● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20070225190311.jpg
非常に尊敬し、慕っていた方が他界しました。

私には、「おじいちゃん」と呼べる存在が3人いました。
そのうちの2人は実の祖父。彼らは私が大学生の頃に続いて亡くなりました。
彼らが亡き後、会社に入社してから、私は3人目のおじいちゃんと出逢いました。

ご本人に直接伝えたことはないのですが、その方は私にとって自分の既に他界した祖父達以上に近い存在の祖父でした。

私にとって第三のおじいちゃんのような存在であった人は、普通なら親しくお話することさえ恐れ多い、先代社長の右腕と呼ばれた方でしたが、私が会社に入社して10数年お世話になった古巣が特殊なセクションであったので、おじいちゃんと数年お仕事をする機会があり、非常にお世話になりました。
年がかなり離れていたこともあり、私は自分の祖父のように慕い、仕事でもプライベートでも、世間話や色々な相談もしたりして、まるで本当のおじいちゃんとお話しているような感じでした。

仕事面では非常に厳しい方でしたが、仕事を離れると、年の離れた我々世代には、佇まいも、くしゃくしゃにして笑う表情も、言動行動全てにおいて「おじいちゃん」という表現がぴったりで、本当に可愛らしい人(非常に失礼なのですが)でした。
私にとってのある意味アイドルでした。
もちろん、周囲でも”おじいちゃんかわいい”と、人気がありました。

一時期一緒にお仕事をさせて頂いていた頃、私の席の真後ろにおじいちゃんの席があったので、私がくるっと椅子を回転させるとしわしわのおじいちゃんの笑顔はいつもそこにありました。

そういえば一度だけ意を決しておじいちゃんにわがままを聞いてもらったことがありました。
自分の誕生日のときに、おじいちゃんに一緒にランチを食べに行って欲しいとお誘いしました。可愛らしいおじいちゃんとランチが出来て、その年は最高の誕生日を迎えることが出来ました。

仕事で辛いことが続いても、職場に行くとおじいちゃんに会えるので、日々それを楽しみにしていた時期もありました。

私が長年いた古巣から転属が決まった時も、悲しいと感じた理由のうちのひとつは全く異なる畑に異動してしまうので毎日おじいちゃんと会えなくなるということでした。
それ以降は、おじいちゃんも会社にはたまに出勤されるペースとなり、今まで以上におじいちゃんに会えるチャンスが減っていったのでした。

私がおじいちゃんを祖父のように慕っていることを知る色々な部署の知り合いは、会社でおじいちゃんの姿を見かけると、わざわざ「今日おじいちゃん来てるよ」と電話をかけてきてくれたりすることもよくありました。
特に用事もないのにおじいちゃんに会いに行き、「こんにちは、ご無沙汰しております」から始まり、近況などを伺い「それでは失礼します」と会釈して去るという感じで、おじいちゃんに会えた日はその日一日笑顔がこぼれる「ラッキーデー」でした。

そのおじいちゃんが先々週に亡くなり、あまりにも突然の出来事で言葉を失いました。

告別式場ではあまり実感がわかなかったものの、先週、会社に出勤し、古巣のフロアを歩くと、“ここでおじいちゃんと立ち止まってお話したなぁ”とか、机の引き出しを開けると、”これ、おじいちゃんがくれたなぁ”とか、出勤してから悲しさが増しました。

自分が今使っている机、普通は異動する際、古巣の机はその部署に置いていくのですが、私は異動のたびに、このおふるの机と共に新天地にお嫁入りしています。
実はおじいちゃんから譲り受けた机だからです。

おじいちゃんが海外出張のお土産として、よく動物の置物をくださいました。
私が犬好きなのをよくご存知だったので、犬のものをよく探してくださったのですが、たまに“ほら、犬じゃよ”と言ってくださった物を確認すると、それは象であったりクマであったりすることもありました。
他にも、何かしら犬や動物が書いてあるとか、写真が載っているとか、そういうもの持ってきてくださいました。
犬や動物のグッズを頂く、ということでなく、私が動物好きで、あげるときっと喜ぶだろうと思ってくださっていたそのお気持ちが凄く嬉しかったです。
今でも、おじいちゃんが「保険の勧誘で貰った」という子犬の写真のうちわ、大事にしています。

本当に可愛らしく素晴らしく男気のある人でした。

おじいちゃん、本当にお世話になりました。
どれだけおじいちゃんの存在に励まされたか計り知れません。
あの可愛らしくくしゃくしゃにして笑う表情、煙草でしわがれた声、トコトコ歩く姿、何よりもいつも親身になり私にアドバイスをしてくださったこと。
もうお会い出来ないかと思うと残念で仕方ありません。

私が人間として非常に尊敬する人のうちのお一人でした。
心よりご冥福をお祈りします。
ご存知かもしれないですが、ちょっと前の記事なんですが、思わず鼻アカでした。

なんておりこうさんなの!

詳細はこちら

しかも福と同じ犬種!
シーズー、こういう表情しますよね。
救われた人になでなでしてもらっていて、
”いやぁ、別に大したことじゃぁないよ~フツーだよフツー”
って表情。
20070225215826.jpg

とても寒い週末でした。
みなさんお風邪など召されていないでしょうか?

さて先週のこと。
帰宅途中、自宅とそう離れていない細い路地で、一匹のわんちゃんを発見しました。

よく見るとノーリード。
車がよく通るのに、もし轢かれでもしたらどうするのと、飼い主を探せど待てど暮らせど飼い主らしき人はいない。
きれいにトリミングされているので野良ではないのは理解できるけれど、ひょっとして輪抜け(自ら首輪を抜いて脱走する)したのかも。

轢かれると困るので、私はチャリを片手に、その子に「おかあさんはどこにいるの?」「おうちはどこ?」と訊いてもしぃぃん。

トコトコ歩き始めたので、普段輪抜け癖のある子が自力で散歩していただけだったのかも知れないと思い、姿が遠くなるのを見守っていたのですが、どうやらそうでもないらしく。
この街で暮らして浅い私には、どのおうちのわんちゃんかなんて判るわけもなく。

暫くして遠くにダックスを連れて散歩している女性の姿を発見。
藁をもすがるような気持ちで「すみません!!」。
かくかくしかじかと事情を説明し、警察に連れて行くよりも、周囲の犬を飼っているお宅に訊きまわったほうがよいのではということになり、そのわんちゃんをだっこして、女性とダックスと私で捜索開始。

お邪魔したうちの一軒で、このわんちゃんが綺麗にトリミングされていることから、近所のペットサロンで訊いてみるのがよいかもという知恵を頂きそうすることに。

お邪魔してみると、やはり2週間前くらいにトリミングをした犬で、どこどこの犬ではないかとオーナーが即答。
訊くところによると、普段脱走癖があるようで。
電話で飼い主に連絡をとってもらい、無事解決。

あぁよかった。
この寒空、彷徨って疲れて車にでも轢かれたら悲しすぎます。
おかあさんのもとに帰れてよかったよかった。
安心して私も家に帰りました。

もう勝手におそとでたらあかんよ。
20070225200626.jpg
昨日は四ツ橋Beatlesで行われた枝龍の別バンドであるCow Fingersとミカンジルのライヴにお邪魔しました。

先攻はミカンジルの皆さん。
今回ベースのがみぃさんはいつものウッドベースからエレキベースに持ち替えられての登場。
ウッベのストイックでいてしっかりと押さえどころはおっさえていらっしゃるがみぃさんも、今回のエレベでノリまくるがみぃさんもどちらも素晴らしかったです。
今回のライヴでは私が初めて拝聴する曲も数曲あって、いつも以上にテンションもハイで会場も沸きました。

オリジナルの楽曲、色々な引き出しから色々な音が飛び出してくる、ミカンジルはそんなバンドさんで、いつ見ても「楽しい」と思わせるところが素晴らしいなぁと、いつも勉強させて頂いています。

おもちゃ箱のようなミカンジルさん、何が飛び出してくるか分からないところが本当に楽しいです。

20070225200645.jpg
さて後攻はSmileドラマーの枝龍が別に組む、数ヶ月前に結成されたCow Fingersのみなさん。

多才な人はやはりいるのだなぁと。
元々ベーシストであるリーダーが、鍵盤でベースとオルガンをこなすという、まさにSoulive(Fuji Rock Fesでのライヴを思い出しました)でした。
しかも超クール。
この他にもトロンボーンもこなすという、その多才さに、ただただ”すごい!!”というコトバしか思い浮かびませんでした。
前半のインストはとにかく素晴らしくクールでした。
後半はトロンボーンと歌い手さんが加わり、更に華やかな音楽で楽しませてくれました。
枝龍のドラムも冴えまくっていました。
これからますます楽しみなCow Fingersでした。

とても楽しいライヴでした、皆様お疲れ様でした!!
菓子屋のおっちゃん週間のしめのおつとめ。
それが相方用のバレンタインのスイーツです。

ちょっと変わったことが好きな私が今年相方に贈ったのはこちら。
これ何に見えますか?

honeycombmillecrepe2.jpg

ハニカムミルクレープのデコレーションケーキです。
バナナを入れたミルクレープの上にイチゴと栗の周囲にくるくるとクレープを蜂の巣状(ハニカム)に巻いたデコレーションがのっかっています。
かなりでかいです。

そうそう、私は「程度」というものを知りません。
料理にしてもスイーツにしても、少人数でも大人数分作ってしまうのです。
honeycombmillecrepe1.jpg

このケーキもそう。ちなみに全体図はこんな感じです。
号数でいうと8号(直径24㎝)~9号(直径27cm)もあるので、12等分しても、1人分は大きいです。
普通1人分なら4号(直径12㎝)で十分です。

帰宅した相方が「想像以上にでかい」とひとこと。
きもちの分だけでかいのだと説明して納得してもらいました。
断面はこんな感じです。
honeycombmillecrepe3.jpg

本来ミルクレープは20枚くらい重ねて作りますが、今回は直径も大きいし、てっぺんのハニカムもかなりの高さが出るので敢えて6枚くらい、6,7cmの高さにしました。
あまりにも大きかったので、ごまんや両親にもすけてもらいました。

さて、私のスイーツ作りの原点、実はこのクレープです。
恐らく作り始めて30年くらいになりますでしょうか。
クレープは好きなスイーツの3本指に入ります。
焼くのも食べるのも大好きです。

これ焼いている時は、ほんとうに楽しいのです。
フライパンにおたまでタネを流し込んで瞬時に回転させて、湯気がぽわんとあがってきて周囲が乾燥してきたら返しどき。
竹串でちょいちょいときっかけを作っておいて、あとは手でひらりと返します。
アツいアツい、しかし出来上がって食べることを考えるとこんなこと何てことないのです。

数年前に、大きなクレープが焼ける電動の器具を購入しましたが、これが使い勝手が悪い。
長年自分でやってきたフライパンで焼くほうがよっぽど効率的だと思いました。

ケーキ作りって何が楽しいかといえば、どういう形にするか、どういうデコレーションにするか、どういう素材を組み合わせるかなどを頭の中でイメージしたり紙に書いたりすることに尽きるでしょう。
本当にわくわくします。
これで人に贈った際に相手から笑顔をお返しされたら本当に凄く嬉しいです。
菓子屋のおっちゃん冥利に尽きます。

ちなみに今回のケーキ、ミルクレープの部分は大きな円形のフライパンで焼き、ハニカムのデコレーション部分は出し巻き卵の長方形のフライパンで、錦糸卵のように焼き、それを6等分に帯状にしました。

さて・・・イチゴを多く買いすぎました。
ババロアでも作るとしますか・・。
20070213230518.jpg
菓子屋のおっちゃん週間は続きます。

今年はすてっきに渡したのと同じようなおべべを着た子たちが、普段会社でお世話になって親しくさせて頂いている方々(男女問わず)のもとに旅立っていきました。

世間でいうバレンタインデーです。

さて、私は話しベタです。
ですから、こういう機会でしか普段の感謝の気持ちを表すことが出来ないので、私にとっては有難い1日です。

20070213230500.jpgいつも私はチョコの代わりにバナナケーキをお渡しするのですが、それには理由があって、みなさん他にチョコやチョコのケーキを貰われるわけで、同じフレーバーのものを沢山、というのはもし自分なら飽きてしまうので、ひとつくらいバナナフレーバーがあってもよいかなと、思って、です。

いつも中身は同じなので、毎年着せるおべべは何にしようかと考えます。

画像の左は男性用、右は女性用。
男性用はすてっきとおべべですが、女性用はより女性らしい花のデザインの紙でキャンディー型に包みました。

ということで、いつもいつもありがとうございます。
いつもぶっちょ面のこんな私ですが、仲良くしてくださってありがとうございます、とケーキに感謝のきもちを託して。
20070212223553.jpg
毎年2月のこの時期は、私は「菓子屋のおっちゃん」に変身します。

冷蔵庫にストックしているゆずジャムを本当にアバウトな分量でざーっと入れて、すてっきにゆずのパウンドケーキを焼きました。
出来上がりは歯の悪いすてっきにはちょうどよい非常に柔らかいしっとり系。

現物の撮影を忘れていました、ということでラッピングをば。

最近ステッキと遊んでいません。
すてっき、暖かくなったら一緒に大阪城の梅でも観にいこうね。
いつも気遣ってくれてありがとね。大好きよ。
いつも何も考えてなさそうに見える私ですが、一応これでも考えることはあるのです。

最近深く考えないといけないことが続き、気がつくと1日中いぬじわを作っていました。

「いぬじわ」ってなに?

私が勝手にそう呼んでいるのですが、犬が相手を威嚇するときに鼻の部分に横にできるしわのことです。

普通は眉間にしわが出来る人のほうが多いのだと思いますが、私の場合は眉間よりも先にいぬじわができます。

実はこれだけではなくて、鼻骨から鼻のさきっぽにかけて、今度は縦のしわが数本できます。
これもいぬじわです。

この鼻筋に出来る横と縦のいぬじわはすてっき譲りです。
他の兄弟二人にはない特徴です。

年老いて、この横と縦のしわがクッキリと刻まれたらちょっといやかも。

そういえば、私が幼い頃に、わざといぬじわを作ってみせたすてっきの表情を思い出しました。
若干笑っているんですがね。
なんであんな顔していたんやろう・・・


なんか悪いことしたのでしょうな、私は(いたずら好きだったので)。

すてっきは子供が悪いことをしても殆ど怒らない人(閻魔役は母)だったので、きっとポーズで怒ってみせたのでしょうが、今にして思えばうっすら笑って

「もうしたらあかんよ。」

と言っていたのでしょうね。
20070206194120.jpg

週末に1枚のCDを頂きました。
昨年の高槻ジャズストリートでの模様をブログで紹介させて頂きましたが、その時拝聴したボサノバの弾き語りのKaorinさんのCDでした。

音もジャケットも包装も丁寧に作りこまれていました。
素敵な写真も沢山盛り込まれていました。
スタンダードを中心とした選曲で、とても心地よいです。
晴れた朝に聴くのもよし、小雨がしとしと降る午後に聴くのもよし、夕陽が落ちていくさまを観ながら聴くのもよしと、とても贅沢なアルバムです。

このCDは、Kaorinさんの今は亡き愛犬たち、ピレニーズのあきちゃんとゆうちゃんに対する追悼の意を込めて制作されたものだそうです。
CDを制作するにあたってのKaorinさんのコメントを拝見して、私も以前同じように福を可愛がっていたので、お気持ちがとても伝わってきました。
Kaorinさんが弾き語りをされる傍で子守唄のように心地よく聴いていた彼らの姿が想像できました。
歌詞を暗記される時は、彼らの背中をなでながら覚えられたそうで、そういえば私も福をだっこしながらなんてあったなぁと。

こうして愛犬たちへの気持ちを形にされたKaorinさん、凄いなぁと思うと同時に、羨ましいと思いました。

きっとお空の上で、あきちゃんもゆうちゃんも喜んでいることでしょう。
とても貴重で心のこもったCD、Kaorinさんどうもありがとうございました。
突っ込んでボサノバを聴く機会がなかったのですが、Kaorinさんに出逢えたおかげで少しづつ知るようになりました。

これからもあきちゃん、ゆうちゃんのために大好きなボサノバ、続けてくださいね。
陰ながら応援しています。

そういえば、私はかつて福のテーマ曲らしきものを数曲作りました。
私は作曲力ゼロですので、いづれも一瞬にしてエンディングへと向かう意味不明かつ単純明快なものですが、それをギター片手に福に歌って聞かせていたこともあったなぁと思い出しました。
福はふぅぅんてな表情をして傍にいました。

今は形こそ残っていないけれど、確かに自分の前で存在していたのだと時折痛感させられます。
思い出というのは褪せないものですね。
しっかりと心のファインダーに焼きついているのですね。