● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

4moai

5月の高槻ジャズストリートでのライヴから半年振りのSmile in a whisperのライヴのお知らせです。

『Hearty ☆Partyにおいでよ!!』

於 :ライブハウス  アムホール
   大阪市北区曽根崎2-14-17 CIビル3F
   TEL:06-6362-2001

日時:11/8(土) 開場16時、開演16:30 
    (Smileの出番は2番目、17:00頃です)

料金:前売:1,800円 当日:2,300円 (別途1Drink代500円要)
    前売ご希望の方は、お手数ですが直接メンバー或いはBBSにてお願い致します!

出演:CrankoooL!, 
    Smile in a Whisper, 
    Gold Dates, 
    Penta☆Gram,
    RespiraR, 
    Night Walker, 
    Soul Crew (演奏順)

ソウルからハードロックまで、多種多様なジャンルが勢ぞろいした今回のイベントです。

我々は新ネタやアレンジ替のナンバーをひっさげての登板です。
皆様宜しくお願いします!!!

ところで4体のモアイ。
見事に4人の特徴を捉えています。
正解は・・・・

続きを読む
coeonawilkinsonbell

日曜日はぽかぽかとした心地よいお天気でした。
昨年もそうでしたが、今年もやはりお天気。
そう、なおちゃんの人柄のよう。
あれから2年。

日曜日はなおちゃんの3回忌に際し、今年はべまきさんにも声をかけて4人でお墓参りに出掛けました。

大阪を中心に京阪神に広がる景色が一望出来るかなりの高台で、現世とかけ離れたような雰囲気さえ醸し出している幻想的でとても閑静な霊園になおちゃんは静かに眠っています。

今年もぽかぽかとおひさまが微笑んでいる中、お墓参り、というよりはなおちゃんとお話しに行くような感じでした。

なおちゃんがお気に入りだったお土産を2つ連れて行きました。

一つ目は昨年も連れて行った千鳥屋のみたらし小餅
小さな御餅の中にみたらしのたれが入っているので一口でぱくっと食べれるし、普通のみたらし団子にありがちな口の周りの汚れもないのでとても便利な逸品。
とても美味しいのです。

2つ目はウィルキンソンのジンジャーエール。
茶色のラベルのほうはかなりの辛口で、ピリッ→カァーッでございます。
ごまんに栓抜き持参をお願いして4本墓前でパカッと開けて、なおちゃんの代わりに戴きました。

墓前でなおちゃんにまつわる色々な話を4人で結構長い間お話しました。
不思議と今回はおセンチになることはありませんでした。

夭折して未だなおちゃんの生き様には考えさせられる、とても勉強になることが多く、普段だらだらと時間を無駄遣いしている自分が本当に情けないちっぽけな人間だなぁと反省させられます。
そういった考える機会をいつも何かの折に与えてくれるなおちゃんは、気がつけば私の”人生のお師匠さん”のような存在になっています。
やっぱりなおちゃんは偉大です。

やっぱり年老いてもなおちゃんに蹴りをくらわしたかったなぁ・・・
“Jackeyさぁぁん!”っていう声も聴きたかったなぁ・・・
どんなオッサンに(既にオッサンだったけれど)なっていたんだろうか・・

chamonix20081019

空が若干薄い桜色に染まり始めた頃、我々は近くのオーガニック・シノワーズへと車を走らせました。
生前なおちゃんがオーガニックに注目していたということで、CHAMONIX Chinoiserie Slow Food Tableというお店をべまきさんが予約をしてくれました。

こじんまりとしたお店は、とても中華料理屋さんに見えないお洒落なカフェのような佇まいでした。
ちょうど日曜日だったので、休日限定のキャンドルナイトが催されていて、キャンドルのゆらゆらした灯りと共に、美味しいお食事を戴きました。

キャンドルの灯りというのは心を落ち着かせるというか、和ませてくれます。
ここでべまきさんのサプライズ。
生前なおちゃんが好きだったというコロナ!
それも“なおちゃんの分も”って1本多く入れて。
この人の気遣い・・・・。
涙腺緩みました。

久し振りの再会で山のように積もっていた話をみんなでお食事と共に楽しみ、夜は更けていきました。

軸がブレブレの自分に対し、年の頃は同じだというのに真っ直ぐ先を見据えた姿勢というか、色々なことに真剣に取り組んでいるべまきさんにはいつも脱帽もので、感化されています。
今回も凄くいい刺激を与えてくれました、べまきさんに感謝です

楽な道を選ぶのではなく、前向きに自分から行動を起こすことってとても大切なことだと痛感しました。
そうしないと自分に何も残らないですものね。

よっしゃ!ということで、心を新たにした秋の休日でした。
・・・3連休に入る前に、長野にいるどーも君から連絡が入り、久し振りに大阪で集うかということに。
ちょうど近日会う約束をしていたサコの都合もOKだったのでこれはということで合流。
サコのダーリンも含めて合計6名の若人の集い。

このメンツでの集いはかなり久し振りで、会う前から楽しいことは分かっている・・・というのが楽しい。

どーも君が帰省の後大阪入りしたとのことで地元のお土産を持ってきてくれた。

sardines in oil

オイルサーディンといえば、スーパーでは外国製のものをよく見かけるが、これは丹後宮津産。
どーも君の地元でこういった特産物があるなんて、無知な私は知らなんだ。
凄く珍しいなぁ、ということで早速戴くことに。

非常にあっさりしていていくつでも食べられる、1缶なんて一人で完食してまいそうな勢いの美味しさ。
直球ストライク。
酒がすすむなぁ。
癖もないので色々な料理にもアレンジできそうで◎。
どーも君ありがとう~気ぃ遣わせてごめんやで~

わたしとちょうどひと回り違うどーも君とは1年ぶりの再会。
社会人になってからも、ちょくちょくこういった機会を作ってくれて彼の成長していく話を生で聞けたりするのが凄く嬉しい。
仕事は相変わらず大変そうだけれど、笑顔はいつもと同じ。
なんというか安心した。

そして竹を割ったようなさばさばとしたユニセックス(若干男寄り)なサコ。
女の子女の子した人とどう接してよいかわからない私は、サコのようなタイプの人だと非常に話し易く心を開ける。
恐らく自分もどちらかといえばその類だからかとも思う。
ごまんもそういえばその類。
みんな男らしい。
サコと話すとアホな話しかしないけれどそれがまた心地よい。

サコの吉報も聞けて、この日は本当に嬉しかったり楽しかったり盛りだくさんだった。
夜遅くまで、涙を流しながら大笑いした。
こんな夜は本当に久しぶり。

このメンツが集まれば必ず話題にあがるのは同じバンド仲間であったなおちゃんのこと。
もうすぐなおちゃんの3回忌。
なおちゃんとの大笑いの想い出などを思い出して、しんみりすることなく皆で回想していた。

そうそう、話の流れで思い出した、衣装のこと。
昔一緒にバンドを組んでいた時に、ライブ時のサコの衣装をどうするかって話になり、私がサコに「貝とワカメ」を用意するように指示したなぁ。
あほなこと言うてたよなーと思い出し。

笑うというのはいいことだなぁと感じる。

秋の3連休、とてもよい締めくくりをさせてもらった。

次会うときも、また笑顔で会いたいなあ。
SilverbeansTenma20081012

12日は天満音楽祭にSmile健くんが所属するSilver Beansが出演とのことで、大阪市北区民ホールに行きました。

クラプトンのカヴァーバンドで、Vo安永さんののびのびとした澄みわたる声が非常に心地よく、バンドのメンバーのルックスもこれまた非常に爽やかで、秋晴れの日にぴったりの風のような心地よいバンドでした。
時間の都合上3曲しか演奏出来なかったのがとても残念でしたが、また近いうちにどこかでライヴされるのを楽しみに待つことにします。

それから、以前はトリオのアコースティックバンドだったのが、現在ではエレキになり、今回から参加ドラマーとしてTTLの山田さんが参加されたということで、更にパワーアップしたSilver Beans。
山田さんはいつもTTLのライヴで拝聴する雰囲気とはまた違う一面も楽しめてよかったです。

この日、すみさんにもお会いしましたが、考えてみれば、数年前のこの天満音楽祭でSmileが演奏しているところに、その後の演奏を控えていたすみさんがたまたま我々の演奏を聴いて下さったことから付き合いが始まり現在に至るわけで、入口から入ってこられたすみさんを見てなんというか感慨深かったです。

この日はとてもお天気がよく、おでかけ日和でした。
ひょっとしたら気晴らしになるかもと、両親を誘うことにしました。
以前Smileもこの会場でお世話になったことがあるので、ホール内の設備も把握していたので(会場内にフリースペースが多くあること)、車椅子のすてっきも大丈夫かなと。
そして母も音楽好きなので、色々な音楽を聴くことによってちょっとはリラックスできるかなと思って。
予想通り、母はとても楽しんでくれていました。

すてっきは昔患った癌で片方の耳の聴力が殆どありません。
補聴器をつけていますが、マックスに設定したとしても聴こえづらいようです。
この日の区民ホールでの演奏の音量はかなり大きく感じられました。

ひょっとして・・と思い、前方のスピーカーのわりと近くに陣取り、すてっきとSilver Beansの演奏を楽しむことにしたのですが、最初、後方で聴いていた時はうつらうつらとしていたのに、前方スピーカー前に連れてきたらよく聴こえるからなのか、それとも面識のある健くんが演奏していたからなのか、始終手と頭で楽しそうにリズムを取っていました。
これには私も驚きました。
凄くニコニコした顔で一生懸命Silver Beansの演奏に耳を傾けるすてっきを、車椅子の後方から見ていた私は、すてっきが何とも可愛らしいというか、微笑ましいというか、こちらもニコニコして演奏を楽しんでいました。

SilverbeansTenma20081012-2

その後、お隣の扇町公園でお昼ご飯を食すことに。

ブーツとおにぎり

私や母は普通のごはんを食べることが出来ますが、すてっきはミキサー食といって、誤嚥を防ぐために口から入るものは全てミキサーで砕いて、更にトロミをつけたものでないと食べられません。
水分にしても全てトロミをつけないと×です。

ということで、ミキサー食を持参しました。
今回は梅粥、キャベツと卵の煮物、ミネストローネ、桜海老と豆乳のムース、ジャガミートソース、柿のムース、スイートポテトを作りました。

ミキサー食を連れて外で食べるという試みが初めてだったのですが、なかなか楽しいものでした。

すてっきが、私達のおにぎりを見て”おにぎりちょうだい”と言いました。
食べることが何よりも好きなすてっきなので、普通の食感の食べ物を食べられないのは可哀想としか言いようがないのですが、”お父さん、残念やなぁ~、これはちょっと無理やねんで~”となだめつつ食事を楽しみました。

本人も楽しそうだったので、これからこういう機会があればすてっきを色々なところに連れて行こうと思いました。

すっかり両親も喜んでくれました、これもSilver Beansの皆さんや色々なミュージシャンの皆さんのおかげです。
感謝です。
TTL20080901

先々週の話ですが、本町Mother Popcornで行われた、Smileベーシスト健くんが所属するThree Time Loserのライヴに行ってきました。

今回は新曲をひっさげての登板、骨太ロックというイメージが強い彼らのサウンドからすると、若干路線が異なりましたが、たまにこのような感じの曲を演奏するという意外感が、今回は何だかクセになりました。
しかしどんな曲を演奏してもTTLはTTLなんだと改めて認識した次第です。

毎回音楽同様楽しみにしているVo・Gの三好さんのMCが今回は少なめでした(いつも旅の話や奇祭の話など、興味深い)。
ひょっとして、当日のライヴの模様がネットで放映されるということが関係していたのでしょうか・・・?

今回のジョイントの3バンドの年齢層は30代~50代と幅広く、その中でもTTLが一番の若手だったそうで、個人的には自分よりも年上のバンドさんなどのライヴを拝聴すると、何といいますか、パワーをもらえる気がします。

土曜日のラインナップはロック→HR→ロックという流れで、徐々に大音量→爆音となっていき、自分の座り位置ではあまりに音が大きすぎて、もう何を演奏してはるか細かいところが判らないような耳が「もう音入りません」状態になってしまいました。
この耳の砂の音感は2~3日間消えませんでした。
以前こちらのライヴハウスの同じすわり位置で聴いた時にはこんなことはなかったのですが、次はもう少し座る場所を考えないとと思いました。


TTL200809

何はともあれ、アツいけれどストイックな三好さん。
これからもTTL楽しみにしてます~。
お疲れ様でした!!
バクダンスイート
寒くなると美味しいじゃがいもが食べたくなります。

うふふ。
無骨なジャガイモに見えますが、実はスイートポテト。

スイートポテトはおさつの裏ごしなどが結構面倒くさかったりしますが、時間のない時は潔く手抜きいたしましょう。

今日はすてっきの介護食のストックを6品作ってる合間にスイーツも1品、ということでこないだごまんに好評だったスイートポテトを。

どれだけ手抜きかというと。

①おさつをレンジでふかす
②ふかしたおさつの皮をむいてる間にバターをレンジで溶かす
③おさつは裏ごしではなくみじん切りで繊維まで裁断することで楽チン時間短縮
④計量の手間を省いて全て目分量でバター・牛乳・生クリーム・卵黄・砂糖・はちみつを投入
⑤ハンバーグみたいに手でこねて塊を潰す、味は適当に調整
⑥ラップにて茶巾包み

はいおわり。
かなりアバウト、且つかなりの時短です。

手土産用など、きれいに絞り口などで成形する必要がなければ、小さなおさつの塊が素朴な味のアクセントになってよろし。
たまには無骨なスイーツもよろし。

大きなおさつ3本で、じゃがいものようなスイートポテトが20個弱。
バクダンなのでボリューム満点。

冷凍保存して食べたい時にレンジでチンしてホクホクを召し上がれ。
人間マフラーすてっきを連れてごまんと3人で散歩に出掛けました。

この日のすてっき、身体がしっかりしていました。
公園の遊具もしっかりと握って動かしていました。

最近少し涼しくなりました。
高齢者は体温調節が難しいのですが、我々が「少し涼しいね」が、すてっきにとっては「寒い」になります。
車椅子ですてっき、ごまんと3人で散歩していたら、すてっきが「寒い」と言い出しました。
しかし上着は家に置いてきました。

そこで即席人間マフラー。
背後からすてっきに抱きついて、両手をきゅうっと握ると、暖かいのかすってっきは喜んでました。

私はすてっきが1回目の脳梗塞を起こしてから、すてっきと手をつないで歩くことが多くなりましたが、「手をつなぐ」っていうのはいいものですね。

いつも顔を合わせるとつい喧嘩をしてしまう母も、いつか私と手をつないでくれるのでしょうか。

・・私は若干前傾姿勢のまま車椅子を押し続けました。
はたから見ると奇妙な光景です。

ということで、徐々に寒くなってまいりました。
季節の変わり目、皆様お互いに風邪ひきさんに気をつけましょうね。