● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

がみぃさんのコンサートの後、しばしお菓子の国の人から頂いたクッキーに舌鼓を打った後、なんばHatchへと車を走らせました。

この日のラインナップはRyan Shaw、Rickie-G、多和田えみ&The Soul Infinitiesの3バンドでした。

“SOUL REVUE 2008〜魂(ソウル)のゆくえ〜”と銘打った今回のイベント、元々はRyan Shawが聴きたくてチケットを手に入れたのですが、結果的には他の2つも非常に楽しませて頂きました。

まず1番目はRickie-G。

G/B/Ds/Perc/Key/Vo/Choという編成で、鮮やかなレゲエサウンドに乗るRickie-Gの歌声は残像感溢れる印象派の声ということもあり、メッセージがとてもよく伝わってきました。

普段あまりレゲエを掘り下げて聴くことがないのですが、(私がレゲエに触れるのはFuji Rock Fesくらいでしょうか)楽しませて頂きました。

”Life is wonderful” by Rickie-G


次に登場したのが多和田えみ&The Soul Infinities。

現在車のCMでも"Joy to the world”のカヴァーを披露していますが、その抜け感がシェリル・クロウに通ずるところがあってわりと好きな声質です。

"Joy to the world” by 多和田えみ (CM Making)


そして実際ステージを観ましたが、彼女、想像以上に小柄で華奢でした。
着ている衣装も非常に私の心をくすぐる感じのマント系の真っ赤な大柄入りトップスで可愛らしかったです。
思い描いていたよりも若干ハスキーな声で熱唱していました。

私も大好きな風味堂のカヴァー“ゆらゆら”から始まった彼女達の演奏は、ジャンルでいうと何になるのでしょうか??
ひとことではおさまらない感じでしたが、全体を通して凄く良かったです。

そしてトリはRyan Shaw。

"Do the 45” by Ryan Shaw

この"Do the 45”も大盛り上がりでむちゃくちゃ楽しませてもらいました。

彼らの音楽からして勝手にソウルバリバリのステージを展開、と想像していたのですが、G/B/Ds/Voの編成で、どちらかといえばHRテイストのギタリストと、あまりSoulっぽくないベーシストで、4人が奏でる音楽は実際にはどちらかといえばあまりSoulっぽい雰囲気ではなく、ロック、下手すればHRニアミス的な、勝手に想像していたライヴとは全く異なる展開を見せました。
服装も非常に地味なシャツにジーンズという普段着に近く、気取らない感じでした。

しかしRyanの歌唱力は素晴らしかったです。
Ryanがもっとロック寄りになるとそれはレニクラに近かも知れないなぁと。
やはり好きな声なのでしょう。

願わくば“We got love”は以下のアルバムヴァージョンのベースからの始まりから聴きたかったのですが、ライヴではレゲエヴァージョンです。

"We got love" by Ryan Shaw

Ryanのアンコールで、Rickie-Gと多和田えみがステージに呼ばれて、3人で”Let it be”が始まりました。
三者三様の熱唱で、一番存在感があったというか、言葉が伝わってきたのはやはりRickie-Gでしょうか。
とてもいい幕の閉じ方でした。

ということで、怒涛の音楽三昧の1日は楽しく幕を閉じました。
がみぃさん20081123

23日はミカンジルのベーシスト、がみぃさんのウッドベースのコンサートにお邪魔しました。
がみぃさん画像が不鮮明でどうかお許しを・・・・。

楽器教室の主催で、出演者が大勢の為、残念ながら2曲だけのコンサートでしたが、堪能させて頂きました。

ウッドベースは個人的に物凄く惹かれるので思わず聞き入ってしまいました。
12月20日のミカンジルさんのライヴも楽しみにしています!!

がみぃさんお疲れ様でした!!


そして同席させて頂いた、お菓子の国の人から思いがけずお土産を頂きました。

庄谷の和の心

尼崎に本店を構える「庄谷」というネットでは非常に有名なお店であることを帰宅後知ったのですが、頂いたのが“和の心:和三盆”というお菓子で、パッケージを開けてみると1辺2㎝強の四角いクッキーがコロコロと入っていました。

周囲にまぶしてあるのは和三盆で、別添でまぶし用の和三盆の袋もついていましたが、せっかくですのでまぶして頂きました。
・・・・これはクセになります。

ショートブレッドに更にバターをふんだんに使ったような感じの溶けるようなクッキーに和三盆がまたよくマッチしていました。
気がつけばあっという間に相方と完食。。

いつも私の引き出しにないスイーツを魔法のポッケから次々と出して下さるお菓子の国の人、いつも感謝です。
いつか“おぉ!これは!”とお菓子の国の人に満足してもらえるようなスイーツをプレゼントしてみたいです。

・・・そしてこの日の音楽三昧は始まったばかりだったのでした。つづく。
wired

11月8日にam Hallで開催されましたイベント”Hearty Partyにおいでよ!”でのSmile in a whisperのライヴの模様をUPしました。

今回撮影して下さったのはジルフジさん、LEE.さん、wakaさん、MA~HAさんです。
ありがとうございました!!

2008.11.8 Smile in a whisper at am Hall 画像→ コチラ

20081108Takeshi

因みに以前紹介しましたが、ライヴ音源は浅知恵さんのブログにて紹介されています。

2008.11.8 Smile in a whisper at am Hall 音源→ コチラ
200811落ち葉

今朝の温度の下降で、1歩ずつ冬に向かっていることを感じました。
電車の窓に顔を近づけるとふわっと白くなりました。

気がつけば街路樹の落ち葉も沢山見受けられるようになりました。
こういった落ち葉を見ると思い出すのが、実家の裏にあった桜並木の公園で、落ち葉をかき集めて焼き芋をしたことです。

子供の頃は、一体どれだけ待てば焼き芋が焼きあがるのか全くわからず、とりあえず母の言いつけ通りに公園の落ち葉を集めてこんもりした山を作り、遊び疲れた頃に出来ているというパターンだったような気がします。

時代は変わったなぁと思うのが、公園で遊ぶ子供達、そして焚き火が今では殆ど見かけなくなったことでしょうか。

我が家のおやつは母のスイーツか、焼き芋みたいな自然の甘味のものでした。
とてもつまらないと子供の頃は思っていましたが、今にして思えば身体にはいいことだったなぁと。

最近ではとても小さい子供がファーストフードを普通に食している光景をよく見ますが、体が形成される大切な時期に摂取していることにとまどいを感じずにはいられませんが、それも時代の流れなのかなと。


この話を書いているうちに、母に謝らなければいけないことを思い出しました。

スイーツを作ることに興味を持ったのは恐らく母の影響なのですが、母は私を含む子供達が幼い頃からお手製の色々な種類のスイーツをよく作ってくれました。
しかし小学生だった自分からすれば、周囲の友達が駄菓子屋で買うカラフルな駄菓子などが羨ましくて仕方がなかったので、母が心を込めて作ってくれていたスイーツにさほど有難みを感じることもなく、当然のように食していたと思います。

スイーツを作るようになったのは小学生でしたが、その頃は出来上がったものを人にプレゼントするということはなかったので、そういった人のために作るという気持ちが欠落していました。

中学生に上がった私は、それぐらいの年頃の女の子なら誰でもぽっちゃりするというのに、母の作るスイーツのせいだと思い、太るからもう作らないで欲しいと言ったそうです。
こう言ったことすら、大きくなって母に言われるまで記憶から消え去っていました。

とてもひどいことをしていました。

人の為にモノを作るというのは、それが簡単であれ大変であれ、小さい大きいも関係なく、必ずそこに作り手の気持ちがこもっているというのに。

私の相方は、スイーツに限らずご飯にしてもそうですが、何かを作ると、必ず「ありがとう」という言葉を投げかけてくれます。

とてもシンプルなことなのに、私はどうしてこれが出来なかったのだろうなぁと。

母はショックだっただろうなぁって思います。
子供達の喜ぶ顔が見たいと思って作ったスイーツを、もういらないだなんて。

今更謝ったところでその頃の母に詫びることは出来ないのですが、子供だった自分が恐ろしくとがったナイフのような言葉を母に向けてしまっていたのだなぁと痛感し深く反省した次第です。



Youtubeってなんて便利なんでしょうね。
まさかこんなところでこの曲が聴けるなんて思ってもみませんでした。

Acceptといえばゴリゴリのジャーマンメタルで(こちらをご覧の方は殆どスルーしてしまう類の音楽ですが)、兄の影響で聴くようになりましたが、彼らの作品の中で、ふっと目を引くというか、学生の頃よく聴いたのがこのバラードです。

1980年にリリースされた彼らの2枚目のアルバムとなる”I’m a rebel”に収録されている、他と全く毛色の違う曲で、”とても物哀しいどうしようもない、あぁぁぁ~”って感じが耳から離れませんでした。

歌詞も別れた彼女に戻ってきて欲しいというもので、サビにかけては凄く切羽詰った感のメロディと歌詞があいまってすごいことになっていて、それが余計にクセになりました。

Acceptのゴリゴリ王道チューンも勿論好きなのですが、敢えて非常にマニアックな選曲です。
これから肌寒くなる季節に更に相乗効果です。

朝から聴くにはあまり適した曲ではありませんが、当時は大きなウォークマンにこのカセットを入れて聴きつつ環状線から南海高野線を乗り継いで学校に通ってました、懐かしい・・・。
会社のとある上司の趣味はバルーン。
休日などは色々なところで行われるイベントなどに引っ張りだこだそうです。

数日前、仕事帰りにささっと作って下さいました。
かばんからしゅっと取り出した細長い風船にしゅっと息を吹き込んで、あっという間にくるくると風船が回って小さな玉が出来たかと思えばあっという間に完成。
嬉しい。

20081113pu
(プードル)

200811ohana
(お花のバングル)

帰り、リングはそのまま着けて帰りました。

200811ring
(お花のリング、ちょっと明るすぎて分かりにくいですが右手につけてます)

しかし少しきつかったのか、そのうち血が止まり(そういえば上司が"血がとまるかも”と・・・)、途中ではずしました。

そして昨晩は部で軽く呑んで帰ったのですが、ワインの立ち飲み屋にて、またもや色々なモノが次々と生み出され、お店のレジに飾られました。

私はサルを頂きました。

200811monkey

今までバルーンの世界は全く知らなかったのですが、毎年参加されている大会の模様(ギャラリー内にさまざまな作品が掲載)なども拝見すると、恐ろしく大掛かりなものや、緻密なものが多く、バルーンでこんなにも壮大なものが表現出来るのかと想像を遥かに超える創造の世界で驚きました。

上司は趣味と断言しますが、はっきり言って趣味の域を超えています。

瞬時に色々なモノが手の中で芽生えていくさまは非常にわくわくします。

打ち込める趣味があるというのはいいことですよね。
アヒルぐつ

1年を通じてブーツをはきます。
特に秋から春にかけては大活躍。
基本的にワンピースにブーツという組み合わせが好きなので、ワンピースに合わせて、ブーツの数も多いです。

ただ、トコトコする際、ヒールのあるものや先細りのものは、足に負担がかかるので、たいがいローヒールでスクエアやおでこっぽいつま先のものを選ぶことが多いです。

昔はピンヒール系のブーツをはくことが多かったのに、自分でも変わったなぁって思います。

つい最近、立ち寄った靴屋さんで可愛らしいレンガ色のブーツを見つけました。
足指が長く、5本ともパァって広げて歩きたいので、普段はいているサイズよりも大きいものを選びます。
これなら例えば5本指(軍足)をはいても靴の中できゅうくつになることもありません。
もちろん3Eです。

このブーツのつま先のスクエアカットが大きくて、まるでアヒルの嘴のようです。
ということで、アヒルぐつと呼ぶことにしました。

幾許かブーツの中に遊びがあるので、ブーツで足首が固定されることなく踏み込みと蹴り上げ時の自由度が高く、またつま先も100%開放型なのできっちりと地面に足の裏全体で歩行することが出来て、トコトコに最適のデザインです。

ところで、赤い靴を買うと、ちょっと女の子らしくなった気分になります。
中身はちっちゃいおっちゃんなのに、不思議なものです。
あ、ちっちゃいは変わりませんね、失敬失敬。
kurukuruboots

くるくる、くるくる、くくるくるくる。

朝夕の風がだいぶ冷たく感じられる季節に突入しました。

片足の外踝下という限定部位に特に冷えを通り越して痛みを感じる私には、1年を通じて特にその部位を重点的に防御する必要があります。

昨年引越してから、住んでいる街に山からの風が舞い降りる為なのか、非常に寒さを感じるようになりました。

雑貨屋さんでとても可愛らしい室内用ブーツがあり自分の子供にしました。

くるくるとしたルックスが動物のようで、とても親近感がわきます。

ぬくぬくです。

今日は4匹の犬に出逢いました。

ごまんと私は犬に出逢った時は

「発犬(見) ○犬(件)」 (ハッケン ○ケン)

と言います。

で、今日は「発犬 4犬」でした。

みんなぴたぴた犬でした。

散歩する後ろをさりげなくついて行ったりして。

人もそれぞれ違うように、わんちゃんの歩き方もそれぞれ違いますよね。

朝に遭遇したダル(メシアン)は、おなかに何か挟んでいるような、おしっこに行きたいような歩き方をしていました。

わんちゃんの発犬は楽しいです。
20081108smile4
LEE.さんPixサンキューです!!(Voだけ”かとちゃんペッ”状態・・・)

土曜日は『Hearty ☆Partyにおいでよ!!』のイベントがお初天神のam HALLで開催されました。

当日は冷え込む秋空の中お越し下さった皆様、本当に有難うございました。
お仕事の合間や、遠路遥々など、感謝でございます。
差し入れも沢山頂戴しまして、とてもおいしゅうございました。

そしてam HALLのスタッフの皆様、とても気持ちよく演奏させて頂くことが出来、感謝しています。
また、イベントでジョイントさせて頂きましたバンドの皆様もお世話になりました。

我々Smile in a whisperにとっては2008年最後のライヴでした。
とても気持ちよく演奏させて頂きました。

今回のライヴ音源はSmileギタリスト、浅知恵さんのブログ「Got the feelin'」にてUPしていますので宜しければどうぞです・・・

結成して5年が経ちますが、実は恐れ多くて一度も世間に音源をUPしたことがありませんでした・・・

さて、セットリストは下記の通り、若干のコメントを添えて・・。

1>> Natural woman (Carole King)
オープニングにこのバラード曲を持ってくるというチャレンジングな試みで今回はスタートさせました。
ということもあり、イントロも変えてみました。
曲の雰囲気もまた違って響きましたが如何だったでしょうか?

2>> Blink and you’ll miss it (Paul Weller)
個人的に「柳ジョージ」と呼んでいるこの曲もすっかり定着し、我々の定番となりました。
独特の雰囲気があって好きな曲です。

3>> Funk # 49 (James Gang)
初登場。色々な人によってカヴァーされているこの曲ですが、ロック寄りのアレンジでの登板でした。
余談ですがこのイントロがどうしても映画「フットルース」に聴こえてしまいます。

4>> A song for you (Leon Russell)
長い間冷凍庫にジプロックにて保存していましたが、このたび解凍し再登場となりました。
アレンジもガラッと変えてベルベットな質感へと変貌。

5>> Attitude dance (Tower of Power)
こちらも初登場。
あの大編成TOPの曲を、一体この4人でどう料理するのか???
結果的には非常に楽しくいい感じに仕上がったかなぁと思います。
個人的には理由があり非常にやりたかった曲でして、今回演奏出来て大満足でした。
これに関しては後で記すことにします。

6>> St. Patrick’s Day (John Mayer)
最後はひっそりとした冬を連想させるバラードで。
これからの季節にぴったりです。

今回のイベントは殆どのバンドさんが大所帯で、4人の我々は編成もジャンルもアウェー的でありましたが、それが逆によかったかなぁと思いました。

舞台袖から客席を見ると・・・あ!
Omteさんやリーダー、Lee.さんが揃って談笑しているのには度肝を抜かれました。
すんごいサプライズ・・・うれすぃ。

omteasajie

持ち時間が30分ということもあり、気づけばラストの曲になっていて、本当にあっという間に演奏が終わってしまいました。
来年もまた色々な曲にトライしていきたいと思いますので、また皆さんふらっと聴きに来てくださいね。

さて、ライヴの後は反省会。
ということで、今回はJovi Joversリーダーますさん、ガンズ兄さんツェッペリン兄さん、そして江戸からはライダーOmteさん、そしてMegさんに海遊館からはごまんそしてSmileというメンツで皆で夜が更けるまで久し振りの大騒ぎをしました。
気がつけば初対面のツェッペリン兄さん、ガンズ兄さんが意気投合していたり、いやぁ本当に楽しかったです。

来年は久し振りに皆でお花見に行くぞという約束も交わし、キタのギラギラした街を去ったのでした。

zepguns

ガンズ兄さん、ツェッペリン兄さん、スマイル兄さん

ライヴの朝、Anthraxのシャツを着てて、そのままライヴに行くはずだったのに、結局はやんぴにしたのでした・・・
そのまま着て行けばガンズ兄さんにZep兄さん、そしてAnthrax姐さんになったのに・・
続きを読む


冷たい風と枯葉を感じるようになったので、何故か無性にROXANNEのこの曲が聴きたくなりました。

シンプルで切なくて、学生時代によく聴いたとても好きな曲です。

まだカセットとレコードだった時代。
続きを読む
200811ほーほー

その日によってトコトコする道が違うものの、ほぼ確実に渡る橋があり、その袂に大きな木が沢山生えています。

普段何気なく歩くだけなら見過ごしてしまいそうなのですが、木の中の枝に鳩が集合しています。
みなさん落ち着いてはります。
可愛らしい。
そんな風景を見るだけでも少し癒されてしまいます。

そういえばもう来年代変わりするというのに、最近になって初めて知ったことがありました。

実家にいた頃に、外からよく“ホーホー・・・ホッホー”という声が聞こえてきました。
私は何の鳥がそう鳴いているのか全く分かりませんでした(というのも、声がするが姿はなかったので)。
あれって面白いですよね。
地域というか、テリトリーによってキーもエンディングも違いますよね。

因みに私の実家付近で鳴いていた鳥の構成はこうでした。
“ホーホー・・・ホッホー、ホーホー・・・ホッホー、ホ?”

たいがいキーはD―D―B―B, D―D―B―B, B という感じでラストはBあたりで完結していました。
ちょっと不意を突く感じというか、拍子抜けというか。
ラストに「?」がつくような幕引きです。
他の場所でその鳴き声を聴いたときは、Dで始まりD(最後落ちるパターン)で終わっていました。
こちらは最後のキーを落としているので聴いてる側にもやり遂げた感が感じられます。

そしてこないだ。
なおちゃんの霊園を訪れた際に同じ“ホーホー”系の鳴き声がどこからともなく聴こえてきたのでこの鳴き声の正体はと皆に問うと、べまきさんとごまんが「鳩や」と即答。

今まで鳩に遭遇する機会なんて腐るほどあったというのに、実際ホーホー鳴いている場面に一度も出くわしたことがなかったので非常に驚きました。

・・そうなんや、鳩やったんか・・・。

ということで、この橋を渡る際に“ホーホー”の集団に出くわす私は、いつか目の前で“ホーホー”鳴いてくれるだろうと淡い期待を抱きながら、日々トコトコするのでした。

そして彼らが奏でる一連のコード進行は一体どうなのだろうと。
やり遂げるのか、不意を突くのか。

追伸:上の画像には沢山のほーほーが休んではります。お解りになるでしょうか?
200810 おそら


あるく  歩く  トコトコアルク。

すっかり秋らしい気候になりました。
トコトコの季節です。

私は会社の通勤途中で片道40分の1日80分くらいをトコトコしています。

きゅうきゅうになりながら電車にゴトゴト揺られて通勤するのはどうも性に合わず、自分の足で行きたい方向に、その日その日思いつくがままトコトコするほうが精神的に開放されます。

歩くことで体を整えることが第一の目的ですが、何より、その日の空の模様や色々な建物、草木を見て気が向けばすぐに携帯を取り出しで撮影できるという自由さがよいです。

電車ばかりだとつまらないのです。

今まで見過ごしていた街にこういうのがあったのだなぁと。

古い雑居ビルの上階にある雑貨やさんだとか、狭い路地裏にあるちょっと年代モノのお好み焼き屋さんだとか、自分のセンスにあったお花を置いている花屋さんだとか、おっちゃんがとても楽しそうに呑んでいるガラス張りの立ち呑み屋さんだとか、ひっそりとした場所に佇むカフェだとか。
この時間帯にトコトコすればあの子(犬)に遭遇するとか、この場所を通ると心地よい風が走っているとか。
突然空を見上げてぼーっと歩いてみても誰も咎めることもないですし。

とても楽しいです。
200810ベニエ座2

先週末はSmileドラマー枝龍所属のベニエ座のライヴに行ってきました。
(後方の真っ暗なところからの撮影で画像がかなり荒くすみません!!)

四ツ橋Beatlesもかなり久し振りに訪れました。

1つめのThe Fezさんは、とにかく選曲がいいなぁと、そしてみなさん芸達者で静かに観客を喜ばせているというか、とても心地よい時間でした。
また聴きに行きたいと思いましたが残念ながらHPがないそうで・・。

そして2つ目はベニエ座。
私がもう何年前になるか、始めの頃のベニエ座からすると、核メンバー以外は殆ど変わり、もはや全く別物のバンドに変身していて、昔のベニエ座はまだ男っぽさが感じられるようなバンドでしたが、現在はメンバーの殆どが女性と、華やかさが特に前面に押し出されたバンドさんになっていました。

毎回リーダーや枝龍のプレイには圧倒されますが、今回のフロント陣、特に綾戸智恵さんのファンク版というか、そういった大阪テイストのノリを持ちつつ底力のある圧倒的な歌唱力の楽しいヴォーカルさんが新たなベニエ座の顔となっていることにとても新鮮味を感じました。
観客の皆さんもノリノリで、とてもいい感じのライヴで非常に楽しませて戴きました。

どんどん進化していくベニエ座、さて次はどのような一面を見せてくれるのでしょうか、楽しみにしています!!

200810ベニエ座1

さて今回のBeatlesでは、バックに赤のカーテンがかかっていたのですが、それを背景にしてプレイする枝龍がとても艶っぽいというか、色っぽかったです。
トップスの柄もマッチして、枝龍の抜けるような白さが際立って、思わずシャッターを押していたのですが、嗚呼・・・もっと前のほうに陣取っていればよい写真が撮れたかも・・・。
枝龍ごめんやで・・・。

ベニエ座が進化すると共に、枝龍も色っぽさに磨きがかかっていく感じがしました。

次のライヴも楽しみにしています。