● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060930102519.jpgミカンジルのすみさんから携帯画像が送られてきました。

すみさんは大のタイガースファン。
健くんもタイガースファンで、過日二人でミカンジルのライヴを観にいった後も、すみさんとミカンジル鍵盤のゆきえさんの旦那様とタイガースの話で盛り上がっていました。

すみさん、29日のタイガース戦に行かれたようで、9連勝の瞬間をきっちりと拝んでこられたようです。

その時の嬉しいショット。

誰も人が映っていないのに、この躍動感といい、観客の最高の笑顔を風船が表しているというのも凄いですよね。

朝からほほえましい画像、すみさんサンキュです。

ところでSmileのスタジオ練習でよくある光景なんですが、タイガースファンの浅知恵さんと健くんが、Smileの練習内容をよくタイガースの試合や選手に例えて話をします。
そして二人してニコニコ(ニヤニヤ?)しています。
野球を知らない私は、その例えに関しては何のことだかさっぱりですが、二人が楽しそうだということだけは理解できます。
スポンサーサイト
6345789.jpg何となく底抜けに明るいナンバーが聴きたいと思って思い出したのがこちら。
ごきげんのナンバーです。

昔、兄弟3人でBlue Brothers 2000の映画を観にいきました。
兄がまだ大阪にいた時は3人で色々なとこ行ってました。

観にいった後、3人でそれは盛り上がったこと盛り上がったこと!
いつまでもこの歌のサビの"634-5789"を歌っていたのを覚えています。

映画ではEddie Floyd、Wilson Pickett、そしてJonny Langの組み合わせで出てきました。
映画の場面もいい感じでした。

嫌いじゃないですね~こういうの。

朝起きてこういう感じのナンバーを聴くと1日楽しくなりますよね。

ということで、1日を明るく楽しく過ごしたい時にお薦めの1曲!

http://www.youtube.com/watch?v=bgTMmwxOLCI&mode=related&search=
20060924015056.jpg
今日は初参戦、守口門真ジャズフェスティバルに参加しました。
今回Smile in a whisperは守口エリアの京阪守口市駅を降りた、ちょうど京阪百貨店と交差する屋外(といっても屋根付)での演奏でした。
京阪百貨店でお買い物をされた方も、京阪電車を下車された方もここを通過されるので、色々な方に音楽を聴いていただくことが出来ました。

高槻ジャズストはほぼ毎年拝見あるいは出演のいづれかで体験しておりますが、高槻よりも更にジャズ色が濃い(名前通り)フェスティバルでした。
とても心地よいジャズが守口を駆け抜けていました。
お客さんの年齢層が若干高め(おじいちゃんおばあちゃんも多数いらっしゃいました)なのが物語るように、柔らかな包む感じのジャズでした。

こういうジャズ色の濃いフェスティバルで、Smileのようなバンドに出演の機会を与えて下さった事務局の皆様のご厚意に本当に感謝致します。

今日の大阪は本当によいお天気でしたので、屋外での演奏は本当に気持ちよかったです。
音が遠くのほうに響いていく感覚も心地よかったです。

さて、ジャズ色が濃いということで、我々の前のバンドさんも勿論ジャズ、これがとても軽快でみんなうっとり顔で聴いていらしたのですが、演奏が終了してお客さんがさーっといらっしゃらなくなったら寂しいなぁと思ったのですが、有り難いことに大勢の方が耳を傾けて下さいました。

いつも聴きに来てくださるomteさんにkinchan、はまちゃん、そしてミカンジルのすみさんご一家やはなげんさん、ゆきえさんご一家など、お友達のお顔をステージから見つけることが出来ると気持ちが落ち着くんですよね。
ライヴ後も色々と有り難いコメントを頂き、非常に参考になりました。
みなさんその後のご予定は楽しまれたでしょうか?
せっかくの休日、お越しくださって本当にありがとうございました。

kinchan、打上げ(?)に付き合ってくれてサンキューでした。久しぶりに色々と話ができて楽しかったです。
枝龍が恐ろしいスピードで宇治金時を完食したのには全員驚愕。
どうしてそんなはよ食べれるの????

それから他のメンバーも書いているように、我々を全くご存知ないお客さんも沢山聴いて下さっていて、例えばお年を召した方々で、首を傾けリズムをとってくださったり、笑顔でこちらを観て下さっていたり、我々の演奏に合わせてエアードラムやエアーギターのプレイヤーに扮する方々がいらっしゃったり、嬉しかったです。

とても意外だったのは、我々のナンバーでも最も派手でうるさいと思われる"This masquerade"の演奏が終わった時の拍手が一番多かったことです。個人的な捕らえ方で、Smileのこの曲のアレンジは若者には受け入れられてもミドル~シルバーの方々には難しいかなぁと思っていたので、沢山拍手を頂いた時は驚き&感激でした。

今日は示し合わせたわけでもないのに、メンバー4人とも暖色を中心とした色合いの服装で驚きました。4年目にして服装の統一が図れた感じです(乱していたのは私?)。

次のライヴは未定ですが、曲も増やして新たなSmileの表情を皆さんにお聴かせできる様にがんばりたいと思いますので、これからもどうぞ応援よろしくお願いします!

それから、今回もライヴ画像を沢山頂きました。
すみさん、はまちゃん、kinchan、どうもありがとうございました!
近々HPのPhotoのほうにUP致します~!
続きを読む
20060922202848.jpg

今週もみなさまお仕事お疲れ様でした。
明日は秋分の日。
スポーツの秋?
食欲の秋?
芸術の秋?
家族サービスの秋?
恋の秋?
思う存分2連休をお楽しみください。

さてこちらは今日の大阪の夕暮れです。
見事なピンクモーメント。
小高い場所から眺めたかったなぁ・・・・
ビルの屋上とかからだと本当に何もさえぎりがなくて綺麗なんでしょうね・・・

20060922203128.jpg

先程のピンクモーメントがなんとビルに映りこんでいます。
携帯画像ではうまく表現できませんが、この映りこみも素晴らしかったです
続きを読む
20060921235105.jpg
さて、音楽の秋がやってまいりました。
Smileの秋のライヴも近づいてまいりました。

守口門真ジャズフェスティバルに参加します!
9月23日(土)の14時~14時40分、京阪百貨店(守口)の2F入口前で屋外ライヴします!
ご都合がよろしければ是非是非!!

尚、当日は雨天の場合中止となりますので、お越しくださる方は恐れ入りますがお出掛け前に下記のいづれかをご確認の上お越しくださいますようお願いします!!
・・今のところお天気もちそうですが・・・

公式HP
http://blog.livedoor.jp/mkjazz2006/

Smile in a whisperのBBS
http://smileinawhisper.fc2web.com/bbs.htm

それでは皆様のお越しをお待ちしています!!
stylistics.jpgA-Showさんのレパートリーで、この曲を聴くたびに感動していた、私も大好きなStylisticsの曲です。

計り知れないくらい色々と世話になった福にこの曲を捧げたいと思います。
いつものように意訳です。

“You make me feel brand new”

愛しいあなた
あなたを想う気持ちを言葉にはできない
大切なあなた
あなたは私の人生のページを創り上げ、再び生きることの価値を教えてくれた

あなただけが
いつも私を気遣って変わらず信じ続けてくれた

この歌をあなたに捧げよう
私の胸いっぱいの愛と感謝の気持ちをこめて

あなたに神の祝福がありますように
あなたは私をまっさらな気持ちにさせてくれる
私は祝福されてあなたと一緒にいる
あなたは私をまっさらな気持ちにさせてくれる
私がこの歌を歌うのは
あなたが私をまっさらな気持ちにさせてくれるから

愛しいあなた
不安な顔をするといつもあなたは寄り添い元気付けてくれた
満ち足りた気持ちを与えてくれた
大切なあなた
あなたはどんなときでも私のともだちでいてくれた
色々な辛いことが起きた時もあなたを頼りにしてる

まるで調子の狂った歌のように
あなたなしの人生は意味をなさない
あなたが私を信じてくれたことに
私はどうやって恩返ししたらよいのだろう

あなたに神の祝福がありますように
あなたは私をまっさらな気持ちにさせてくれる
私は祝福されてあなたと一緒にいる
あなたは私をまっさらな気持ちにさせてくれる
私がこの歌を歌うのは
あなたが私をまっさらな気持ちにさせてくれるから
20060921215000.jpg1年。本当に早いものだと実感しました。

ちょうど1年前の今日、14年間連れ添った福が原発性のがんで亡くなりました。
充分長生きしたけれど、突然別れがやってきて私はなすすべがありませんでした。

1年前に、私の腕に抱かれた福の力が徐々になくなり、静かに息を引き取った感覚、そして最期にはかなげに私を見たまなざしは今でも鮮明に覚えています。

ここ1週間くらい、気持ちが不安定で、仕事をしていても、やはり思い出すのは福のこと。
それまでは、私は自分の生活の中にしっかり取り込んで共存しているような気持ちでいたのに、一周忌という現実に直面する日が近くなるにつれ、どうしても思い出してしまっていました。

前の晩に、好きだったりくろーのチーズケーキと、沢山のお花を買いに行きました。
昨年もトルコキキョウにしたことを思い出しました。
それから、クローゼットにしまっていた、まだ処分していなかった福の物を取り出しました。
散髪用の鋏やかみそり、移動用キャリー、お手製のおむつにハーネス、日よけ帽に数々のTシャツ、そして4つ足用の靴下。
ごまんが臨時用に作ってくれたビニール製のレインコートも出てきました。
辛いですね。崩れ落ちるようにしゃがみこんでしまいました。
そして、ちょうど1年前、徹夜で看病をした時のように、同じようにリビングにマットを敷いて寝ました。

今朝は福の好きなものを買いに行きました。
梨にりんご、みかんに栗、そしてトマトに白菜、そしてお肉。
スーパーで福の好きだったものを思い出しながら買うという行為は、私には辛すぎたようです。
福の好きだった食べ物ひとつひとつ手に取ると、生前どんな表情で食べていたかを思い出してしまうからです。

家に帰って、福の亡くなった時刻まで準備を整えました。
とうとうその時間がやってきて、5分くらい黙祷しました。
5分間、走馬灯のように14年間の想い出が駆け巡りました。
まだ片手でひょいと掴めるよちよち歩きの頃から、亡くなる直前の三國連太郎さんに似ている姿まで。
目を開けると、目の前には福の面影がいっぱい。
現実が目の前に。ただ嗚咽するばかりでした。

「泣きたい時は思い切り泣けばいい」と相方に言われ、そうすることにしました。

今日は福の新しい1歳の誕生日。
空の上でまわりのお友達にお祝いしてもらってね。
こっちにいるときはままんと同じで人見知りが激しかったけれど、大丈夫かなぁ?

365日たった今、自分が明らかに変わった気がします。
明らかに福の性格だと思える部分が、気がつけば自分に宿っているのです。
とがった私の性格を丸く包み込んでくれています。
色々な意味で影響を与えてくれた存在、これからもそれは変わらないのでしょうね。

さぁ、明日からは笑顔でね。
20060917220807.jpg今日は3連休の中日ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

今日は何となく大阪にも台風チックな風が吹いてました。
昼からはあいにくの雨模様。

すてっきと遊んでいました。
お天気がよければどこかに連れて行ってあげれたかもしれないですが、結局は車で市内をぷらぷら走っておしまい。

すてっきが我が家に来て暫くしたら、お昼寝を始めてしまったのでしょうがないなぁと横で見ていたら、自分も眠たくなって添い寝していました。

寝ている顔は本当にこどものようです。
親に言うことではないのだけれど、無邪気な可愛らしい寝顔をしています。

幼い頃、私はすてっき(父)似であったはずが、大きくなると、母そっくりに変わりました。
ついこないだも我が家と30年間付き合いのある車のディーラーのおっちゃんに会うと、母にそっくりだと言われました(涙)。

車を停めて、すてっきとお話をしていた時に、すてっきが使っているめがねを私がかけてみました。
確か学生の頃は、すてっきのめがねをかけた私の顔はすてっきに似ていました。
しかし今日めがねをかけてみると、それはもうすてっき似の顔ではなく間違いなく母似の顔でした。

どうして女の子はおとうさん顔からおかあさん顔に変わるんでしょう?

20060917221726.jpg


すてっきと手をならべてみました。
今の二倍生きると、私は左のすてっきのようなしわしわの手になるということですね。
老人斑もくっきりでていますね。

私がすてっきくらいの年齢になった時は、いったいどちらに似ているのでしょう?
年老いると子供返りするから、またすてっき似になるのでしょうか??
20060917073135.jpg
今日はBass氏と、ミカンジルさんが主催する"Swing Soul Revue"の第3回目のライヴに行ってきました。
Smileも第1回目のSwing Soul Revueで大変お世話になりました。
今回のジョイントは何とA-Showさん!
昔ミカンジルさんのすみさん他皆様とA-Showさんは同じバンドで活動されていたということで、そのご縁で今回のライヴが実現されたのかどうかは定かではありませんが、私にとっては夢のようなジョイントライヴでした。

さて、久しぶりのIVY。
今回はゆっくりと一番後ろのカウンターで拝聴させて頂くことが出来ました。
しかしIVYって後方に座ってしまうと、ステージ向かって左、つまりはベース氏が全く見えないんですね、これはとても残念でした。

両肩の花の刺繍がポイントのカウボウイシャツを身にまとったすみさん率いるミカンジルさん、今回も楽しい演奏でした。

前にも書いたのですが、ミカンジルさんの「フラフラ」という曲が大好きでして、イントロのギターラインが心地よく、中盤から後半にかけてのVoが盛り上がっていくさまがじぃんときます。

全編を通して”楽しい”感が味わえるライヴでした。

20060917073149.jpg

次はA-Showさん。拝聴するのは「大きな輪」以来です。
今日でA=Showというクレジットでのライヴはおしまいとおっしゃっていました。また違うクレジットで活動されるそうですが、今後の活動も楽しみにしています。
今日は若干おさえた感じでライヴが進行していきました。
A-Showさんのライヴって落とし具合と盛り上げ具合が本当に絶妙でとても気持ちよいのです。
A-Showさんが歌うバラードはいつも泣けてきます。
ある時はとてもエッジがきいていて、ある時は真綿でくるんだような優しい声、本当に素晴らしいです。
19日でお誕生日ですね、おめでとうございます~

20060917073157.jpg

最後はA-Showさんの一声で、ミカンジルのドラマー、はなげんさんとA-Showさんとのセッション。
こういうのっていいですよね。
楽しくなってしまいます。

ライヴ後は色々な話で(殆ど音楽とは関係ない)盛り上がってしまい、遅くまで長居してしまいました。みなさん電車は無事間に合ったのでしょうか??
とにかく楽しい夜でした。

ミカンジルの皆さん、A-Showさん、お疲れ様でした!!
どうしてもその曲が何の曲なのか判らない時ってないでしょうか。

そのいくつかは音楽仲間に助けてもらったのですが、これに関してはもうかれこれ25年~30年以上は遡ることになるんじゃないかと思います。

幼かったので記憶が曖昧ですが、当時恐らく洋楽中心のラジオ番組をカセットに録音したのだと思います。
そのテープにはGloria Gaynorの”I will survie"などが入っていたので、年代からいうと79年前後ではないかと思います。
この”I will survie"も、当時は誰の曲か全く判らず、何かのきっかけて別のアーティストがカヴァーをしている曲を聴いて、彼女のものだと知りました。

私が知りたいのは、キーボードのマイナー調のイントロから始まるミドルテンポのアクのない男声のバラードです。
曲のサビで、恐らく(当時英語を知らなかったので、今考えてみればそう言っていたのではないかという次元の話ですが)“Don’t stay away”(stayがsayあるいはfade、つまりは[éi]の発音だったようにも思います)と歌っていた気がします。
Aメロなどは結構寂しげで単調な感じですが、サビになるとかなり劇的な展開 になり、その後またイントロのメロディでストンと寂しげになる加減が子供心に非常にドラマティックだなぁと感じていました。

メロディは脳裏に今でも覚えているのですが、どうしてもどのアーティストの曲なのかが知りたくて、しかしすべがなく。

海外の歌詞サイトなどでも検索してみたりもしたのですが、自分がかすかに覚えている歌詞の母音などに合致するものはなく、むちゃくちゃマイナーな曲なのか、既に解散・引退してしまったバンドなのかとにかく見つけられません。
ひょっとしたら、むちゃくちゃメジャーな曲なのかも知れないのですが、無性に聴きたくなりまして。
最近は、その曲が頭でぐるぐるしています。

ひょっとしたら・・というのがありまして、色々と調べていたら、Golden Earringというバンドにぶちあたったのですが、該当するかもしれない曲の歌詞は、どの歌詞サイトにも出てこないため確かめられないのです。

嗚呼・・すっきりしない。。。
20060908200445.jpgひどい雨に打たれながら帰宅しました。
今日は曇りじゃなかったんですね。
ちょっとづつ涼しくなってきていますね、その調子その調子。

何だか無性にキャッチーな曲が聴きたくなり思い出したのがこちら。
私たち世代にはなじみの深いNight Rangerのナンバーです。
まさにこの頃のHR~HMバンドと共に、自分の青春時代が過ぎていきました。

"When you close your eyes"は、1983年に発売された2枚目のアルバム"Midnight Madness"に収録されているノリのよいキャッチーなナンバーです。
サビのメロディとコーラスの加減がいい感じです。
今聴いても本当にいい曲だなぁって思います。

まさにアメリカンロックというこのアルバム、確かこれでドカンとブレイクしたと記憶しています。
捨て曲なしで、通学時にウォークマンでテープが切れるほど聴いていた気がします。

中高の頃は、NRをはじめとするツインギターのバンドがどちらかといえば好みでした。
どうしても2本欲しくなるんですよね。
で、このNRの場合、どちらのギタリストが好みであったかというと、ブラッド・ギルス。当時私は速弾きにはあまり興味は示さなかったように思います。ほんと、かっこよかったです。

全くカラーの違う、技術的にも素晴らしい2人のギタリストが一つのバンドでお互いにいい影響を与え合っている中、ベースのジャックとドラムのケリーのヴォーカルがバンドの空気感を広げ、色々なカラーが混ざって本当に素晴らしいバンドでした。
後期はバラード色が強くなり、初期のロック色が薄れてしまったのが若干残念でしたね。

昔、必死になって観ていたSony Music TVやMTVなどで流れていたPVが、今Youtubeで簡単に観る事が出来るって本当にありがたいと思います。
あまりにも懐かし過ぎて、そういえばこんな曲あったよなとか、検索していくと時間を忘れてしまいます。

本当に便利な時代になりましたね。

音楽って、当時の思い出も一緒にフラッシュバックしますよね。
良い思い出も悪い思い出も。

良い思い出:当時通学路であった環状線にのんびりと座って聴いていたこと。

悪い思い出:NRを含めた当時の色々なHR/HMのアルバムをガンガンに聴きながら翌日の試験のために徹夜で必死に勉強していたこと(普段勉強しないため、試験前夜に全て詰め込んでいた)。ほんとにせっぱつまっていました。もうあんなに集中して勉強できない・・。

いづれも懐かしいです。
PA0_0014.jpg9月も2週目が過ぎようとしています。
早いもので、1年の2/3が過ぎてしまいました。

朝夕はずいぶんと涼しくはなりましたね。
とはいえ、今日などは湿気がむんむんで、私のような直毛でない者は、この湿気で1日がブルーになってしまいます。

早く乾いた空気の秋が来て欲しいです。

秋色の髪に秋色の服、そして秋色のブーツをはいて、自転車にまたがりふらーっと街を駆けて、飽きるくらい写真を撮りたいなぁ。

私が構えるファインダー越しに映る風景を、福にもみせてやりたい。

去年まで福と遊んでいた時間が、今は写真を撮る時間に変わりました。

早いもので、もうすぐ1年。

あっという間の1年。

短かったようで長かったような1年。

この1年はとても感慨深いものでした。

それは亡くなった後もお前が色々と私に教えてくれたから。

ほんとに感謝しています。

亡くなってもほんまにええ子やね、福。ありがとうやで。
20060904210016.jpg
会社帰りはごまんと二人、例の足湯に行きました。
二人並んでお湯に入り、足指をぐーぱーぐーぱーしていたら、”ぐんかん”しようかという話になって、それじゃぁ15回先に勝ったほうが負けたほうにゴチしてもらうということにしました。
忘れないように、メモにしょうちゃんマークをつけていきました。
アザラシマークはごまん、鰐マークは私。

ゴチがかかっているので二人とも燃えること燃えること。

そして互いに単純な弱点があることに気づきました。

ごまんは"ちんぼつちんぼつぐーんかん!”と言われると、必ずグーにしてしまう。

私は”ちんぼつちんぼつはーれつ!”と言われると、必ずパァにしてしまう。

お互いに弱点をつつきながら、ずっと接戦が続き、最後には15対14でごまんの勝利。
がっくし。途中まで私のほうが優勢だったのに。

約束どおり谷四のカフェで晩御飯ゴチしました。

今度は挽回してやる。。。。
最近は携帯で、特に空の写真を撮ることが多くなりました。
今日は幸い晴れていたのでごまんのバイクにまたがり、空を追うことにしてみました。

20060903203803.jpg

これは”うわぁぁい~”という感じで一生懸命になって走る犬。

20060903203901.jpg

気持ちよさげに空をぷかーんと泳いでいるクジラ。

20060903203919.jpg

ぴよぉぉぉんと飛び跳ねるカエル。

20060903203936.jpg

左から迫る大きな龍に追われているニモ。

20060903203953.jpg

”うっしゃ!”という感じでガッツポーズをとる人。
たとえていうなら阪神が勝って喜ぶSmileの浅知恵さんと健くんでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。