● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070327234901.jpg

つくづく損な人間だなぁと思うことがあります。
しかしそれも自分だなぁと思うことがあります。

白黒はっきりさせたい人には灰色という概念がないように思います。
黒いカラスを白いといわれても、決して「そうですね」と相槌を打てません。
明らかに誤りであることに対して見過ごすことも出来ません。
そこに責任の所在が絡んでくるとなおさらです。

「それは違います」

年齢階級関係なく理路整然と私が相手を論破したりすると、相手はそういう私のさまを見て本当に憎らしくかわいげがないと思うのでしょう。

要領よく自分の前に敷かれたレールを走っていく人が沢山います。
その中には灰色を許容して走っていく人もいるでしょう。
それが普通なのだと思います。幾許か近道でしょう。

人との付き合いには灰色も大切なのはわかっています。

それが出来なくて、いや違うなぁ、それをしたくないので色々なところで衝突したり嫌われたり損したりするんですよね。

私はそういうところがこどもなのでしょう。

いつおとなになるのか。
答えは既に出ています。
私は細胞レベルで灰色の概念を持っていないのです。
スポンサーサイト
20070325085816.jpg
とうとう4月までカウントダウンとなりました。
大阪城の櫻はまだもすこしかかるようです。

さて、以前こちらでお知らせしましたライヴ情報2つに加えて、5月に行われる新開地音楽祭にも出演が決定しましたので、併せて3つお知らせいたします。
2ヶ月で3本もライヴがあるなんて、本当にありがたいことです。
新曲をひっさげ、メンバー一同気合入れて頑張りますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております~

<< 其の壱 >>
4月1日(日)本町「Mother Popcorn」
大阪市西区西本町1-10-22 B-1 Tel:06-6535-0002  →地図
開 場: 17:00
開 演: 18:00
代 金: 1000円(別途ドリンク代が必要です)
①Red Turns Black ②Tippi-Toes ③Smile in a whisper
ご来場下さる方は、チケットをお取り置きさせて頂きますのでSmileのHPBBS又はこちらのBlogまでご一報ください。


<< 其の弐 >>
5月4日(金) 「高槻ジャズストリート2007」 
会 場: 阪急高槻市駅コンコース
時 間: 14:00-14:45
入場無料


<< 其の参 >>
5月19日(土) 「新開地ミュージックストリート2007“第7回新開地音楽祭”」
会場: 湊川公園メイン会場内 『公園ステージ』 →地図
時間: 15:30-16:00
入場無料


a terre横の公園で撮影したのですが、たまたま鳩の数が4。
勝手にメンバーにあてはめてみました。
私の勝手なイメージでは

右:浅知恵さん(胸板が厚いから)
右から2:枝龍(色白で看板娘だから)
左から2:健くん(いつも黒っぽい服を着ているから)
左:Jackey(ミクロマンだから→遠近法だけど)

メンバーをご存知の方、いかがでしょう?
みんなそれぞれ思い思いの方向を向いていますが、曲が鳴ると「椅子取りゲーム」状態で定位置にさっと戻ります。
恐らく。我々はそんな感じでぼちぼちと楽しくやっております。

なにはともあれ、春の3連ちゃんライヴ、みなさまどうぞ宜しくお願いします!!
20070326194559.jpgだんだんと、日が長くなってきましたね。
嬉しい限りです。

仕事帰りに空を見上げて、色が存在するのはとても楽しい瞬間で、願わくば大きな口をあけたまま、空をぼーっと眺めていたいと思うことがあります。

その日の心模様によって、自分の目に映り込む空模様は変わる気がします。

先週末に久しぶりにこの写真を撮った時は、心が「無」でした。

本当に心の中に何も残っていませんでした。

そういう時に映り込む景色というのは非常にシンプルで、シンプルだからこそ、訴えかけてくる何かがあるわけで。

Eaglesの"I can't tell you why"を思い出しました。

我々のレパートリーにもDesperadoがありますが(某TVドラマで再びヒットしたようですね)、私がイーグルスの曲の中で最も好きな曲を挙げるとすればこの"I can't tell you why"になるでしょう。
確か枝龍もそう言っていた気がします。

学生時代にイーグルスのセッションバンドをした時にこの曲を歌ったのですが、構内の広場で空に音が抜けていった気持ちよさを今でも覚えています。

さて"I can't tell you why"、邦題は「言い出せなくて」ですが、とても切ない曲ですね。
そのメロディをベースのTimothy B. Schmitが歌うことによって、更に切なさが増すというのでしょうか。

非常にシンプルな曲なのに、この残像感は何なのでしょう。
シンプルなギターソロと、それにかぶるコーラスのハーモニーもぐっときます。

勿論他のメンバーのヴォーカルも素晴らしいのは言うまでもないのですが、ぎりぎりの細い糸のところで人の心をぐっと掴むような歌声は、本当に心打たれます。

とてもはかなげで、心がきゅーっとするようなティモシーの歌声。
大好きです。
20070319220258.jpg

ラナンキュラスって本当に愛らしいですね。

後ろのお花は、手前のお花を支えているように大きく花びらを広げて咲いています。
陰ながらエールを送っているようにもみえます。

人は1人では生きていけないなぁとたまに痛感することがあります。

現実に見える、見えないは別として、やわらかい真綿のような気持ちで見守ってくれていたりするのですよね。
きっと相手も気づかないうちに支えてくれているのでしょうね。

人に支えてもらえる、自分を甘えさせてくれる人々がこの世に存在するということは、非常にありがたいことだと思います。

それは親であったり兄弟であったり連れ合いであったり連れであったり友人であったり、そしてバンド仲間であったり。

基本的な性分として、人に頼るより頼られることのほうが自分にあってにいるだけに、私は人に甘えることが苦手です。
なかなか心を開こうとしません。

人に甘えるということは、相手にとって迷惑な話だとさえ思っていました。

でもそれは違うのですよね。

私はこの間違いに気づくまでにいったい何十年かかったのでしょう。

例えば親に対してが良い例ですが、甘えるということが親孝行につながるなんて、思いもしませんでした。
世間的に言われる「親孝行」は確かにしてきました。
まだまだ全然足りませんが・・・。
しかしそれだけではないのですね。

何故かというと、親は私を生んで、成人するまで育ててくれたという時点で有難い話なのに、それ以上何を求めるのだ、何を甘えるのだと思うのです。
早く自立して、早く親に恩返しをすることが全てだと思っていました。
親が何かしてあげると言っても、ありがとうと言って気持ちだけ受け取って断ってきました。

大人になり、私が嫁ぐ前後であったと思いますが、他の兄弟のように上手に甘えることをしない私を見て、母の友人のおばさんは、「甘えることも立派な親孝行なのよ、お母さんの気持ちもわかってあげなさい」と叱りました。

こないだ東京タワーのドラマが終わりましたが、最終回の最終のシーンで、本当にそれを痛感しました。

大人になっても非常に不器用な自分は、今更ながら、限られた時間の中で、これからどうやって親孝行をすればよいのだろうと、色々考えるのでした。
20070320224224.jpg
左の物体、いったい何に見えますか?
実はプリンです。
それも普通の大きさではありません、600ccなんです。
参考まで、横に置いているのはグランマニエの小瓶ですが、大きいでしょ?

この巨大プリン、奈良のパスタ&スイーツのSeasonというお店の「大仏プリン」という巨大プリンで、シンプルな素材を使用しているからこそごまかしがきかないという感じで、お味のほうはというと、きめが非常に細かく、家庭的な素朴さが残っているお味でとても旨し、です。

奈良在住のTashiさんが美味しいから是非食べてみるべしと薦めて下さり、買ってきてあげるよと仰って下さったので、お言葉に甘えてお願いしました。
Tashiさん、とても美味しかったです、どうもありがとうございました!!

実は「平安遷都」という1300ccサイズのプリンもあるようで・・・・とにかく凄い・・。

ということで、大仏プリンは通販もあるようですのでみなさんも是非是非!!

余談ですが、私もたまに直径25㎝のケーキ型でパンプディングを焼くのですが(出来上がりは約16人分)、一体どれだけ牛乳を投入しているのか、いつも目分量なので計ったことがありません。
バケットも卵も沢山放り込むので、実際のところどうなんでしょう・・。
今度計ってみることにします(スイーツだからちゃんと計量しなさいって怒られそうですね)。
昨日、Smileの練習で浅知恵邸にお邪魔する際、久しぶりに手作りのケーキを連れて行こうと、夕飯の支度を終えた金曜の晩に作りました。

モノには作り手の心がこもるといいますが、私は今回作り終えたケーキをみて、悪い意味で改めて感じました。

普段、スイーツを作りは非常に楽しいし、出来上がった後に誰かの元に届いてあわよくば笑顔を見ることが出来るという嬉しさもあって、私は非常にわくわく。
しかし今回は違いました。

ここ最近で最も憤りを覚え、どうしても納得のいかない出来事があり、結局その憤りは昼以降1日中続き、帰宅しても怒りは収まりませんでした。
そんなテンションでケーキを作ったので(作業中は怒りは収まっていたのですが)、知らず知らずのうちにうちなる心模様がケーキに映し出され、完成したケーキを見てしょんぼりしました。
せっかく喜んでもらえたらと思って作ったというのに。

20070318214858.jpg

実はこの二段のイチゴケーキ、2つとんでもないミスをおかしています。
1つは二段の中心が微妙にずれていること。
そしてもうひとつは、動物性の生クリームだというのに、移動時間を考慮しすぎたために、泡立てすぎてきめが粗くなってしまったことです。
あまりにも幼稚なミスでもうしょんぼり。
相方曰く、イチゴのフォーメーションの不安定さが精神状態をよく表している、だそうです。確かに。

昨日はメンバーに事情を説明して侘びたのですが、メンバー一同それでも喜んで食べてくれたので、有難い反面とても申し訳なく思いました。
食べてくれてありがとう&ごめんなさい。
(気持ちは十分こめていたのですが、雑念・・・でしょうね)
これからは気をつけます。

ちなみにこちらが断面図。

20070318214909.jpg

実は上段、下段共に薄くスライスしたスポンジをロールして台を作っています。
ですから断面は縦のしましまです。
中には生クリームにイチゴと黄桃が沢山入っています。

こちらがお一人様分です。

20070318214918.jpg

二段ということで、やはりでかい。
あまりおなかにもたれないようにとスポンジはかなり軽めのふわふわに仕上げました。

車中、愚痴を聞いてくれた枝龍と健くん、ほんまにありがとう。
おかげで少しおさまりました。ええ人らや~。
・・・やっぱり男として器のちぃちゃい人間は好かんわぁ。
20070311115522.jpg

郵便局に行くと、窓口横にディスプレイしてあってひとめぼれして買ってしまいました。

なんとも初々しくて可愛らしい。

なで肩におちょぼ口・・・・・嗚呼羨ましい。
(私はご存知のようにいかり肩に大きな口)

着物の似合う女性ってとても羨ましいなぁと思います。
首がしゅっと長くて、スレンダーな人は着物のラインが本当に綺麗だなぁと思います。
いかり肩で首も短く凹凸のある私(三重苦ですよね)が着物を着ると、若干、某夫婦漫才の奥さんのほうのそれに近いものがあります・・・涙。

日本人に生まれたからにはいつか着物を着こなしたいなぁと。
そろそろ着物を着てもおかしくない年頃になったかなぁと。
勝手なイメージなのですが、若い頃に着物を着ても、着せられている感が強いように思っていたので、トライする気にはなりませんでした。

きっとディテールまで拘ってしまいそうな気がします。
かなり古典的な柄、それも普段の洋服のようにちょっと他の人が手をつけないような変わった柄などがあれば興味深々でしょうね。
小物も色々なものを取り入れてしまいそうです。

今ごまんが着付を習っていて、マスターしたらけしたるわ(着せてあげるわ)と言ってくれたので期待して待つことにしようと思います。
亡くなった祖母や母の着物も現在は実家でたんすの肥やしなんですね。

確か私が小学生くらいの頃、白に近い色にポイントで大人っぽい花が少し描かれていた着物を着て私の授業参観日にやってきた母の姿が未だに脳裏に焼きついています。
子供心にもあれは非常にクールだったことを覚えています。
・・・しかし母は幼い頃に茶道・華道・三味線・日本舞踊等々、着物を着る機会が多かったので着こなしていて当たり前といえば当たり前だったのでしょうか。

母のようにかっこよく着こなせる日が来るといいなぁ(自分で着付覚えなさいって話ですよね)。
ごまん頼りにしてるぜ。
お礼(アイス)はきっちりとするさかいに。
20070310231352.jpg

春っぽいでしょ?
これは櫻の塩漬です。可愛らしいですよね。

さて、今日はすてっき+相方の合同お誕生日会ということで、昨晩の続きをせねば。
スポンジを3片に割り、スポンジに軽く黒蜜を塗り、1層目には甘納豆を混ぜた抹茶のホイップクリームを、2層目には荒く砕いた栗をホイップクリームに混ぜたものを挟み込み、トップには櫻の塩漬、側面にはランダムに割った小枝を貼りました。
今まで和もののケーキを作ったことがなかったので、どんなデザインにすればよいのかと、更には上にのっかるマジパンを引き立たせるようなシンプルなデザインとはどんなだろうと考えて何度かデコレーションしてははぎとるを繰り返し、結局こんな感じに。

20070310231408.jpg

ここで手を止めて、すてっきと相方を祝う為に某豆腐料理屋へGo。
そして晩になってすてっきと母を連れて帰宅。
冷蔵庫にしまっておいたケーキを皆の前に出してきて、目の前でマジパンをオンすることに。
出来上がるさまを見て、皆予想を上回る喜びよう。
やりがいあるなぁ・・・。
ということでこちらが完成型です。

20070311003121.jpg

ちょうど小さな屏風を持っていたので置いてみたりして。
断面はこんな感じです。

20070310231434.jpg

しかし晩御飯はコースだったこともあり、全員ケーキを食べた後は苦しくなっていました。
結局、マジパンは、食べるのがもったいないから記念に置いておけといわれました。

普段、スイーツにここまで時間をかけることはないのですが(正確に言えば、トータル時間は半日で充分済んだのですが)、今回は時間がかかったけれど、それだけ分相手が喜んでくれたので、私自身とても嬉しい結末となりました。
20070311003133.jpg

20070309230608.jpg
家の中ではほのかに抹茶の香りがします。

今日は抹茶のスポンジを焼いている間に、マジパンで白い犬を作ってみました。

すてっきは戌年生まれの73歳。
彼を動物に例えるとすれば中型犬以上の大きさの白い犬。
耳はぴんと上を向いている子。

ということで、櫻を愛でている白い犬、つまりは櫻を愛でているすてっきです。

抹茶のスポンジは抹茶の配合分量が良く分からず、目分量でやっつけましたが、焼き上がりは悪くはなかったです。
しかし今日は生地を仕込み終わり、ケーキ型に生地を流し込んだ後に大事なことを忘れていたのを思い出しました。

抹茶といえば甘納豆。
そう、甘納豆を生地に混ぜ込むつもりだったのに、ぽかをやってしまいました。
それはTVを観ながら仕込みをしていたからなのか、さっきまでワインを頂いていたからなのか。
反則ですが、目分量の甘納豆をざーっと生地に放り込み、軽く混ぜてオーブンに。

あ~こんなこんなアバウトでいいのかなぁと、生地しぼむやろうなあ・・・と思っていたのですが、あがってみるとちゃんと高さはキープしていたので一安心。

さて、疲れました。
続きは明日にいたします。
すてっきが喜んでくれることを願いつつ、おやすみなさい~。
20070308231342.jpg

いつものデコレーションでは立体感に限度がある、ということでマジパンを作ってみました。

マジパンはアーモンドプードルとグラニュー糖と卵白でペーストを作り、そこに色素(化学的なもの・天然のもの)を入れて色々な色の粘土のようなものを作り、形を成形していきます。
よくケーキ屋さんのデコレーションケーキの上にのっかっているお人形さん、あれです。

今回のケーキは季節感を出したいと思い、櫻の木を作りました。
夕飯の支度をした後にとりかかったので時間はあまりありません。
たまたま予定があいていたごまんを誘い二人でマジパン作りを楽しみました。

上の画像は作成途中です(照明の関係で画像が暗くてスミマセン)。
櫻の花に葉をつけて、大きな木から枝を伸ばし、苔も作りました。

20070308231353.jpgそして出来上がったのがこちらです。

いかがでしょうか?
結構立体感が出せたのではないかと・・・・。
これをデコレーションケーキの上にのっけるとかなりの存在感です。

木は大きいので(普段ケーキ屋さんでこんなに大きなマジパン細工を見たことがない)枝がもたげてきます。
枝垂桜、ということでまぁこれもありかということで。

自分たちでは予想以上にうまく出来たのではないかと感動したりして。

実はマジパン作り、初トライなのです。
特に知識を得ずに、ありあわせのアイテム(つまようじとかフォークとかざるとか、本来はきっちりとしたアイテムを皆さん使用されているようです)で思いつくまま作ってみました。

初めてにしては・・ということでご愛嬌・・・

和菓子作りもコツは似ているのかなぁと。
やはり工作って楽しい!!

次は本体(スポンジとデコレーション)だ~。
20070306222922.jpg


この世に生を受けて73回目の春を迎えたすてっきは、遠ざかる飛行機をぼんやりと眺めて何を思うのでしょう。

20070306222903.jpg

逆光に写るすてっきは、春の日差しのようにやわらかな微笑みを私にむけてくれました。

”○○(私)は幸せか?”とか

”だんなさんと仲良く暮らしているか?”とか

ごく普通の会話なのですが、会うたびに、いつも私と相方を気遣ってくれることが嬉しいと感じます。

”うん、仲良しよ、大切にしてもらってるよ”と答えると笑顔で小さくうなずくすてっき。
まるで自分のことのように嬉しそうな表情。

ありがとうね。救われます。

すてっきの子供である私がすてっきや母に出来る恩返しとは、形に見えることだけでなく、私がささやかでも日々幸せに暮らしているという見えない証を示すこと。

私はあと何回すてっきのお祝いをすることができるのでしょう。
すてっきはあと何回、私に幸せかと訊いてくれるのでしょう。

どんどん年老いていく父親に、どうか健やかに長生きして欲しいと、青空に声にならない声で祈りを捧げました。
20070306210831.jpg

ランチがてら、淀屋橋にある塩昆布の老舗「神宗」のカフェに行きました。
神宗といえば、百貨店では売り切れることもあるほど、ファンが多いことで有名です。
私も塩昆布やちりめん山椒を求めることはあっても、カフェ(御茶屋)に行くのは初めてでした。

1日5セット限定のデザートは既に売り切れていたので、ソフトクリームと抹茶オーレに抹茶ケーキのセットをオーダーしました。

このソフトクリーム、とてもクセになる味です。
何がと申しますと・・・・・・。

20070306210844.jpg


え?と思われたのではないかと。
なんと濃厚なバニラソフトに隠し味として”塩昆布の煮汁”が入っています。
これが前の日記にある”さくらのうつわ”同様、足し算引き算が素晴らしい。
濃厚でいて、ふんわりとやさしい味になっています。
そしてバイプレイヤーの大納言小豆がいい仕事しているのです。

それに抹茶オーレ。
非常に濃いお抹茶で、気持ちが引き締まります。
プラス抹茶ケーキ。ソフトをオンして食しました。
旨し。

20070306210852.jpg

これ本物です。店内に春の訪れを知らせていました。

自然と背筋がのびたお昼時でした。
20070305213729.jpg
この週末、本当にぽかぽかの陽気でした。
ぽかぽかしてくると、自分のテンションもぽかぽかしてきます。

春気分満載で朱色の花柄のワンピースを着てキタに出かけました。
しかし春だというのに、街行く人はみな黒やグレーの服ばかり。
それにワンピースを着ている人がどこにもいないのです。

もう少しあたたかくなったら、ハルイロの人々が街を行き交うのでしょうか。


暫くご無沙汰していたa terreに久しぶりに顔を出すことに。
a terreはジャズのBGMも会話を邪魔しないちょうどよい音量で本当に居心地がよく、言うまでもなくベーグルやキッシュ、そしてデザートも美味しいし、お店の方々も、みなさんとてもナチュラルで可愛くてお気に入りのカフェです。
お客さんが多くなければいつまでもゆっくりのんびりとしていたい気分です。

春が始まったということで、昨年も確か紹介したと思いますが、春限定の「春のうつわ」というデザートを、いつものキッシュ&ベーグルサンドセットの後に頂くことに。

キッシュ&ベーグルサンドセットは結構おなかいっぱいになるメニューなのですが、それに加えてデザートということで、またもやぶーちゃんまっしぐらです。

しかしこのデザート、櫻のシフォンの上に、とてもあっさりとしていて濃厚な生クリームにa terre特製の餡、そこへ櫻の塩漬け。
甘さとしょっぱさの足し算引き算が絶妙で、本当に美味しいのです。
春はこれから。
近いうちにまた訪れたいと思います。

a terreを訪れることによっていつも至福のときを味わうことが出来るのですが、このデザートに出逢えると、更に幸せな気分に。
そして色々なモノに対する足し算引き算の力加減を暫く考えることになります。

それは音楽における足し算引き算であったり、

それは夫婦における足し算引き算であったり、

それは親子における足し算引き算であったり、

それは幸せにおける足し算引き算であったり、

それは悲しみにおける足し算引き算であったり、

それは服装における足し算引き算であったり、

それは空間における足し算引き算であったり、

それは存在における足し算引き算であったり。

a terreで過ごす時間は、何かしらシンプルな自分に戻って考えさせてくれる気がします。

それから例外なく笑顔がこぼれます。
a terreでキッシュやベーグルのサンドなどを頂いているとき、思わず”おいしぃねぇ”と笑顔がこぼれるのです。

帰りには、いつもお店の方が笑顔で”いつもありがとうございます。”
とても爽やかな笑顔が心地よいです。

心身ともに幸せな1日を過ごさせてもらいました。
20070228205916.jpg

気がつけばもう3月。
今年は桜の開花も早いそうで、お団子日和が待ち遠しいです。

さて、みなさまいつもSmile in a whisperをごひいきにしてくださりありがとうございます。

今年もぼちぼちとライヴをさせていただこうと思っています。
色々な街で、みなさんにお会い出来ることを楽しみにしています。


>>> 4月のライヴ情報 >>>

4月1日〔日〕 本町Mother Popcorn
Red Turns Blackさん、ティピトゥーズさんとのジョイントライヴです。
Open:17:00
Start:18:00
Fee:1000円(別途ドリンク代が必要です)


今回、いつも親しくさせて頂いているRTB(Red Turns Black)さんからのお誘いでジョイントに混ぜて頂くことになりました。
みなさんよろしくお願いします!
ちなみにSmileは20:00~20:50の予定です。


>>> 5月のライヴ情報 >>>

5月4日〔金〕 「高槻ジャズストリート2007」 出演決定!
場所:阪急高槻市駅コンコース
時間:14:00-14:45


一昨年のマリンナ以来ですが、高槻ジャズストリートに出演させて頂ける事になりました。
ほぼ毎年聴きに行くか歌いに行くかでお邪魔していますが、本当に楽しい!!
5月3日、4日の2日間、ジャズを中心とした音楽であふれかえる高槻で、どっぷりと心地よい音楽に浸るGWのひとときをお過ごしください~

Smileのライヴ場所は阪急の高槻市駅下車、階段をおりたところです!

色々な方々の笑顔にお会いできることを楽しみにしています!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。