● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070628194642.jpg


TVで60~70年代のヒーロー特集をするという記事が載っていました。

怪傑ライオン丸であったり、スペクトルマンであったり、ウルトラマンであったり、マグマ大使であったり。

あれ?

よくよく見てみると。


・・・・・・ごまんってマグマ大使に似ているの?

実家のおもちゃ箱にもあったマグマ大使。
その時は全く気づきませんでした。

くりくりの大きな黒目と鼻筋が似ています。
スポンサーサイト
TTLMother20070623.jpg

遅くなりましたが、先週末はSmileのタケシくんが所属するTTL(Three Time Loser)のライヴを聴きに、本町はMother Popcornを訪れました。

昨年末にIVYでジョイントライヴをさせて頂いてから半年ぶりのTTLのライヴ。

最近はタケシくんが作曲することが多いそうですが、作詞はVo三好さんが担当なので、全て三好ワールドとなり、これが引き込まれるのです。

演奏は勿論なのですが、いつも楽しみにしているのが三好さんのMC。
各地のお祭りを旅して訪ねるという三好さんは、ライヴのたびに各地の変わったお祭りや旅で出会った出来事などについて、独自のきりくちで語ってくれます。

もう何度となく聴いた曲が多いというのに、いつもその時その時印象が違うのは、やはりバンドは「生き物」だということでしょうか。
三好さんの旅を通じてうつりゆく心模様によって、同じ曲であっても表現が違うからなのでしょうか。

さて、今回出演の3バンドはそれぞれが全く異なるカラーで、同じ会場でライヴしているとは思えないような雰囲気でした。
その中で、TTLはいい意味で人間臭さが出ているバンドでした。

彼らの曲で、現在はMKというタイトルに省略されている曲も、私の好きな曲のひとつでして、なんというか心に沁みます。

三好さんと私は全く歌うスタイルが異なるのですが、根底で伝えたいと思っているもの、というか、求めているものは同じなんだと感じました。

そして今回撮影した画像の中で、一番のお気に入りはこちら。

TTLMother200706232.jpg


私がイメージしている三好さんの純朴な人柄が、横顔に表れている1枚です。

TTLのみなさん、お疲れ様でした~!!
20070625235344.jpg

あと1週間もすれば7月ですね。

1年の半分がもう過ぎたわけです。

みなさんのこの半年はどんな日々だったでしょう。

私はまぁとかく色々なことを深く掘り下げ考えなければいけない状況でした。
後半戦は一歩踏み出すとしましょう。


さて、暑くなってきましたね。

中学生くらいまで、自宅の屋上にビニールプールを広げて遊んでいました。

あれは楽しかった。
どれだけバシャバシャとはしゃいでも、誰も怒らない。
当時は自宅周辺に高い建物が全くなかったので、何をしていても誰も気づかなかったのです。

気温が30度になると「えっ、今日はそんなに暑いの!?」と話していた時代。

いまどきは35度になっても特に驚くこともないご時世。


氷の上でヨチヨチと歩いているはずの赤ちゃんペンギンが、温暖化で氷が溶けて、本来寒さを保護する為に生えている羽毛が仇となって、赤ちゃんたちを苦しめ、口をおおきく開けて舌も出して苦しそうに喘いでいる状況をTVで目の当たりにするご時世。

我々が招いたしわ寄せが、罪の無い彼らにおよんでいるなんて。
目を覆う光景でした。


暑くなったら水浴びしましょう。

暑くなったら水風呂にはいりましょう。

カラダもココロも引き締まります。
すてっきと机越しにお話していたら、机にサインペンがあったので、すてっきの似顔絵を描いてみることにしました。

20070622200103.jpg


若干若すぎてかっこよすぎです。
まだしゃっきりしていた頃のすてっきに近いです。

20070622200112.jpg


これは年齢的には近いけれど、かなり脱力系です。

20070622200121.jpg


む~、これのちょうど真ん中くらいがよいでしょうか・・。
20070621211339.jpg

昨日、久しぶりに空を見上げて写真を撮りました。

今何が欲しいと訊かれたら、たくさんの時間が欲しいと答えるでしょう。

色々なことをじっくりと腰を据え考える時間。

ゆっくりと眠る時間。

きっちりと身体のガタを骨組みから立てなおす期間。

じっくりとココロの凝りをほぐす期間。

後で後悔しないようにすてっきと過ごす(介護する)たくさんの時間。

母にこれから人生をストレスなく送ってもらうために楽をさせる時間。

自分の将来のことをしっかりと見極めるきっかけとなる衝動を確信する時間。

写真を撮る時間。

色々な動物に接する時間。

ゆっくりと空を眺める日々。

こどもに戻る瞬間。

スイーツを作る時間。

絵本を読む時間。

色々なモノづくりに集中できる時間。

ほんとうの自分を探す時間。
20070615214721.jpg

今日はええ天気やなぁ・・

20070615214729.jpg

海も最高、アンヨもポカポカで最高やん

20070615214735.jpg

くんくん、くんくん・・・
あ!この匂い、まんまとちゃうか!?
なぁなぁ、まんまどこ?まんまどこ?

20070615214742.jpg

まんまやおもたのになぁ・・

20070616190238.jpg


もうフテ寝するわ すぴー すぴぴぴー

下田在住、プレリードッグのシーちゃん 4さい。

体長は普通に立っちすると25㎝位。

背伸びして伸び上がると35㎝位。

プレーリードッグって、実は会話が出来るんじゃないかって思うくらい、言葉を発しそうな雰囲をかもし出している気がするのは私だけでしょうか。

可愛らしい。
20070615212217.jpg

こないだのSmileの練習でスタジオ入りした際、浅知恵さんがおもむろにA5判の雑誌を私に手渡し、ちょっと見てみ、とのこと。

どうやら職場の方が浅知恵さんに手渡されたそうで、神戸市防災安全公社という財団が発行、神戸市消防局が監修の情報誌でした。
神戸。消防。はて?

巻頭に掲載されていた、神戸で行われた春のお祭のグラビアをパラパラとめくると、新開地音楽祭が取り上げられていました。
色々な場所で行われたライヴやのど自慢大会、露店など・・。
で、よくよく見てみると。

20070615212227.jpg

私が写っていました。
いつの間に撮影されていたのか・・。


・・・・そして浅知恵さんが一言。

“Jackeyの横に(浅知恵さんが)写ってるはずやのにトリミングされてるっ!!”

う・・・・・・。
嗚呼。
20070610230632.jpg拝啓、おふくろ様

1月に贈ってくれた蘭、花は既に散りましたが、その後、葉は空に向かって元気に勢いよく成長しています。

いつだったか、1ヶ月くらい前に、鉢の中に新しい命が芽生えていることを知り、日々頑張るのだよと応援しながら水遣りをしていました。

それが最近、応援しすぎたのか、かなり急速なスピードで既に生えていた先輩たちを追い越さんばかりの勢いで成長しています。
少し前はあんなに小さな子だったのに。

気がつけば鉢のスペースは満員御礼。
早く鉢分けをしてやらねばと思いつつ、その手順を誤ることで彼らを殺めてしまってはと危惧するうちに、更に空に向かって伸びてきました。

非常にまっすぐな性格のようです。

おふくろ様、近々、彼らの新天地を探すべく、ホームセンターを訪れようと思います。
古巣からの旅立ちは、彼らにとっても非常に辛いこととは思いますが、早く新天地での生活に慣れるよう、また日々頑張るのだよと応援しながら水遣りをしようと思います。

草木はやはり正直ですね。
まっすぐに空に向かって伸びてゆきます。
愛情をかけるだけ、まっすぐに素直に育ってゆきます。

見習わないといけないですね。

それではおふくろ様もどうかお身体ご自愛下さい。
20070610230708.jpg

先週に、すみさんから郵便物が届き、封筒のかた口が切除されているので、これはもしやと思ったらビンゴでした。
5月19日のSmile in a whisperの新開地音楽祭でのライヴ音源をCDに人数分焼いて送ってくださいました。
いつもありがとうございます~
今回のジャケットもCDのほうも、これまた凝ったデザインでして(下記参照)、こういうお気遣い、そしてお忙しい中作製して下さったこと、本当に嬉しいです。

すみさんのおかげで音源としても、とてもいい記念になりました。

20070610230828.jpg


そういえば、すみさんといえば、新開地音楽祭の日に商店街でお会いし、地下の喫茶店へ行った時に思い出したことがひとつありました。

ずいぶんと昔、とある地下道を健くん、枝龍、そしてお洒落なめがねをかけた男性と4人で歩いている夢を見ました。
夢を見た当時は健くんと枝龍には既に出逢っていたので理解できたのですが、残る1人の男性はその当時だれのことだかさっぱり見当がつきませんでした。
だいたい、当時、そのメンツで歩いている理由も何なのだろうと非常に不思議に思ったことを覚えています。

で、こないだ新開地音楽祭の時に、枝龍、健くんと3人で喫茶店でも行こうかと話しながら歩いていたところ、前からすみさんがやってきて、では4人で行きましょうということになり、地下に色々店舗があるからということで地下に潜って歩き始めたのでした。

そう、まさにこの光景。
当時夢に出てきためがねの男性がすみさんであったことをようやく知ることに。
そして枝龍と健くんとSmileで一緒に活動するということもその夢の中では知らされていたようです。

実は私、こういうことがよくありまして。

夢を見た当時では考えられないようなことが夢でおきるので、本人は何だか不思議だなぁと、まるでパズルのひとかけらを手に入れたような感覚で、記憶の奥底に刷り込みが入るようです。

で、数年~10数年たって、同じ状況におかれてはたとフラッシュバックします。
夢の中に存在する場所(生まれてこのかた見たことがないような場所でも)は、結構記憶に残るようです。

ということで、すみさんありがとうございました。
Jazzholic1.jpg

先週末は音楽仲間のDJが所属するJazzholicさんのライヴを聴きに京都は都雅都雅に行ってまいりました。

DJは現在ビッグバンドとHRバンドという、全く方向性の違う二束のわらじを履いていらっしゃる訳ですが、2つとも全く毛色が異なるのできっと色々な発見があって楽しまれているのだなぁと感じました。

DJの雄姿を拝見するのは実に2年半ぶり。
というのも、DJと一緒に最後にステージに立ったのがちょうど2年半前でして、その時はセッションでアースなどやりました。
実際一緒にバンド活動をしていたのは6~7年前。もうそんなにたつのかと驚いてしまいます。
DJは今回スーツにタイガーマスクのマスクという、他のメンバーの方々がカジュアルスタイルの中、とびきり目立っていました、さすがDJです。
マスクを被ったままのプレーもありましたが、しんどいと言って脱いでいらっしゃいました。

Jazzholic3.jpg

ライヴは二部構成で途中休憩を挟んでおよそ2時間のステージでした。
色々なアレンジで普段この手のジャンルを聴かない私も楽しませて頂きました。
そうそう、バンマスさんが1曲1曲、とても丁寧に曲の詳細を紹介されていました。
普段私が関わるジャンルではあり得ない光景で、確かにそれを考えると長時間のステージはごく自然な流れだったのかも知れません。
MCのネタ帳も譜面台に置かれていて、それもちょっと驚きました。

さて中盤でのDJのソロ。これが起承転結明確で、非常に清々しいといいますか、聴いていてとても心地よく、かっこよかったです。
お客さんを飽きさせずにちゃんと“魅せる”、ということが全面に出ていて感動しました。
普通ソロといえば、下手するとプレイヤーの自己満足で終わってしまうことが多いですが、きっちり客も引き寄せるところが素晴らしいなぁと思いました。

DJが今まで未踏のジャンルを4ヶ月で10曲こなされたということに、(しかも掛け持ちしているというのに)本当に音楽が好きなのだなぁと関心しました。
ブラシも今までお使いになったことがないと仰っていて、そのやる気の原動力はどこからあふれ出てくるのだろうと、ただただ驚くばかりでした。

DJ、お疲れ様でした~!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。