why (Billy Joel)
2 > You've got a friend (Carole King)
3 > She (Charles Aznavour / Elvis Costello)
4 > Girl (The Beatles)
5 > Clare (Fairground Attraction)
6 > Perfect (Fairground Attraction)

演奏後、次のバンドさんのジャズを楽しみつつ、その次の出演であるふじをちゃんがVo&gのミカンジルの出演まで、販売されているお酒を買いに行ったり(「夢梅」と「渡舟」をゲット!)、写真を撮ったりと、近江酒造を楽しみました。

biwakojazz2011019.JPG

そして実行委員会の方々が販売されていたびわこジャズのプレミアムTシャツと「カシャ・カシャ」(お手製のシェーカー)を購入しました。

biwakojazz2011020.JPG
(右手に持っているのが「カシャ・カシャ」、テンションあがります!)

このカシャ・カシャ、とても素晴らしいアイデアだなぁと思いました。
これを持っていたらみんなで演奏を楽しめます。

私がお酒の写真を撮影していいですかと酒造の方に許可を頂くと、お酒を撮影している私の写真を酒造の方が撮影なさっていました(笑)。
酒造の方ともっと色々お話できたらよかったなぁと思いました。

biwakojazz2011021.JPG

そして同じ近江酒造会場でのミカンジルの出演。

biwakojazz2011025.JPG

びわこ前に、ふじをちゃんに「びわこでは何を演奏するの?」と訊いていたのですが、「オールカヴァー」という回答が返ってきて、少なくとも今までミカンジルのステージオールカヴァーって体験したことがなかったのではないかと思いましたが、全曲カヴァーといってもそれらは全てミカンジルサウンドに塗り替えられていました。
どんな曲を演奏してもミカンジルサウンド、そしてどんな曲を歌ってもふじを節なのです。

biwakojazz2011022.JPG

もう、見事としかいいようがありません。

biwakojazz2011023.JPG
(今回はドラムとカホンの二役で登場のじゅんちゃんさん)

同じようにカヴァーを演奏する人間としては、きっちりと自分たちのサウンドに咀嚼してしまうという形は目標で、本当に凄いなぁと聴き惚れていました。

biwakojazz2011024.JPG

会場でミカンジルの演奏を聴いていらっしゃった方々も、私と同じように見事に引き込まれていました。
MCyuyuさん方が「今晩夢に出てくるのではないか」とコメントなさっていたくらいの圧巻なステージでした。

ミカンジル 「びわこジャズフェスティバルin 東近江2010」

1 > アンジェリーナ (佐野元春)
2 > Alison (Elvis Costello)
3 > Pretend (Nat King Cole)
4 > 機関車 (小坂忠)
5 > There will never be another you (Chet Baker)
6 > On the sunny side of the street (Louis Armstrong / 藤井康一)

ミカンジルの演奏後、近江酒造の最後の出演バンドさんを楽しみ(この頃には寒さがぐっと増してダウンを着用してちょうどくらいになっていました)ました。

biwakojazz2011026.JPG

そして、ファミリーマート会場でスマイルの集合写真を撮り忘れたので、浅知恵さん不在(大きいたぬきが浅知恵さんのかわり?)ですが、3人で近江酒造の樽の前でぱちり。
スマイルのファミリーマート会場から機材を引き連れて少し離れた近江酒造まで聴きに来てくれた枝龍、どうもありがとう(Coco撮影もありがとう!)!!

biwakojazz2011027.JPG

ミカンサウンド炸裂、会場をトリコにしていたミカンジルのみなさん。
長いことお付き合いしているのに、全員めがね男子だということに今日気づきました。
いったい何年お付き合いしているんだって話です。

演奏後も実行委員会の皆さんがとても親切にしてくださり、色々とお話も出来て、イベントを創る側の皆さんの気持ちのあたたかさにじかに触れることが出来て、素晴らしいイベントに参加できた我々は幸せ者だったと感じました。
なんといっても皆様の笑顔が。
心に沁みました。
遠くから八日市まで来て演奏させて頂き、それ以上のあったかいものを頂きました。

八日市周辺の25会場という沢山の会場において、色々な人員配置、開催日までの色々と細やかな準備など、本当に実行委員会、そして八日市のボランティアの皆様はご苦労されたのではないかと思います。
しかし会場では大変であったことを微塵もみせずに笑顔で接していらっしゃる姿に感動しました。

ということで、今回初めてのびわこジャズでしたが、今後とも、いつまでもこのイベントが続きますよう、心から祈っています。

そして願わくば、またこの素敵なびわこジャズに出演させて頂ける機会があれば嬉しいと思いました。

皆様、本当にお疲れ様でした!!!

そしていつものショット。

biwakojazz2011028.JPG

尚、当日のCocodriloとミカンジルの模様は以下のメンバーブログでもお楽しみいただけます!!

タケシ @ Smile in a whisper / Cocodriloの「本日の一枚
http://tsaito001.blog10.fc2.com/blog-entry-251.html

枝龍 @ Smile in a whisperの「枝龍茶Time
http://tsulongchatime.blog10.fc2.com/blog-entry-438.html

そして最後にお知らせです!

今週末、4月24日(土)は兵庫県は垂水市にある三井アウトレットマリンピア神戸でCocodriloのお座敷3幕です!!
お近くの方は是非是非お買い物がてらお立ち寄り下さい!!
biwakojazz20102.JPG

あら、信楽焼き。
どこに行ったの?
桜も少し残っていますね。

biwakojazz20101.jpg4月18日は滋賀県の八日市で開催された第2回びわこJazzフェスティバルin 東近江2010Smile in a whisper、そしてCocodriloのダブルヘッダーで出演させて頂きました。

両方のバンド共に初の滋賀県進出。
八日市周辺の合計25箇所の屋内外のステージで、総勢170組ほどの団体が共演しました。
会場によっては特産品を扱っていらっしゃったりもして、県外から訪れた人々には嬉しいイベントでした。
街全体が大きな音楽ホールとなるとパンフレットにも書かれていたように、色々な街角で、歩くとすぐに色々な音楽が流れてきて街行く人々に音符が笑顔をふりまいていました。

今回はファミリーマート前、そして近江酒造という2会場で出演させて頂きまして、いづれの会場もそうでしたが、実行委員会のスタッフであるMCの方、PAの方々、そしてパンフレットやTシャツなどをご担当されていた方々などどなたからも「びわこジャズを盛り上げたい、是非楽しんでもらいたい!」という気持ちが伝わってきて、しっかりとあたたかい気持ちを受け取り、ステージで歌わせて頂きました。
本当にじぃんときました。
演奏する我々も、更に色々な方に楽しんでいただこうとますますテンションもあがりました。
まさに一緒に音楽を創りあげるというスタンスが具現化されたようなイベントでした。

これからも末永く、いつまでも続けていただきたいイベントだなぁと感じました。

さて、当日の模様をぽちぽちと振り返ってみたいと思います。

biwakojazz20104.JPG

数日前まではお天気は不安定、どうか当日は晴れて欲しいと思っていましたが、皆の願いが通じたのでしょうか、おひさまさんさん、直射日光で肌が痛いくらいの快晴でした。
風も結構吹いていたので、爽やかな春の風に身を委ねつつの演奏となりました。

機材が多いために八日市には車で乗り込みましたが、幸い道中はこれといった渋滞にも見舞われずみすみました。
しかしJRでは人身事故があったと伺い、Smileがお世話になったファミリーマート会場の1番目のバンドさんも影響を受けたそうです。
ドラムのセッティングで会場に早朝入りしたSmile枝龍は幸いその前に乗車して難を逃れたそうです。

一旦会場入りして、先に集合していたSmileメンバーと合流し、モーニングを。
ここで驚き。
八日市のモーニング。
確かにお値段もモーニング値段ではありませんでしたが、ランチに匹敵するボリュームでした。

そして先攻は八日市の目抜き通りに面しているファミリーマート会場でのSmile in a whisperでした。

biwakojazz20105.JPG

ドラムセットに関しては、先にご出演されていたsArtさんからお借り致しました、どうもありがとうございました。

biwakojazz20106.JPG

演奏前から、“結構風があるなぁ”と感じていました。
3月にCocodriloが芦屋マルクトでお世話になった際、海の横が会場であったために、風に煽られながらのステージだったのですが、今回のびわこジャズではそういった要素はないだろうと何も考えずにワンピースを着ていきましたが、これが・・・・・。
ワンピースの中にもう一枚違う色のワンピースを着ていたのですが、風がひらひらして・・・大変失礼いたしました。
ロン毛の枝龍やタケシくんも演奏中の後方からの爆風には苦戦していました。

biwakojazz20108.JPG

さて、演奏のほうですが、PAさんのマジックにかかりました。
非常に心地よい環境で演奏させて頂き、本当にありがとうございました。
ステージ前には足を止めて下さる方々も多数いらっしゃり、色々と掛け声も頂いたりして、本当に嬉しかったです。
そして、会場スタッフの皆様も、我々の演奏を一緒になって盛り上げて下さって(会場で販売されていた「カシャ・カシャ」という手作りのシェーカーを本当に楽しそうに振って下さっていました)、そのお姿を拝見しつつ、私も幸せな気分になりながら歌わせていただきました。
色々な立場の人々が1つのものを一緒になって創りあげるって本当に素敵なことだなぁと思いました。

今回非常に嬉しかったのは、デスペラードやラヴィングユーなどの枝龍とのハモリ曲で、彼女の声がよく聴こえて、歌っていて非常に心地よかったことでしょうか。

ということで、先攻Smile in a whisper、春を意識した爽やかなセットリストは以下の通りです。

Smile in a whisper 「びわこジャズフェスティバルin 東近江2010」

1 > Close to you (Carpenters)
2 > It's too late (Carole King)
3 > A song for you (Leon Russell / Carpenters)
4 > Desperado (The Eagles / Carpenters)
5 > Loving you was like a party (Marlena Shaw)
6 > Mind Trick (Jamie Cullum)
7 > Natural woman (Carole King / Aretha Franklin)

演奏後は近江酒造会場で後攻のCocodrioのお座敷がすぐに控えていたため、会場スタッフの少数の方にしかご挨拶できず、またそういった事情から機材の解体のお手伝いも出来ず、本当に失礼いたしました。。。。

御来場くださいました皆様、本当にありがとうございました!!

尚、当日のSmile in a whisperの模様は以下のメンバーブログでもお楽しみいただけます!!

浅知恵 @ Smile in a whisperの「Got the feelin'
http://asadie.blog10.fc2.com/blog-entry-159.html

枝龍 @ Smile in a whisperの「枝龍茶Time
http://tsulongchatime.blog10.fc2.com/blog-entry-438.html

タケシ @ Smile in a whisper / Cocodriloの「本日の一枚
http://tsaito001.blog10.fc2.com/blog-entry-251.html

そして当日のライヴの模様(音源)浅知恵さんの「浅知恵の音蔵」でもお楽しみいただけます!
http://asadieongen.web.fc2.com/


びわこジャズレポートはまだまだ続きます、その②Cocodriloミカンジル編へどうぞ・・・・。
今週末ですが、Smile in a whisper、そしてCocodriloが滋賀県は東近江で開催される「びわこJazz Festival in 東近江2010」に出演することが決定しました。

私はSmileの演奏直後、 別会場でCocodriloの演奏ということで、ダブルヘッダーをつとめます。
当日はベストを尽くしたいと思います。


さて、まずはSmile in a whisper。

びわこ告知浅知恵.JPG


Smile in a whisperは2ヶ月前のMother Popcornでのライヴ以来、今年2度目のライヴとなります。
なんと初の滋賀県上陸。


びわこ告知つーろん.JPG


フェスティバルの説明会に出席すべく東近江を訪れた枝龍いわく、非常にのどかで、2両編成の電車もどことなく懐かしい雰囲気を醸し出すような風景だそうで、きっと今の季節は写真を撮影するのにぴったりなのでしょうね。


びわこ告知たけし.JPG


今回同じくダブルヘッダーのベースタケシくん。
Smileではピノさん仕様、そしてCocodriloではGodinフレットレスと、同じ日に違う毛色の音色を楽しませてくれる予定です。


びわこ告知鰐.JPG

私は、Smileで歌った後に、ほぼ暇なくCocodriloで歌うことになるので何かしら忙しくなりそうではありますが、それぞれ違うテイストのバンドでの演奏、皆さんに楽しんで頂ける様に頑張りたいと思います。

今回Smileは優しい春の気候にあわせたセットリストとなっています。

詳細は以下の通りです。

びわこ告知スマイル.JPG


♪♪ Smile in a whisper ♪♪

びわこJAZZフェスティバル in 東近江2010
http://omi.shigasakari.com/ 
開催日:2010/4/18(日)
会 場:ファミリーマート 八日市東浜店前ステージ
   (滋賀県東近江市八日市東浜町90-1)
    近江鉄道八日市駅下車、徒歩5分
時 間:12:40~13:20
料 金:無料

※雨天の場合は、同時刻開催で、会場が八日市商工会議所 3F会議室に変更となります。

ご来場をお待ちしています!!


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆


そして、Smile in a whisperの会場から移動して、近江酒造ではCocodriloのお座敷がございます。

祝1周年1


Cocodriloが初めてのお座敷をつとめてから早いもので1年がたちました。

Cocodriloとして初めて演奏させて頂いたのは、大きな農園の畑の中でした。
遠くのほうまで広がる空の下、畑の作物に囲まれながらののんびりとした空間は、未だ味わったことのない開放感。

音を奏でることの幸せを改めて感じた瞬間でした。


祝1周年2

その頃はまだふじをちゃんはカホニストとして正式には加入していませんでした。

そう、最初はやっさん、タケシくん、そして私の3人でした。


祝1周年3


この畑でのお座敷の際、数曲ふじをちゃんとジャムったのがご縁で、翌月には4人組になりました。
そして現在に至ります。


20100321cocofujiochan.jpg


ということで、記念すべきCocodrilo1周年の4月のお座敷はこちら。
Smile同様、Cocodriloも初の滋賀県進出です。
会場は清酒『志賀盛』で有名な近江酒造さんです。

20100321cocoyassan.jpg


♪♪ Cocodrilo ♪♪

びわこJazz Festival in 東近江2010

開催日:2010/4/18(日) 
会 場: 近江酒造(滋賀県東近江市八日市上之町9-16)
     http://omi.shigasakari.com/ 
     近江鉄道八日市駅下車、近江鉄道バス「西友前」下車徒歩3分、徒歩15分
    (無料巡回バスをご利用下さい!!)    
時 間:14:00-14:30
入 場: 無料


20100321cocotakeshi.jpg


滋賀県の皆さんにお会い出来ること、そして沢山の出演者の方々の演奏を楽しみにしています!!


20100321cocojackey.jpg

もう一度おさらい。

Smile in a whisper → ファミリーマート前ステージ(12:40~13:20)

Cocodrilo → 近江酒造(14:00-14:30)

そしてCocodriloカホニスト、ふじをちゃん参加のミカンジルの演奏はCocodriloと同じ会場です。

ミカンジル → 近江酒造(15:30-16:00)

です。

是非是非3つのバンドの音楽を楽しみにいらしてください、よろしくお願いします!!



もうずいぶん前にもこの曲を記事にしましたが、その時はYoutubeにはなかったのでアルバムジャケットのみUPしましたが、久しぶりにYoutubeで検索してみると見つけることが出来ました。

発売されたのは30年前。
まだ小学生でした。

当時、五十嵐さんはいくつかのヒットをとばしましたが、私が好きだったのは、シングルカットされていなかった(と思う)この「夢泥棒」と「だきしめたい」。


この曲のめくるめく感じのコード進行が好きでした。

歌詞の意味など理解出来るはずもない年の頃にはまった曲です。

30年たった今でもやっぱりいい曲だなぁと思います、好きです。
続きを読む
20100405-1


アメ村のスタジオに入った後に、近くの神社で満開の桜を愛で、一路京都へ。
この日はきむりんわんわんさんの金沢凱旋ライヴということで、Silver Wingsを訪れました。

せっかくの京都なので、烏丸のアトリエFint,takk!にお邪魔して、しばし土永さんと楽しくお話。
偶然にも近々ご結婚なさる方に遭遇、幸せのおすそ分けを頂きました。

会場ではちょうど能の絵本朗読会が開催されていました。

私はシフォンケーキ2種と、フランスアルザス地方のスイーツ、ラパン・パスカルをゲット。


20100405-2


ちなみにこちらがラパン・パスカルで、イースターの時期に食べる祝い菓子です。
幸せの象徴であるうさぎを象ったもので、かわいいからどこから食べるか躊躇してしまいそうです。

その後は観光客でにぎわう四条通りを避けて八坂方面へ。
大好きな雑貨屋さんMijas Piattoに行きました。
品揃え、非常にいいところをついているんですね、お客さんが多いのもわかります。
私はヴィヴィッドな赤のチュニックやパープルのヘアピンなどをゲット。

そしてライヴ会場のある知恩院方面へ。
夕暮れ時の桜を、公園で座りながら、そして川べりを歩きながら楽しみました。


20100405-4


この日きむりんさんは2番目の出演。
1番目のアンペアさんはギターデュオ。
ギターデュオはひそかに好きな編成です。

20100405-3

きむりんわんわんさんは「夢のようなもの」 という新曲をひっさげての凱旋ライヴでした。
演奏曲は5曲だったので、あっという間のライヴでもっと聴きたいなぁと思ってしまいました。

きむりんさんのギター同様、そのハイトーンな歌声はいつも聞き惚れてしまいます。


20100405-5


この日のきむりんさん、いつもに増してエモーショナルで、私も大好きな「空の写真」というバラードで特に後半にかけてのメロディラインを聴いて涙腺が緩みました。

20100405-7


久しぶりにきむりんさんのステージを楽しむことが出来て嬉しかったです、きむりんさんお疲れ様でした!!
また次の凱旋ライヴ、楽しみにしています!!


20100405-6


ライヴの後は、祇園の細い路地を歩いて帰りました。


20100405-8

途中で桜並木が続く大きな道になり、沢山の観光客でにぎわっていました。
川沿いには料亭が並んでいました。
川側は全てガラス張りで、沢山の桜を眺めながら、美味しいお食事に囲まれるという、何ともうらやましい光景でした。


20100405-10


途中、突発的に暴風が吹いたため、桜吹雪が起こりました。
そのさまを見ながら、さっき聴いたきむりんさんの歌が頭に流れて、また涙腺が緩みそうになりました。


20100405-9


桜はいいですよね。
綺麗で人々に笑顔を与える一方、そのはかなさが人々の心を余計動かすのでしょうか。

春が過ぎていこうとしています。
201004JamileCullum.JPG
(今回のツアーTシャツ) 

4月5日はジェイミー・カラムのコンサートを観になんばHATCHに行ってきました。

なんばHATCHといえば、昨年ゆらゆら帝国を見に行ったのですが、3月末にまさかの突然解散。
あれが見納めになるとは・・・・。
開演前はそんなことを考えつつ若干複雑な心境になっていましたが、開演と同時に観客の黄色い歓声で我に返りました。

彼を最初に観たのはまだ日本で知名度もあまりなかった頃にFuji Rock Festivalに出演した時で、当時体調不良をおしてのライヴで、次に観たのはクワトロでのはじけまくったライヴ、いづれもサポートメンバーはナイスミドルで、ドラマーとベーシストの大きな掌の中で、若い彼は自由に泳いでいるような、非常に良いバランスのライヴだったことを覚えています。

そして今回コンサートに足を運ぶと、サポートメンバーは若手イケメン、それも4名も従えてのステージでした。
絵面的な好みとしては、前述のナイスミドルとのトリオ編がとても魅力的でしたが、今回、前に観た時と何かが違うなぁと思っていたら、観客の女子率UP。
あれ?前ってこんなに男性少なかったっけ??
しかも観客の声がこんなに黄色かったっけ???

客層が明らかに以前と変わり、若干戸惑いましたが、彼の才能は相変わらず素晴らしく、おもちゃ箱をひっくりかえしたような彼のパフォーマンスは釘付けでした。
表情豊かなあの歌声は、人々を魅了します。

SmileでもカヴァーしているMind Trickや、最近全くやっていないThese are the daysも聴けたし大満足でした。


音楽は「音+楽」で、音を楽しむと書きますが、まさにその通りなのが彼のパフォーマンス。

音を楽しむには色々な手段を試みるという、ピアノひとつにしても、その枠をパーカッションにもするし、ピアノの上に登って歌うし、またメンバーにしても色々なパートを重複して担当していて、曲により楽器をコロコロ持ち替えたり、また1曲の間に演奏位置を行ったりきたりする場面もあったりして、本当に色々な面で楽しませてくれました。
いろんな楽器を担当しているのにそれぞれの技術と表現力や歌声も素晴らしいところがにくい。

特に、ベーシストのウッドベースとJamieの歌のデュオ演奏は圧巻でした。

中盤で、メンバーがみなステージ中央に集まり、まるでバスキングのような雰囲気でとても楽しそうに演奏していたのですが、あの雰囲気、最高でした。
私もああゆう雰囲気で演奏するのが好きです。

音を表現するための「これ」という概念はなく、楽しむための手段はいくらでもある、常に未知数であることを再認識させられたコンサートでした。



そしてゴダイゴの"Thank you, baby"。

フィンタックさんでのお座敷、目に見えない幸せを感じました。

4人にとってはとても楽しい思い出となりました。

フィンタックさん、そしてお客様、どうもありがとうございました。



京都の町屋、小さな隠れ家のアトリエFint, takk!さんでのお座敷の模様をYoutubeに公開しました。

まずは”She”。

フィンタックさんの町屋の一室での、ほのぼのとした生音の響きをお楽しみ下さい。
http://labs.wanokoto.jp/olds

幕末古写真ジェネレーターというものを知りました。

いわば、幕末っぽいレトロな写真に加工するものなのですが、試しにCocodriloの大阪府庁でのお座敷の時の写真を。
私の衣装が、大正時代に建立された大阪府庁、その時代にいそうな感じになりました。

幕末古写真府庁加工20100331


今はなき実家の応接室にあったピアノと戯れるごまん。
まるでジャズでも弾いていそうな感じに。

ごまんピアノ


アコーディオンはこんな感じに。

アコーディオン古写真


実家にあった「鬼は外、福は内」のぐい呑み。
変換してみると、何故か横溝正史的タッチになりました。

ぐいのみ鬼は外福は内.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。