● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回、5月に開催された「伊丹オトラクな1日」の際に、いつもお越し下さるTomoさん(亡きPekoちゃんの飼い主さん)が、そろそろ新しい子を迎え入れようかと考えていると仰っていて、いいご縁があるといいですね、というお話をしていました。

その後、Tomoさんのところに琉球犬の血が流れた犬がやってきました。


201407ちゃも02


名前は「ちゃも」、おんたです。

週末、ちょうど練習帰りにちゃもに会いに行きました。

すると、門から見える茶色のぴたぴた犬。

ちゃも。


Tomoさん、毎日1時間以上お散歩されているとのことで、それ以上に元気な子らしいです。

我々が訪れた際は、非常におとなしく、また人懐っこくて、きっと遊びだしたらずっと遊びが止まらないんだろうなぁという感じでした。

とてもかわいらしい・・・・。


201407ちゃも01
(想像以上に大きかった、とベース氏、すんごい人懐っこいとギター氏。)


「ちゃもくん、はじめまして・・・」と挨拶をしてひとしきり遊んだあと、Pekoちゃんの眠る場所でお参りして、その場を去りました。

また遊ぼうね。

秋にはお散歩がてら、伊丹の音楽のお祭りにもあそびにきてね。


201407ちゃも04


スポンサーサイト
みんなに会いたくなり、西向きの電車に乗っていました。


201005zoo2.JPG

とても親近感を覚えるヒップラインです。
なにげに、遠巻きにきょとん顔の彼が可愛らしいです。


201005zoo3.JPG

お耳が垂れるとつばき注意。
可愛らしい目が半目になった瞬間、「狙われている」と察しました。


201005zoo4.JPG

とてもよいお天気だったので、ひなたぼっこ。
死んだように眠っていました。


201005zoo5.JPG

非常に脱落系です。
ぶらーんぶらーん。


201005zoo6.JPG

もう暑いねん。やってられへんて。
お二方、ふて寝しているように見えます。
しかし肉球がほんに可愛らしい。


201005zoo7.JPG

ごまんの仲間も暑いなぁとだらーん。
時折首を持ち上げてもすぐにだらーん。


201005zoo8.JPG

毛づくろい中?
恋路の邪魔をしてはいけません。
ずっと何かしら二頭でやってました。


201005zoo9.JPG

私が一番会いたかった方です。
残念ながら奥のほうに佇んでいました。
いつまでもいつまでも見つめていたいと思います。


201005zoo10.JPG

モヒカンに長い尾っぽ。
スタイリッシュでアンニュイな感じでした。


201005zoo11.JPG

カメラ慣れしているのか、携帯を向けると近づいてきてくれました。
ちょっと魂もっていかれ系の表情になってしまいました。


201005zoo12.JPG

あなた、今月はお座敷3つあるのよ、がんばりんさい。


201005zoo13.JPG

リラックスできているのか、辛抱しているのか、暑いのか寒いのか。
きれいにくるくるしていました。
彼らがいない時用の模型(ちゃんと柵にひっかかるようになっている)がありましたが、爪が鋭利な金属でした。
「本当に動かないねぇ」と模型を観て驚いている家族がいました。
そのままそっとしておきました。


201005zoo14.JPG

”しずかにね!”
すてっきの部屋のTVは、スイッチをつけるといきなりマックス音量になります。
どうしてでしょう。
そのTVに見せてやりたいです。


201005zoo15.JPG

なんて無防備なおっさんの寝姿。
右手で膝っこぽりぽりしてました。
おっさん本領発揮。


201005zoo16.JPG

頭頂部のヘアーですが、同じ敷地内に直毛の子とちぢれ毛の子がいました。
言うまでもなく、ちぢれ毛の子に親近感を覚えました。


201005zoo17.JPG

彼のおつとめの終業時刻は16時半。
とっくにその時刻は過ぎているわけです。
しかしその時刻になっても扉があきません。

”あれ、なんであけてくれへんの?なぁなぁ、ガラスの覗き口から見えてるやろ、なぁて。
あ、もしかしてあっちの扉のほう?ほんま?
ほなちょっと向こう行ってくるわ(スタスタスタタタタ・・!!タタタタタ)
なぁなぁ、あっちあいてへんかったで、ほなこっちやんなぁ。
なぁなぁ、もう10分過ぎてるで。
今日は残業て聞いてへんて。
はよ電車乗らな甲子園間に合わへんねんて。
なぁなぁ、なぁて。”



みんなありがとう。

また会いに行くからね。
2009秋到来

最近はすっかり秋らしくなり、トコトコするにはちょうど気持ちいい冷たい風がかすかに吹く季節となりました。

トコトコする時の楽しみといえば、

① 思いつくままに写真が撮れる
② ぎゅーぎゅーの満員電車からしばし開放される
③ 散歩中の犬に出会える
④ 橋の上でぼーっと川の波紋を眺めることが出来る、です。

実はこの他にもうひとつ、大きな楽しみがあって、

⑤ 橋のたもとにいる鳥を一羽一羽観察する

なのですが、季節により数カ月間、鳥たちはどこかへ旅立ってしまい、彼らがいない数カ月間は、どんなに川を眺めても、動くものはひとつもありませんでしたが、昨日久し振りに「あっ!」と発見。
一羽、そう、あのゆらゆらさんの仲間が一羽、ひよーんひよーんと川やビルの間を旋回していました。
嬉しくなって、橋の上で立ち止まり、しばし彼の動きを観察。
ひよーんひよーんと飛行中の足の佇まいがとても可愛らしくて好きなので、自分の頭上を飛ぶ時は、じーっと足元を観察します。

ゆらゆらさん2009秋

ひとしきりひよひよした後、街灯にちょこんととまりました。
目が合うはずもないのに、じーっと見つめる人間。
今日はええ天気やなぁと、少し天を仰ぐような角度で佇むゆらゆらさんの仲間。
そない見つめんでもええやろというくらい見つめる人間。

本当はいつまでも見つめていたい。
しかし勤め人は会社に向かわねば。

葛藤しつつ写真を撮影していたら、遠くから太郎さんが「おはよう」とやってきました。
太郎さんもほぼ同じコースをトコトコしているようで、たまに遭遇します。

後ろ髪をひかれつつも、太郎さんと職場に向かいます。

太郎さんが、ゆらゆらさんについて説明してくれ、そこで始めてゆらゆらさんの名前を知りました。
彼が別の土地にいる頃には背中が黒いということも教えてくれました。

私は鳥については全くといっていいほど名前を知りません。
鳥が無性に好き、というのでもないのですが、恐らく一生懸命生きている姿を見て、何かが伝わってくるから好きなのかも知れません。
そういう意味で、動物のひたむきさは心を掴んで離しません。

通勤途中にこうしてしばし喧騒から離れ、ゆったりと時間を過ごすのもいいものだなぁと思います。

ゆらゆらさんの仲間と別れ、太郎さんと会社までの道を歩きつつ、ヴィオラ奏者の太郎さん、そして歌い手の私の音楽談義が続くのでした。

2009秋到来2
会社に行く道すがら、たまに川辺にいる鳥をぼーっと眺めることがあります。

沢山の鳥が川辺にある色々な外灯の上でお休みしていたかと思えば、誰かの合図で一斉に空高く飛んでくっついて旋回しては離れを繰り返します。

羽根を思いっきり伸ばして飛んでいる姿には夢があります。
私は鳥については殆ど知識がないため、色々な鳥を見ても何という名前の鳥かさえも分かりません。
ですからその生態については知る由もなく。
あ、フィリピン・イーグルはその佇まいが好きです(頭部の羽根のスタイルがミュージシャンっぽい)。

さて、昨日の朝は久し振りに写真を撮りながらボーっと眺めていました。
ちょこんとした佇まいが可愛らしいなぁと朝からほのぼのとした光景を見て和んでいたら。

鳥たちの奥のほうで、明らかに違う行動をとっている鳥を発見。
とある電線で何故かゆらゆらしている鳥が。
まるで綱渡りをする際、バランスを取るために微妙に身体を振っている感じというか、いや違う、まるで居眠りしている人が首をかくかくするような動きで、その鳥は電線の上で前後にゆらゆらしていました。
そのようなシチュエーションに出くわしたことがないので、面白いなぁと思いながら暫くその鳥を観察していました。
連続画像(拡大したので画像がえらく汚いですが)に写る一番左の電線にちょんてしている鳥です。

ゆらゆらさん1

ゆらゆらさん2

ゆらゆらさん3
お解りになりますでしょうか、尾っぽの角度が明らかにおかしい、怪しい。
特に3枚目なんか、凄い角度でしょ?あ~落ちる~って感じです。

仮にその鳥を「ゆらゆらさん」と名づけます。

しばらくゆらゆらさんがゆーらゆーらと大きく前後に揺れ、そのうち足もおぼつかなくなり、心なしか目つきも若干アワアワしている感じで、あれ、ちょっと変だな(素人目にももしや辛いのではないかと映るくらい)と思っていたら、きっと我慢ならなかったのでしょう、しゅっと飛び立ち、大きく旋回しました。。

電線にとまってるのが辛かったのかなぁ・・と考えていたら、次の瞬間。

何と外灯にお休みしている一羽の鳥にぶつかって場所を奪取しました。

・・・・!?これまた初めて見る光景に驚愕。
とてもおとなしそうなのに・・・よほどゆらゆらがしんどかったのか・・・。

そして蹴落とされた鳥はといえば、その後大きく大きく旋回して、自分が元いた場所めがけて突入、そして奪還成功。
奪い返されたゆらゆらさんは行き場所がなくなり(他の外灯もところ狭しと他の鳥がちょこんとしている)、結局は元いた電線に。

そしてゆらゆらさんのゆらゆらは続くのでした。
ぎこちなく、身体を居眠り中よろしく前後にゆーらゆーら、そして足元は相変わらずおぼつかなげで。

・・・・・・・・・あんまり面白かったので、長いこと眺めていたら、会社に行くことを忘れ遅刻しそうになっていました。

またゆらゆらさんに会えるだろうか。
そしてまたぎこちない体勢をしているのだろうか。

・・・・ゆらゆらさんは眩暈持ちなんだろうか。

・・・・昨日やけを起こして呑みすぎたのだろうか。

・・・・夜更かしが祟りペリーが迎えに来た(舟をこぐ→大きな船をこぐ→黒船ペリー)んだろうか。

そんなことを考えつつも急いで会社への道をトコトコした冬の朝でした。
200811ほーほー

その日によってトコトコする道が違うものの、ほぼ確実に渡る橋があり、その袂に大きな木が沢山生えています。

普段何気なく歩くだけなら見過ごしてしまいそうなのですが、木の中の枝に鳩が集合しています。
みなさん落ち着いてはります。
可愛らしい。
そんな風景を見るだけでも少し癒されてしまいます。

そういえばもう来年代変わりするというのに、最近になって初めて知ったことがありました。

実家にいた頃に、外からよく“ホーホー・・・ホッホー”という声が聞こえてきました。
私は何の鳥がそう鳴いているのか全く分かりませんでした(というのも、声がするが姿はなかったので)。
あれって面白いですよね。
地域というか、テリトリーによってキーもエンディングも違いますよね。

因みに私の実家付近で鳴いていた鳥の構成はこうでした。
“ホーホー・・・ホッホー、ホーホー・・・ホッホー、ホ?”

たいがいキーはD―D―B―B, D―D―B―B, B という感じでラストはBあたりで完結していました。
ちょっと不意を突く感じというか、拍子抜けというか。
ラストに「?」がつくような幕引きです。
他の場所でその鳴き声を聴いたときは、Dで始まりD(最後落ちるパターン)で終わっていました。
こちらは最後のキーを落としているので聴いてる側にもやり遂げた感が感じられます。

そしてこないだ。
なおちゃんの霊園を訪れた際に同じ“ホーホー”系の鳴き声がどこからともなく聴こえてきたのでこの鳴き声の正体はと皆に問うと、べまきさんとごまんが「鳩や」と即答。

今まで鳩に遭遇する機会なんて腐るほどあったというのに、実際ホーホー鳴いている場面に一度も出くわしたことがなかったので非常に驚きました。

・・そうなんや、鳩やったんか・・・。

ということで、この橋を渡る際に“ホーホー”の集団に出くわす私は、いつか目の前で“ホーホー”鳴いてくれるだろうと淡い期待を抱きながら、日々トコトコするのでした。

そして彼らが奏でる一連のコード進行は一体どうなのだろうと。
やり遂げるのか、不意を突くのか。

追伸:上の画像には沢山のほーほーが休んではります。お解りになるでしょうか?
最初TVで初めてそのCMを観た時に思わず

”か~わ~い~い~!!!!!”
と虜になってしまったアルパカのクラレちゃん。

ミラバケッソのCMに登場していますが、今日クラレのHPをチェックするまで、本当にツクリモノだと思っていました。

このTVCMの撮影風景、更にたまりません。

スタッフの人が、普通に”アルパカ入りま~す”って仰ってるし・・・

とことことことこって撮影所に普通に入場してくる姿がなんともいえない。


あの大きな目。
何て目で見るんでしょうね。
下半身のモコモコ具合もかわいい。


で、”めぇ~”ってなくんですね。

角度を変えるとスタンダードプードル(大きすぎて、私は人間入ってるんじゃないかといつも思います)みたい。

那須のアルパカ牧場(入場無料だそうです)にいる子が起用されたそうですが、観にいきたい・・・
しかし遠すぎる・・・・・
DSCN0994.jpg


かわいいでしょ?

もう、たまらないくらいにかわいらしいんです。

DSCN0995.jpg


ちょっとうとうとしたりして。

初期のブログにも登場していた、とある街に住むパグのフグちゃん。
名前もわからないので、勝手に私が福をもじってフグちゃんと名づけました。

真四角のはこに顔を入れたかのような真四角がおのフグちゃん。

たまに様子を見に行っていたのですが、ある日、いつも開いている玄関の扉がぴしゃっと閉じたまま。
生活している雰囲気もなく、扉の擦りガラス越しに映っていたフグちゃんのシルエットもなく。

それから何度か確認しにいったけれど、お引越しちゃったんでしょうか。

きっとお引越した街でも街行く人に愛されているんだろうなぁ。

フグちゃん。

またどこかで逢いたいなぁ。

何度見てもたまらない、私の心をわしづかみ。

きんらきんらのつぶらな瞳がたまらない。
20070615214721.jpg

今日はええ天気やなぁ・・

20070615214729.jpg

海も最高、アンヨもポカポカで最高やん

20070615214735.jpg

くんくん、くんくん・・・
あ!この匂い、まんまとちゃうか!?
なぁなぁ、まんまどこ?まんまどこ?

20070615214742.jpg

まんまやおもたのになぁ・・

20070616190238.jpg


もうフテ寝するわ すぴー すぴぴぴー

下田在住、プレリードッグのシーちゃん 4さい。

体長は普通に立っちすると25㎝位。

背伸びして伸び上がると35㎝位。

プレーリードッグって、実は会話が出来るんじゃないかって思うくらい、言葉を発しそうな雰囲をかもし出している気がするのは私だけでしょうか。

可愛らしい。
ミカンジルのすみさんが、王子動物園での可愛らしい画像を送って下さいました。

20070507210007.jpg

最近TVでよく子供のパンダを見かけます。
本当に愛らしいですよね。
昔トランペッターのトーマスのことを”パンダ”と呼んでいた時期がありました。
最初は可愛らしい子供のパンダだと思ってそう呼んでいたのですが、今は立派なおとなパンダに。
トーマス、大きくなったよなぁ・・・。
しかしかわいさは今もそのまんまというのがパンダらしい。

ごまんは、”パンダには後ろにチャックがついてるねん、で、中にはおっさんが入ってんねん”と言います。

確かに動作はおっさんチックです。
おなかをぼりぼりかきそうな勢いです。

20070507210018.jpg


連休中は暑い日が多かったですね。
特に高槻ジャズストの2日間はこの子のように水の中をすいすいしたいと思うほどでした。
ボールをトントンする姿や、水の中をすいすい泳ぐすがた、釘付けです。

20070507210037.jpg

人間に近いからなのか、動物園に行っても猿系のものはよく観察します。
特にオランウータン。
本当に可愛くて仕方がありません。
手をぎゅっと握りしめたくなります。

20070507210054.jpg

すみさん、象を真正面から撮影するなんて、非常に斬新です。

嗚呼、動物園が私を呼んでいる ・¥・
20070225215826.jpg

とても寒い週末でした。
みなさんお風邪など召されていないでしょうか?

さて先週のこと。
帰宅途中、自宅とそう離れていない細い路地で、一匹のわんちゃんを発見しました。

よく見るとノーリード。
車がよく通るのに、もし轢かれでもしたらどうするのと、飼い主を探せど待てど暮らせど飼い主らしき人はいない。
きれいにトリミングされているので野良ではないのは理解できるけれど、ひょっとして輪抜け(自ら首輪を抜いて脱走する)したのかも。

轢かれると困るので、私はチャリを片手に、その子に「おかあさんはどこにいるの?」「おうちはどこ?」と訊いてもしぃぃん。

トコトコ歩き始めたので、普段輪抜け癖のある子が自力で散歩していただけだったのかも知れないと思い、姿が遠くなるのを見守っていたのですが、どうやらそうでもないらしく。
この街で暮らして浅い私には、どのおうちのわんちゃんかなんて判るわけもなく。

暫くして遠くにダックスを連れて散歩している女性の姿を発見。
藁をもすがるような気持ちで「すみません!!」。
かくかくしかじかと事情を説明し、警察に連れて行くよりも、周囲の犬を飼っているお宅に訊きまわったほうがよいのではということになり、そのわんちゃんをだっこして、女性とダックスと私で捜索開始。

お邪魔したうちの一軒で、このわんちゃんが綺麗にトリミングされていることから、近所のペットサロンで訊いてみるのがよいかもという知恵を頂きそうすることに。

お邪魔してみると、やはり2週間前くらいにトリミングをした犬で、どこどこの犬ではないかとオーナーが即答。
訊くところによると、普段脱走癖があるようで。
電話で飼い主に連絡をとってもらい、無事解決。

あぁよかった。
この寒空、彷徨って疲れて車にでも轢かれたら悲しすぎます。
おかあさんのもとに帰れてよかったよかった。
安心して私も家に帰りました。

もう勝手におそとでたらあかんよ。
20060619210254.jpg
ある日、いつもの散歩道を歩いて帰ると、何箇所かにわけて、猫のまんまコーナーがあることに気づきました。

数日後、おっちゃんとおばちゃんが、まんまの皿にキャットフードを入れて、猫と遊んでいる姿を見ました。きっと毎日毎日、猫たちはこのおっちゃんおばちゃんが来るのを心待ちにしているのでしょう。

そして最近、小雨がぽちぽちと降っている時、この猫に出逢いました。
いつも携帯を猫たちに向けると、察してシャッと逃げられることが大半なのですが、この日はどうも様子が違いました。

木陰から私を見ているのです。不思議だなぁ。今にも近寄ってきそうな勢いで。
私が銀杏並木の横をとことこと歩くと、猫もついてくるのです。
そして、銀杏の木の下で、木にしなをつくってはこちらをチラッと見ます。
その姿はまるで”えさちょうだい”のおねだりポーズ。

”・・・あ、まんまの人と間違えているな、この子は。”

そう気づいた私は、かばんの中を探ってみましたが、あげれる物は何もなし。
その猫に”ごめんやで~、まんまもってへんねん。”
と謝りつつとことこその場を去ろうとしたら、またついてきて、
木の下で止まって媚びるポーズをとる。
何度もそれの繰り返し。
そのたびに私も”ごめんやで~、ほら、ないねんて。”
と、かばんの中を開けてみせる。

その日は約束の時間にまんまのおっちゃんとおばちゃんが来なかったのでしょうか。

私を「まんまの人」と間違えた猫は、銀杏並木が続く限り、同じことを
繰り返してまんまくれと訴えました。

最後に並木が切れた時に
”ほんまにごめんやで~、じゃあね、バイバイ。”
と言ってお別れしました。
暫くして猫は諦めて違う方向を向きました。

その時の写真がこれです。

因みに猫が向いている方向は、本来、まんまのおっちゃんとおばちゃんが来るであろうまんまコーナーの方角です。
猫の目と鼻はまっすぐまんまコーナーのほうに向いていて、しっぽはきっとまんまのおっちゃんおばちゃんを見つけるアンテナです。

まんまのおっちゃんたちにちゃんと出会えたのかなぁ。
続きを読む
20060521103551.jpg

呼び出されたけど、なんやろなぁ・・・ブクブクブクブク・・・

なんも心当たりあれへんねんけどなぁ・・・・ブクブクブクブク・・・

なんか怒られるようなことしたっけなぁ・・・・ブクブクブクブク・・・

早弁かなぁ・・・・ブクブクブクブク・・・

これカラコンやなくて裸眼やしなぁ・・・・ブクブクブクブク・・・
続きを読む
20060514214740.jpg
先週末、和歌山のアドベンチャーワールドに遊びに行ったごまんから、かわいいごまふあざらしの画像をもらいました。

このあざらし、なんと睡眠中だそうです。

ずーっとこのままの格好だったそうで・・・。

ちょ――――んてしているひれが、何て愛くるしいんでしょう・・・。

口元もなんとなんと・・・ぴらってめくってみたい。
続きを読む
20060429215503.jpg
会社帰りに微妙な距離感を保った三匹のネコに遭遇しました。

仲良しなのか、喧嘩仲間なのか、親子なのか三角関係なのか、よくはわかりません。

ネコの生態をよく知らないので、こういうのはどういった感じなのでしょう。

そんな何も知らない私からみれば、この微妙な距離感が、自分が人見知りをしている時に相手にとる距離感を示しているように見えました。

ちなみに私を示しているのは左端の子です。
20060409164959.jpgOBP界隈をドライブしていたら、斜め前の車にわんちゃんがいました。

車の深緑の色と、わんちゃんのルックスが非常にマッチしていました。

わんちゃん、結構、というか、かなりでかかったです。

一応チェーンは車にはくくりつけられていましたが、万が一、カーブの時などにくるくるってならないか心配になりました。

賢そうなので、きっと機敏に反応するのでしょう。

話がそれますが、たまに車の窓から、顔くらいならよいのですが、体ごと乗り出しているわんちゃんを見ますが、何かとっさにハンドルをきったとかで、窓から飛び出さないか、本当に心配になります。

あと、ノーリードで人通り、車の通行量の多い歩道を散歩させている飼い主さんも気になります。

いくらわんちゃんがおりこうだとしても、相手が悪くて何か災いがふりかかるかも知れないのに、お願いだから、リードしてあげて・・と思います。
20060331231831.jpg
雨上がりの土の上を、どうやら鳥がとことこお散歩したようですね。

とこ、とこ、とこ、とことことこ・・・。

20060331230642.jpg
今日は年度末、決算ですね。
私が関わる仕事も若干関係していまして、今日中にきちんとかたがつくだろうかと心配していましたが、朝から鬼モードで処理して何とか無事終えることが出来ました。
これも色々な人のおかげです。感謝です。

お昼ごはんを食べて、まだ30分くらい時間があるので、久しぶりに彼らに逢いに行きました。

会社から早足で5分くらいのところに中之島公園があり、気分転換にたまに訪れますが、そこに彼らはいます。

中之島公園には沢山のネコが住んでいます。
公園のおじさん達が飼っていらっしゃるようで、ある場所には沢山の犬とネコがいます。

今日もいるかなぁとのぞきに行ったらいました!!
風は強かったのですが、ぽかぽか日差しの下で気持ちよさげに佇んでいました。
かわいいなぁ・・。

azukin.jpg会社の伝説のダンスユニット、ビルマーズのチーマー、いつも笑顔のOさんが更に笑顔になる理由。

それは昨年の6月に生まれたヨーキーの”あずきん”ちゃん。
あずきんちゃんのお話をすると、とても幸せそうな表情を浮かべられます。

こないだ、生まれてからのあずきんちゃんの画像が入ったCD-ROMを頂きました。
沢山のあずきんちゃんの画像。
どれもこれも愛情たっぷりに撮影されたものばかりでとてもほほえましいものでした。

その中から1枚紹介です。
どの画像もかわいくて迷ったのですが、あずきんちゃんの特徴がよく出ているこちらを紹介。

あずきんちゃん、普通のヨークシャーテリアよりも若干耳が長いというか、大きいですね。
耳がぴんとしていてほんとに可愛らしい。
迷子になってもお耳ですぐわかりますね。

今はやんちゃざかり、なのでしょうね~。

Oさん、また成長したあずきんちゃんの写真見せて下さいね~
画像が変換の途中で少しぼけさせてしまったかもです、すみません~!!
20060113232007.jpg

年頭の記事でも紹介した、ピレニーズのあきちゃんですが、残念なことに、ピレネー山脈へと旅立ってしまいました。
心よりご冥福をお祈りいたします。

13歳。犬は大型・小型によって年齢が若干変わってくるそうで、あきちゃんの場合は超大型犬で、人間の年齢にすると100歳くらい、まさしく天寿を全うされました。

言葉を介してコミュニケーション出来る人間の介護でさえとても大変だと感じるのに、動物とは言葉を交わすことが出来ないので、目の表情などからおよその求めていることが理解できても全てを判ってあげられないことがあって、私の場合はそれがはがゆいと思ったこともありました。加えて、とても大きな体のピレニーズ。ずっとあきちゃんの介護をされていたKaorinさんのご苦労は、計り知れないものと察します。

でもそのことは、みんなあきちゃんよくご存知であったと思います。”Kaorinさんに出逢えて、本当によかったなぁ”って、あきちゃん、きっと思っているでしょう。

元々は大型犬が大好きな私、KaorinさんのHPで紹介されるあきちゃんや、先立った同じピレニーズのゆうちゃんの画像をPCの壁紙に設定したりして、仕事中も優しい気持ちにさせて貰えました。

福を亡くしてから、彼らのかわいらしい画像や、彼らにまつわるお話をKaorinさんから伺ったり、励ましのメールを下さったりと、そのことがとても励みになったり、心が救われました。今でもとても感謝しています。

あきちゃんの訃報を伺って、自分の気持ちの整理がつかなくて、ブログでもなかなか書くことが出来ませんでした。

今はきっと・・・先立ったゆうちゃんや、浅知恵さん&Megさんの姫ちゃん、ひょっとしたら福も遊んで貰っているのかも知れません。美味しいものを食べて大きなひろっぱで遊んでいるのかもしれませんね。

みんなそれぞれのままん(浅知恵さんはぱぱん?)のもとで、Guardian Angelとなって微笑んでくれているのでしょう。

こちらの画像はKaorinさんから頂いた、あきちゃんとゆうちゃん。私が一番好きな画像です。
aki_annyo.jpg
以前ブログで書いたかも知れませんが、私は犬のあんよが大好きでして、犬の肉球をぱぁって開いたり、ほっぺにあてたりするのが好きです。

こないだ、Kaorinさんにピレニーズあきちゃんの肉球って一体それぐらいの大きさなのでしょうと素朴な疑問をぶつけてみたところ、Kaorinさんからその答えが私の元に届きました。

そう、なんとあきちゃんの肉球の大きさは「パスポートサイズ」!!!

むちゃくちゃでかい!!!あ~かわいすぎる!!

以前、市販品、超大型犬用の靴を 通販で お取り寄せされたそうですが、サイズが合わなかったくらいの大きさだそうです。

そういえば連れのPierreの愛犬Daisy(マスチフ)に会った時も驚きました。
デイジーのあんよが私の顔と同じサイズだったのです。

超大型犬。かわいらしすぎる・・・・。
犬好きの私はノックアウトです・・・。

Kaorinさんどうもありがとうございます!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。