● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060724203914.jpgところでみなさんは何派?

私は醤油よりはウスターソース、称してウスターソーサー。
例えば辛いものが苦手な私にとっての救世主はウスターソース。
ウスターソースをかけると味が円やかになって美味しい。

目玉焼きもウスターソース。醤油?no way!
餃子もたれが切れていたらイエス、ウスター。

今日、ウスターソーサー仲間のぢゅんが、近所のスーパーで見つけたからと、「カレー名人のウスターソース」なるシロモノをプレゼントしてくれました。
ありがとう、よう気がつく、あんたええ子や(涙)。
カレー名人プロデュースのソースだからきっと美味しいのでしょう。
ソースを貰ってからは”今晩はカレー!”と決めていたのに、仕事中に会議用の折りたたみ椅子の折りたたみ部分に小指を挟んで抜けなくなって指の腹をぐっとえぐってしまったので炊事が出来ない。悲し過ぎる。

小指よ早く治って頂戴。
しかし痛かった・・・ショックでクラッときて横にいたこたつむしさんが私よりも驚いてしまってパニックにさせてしまった・・・ごめんなさい・・。

話がそれますが、ぢゅんが作る炒飯はプロ級。
他の色々なお料理も豪快な漢(おとこ)の料理でありながら繊細な味。
本当に美味しい!!また楽しみにしてるよ~
スポンサーサイト
20060723220839.jpg今日は天六でのスタジオ入りの後に、8月5日に行われる西院ミュージックフェスティバルでお世話になる事務局の方との打ち合わせということで、会場である京都のe's styleにお邪魔しました。

デコラティブな内装に反してフードなどの良心的な値段設定に驚きました。オイスターバーではありますが、現在は多国籍料理、という感じでした。お店の照明が薄暗くてとても居心地よかったです。

早いもので再来週が西院ミュージックフェスティバル。
大阪からだとちょっと距離がありますが、みなさんよろしければ是非是非聴きにきてくださいね。
5日、6日の2日間、京都西院の色々なお店で色々なバンドさんのライヴが楽しめます。

今回事務局の方とお会いして、このイベントに対する熱意などを伺って、我々も出演させて頂くのでなんとか頑張らないとなぁと思いました。

昔、ちょうどこの阪急の西院に程近い大学に通っていた私は、久しぶりに阪急に乗り西院のホームに降り立ったことで昔の記憶がフラッシュバックしました。

西院から梅田までの軽音楽部の部活の帰り道、本当に楽しかった。
先輩達や同じ代の部員と色々なことにトライしました。

例えばとある部員の片腕に、同乗した部員達の時計を腕一杯にとめて、てすりを持っている乗客の横に行って、すかさず腕をまくりあげて
”すみません、今何時ですか?”と質問するとか。

例えば座席上の網棚に寝て梅田まで乗車するとか。

例えば電車と電車の連結部分にしゃがみ、扉の真ん中の硝子に向かってずっと首を左右に振って乗客に笑顔を振りまくとか。

例えばチップスターを縦向きにして早食い競争するとか。

懐かしい・・・。懐かしすぎる・・。

今はすっかり色々なお店が出来て西院は賑わっていて、昔の面影は微塵も残っていないように感じたのですが、確かに昔、自分はここにいたんだなぁと。ちょっとおセンチになりました。

さて画像はe's styleのお店の入り口にディスプレイしてあった手形のチェアに腰掛ける枝龍。
パーマかけて一段と女っぷりがあがりました。

ところで事務局の方に伺ったのですが、この西院駅、日本で二番目に出来た地下の駅だそうです。
20060721234319.jpg週のしめは、とても切なくなるような絵本の紹介です。
そのちょこんとした絵のタッチに魅かれて買いました。
つい最近、ゴールインを決めたお二人さんに贈りたい、おーなり由子さんの絵本です。

ちょっと不思議ないでたちをした生き物(人間?)が恋人という女の子の恋心が綴られています。

人を好きになった時のきゅーっと胸が締め付けられるようなピュアな感覚が非常によく伝わってきます。

恋をすると、髪の毛先から足のつま先まで「すき」という気持ち一色になっちゃうんでしょうね。
気持ちがどんどんどんどんふくらんで、どうかこのふくらみが消えませんようにって。

好きな人の笑顔は、自分も笑顔にさせてくれる魔法みたいなもの。
「すき」と声に出すと、胸がしめつけられるよう。

ということで、面と向かって「すき」と言えない人は、この本を是非贈り物に。
あなたの代わりに気持ちを充分伝えてくれるでしょう。

曲で例えるならaikoの「愛の病」の歌詞のようです。

”あなたを好きで 心底愛して こんなに切ないものなんだって 声を殺して泣きました”

昔、この出だしを聴いて、何て等身大の歌詞を書く人なんだろうと驚いて、好きになりました。
ちょっとCD引っ張り出して久しぶりに聴いてみよう・・・
20060719203302.jpg
眼科に行きました。
その時に知ったのですが、人間の眼球ってきれいな平等の角度のついたまんまるではないのですね。しらなかった・・。

たいていの人間は眼球の横の角度(カーブ)が緩やかで、それに対して縦の角度はきついそうです。

それで、私はどうなのかというと、実は普通よりも横と縦のカーブの差が殆どなく、つまりは縦横ほぼ同じカーブを描いているそうです。
特に左目はその傾向が強く、コンタクトなどをのっけると、ひっかかる部分がないのでスライドし易いそうです。

・・・・なるほど・・・・。

栄養状態や体調、ストレスなどにもよるそうですが、このまん丸の目玉も若干目の見え方に関係しているようです。

めだまは意外にも、性格ほどとがっていないのね・・・と。
20060717185957.jpg
ほんとに久しぶりにa Terreにほっこりしに行きました。
いつも週末になると行きたい行きたいと思ってもなかなか都合がつかないことが多いです。

ベーグルサンドの具は夏仕様でした。
いつもサーモンのサンドをチョイスしますが、今の時期はないので、珍しく別の具、”生ハムとトマトのカレーソース”をオーダーしてみました。
辛いのが苦手なので、家以外でカレーを食すことはまずあり得ないのですが、今日は冒険してみました。
普段の私は一度気に入るとそれしか使わないとか食べないことが多いので、こういうことは非常に珍しいことで。
しかもカレーソース。
食べてみたら、ピリリときいていましたが、生ハムとトマトのコンビネーションがいい具合でした。

こちらa Terreでは、いつも色々なベーグルの具を提供されていて、随時6種くらいでしょうか、そんなにあるのに私はいつも「サーモン」。

相方に「冒険してみたで」と言うと、自分はいつも同じものを食べたことがないと返されました。
そういえばいつもその季節のお薦めなどを食している気がします。
ほぅ・・・ちょっと見習ってみようと思いました。

食べ物にしても音楽にしても、なんでもそうなのですが、色々なものに対して私は食わず嫌いが多いので、徐々に範囲を広げていかないとなぁと思います。

こちらに来ると、たいてい私はペンとメモを出して、その週末何をするかとか、何を買出しするかとか、これから将来どうするかとか、バンドの動向についてなど、色々なことを考えたりします。
つらつらとメモに書き出す私に、相方が命名しました。

” リストアッパー ”
 
そんなん言われたことないです。
しなくちゃくいけないことなどって結構メモる人、多いと思ってましたがそうではないのでしょうか?
私はすぐに忘れてしまうほうなので、メモって財布に入れるクセがあり、そのメモを財布に入れているのを忘れていたりすることもあります。あほでしょ。

帰りにレジ横に可愛らしい小鳥の形をした「ちいさなことりたちの家族」と題されたクッキーがあったので買いました。
サクサクっとしたにんじん味のクッキーで美味しかったです。
巣に仕立てたラッピングの細い紙と、卵型にくりぬいた紙も入っていて、こういうちょっとした遊び心って惹かれます。

さて3連休もおしまいおしまい。あ~。
20060716220835.jpg知り合いのマンションに遊びに行った時に、エレベーターで、上のフロアから降りてくる2匹の大きな犬と飼い主に遭遇しました。

今日も夜になっても蒸し暑いので、飼い主さんに
「(犬たち)今日も蒸し暑いから大変ですよね。」と声をかけました。

そしたら飼い主さんは自分に対して言われたのだと思い、
「もう暑いから(犬の散歩は) 大変やわ。ほんまはほうりたいねんけれどほられへんのや。」と。

・・・一瞬耳を疑いました。

大型犬の多頭飼いは確かに大変だとは思うのですが、自分の飼い犬であり、命のある子たちに向かって「ほうりたいけどほられへん(捨てたいけれど捨てられない)」なんて。

聞きたくない言葉でした。

どんな理由があるにしても、お願いだから命のあるものを簡単に捨てるなんて言わないで欲しかったなぁと、しょんぼりして家路へと向かったのでした。

飼い主になった以上は彼らが旅立つその時まで飼い主としてしっかりと愛情を注いであげて下さい。お願い。
20060715221603.jpg大型の駐車場って、駐車台数が多すぎて、駐車フロアも多すぎて、一体どのフロアのどの場所に入れたか、どのエレベーターに乗ったかなど、その瞬間は覚えていても、所用を済ませて戻ってきた時に、あれ・・・?っていうこと、ありませんか?

恥ずかしながら、私はよくあります。特に最悪なのがフロアの覚え間違い。
間違ったフロアの橋から端まで探して疲労困憊。
重たい買い物などをした日にゃぁ・・・・。

今日は久しぶりに長堀の地下駐車場にとめたのですが、エレベーターのところに現在地を明確に示した張り紙が。
おぉ、親切だなぁと感心していたら、更に驚いたのが、その下にあった「駐車場所ご確認カード」と書かれた紙。
要は自分がどの場所にとめたかをこの紙を連れて行くだけで、駐車した場所を忘れて困る心配もないという代物。

これは便利!

特にこれからは高齢化社会がますますスピードアップ。
ご高齢の方には本当に助かるアイテムでしょう。
高齢でなくても、私のように忘れてしまう人間にも非常に助かります。
ほんとにえらい!

これは駐車場を利用するという意味でのある種のユニバーサルデザイン、といってもよいのではないかなぁと。
続きを読む
detox.jpg・・くぅ・・、やられました。
べまきさんからサプライズをしかけられました。

以前べまきさんが紹介されていた飲料に興味を持って、詳細を教えて下さいと言ったら・・ららら、なんてことでしょう・・・イギリスThorncroft社の天然ハーブ飲料、「Herb Cordial」を送って下さいました。
なんていい人なんでしょう!!凄く嬉しい、ほんとうにありがとう~!!

流石はイギリス。パッケージからして洒落てます。
私が頂いたのはシリーズの中の、体内の老廃物対策用の"Detox"。
希釈して飲むのですが、私はコントレックスで割って飲んでいます。
りんご果汁のみでこんなに甘さが出るものなんだと驚きました。そしてぴりっときいたジンジャーのフレーバー。おいしいし、結構クセになるフレーバーです。

“Detox”は、その名の通り、体内の老廃物を排出するということで、この"Detox"にはコリアンダー、カンゾウ、エキナセア、タンポポ、サルサパリラ、オオアザミ、クローバー、フェンネル、ショウガ、ウコン、シナモン、クローブなど、盛り沢山のハーブやスパイスがバランスよくブレンドされ、ぎっしり濃縮されています。
・・・おおまかに言うと、解毒をはじめ、血液浄化、抗酸化、利尿、むくみ、健胃、鎮痛、沈静、肝機能向上、強壮などに良いということでしょうか。

私はむくみがひどくて結構悩んでいるので、これで体内の老廃物を出し切って、すっきりとリフレッシュさせてもらいます!

べまきさんほんとにありがとう~、大切に飲みますね~!!
20060713224941.jpg昨晩は、難病と闘うなおちゃんの快気祝いとして企画されていたイベント「エンドルフィン2」が、再入院により全快を祈るイベントとして新世界はフェスティバルゲートのココルームで開かれたのでごまんと行きました。

会場にはなおちゃんを応援する色々な人が集っていました。

出演はぴぴんげさん、ナオユキさん、サンザールさんの3団体。
司会は以前ナイトスクープにも出演されたシャック三原さん。
シャックさんのジャケットに半パンといういでたちにも負けないような個性の強い出演者。

ナオユキさんの漫談はじわっとくる面白さがよかった。特にサスペンスネタ。ごまんも笑い過ぎて後ろの柱にゴツンゴツン頭をぶつけていました。

サンザールさんは非常に不思議で今までに出遭ったことのない空気感の音楽。どう形容してよいのか言葉も思いつかない。

そしてなおちゃんもよく薦めてくれていたぴぴんげさん。
こちらもかつて遭遇したことのない音楽でした。
絶妙のタイム感とつま先から頭のてっぺんまでのパワーを出し切るようなステージングにただただ吸い込まれていきました。唯一無二の存在感でした。

音楽って、音を奏でる部分だけでなく、爪からも髪の毛からも色々な体の部位を駆使して創りあげるものなのだと改めて感じました。

会場には入院中のなおちゃんも病院から抜けてきていて、とても楽しそうにライヴを見ていました。

なおちゃん、『エンドルフィン3』は今度こそ全快祝いで!!
20060713224733.jpg
今日の中之島公会堂の様子です。
青々とした空でした。

むんむんの湿気は相変わらず。

土佐堀を行き交うサラリーマンのおっちゃん達のバーコードもむんむん状態でした。

20060713224449.jpg
風力発電の3枚の羽がぷろぷろと回るホテルにて、仕事で2日間の合宿、缶詰状態でした。
ちょうど台風が近かったということもあり、大阪はお天気だったのに、その地は豪雨。
仕事の合間に写真が撮れるかもと思って期待していましたが大はずれ。
帰りの高速バスも渋滞で30分ほど延着。
帰阪すると、湿気と家路へと急ぐサラリーマンの波が迎えてくれました。
バス移動による車酔いと大阪のビッグウェーブ。
堪忍してェ・・・・。
続きを読む
20060709182639.jpg
今日は久しぶりに天六のGENで練習。
今日はラッキーなことに、近隣の駐車場があいていました。

今日は試しにライン録りをしてみました。
「今回はレコーディングしてみよう」と決めていたので、メンバー全員気持ちが引き締まりました。
引き締まって緊張しすぎてどの曲も誰か何かしらミスってどれも使い物にならない。
しかしテンションだけでもぐっとしまって悪い点をきっちり見直す良い機会になりました。

そして帰りはお好み焼き屋でうだる暑さの中お好み焼きを食べ、涼みがてら近くのAlcyonというカフェへ。
結構隠れ家的な場所で、ケーキも充実していました。
4人は店の一番奥を陣取り、8月のライヴの作戦会議。
いつまでたっても決まらない⇒脱線⇒世間話に突入⇒さあ本題に戻ろう⇒脱線・・・と、いつもこんな感じです。

私が注文したのはカラメルエクレア( お店の方が薦めて下さいました)とロイヤルミルクティー。カラメルエクレア、クリームは確かにカラメルフレーバーなのですが、シューの上にアイシングしてあるのが何か違う味と香・・・恐らく黒糖ではないかと(違うかなぁ?)。ゆえにとてもコクのある深い味でした。一度食べるとやみつきになるかも。

そしてこのロイヤルミルクティーのカップが尋常でないくらいでかい。
そしてカップの中には大きな丸型の氷が3つ。
嬉しくて写真を撮ろうとしたら、浅知恵さんが邪魔しました。

今日は本当に暑かったです。梅雨も明けたようですね。
蒸し暑いのは本当に苦手です。イライラが頂点に達してキレやすくなる。
きをつけよう・・・・。
続きを読む
DPJuly-06-2006.jpg
悲しいお知らせが飛び込んできました。
連れのピエールが可愛がっていたマスチフのデイジーが、とうとう長い長いたびに出かけました。

デイジーはマスチフのとても大きい女の子でした。
横に写っているピエール自体、かなりの大柄で( 確か190cm前後)、ピエールの直立姿勢の肩にちょんと前脚をかけてたっちできるくらいですから・・・。
マスチフという犬種はとても大きいので、顔つきからもちょっと怖いかなぁと思われることが多いそうですが、実際はとても温厚で、私もデイジーに会ってそれを凄く感じました。
とにかくおとなしくて優しい。
彼女のおてては私の顔の長さと一緒。とても可愛らしい肉球。
たらーんとした口と大きな足がなんとも愛くるしく、当然ながら、私よりも数段でかかったです。

シアトルに遊びに行った際はピエールのおうちに泊めてもらっていたので、彼女は部外者である私に「わたしのおとうちゃん(ご主人様)となに遊んでるの~?」と、やきもちを焼いていました。

若い頃のデイジーはもう少し筋肉質で、迫力がありましたが、送ってもらったこの写真はとても足が細くなっています(逆に、大学時代、細身の長身であったとピエールがかなりマッチョになってます)。考えてみれば、充分おばあちゃんの年齢でした。
デイジーが安らかに眠ることを心より祈ります。

私が福を亡くした時に、ピエールを始め色々な方々が「虹の橋」の文章を送ってくれて励まして下さいました。とてもありがたかったです。
この文章にでてくるような世界が本当にあると信じると、私は随分と気持ちが楽になりました。
虹の橋の文章を送ってくれたピエールも、その存在を信じているそうです。
とても悲しくて寂しいけれど、どうか乗り越えてね。
続きを読む
20060705215518.jpg私はよくポンパドールにします。

男性には馴染みが薄い言葉かもしれないですが、あのポンパドール夫人のスタイルが由来の、前髪をふくらませたヘアスタイルのことです。
人によって大きく(高く)膨らませたりちょこっと(低く)膨らませたり、ポンパドールにする髪の量(幅)もフロントのバング全部を取ったり、中央のほんの少しだけだったり。
人にもよるし、その日の服装や気分にもよると思います。

私の場合、昔はちょこっとした小さめのポンパドールにしていたのが、最近は若干大きめのフロントバングごっそり系に。
大きく膨らませると、まるでリーゼントのような感じになります。
かなり主張している感じですが、手早く出来る上に見た目もきりっとすっきりするので大好きです。

帽子以外で何かアクセントが欲しいなぁとか、パンチが欲しいなぁとか、今日は雨だうっとおしいなぁとか、そういう時にお薦めです。

しかしこのポンパドール、会社では殆ど見かけません。
街ではよく見かけるんですがね~。
ですから社内で若干大きめの私のポンパドールスタイルは目立つようで、特におじさん達は「なんだその頭は?」とでも言いたいような表情。

早く市民権を得たいなぁと思う今日この頃です。
20060703233019.jpgあまりのかわいらしい表情の表紙にノックアウト、買ってしまいました。
スイスで"Mama, ich hab dich lieb"というタイトルで発売された絵本の日本版です。

主人公のこいぬのスタッキーはある日の朝早く、家族がまだ寝ている中、今までどうしても知りたかったことの謎を解きに小屋から抜け出します。

彼が知りたかったのは「せかいじゅうでいちばんのキスとは?」でした。
彼は色々な動物たちに「キスしてちょうだい」とお願いをするのでした。
そして最後に彼が理解したのは・・・。

どの絵もとてもぽかぽかとあたたかくて、思わず口角があがってしまう一冊です。

私は特にこの絵が大好き。
ぶたさんとのキス。
スタッキー曰く、ぶたさんのキスは”ちょっぴりどろっぽくてくすぐったいけれど、とってもやさしい”らしいです。

かーわーいーいぃぃぃぃ!と思わず叫んでしまうこと間違いなしです。
20060703230522.jpg7月に入り、いよいよ蒸し暑さが増し、湿気と蚊の刺客から自分の身を守らなければいけない季節がやってまいりました。

今日は突然のお誘いを受け、仮退院中のなおちゃんとべまきさん、そしてごまんと私の4人でカラオケに行きました。ちょうど会いたかったところになんというタイミング!声をかけてくれて本当に嬉しかったです、どうもありがとう~!!

休日の昼下がり、カラオケ屋は中高生で大にぎわいでした。
なおちゃんの声を聴くのは本当に久しぶり。相変わらずええ声しています。リクエストして、ゴスラーズの「ひとり」を歌ってもらいました。ぐっとくる歌詞に張りのある最高の歌声、ほんまにすごいよなおちゃん。他には近づく夏を感じさせる、山下達郎をはじめとするすこーんと突き抜ける爽やかなハイトーンの嵐でした。

そしてべまきさんは安藤裕子の「のうぜんかつら」をチョイス。
こちらの曲もCMでは聴いたことはあってもフルで聴くことはなかったので全体を通して胸がきゅーっとなる儚げなメロディとべまきさんの歌声がよくマッチしていました。

ごまんのドリカムも久しぶりに聴きました。
同じ産道を通ってきているので、ごまんの声は私の声に似ています。
ごまんのほうがもすこし可愛らしい声ですね。
昔、なおちゃんとごまんのコーラスがバックからがっつりと支えてくれてとても気持よかったのをしばし思い出していました。

私は勝手になおちゃんに入れられた和田アキ子の「古い日記」を歌うことに。フルで聴いたことないなぁと困った顔をしていたらなおちゃんが一緒に歌ってくれました。
和田アキ子が歌う「タイガー&ドラゴン」があるんですよね。是非一度聴いてみたい。

最後はお返しに私がなおちゃんにジュリーの「勝手にしやがれ」を歌ってくれと入れました。
小学生の頃のお楽しみ会の時に、男子が教室の前に出て野球帽を降り投げて手を上げて“あぁぁあぁぁぁ”をやっていたのを思い出しました。気がつけば4人とも“あぁぁあぁぁぁ”をやっていました。

ということで、楽しい休日の昼下がりでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。