● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050429.jpgそしてボンバーでは色々な友達ができました。
昨年の大阪城の野音のOK'sのチケットを譲ってくれたことがきっかけで、kinchanと、そしてその時一緒にOK'sのビラ配りをしたハマちゃんと乙やんとも友達になれました。
ボンバーにいく時は、A-Showさんのライヴが勿論一番の楽しみでありましたが、ボンバーで知り合った人々ともお会いするのも楽しみでもありました。
それから、本当に気持ちよいくらい細やかな心配りで接客されていた吉田さんや、いつも爽やかな笑顔でカクテルをサーブされていたスマイリーさんなど、ボンバーで働く皆さんにお会いするのも楽しみでした。
ボンバー、バーなので、本当はカクテルを一から頂きたかったのですが、アルコールを入れて帰れない事情もありましたので、残念ながら楽しむことは出来ませんでした。ほんともったいないことをしました。
そして、昨日のボンバーでのラストライヴ。
一緒の席で皆と色々お話出来たらいいのになぁと思っていたら、運よくみんな同じテーブルにつくことができました。
こうしてみんなとボンバーで話すことはもうないんだなぁって思うと凄く寂しくなりました。
勿論また別の会場でお会いすることは出来るのですが、あのボンバーという空間がなくなって、残念。
記念にボンバーで知り合った仲間たちとのぶさん、ごまんのショットを撮ろうとして何度も失敗、一番まともに撮れたと思ったこちらがのぶさん半分しか写っていない・・・。
とにかく、いい時を過ごせました。
スポンサーサイト
20050428.jpgボンバーに通い始めたのは一昨年のことで、当初は一人でほぼ毎週通っていました。だいたい18時半過ぎに入って、窓際の席で仕事の残りをしたりして時間を潰して、3ステージ楽しんで帰りました。
私は一人で飲食店に入ることが苦手で、しかもバー。今考えてみると、当初はかなり勇気いったのかなぁって。
毎週、A-Showさんの歌声とギターの深さに癒されたり、励まされたりして、通いだした頃は確か仕事も大変で、余計五臓六腑に染み渡りました。
こんな素晴らしいA-Showさんというミュージシャンのせめてひとかけらでも、何か自分に吸収できることがあればよかったのになぁと思いましたが、現実とは酷なもので、自分は全く成長出来ませんでした、ほんと残念。
そして、そのうち、ごまんも興味を持って一緒に姉妹で通いだすことになりました。そして色々な友達も出来ました。
そのボンバーでのA-Showさんのライヴが今日で幕を閉じました。
ライヴが終わった時、涙こそ出ませんでしたが、ちょっと心ではそういう気分でした。
長い間、とても貴重な時間を過ごさせて頂いたような気がします。
本当に毎週、週一の楽しみでした。
こちらはボンバーでのA-Showさんのライヴのラストショット。しかも立って演奏されています。貴重です。
どうもありがとうございました。
20050413.jpg今日は部でお花見に出かけました。造幣局です。造幣局の桜を見るのは、恐らく入社時以来かも知れません。
食事をしてから夜桜を見に行ったので、ややほろ酔いテンションでした。
桜たちが通路の両脇から真ん中に向かってにしだれて、私のような身長の低い人間でも花びらに触れそうな高さまでおりてきていました。とても幸せな気分でした。
その後、川沿いの夜店を見て帰りました。同僚が
金魚すくいに挑戦していました。そのうちの一人が大きな出目金チックな金魚を釣っていました。素晴らしい。
夜店の風情っていいですね。ほんとに好きですね。次は夏祭りの季節ですね。待ち遠しいなぁ・・・・
20050409.jpg家のすぐそばに、桜が楽しめる場所があります。今日はとてもお天気が良かったので、福を連れて散歩がてらお花見をしにいきました。
桜っていいですよね。桜の花ごしに、見に来ている人々の笑顔がこぼれていました。
毎年桜の時期は楽しみです。
ところで、木などと福を一緒におさめたい場合って、いつも福を両手で支えて高い位置に持ってきて撮影します。実はこれもそうです。
福が小さい(軽い)頃はなんてことなかったんですが、今はホルモンバランスの加減で太ってしまっているので、両手で高い位置で支えるのはかなり大変です。
でもよい感じで撮れていますでしょ?
20050407.jpg所用で滋賀県に行き、貴生川で電車を待っておりました。
ホームを良く見てみると、ちょうと真ん中にイコカの改札があります。ホームにです。
???なんでだろう・・暫く考え込みました。
答えは、貴生川はJRと信楽高原鉄道が通っているからで、同じホームに停車するお互いの電車をを行き来する乗客用に、ホームの真ん中にイコカがあるようです。
凄く珍しいなぁと思って、ホームで電車待ちする人もたまたま少なかったので、スーツ姿で靴を脱いで長椅子に登ってパチっと撮りました。
20050404.jpg今朝、いつものように福の散歩に行き、帰宅して暫くしたら、玄関先でぷりぷり。さっきしたのにどうしたのかなぁと思っていたら、その後調子悪そうな表情に変わって、かなりやばめ。しかし会社には行かなくてはいけないので後ろ髪を引かれる思いで出勤。
出勤したところで私が落ち着く筈はなく、仕事中もずっと福のことが心配で心配でそれどころではなかった。
年も年なので、ちょっとしたことが決定打にならないかと本当に最近は心配で仕方がない。
もし帰宅して倒れていたらどうしよう、とか、悪いことも頭をよぎったりして、とにかく大急ぎで帰宅。結果は、いつもの福がお出迎えしてくれた。
あぁよかった。ほんとによかった。
体長20センチくらいしかない福が生後二ヶ月で我が家にやってきた頃は、私をおかあさんだと思ってまとわりついて離れなくて、出勤する時は、家においていくのが心配で心配で、よく会社近くの公衆電話から家に電話して、福を電話口に出してくれと母にお願いして私の声を福に聞かせてあやしていました(おかしい話ですが、私が声をかけるとちゃんと返事していました)。その頃の心配な気持ちは今も変わらないんだなぁと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。