● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

20040731.jpg色々と波瀾万丈の日々を送っていますが、自分自身へのご褒美に、フジロックに行くことにしました。深夜三時に大阪を出発し、10時台には新潟入りしました。残念ながらTKYは見逃してしまいましたが、フィールド・オブ・ヘブンでの次のステージ、The Savoy Truffleは観れました。もうむちゃくちゃかっこよかった!「シボレー」なんか最高!それからグリーン・ステージでのキングこと忌野清志郎のライブは圧巻でした。感動して涙腺緩みました。
この日、実は雨が降り気温もかなり下がり震えながら観てました。悪天候ではありましたが、本当に行ってよかったです!
ちなみに、画像はフジロックの入場ゲートです。
20040724.jpg最近の温度って尋常じゃないです。30℃なんかまだ低いほう。幼い頃の夏の気温は20℃後半で、30℃なんかになったら大騒ぎしていたように思います。それに、今みたいに、毎日クーラーをつけていたということもなかったように記憶しています。それが今や40℃。恐ろしいことです。
40℃といえば、ネバダ州を訪れた時に、その数字を経験しましたが、湿気を全く感じなかったせいか、どんなに熱風を浴びてもカラッとして爽快でした。
同じ40℃でも、日本は特有の湿気が更に不快指数をあげています。
湿気。くせ毛の人間には鬼門ともいえるキーワードです。とにかくまとまらない、気に入らない、外に出たくないの三拍子。
ということで、これだけあつなったらわにもあこぅなります。
因みにこれはワニのリングホルダー。
20040723.jpgタイトルと横の画像の男性と、いったいどのような関係があるんだろう・・と、思う方がほとんどだと思います。
実は彼、20年前に患った上咽頭癌と、ここ数年の2度の脳梗塞の後遺症と加齢のために、歩行がおぼつかないのです。それで普段はステッキをついています。ここまでは普通の話ですが、彼は、ステッキの他に雨傘をステッキ代わりにして、ダブルステッキで歩行するのです。歩き方はまさに間かん平の『ステッキ爺』。
私が彼を車の後部座席に乗せた時、車から降りる際にドアを閉めようとした反動で、愛車にステッキの鞭が飛びました・・まるでステッキ爺のように。トホホ。でも、かわいくて憎めない人なんですよ。ということで、私は彼に対して愛情をこめて『ステッキ』と呼んでいます。
で、正体は誰なのか?私の愛すべき父親です。
ステッキ、今日はまた別の病気で入院しました。ちょっと調子が悪くなったので検査をしたのですが(本人は検査が嫌い)、その後で外で美味しい昼御飯が食べれると楽しみにしていたのに(食べることが何よりの楽しみ)、そのまま入院になってしまい、しょんぼりしていました。大事でないことを祈るばかりです。
画像は、鼻にチューブをして「あれ?写真撮るの?」というきょとんとした表情のステッキです。
20040722.jpg人には、それをみると思わず笑みがこぼれてしまうというものがあるように思います。私の場合のそれのうちのひとつが『お花』です。今日、会社の方から、お庭で育てたというイエローのグラジオラスを頂きました。綺麗ですね。お花をプレゼントされると、更にニコニコになります。普段はぶっちょ面なので分かりやすいです。
妹のごまんは華道の免除を持っていて、毎週きれいなお花を抱えて帰宅しては、いけてくれます。毎週、どんなお花を連れて帰ってきてくれるのか、どんなふうにいけてくれるのか、凄く楽しみなのです、って本人には言ったことがないですが・・。
さて、みなさんの『笑顔の素』はなんですか?
私には、その他に『どうぶつ』、『ケーキ』、『牛乳』などがあります。
20040721.jpg一見、お洒落なイタリアンぽい外観のお店ですが、実はれっきとしたお好み焼き屋さんで、北浜にあるArAKAというお店です。私の勝手なセオリーなんですが、お好み焼き屋と洋食屋は年代ものの、店内も使い込んでいます的なお店のほうが旨いように感じます。そういう意味ではこのお店は非常にきれいでお好み焼き屋独特の雰囲気はありませんが、とてもおいしゅうございました。そういえば、北浜界隈に、美味しくて値段も良心的なたこ焼き屋さんがあるのですが店名を忘れてしまいました。またちかいうちにアップします。
20040720.jpgこの犬、誰だかわかりますか?愛犬福の人生最長のロン毛スタイルです。赤ちゃんの頃、その毛がふわふわでかわいかったし、シーズーという犬種は毛を伸ばすものだと思いこんでいたので、散髪せずに伸ばしていました。すると、シーズーの祖先と言われているラサアプソに似てきました(ラサアプソという犬は、もっと大きくて、毛は人間でいうところのドレッドヘアチックで、顔がどこにあるか判らないくらい毛が多い犬です)。
福の顔の周りの毛はわりと黒や茶色が多くて、こうやって毛を伸ばすと、まるで顔だけ汚れているようにみえます。そして顔が埋もれてしまって表情が判りにくくなってしまったので、この写真を撮影した後、断髪したのでした。いわゆる「サマーカット」と呼ばれるピタピタ系に。彼自身はどちらが好みなのかは判りませんが、今年の酷暑にこのスタイルだと、きっと彼も辛かっただろうに・・と、思います。
ということで、よければ7/7分の日記の画像と見比べてみて下さい。
20040719.jpg私はお祭りが大好きです。いや、正確に言うと、境内に夜店が出ているあの雰囲気が大好きです。ちょっと幻想的なライティングに魅惑のジャンクフード。
近所でちょうど夏祭りをやっていたので福の散歩がてらいざ出発。福がいるので残念ながら神社の入り口まで。幼い頃は、夜に出掛けることが刺激的で、夜店でやる金魚すくいやスマートボールなんかも楽しみでした。綿菓子は歯に悪いからと、親にはなかなか買って貰えなかったなぁ・・・
面白いもので、大きくなると、ゲーム系よりも、「食」のほうに気がいってしまいます。2、3名で行くと、色々なものを分けて食べることが出来るから楽しいですね。たこ焼き、イカ焼き、フランクフルト、大判焼、お好み焼き、おでん・・・。やっぱり私は粉もんが好きなようですね。
最近は、夜店に並ぶ食べ物の単価がずいぶんとお高くなってきましたね。たまに凄く驚くような値段のものもあります。
祭りが近くなると、地元では、若い衆が川のたもとに集まり、太鼓などの練習をしている音が聞こえてきます。ちきちん、ちきちん、ちきちん、どんどん。いいですねぇ・・。
そうそう、この画像、福が暴れたのでとてつもなく荒々しいですが、雰囲気だけでも感じとって下さい。
20040718.jpg梅田を歩いていたら、ちょうど上のタイトルのイベントが行われていて、面白そうだったので、ちょっと覗いてきました。
ATR知能ロボティクス研究所で開発されたRobovieという三種類のロボットが展示されていました。このロボットは『Robovie-R』という、コミュニケーション研究のために開発されたロボットだそうです。全身に搭載されている17個のサーボモータでいろんな身体表現を行い、41個のセンサーで周囲の状況を感知するらしいです。
私が通りかかった時はちょうどデモの最中で、Robovie-Rが目の前にいる女の子とコミュニケーションをとっていました。最後には女の子にハグをせがんでいました。そのしぐさといい、声といい、本当に可愛かったです。女の子とRobovie-Rのやりとりを見て、なぜだか顔がほころんだのでした。

20040717.jpg前にも書きましたが、今私を悩ませる事柄がいくつかあって、そのうちのひとつは本当に極限に達していて、非常に辛い日々が続いています。
そして、最近は、精神的に限界を超え、それがもとで身体も壊して会社を暫く休むことになってしまいました。
そして再び出勤した日に、私が暫く席を外している間に、連れのよしをくんが私の席にやって来て、このメモを書類にそっとはさんで立ち去っていました。後でこれを見つけて、私は思わず涙がぽろぽろこぼれました。
もつべきものは友ですね。本当にありがたいことだと思いました。
ちなみに、このパンダはよしをくんがよく書くイラストです。ほのぼのとしていますでしょ?よしをくん、と言っても男性ではないです。これから辛くなったり、行き詰ったりした時は、このメモを見ることにしようと思います。
20040716.jpg今晩は、職場の別の部門の方々と、北浜にある「OUI」にて食事をしました。もう長い間ずっと体調不良だったもので、殆ど酒を口にしなかったのですが、今日は珍しく普通に呑んでました。OUIは土佐堀筋沿いの欧風創作料理屋さんで、川に面している為、対岸にある、中ノ島公会堂の綺麗にライトアップされた姿を店の中から眺めることが出来、景観は抜群です。勿論お料理も美味しいですよ。
メンバーの一人が面白い特技を持っていました。突然ですが、皆さんはゴキブリをどのような方法で駆除されますか?私は新聞紙かティッシュ、若しくは熱湯で撃退ですが、その人は、なんと輪ゴム一つでゴキブリの頭めがけて放ち、しかも一撃で打ちのめすらしいです。因みに蚊も同様の方法に撃退するそうです。 素晴らしい動態視力。
楽しい時間は本当に早く過ぎ去りますね。ほろ酔い気分でゆらゆらと歩いて帰ったのでした。因みにこの画像はそのゆらゆら時に北浜のライオン橋を撮影したもので、画像も、ね、ゆらゆらでしょ。
20040715.jpgよく通る道にある、とあるお宅の外に、ラッキーな時は彼の姿を確認することができます。名前が分からないので勝手に愛犬フクの名をもじり「フグちゃん」と呼んでいます。最初に彼を観た時は、家の外でご主人様に固形石鹸でごーしごーしされていました。その姿のかわいかったこと!もう「キャー!」って叫びそうなくらいでした。そういえば祖母の家にいた沢山の犬たちはみんな同じように固形石鹸でごーしごーしされていました。あ、話を戻して・・そのごーしごーしを観て以来、彼が外にいる時は近寄っていき、遊んでもらっています。ほんとにかわいいです。
20040714.jpg
これはDavid Bowieの新譜ですが、そのボーナストラックとして、キンクスのWaterloo sunsetが収録されています。大学時代にベースの連れからこの曲の音源を貰いましたが、その時よりも今のほうがこの曲の良さが判る気がします。年齢によって曲の感じ方は本当に変わるものですね。過去にWaterloo駅にはおりたった事はあるのですが、午前中であった為、夕暮れを堪能することが出来ませんでした。今さらながら後悔です。今日は何となくこういう気分です。またイギリスにふらっと行きたいものです。
20040713.jpg今日は仕事で埼玉は大宮まで行きました。ここのところ自分を取り巻くさまざまな環境について考えざるを得ない状況で、こころは疲れ気味です。そんなときに新幹線の車窓から飛び込んでくるのどかな風景を観ながら、Fairground AttractionのAllelujahを聞くと何ともいえない気分になりました。私の性分で過去に捕らわれることが多々あります。前を向いて歩いていかないといけないなと思います。この曲を聴いてその意味をかみしめる時、私は思わず涙がこぼれることがあります。みなさんも一度この曲と歌詞を味わってみてください。因みに歌詞はMark NevinのHPにあります。http://www.marknevin.com/songs.html
20040712.jpgお正月、ではありません。これは私の妹で、通称「ごまん」と言います。昨夏念願のバイクの免許をとりました。2ケツは一年後、ということであと二ヶ月くらいすれば私も後ろに乗せてもらえるのです。すごくたのしみ!いろんなところに連れてってもらおうと今から訪問先を考えています。他の人からも、是非乗せて欲しいと予約を頂いているそうですが、まずは私で試験走行してから、と皆に言っている、とのことです。・・・昔ハマったローラーブレイドのプロテクターをひっぱりだしておかないと・・・
バイクといえば、従弟ののりも「風の人」です。朝起きて、風向きにより、ふらっと出かける方角を決めるそうです。なんだか羨ましいですね。彼の場合は本当の長距離ライダーなので、所有するバイクが牛のようにビッグです。
20040711.jpg近所のスーパーマーケットの外に野菜の段ボールが山積みになっていて、よく見たらすごいネーミングなので思わず撮影してしまいました。こんな銘柄あってよいのだろうか・・と、しばし考え込みましたが。果たしてどう『軟弱』なのでしょう?中に入っていたお野菜の種類は?気になる気になる。
イメージ的には葉ものかしら・・・・。
20040710.jpgウクレレなおちゃんが所属するドゥーワップグループ「The Five Distants」のライブが空堀のパブ・デッシャロで行われました。とても居心地の良いムーディなお店にあたたかな男性5人の声が響きわたりました。自分のやりたいことは、たとえ時間がかかってもやり遂げる、なおちゃんの楽しそうに歌う姿をみてやり遂げた後の笑顔がその答えを語っている気がしました。そして、やっぱり自分は人の「声」というものがスキなんだなぁとつくづく感じたのでした。
20040709.jpg会社近くのタリーズが開店1周年を記念してデキシーランドジャズのライブを開催していたので聴きに行きました。お店はお客さんで溢れかえっていました。キツネの嫁入りが降る中、楽しい演奏が店内に広がり、嫌な気分も吹き飛ばしてくれました。その後国際ビルにご飯を食べに行きましたが、たまたま和ものの演奏を聴くことができました。今日は和洋音楽三昧の夜でした。音楽はほんとに不思議なものですね、夢心地でした。
20040708.jpg木曜の楽しみ、ホテル阪神Barボンバーで行われるA-Showさんのライヴの模様。実はライヴ終わってから無理言って撮らせて頂きました。落ち込んでいる時にA-Showさんの歌声とギターを聴くと癒されます、というか救われます。歌い手としては、かなり影響を受けていますが残念ながら反映はされていないです・・(涙)。<One day>というバラードがあって、ほんまに泣けます。特にサビとサビからイントロに移行するあたりが・・。ソロバージョンとバンドバージョンでは微妙に違うので、どちらも皆さん一度体験されることをお薦めしまっす。まぢですごいですよ。
20040707.jpg愛犬の福です。こないだ13歳になりました。人間でいうところの68歳くらいらしいです。非常におぼこい顔していますが、実際は年老いているのでいたわらないといけません。昔は抱っこしてもひょいって感じで出来たのですが、プチ肥満もあり、抱っこすると、彼は「ふ、ふぅぅぅぅ、うぐぐぐぅぅうぅ・・」的な、やや苦しめの声を出します。
これはわにのぬいぐるみをだっこしつつあそんであそんでポーズをしているところです。わにのぬいぐるみはちょうど彼のサイズに合うらしく、一番のお気に入りのようです。始終噛んで、抱っこして遊んでいるので、当初ついていたプラスティックの目玉は今は原形をとどめておりません。・・・しかし・・こういう風にじぃっとみつめられるとメロメロです。
部屋の窓から見える夕焼けです。この風景を見て「特捜最前線」を思い出す人はどれぐらいいるだろうか・・・ほら、聴こえてきませんか?特捜最前線のエンディングテーマ曲が・・。この辺は夜景も綺麗ですよ。Xマスの頃には某ビルでトナカイなどの形のライトアップがされます。