● ● ● わ に の に わ ● ● ●

音楽やペット、スウィーツ、仕事、介護などを通じて、日々の色々な出来事をつらつらと書いてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、LEE.さんのブログを読んでいると、思わず何かの冗談かと思う記事があり、そんなことあり得るはずがないと思いました。

最近は自主的に音楽事情や映画事情を入手することがないので、とにかく疎く、誰が日本にライヴにしにくるとか、どんな新譜が出るとかそういうことも全く疎くなってしまったため、色々なコンサートもチケットを取り損ねたりすることが多々あります。
こないだもAC/DCをとり損ねました。

話は戻って、LEE.さんのところで、ANVILの映画に関する情報がUPされていて、正直「まぢで~?!」という気持ちと「嬉しい~!!」という気持ちがこみあげてきました。

ANVIL20091205.JPG

そう、私は中高生と(大学もかな?)、昔はいわゆるメタルキッズだったのでした。
未だに聴きますが、それは当時のもので、最近のものには全く興味が沸かないです(最近のものでも少し古いテイストのバンドなら好きなのですが)。

現在組んでいる2つのバンドの雰囲気からすると、到底結びつかないイメージなのですが、それも私の大きな1ページでありました。

今からちょうど25年前、私と兄、そしてそれぞれの連れの4人で、南港で行われた当時のHM/HRの一大イベントであるSuper Rock 84に行きました。
私にとっては夢のような出演ラインナップで、スコピー、White snake、MSGなど、当時を代表する豪華なキャスティング、そしてこのイベントをきっかけに日本に熱がついたBon Joviも(デビュー直後の初期FC在籍していました)エントリーしていました。

MSG以外はよく聴いたのですが、このそうそうたるラインナップの中で、私が最も楽しみにしていたのは彼ら、そうANVILだったのです。
本当にかっこよかったんです。
あのサウンド、私には衝撃的でした。

だから、炎天下の中、ANVILの演奏を聴きながら、拳を振り上げヘッドバンギングしつつ”Metal on metal“を歌ったことを未だに覚えています。

・・・まさか、25年を経て彼らにこういう形で再会できるなど、夢にも思わなかったわけで、ちょうど先週末から大阪で上映が始まる、ということで、いてもたってもいられず、初日最終に観に行ったのでした。

映画を心待ちにしている人々は、恐らく私世代から上の方が多く、更に恐らくは同様にSuper Rock 84を経験された方も多かったのだろうなぁという感じでした。
中には、恐らくそのときは生まれていなかったでしょうという感じのレギンス男子もいて面白かったです。

そして鑑賞。

25年前のSuper Rock 84の模様が映し出され、思わずタイムスリップ。
あの時のテンションを思い出しつつ、画面には色々なミュージシャンのコメントが出てきて、大好きなアンスラックスのスコットも出てきたりとものすごく嬉しくなりましたが、最後に某ミュージシャンが、まわりのミュージシャンは彼らのいいところを全てかっさらっていってしまったという、何とも鋭くヘヴィなメッセージを残して本編の現在の現実に戻るという感じで始まっています。

昔ファンであったということもあってか、現在の彼らの状況、どうしてそうなっていったのかを淡々と語る部分は涙腺が緩んでしまいました。
中盤にライヴをバックに語っているくだりなど、音楽をするはしくれとしては、非常に共感を得ることもありました。

ANVIL200912053.JPG


全編を通して思ったのは、彼らの音楽に対するスタンスのピュアさ。

14歳から50歳を過ぎての現在まで、自分たちの音楽を信じてあそこまでまっすぐに突き進むことが出来る、彼らを駆り立てる衝動に感銘を受けました。

そしてVoリップスとDs.ロブの長年に亘る付き合い。
何度となく起こる葛藤と争い(それだけ音楽に対して本気であるということなのですが)、しかし根底では家族よりも深いといってもいい、信じられないくらいの絆の深さ、そんな仲間に少年時代に出会った彼らが羨ましくなりました。

同じ夢を、いつまでもいつまでも追い求める、自分たちの夢(音楽)を追うことによって、彼らはお金を儲けるということをやめてしまったという人生。

そんな彼らの全てを受け入れ、応援するそれぞれの家族や兄弟、親。どの人のコメントにも愛が満ち溢れていました。

人とのつながりの大切さ。

そして夢について自分がどういうモチベーションで追うのかということ。

自分が信じるものは何なのかということ。

ぶれない軸とは何かということ。

全編にわたり、私には、人生のヒントと思われるメッセージが沢山あって、物凄く考えさせられました。

何度もふと涙腺が緩んでしまいました。

映画で彼らが語った言葉をもう一度、文字として自分の中に消化させたいと思い、書籍でも出ていたらなぁと思いました。

特に彼らのファンであったということも、HMのファンであったということも、もしかすると音楽が好きであることも関係なしに、色々な人に観てもらいたいと思った映画でした。

彼らにとっては音楽が夢でしたが、それをご自身の夢に代えてご覧になると、非常に得ることが多い映画だと思います。

しかし、LEE.さんがブログで書いていた杞憂は私も気になる。



25年前、自宅応接室で兄とよく聴いたANVIL。
そして通学途中にオートリバースにして聴いたカセット。

願わくば、この映画は岐阜にいる兄も誘って観に行きたかったなぁと。


短い上映期間でちょうど大阪上陸という好タイミングに情報を得れたのはLEE.さんのおかげ。
本当に感謝です。


この映画の感想を文字にするのは非常に難しいと感じつつ、ブログにUPしましたが、個人的にはあたたかい気持ちになれた、とても深い映画でした。

お薦めの映画です。


ANVIL200912052.JPG

追伸。
久しぶりにJJ(TS)も観れて嬉しかった!!
スポンサーサイト
20060527222837.jpg
ごまんが「トランスポーター2」の試写会のチケットを当てたのでついて来いと、天保山の海遊館ホールまで連れていってくれました。

トランスポーター1も観ずにいきなり2。
リュック・ベッソンの作品ということ以外は何の知識も持たずに挑みました。

正解。かなりのめりこみました。
2作目ということですが、1を観ずとも充分楽しめました。
本当に、予想以上によかったです。

主役のジェイスン・ステイサムは変わった経歴で、元飛び込みの世界12位の記録保持者。その後はモデルとして活躍、その後映画界へ。
この作品まで彼の映画を観たことがなかったのですが、特に際立ってハンサムというわけではない(失礼)というところが余計な色眼鏡を外して作品自体の主人公のクールさを引き立てているように思いました。

全て計算しつくした華麗な身のこなしはどこまでも無駄がなく、あり得ないほどの強靭さ。
加えて必要最低限しか口を開くことのない主人公フランクがクールでないわけがないです。

久しぶりにアクション映画を観ましたが、何といいますか、大人のアクション映画って感じでした。
静と動の絶妙なコントラストに驚かされました。
お薦めです。今週末から上映されるようですが、損はしないと思います。

帰りしな、ごまんと二人で「かっこええなぁ、フランクかっこええなぁ」と連呼しながら観覧車をパチリ。
20050607.jpgよしをくんからDVDを借りて、今はまりそうなのが”Tru calling"という、死体安置所で働く”Tru"という医学部を目指す女性がヒロインの米国の一話完結ドラマです。
彼女にはunnatural dead、つまり変死の類の、無念にも亡くなってしまった人の声が聞こえ、「無念」という気持ちが”Help”という声となって彼女に訴えかけ、彼女に聞こえると、途端に彼女は前日の朝にタイムスリップしてしまい、タイムスリップする前に起きている不慮の出来事を回避すべく、色々と手を尽くすというストーリーです。彼女はこの「声」を聞いてタイムスリップして人助けすることを使命だと思っています。
タイムスリップ。するとしたら皆さんはいつに戻りたいと思われますか?
私の場合は・・・大好きだった祖母に会って、いやちがうなぁ、祖母にタイムトラベルをしてもらって、現在の成長した自分を見てもらって、聞くことが出来なかった色々な話を聞きたいなぁと思います。
今日は道具屋筋の映画館で「ネバーランド」を観てきました。
1900年初頭のロンドンを舞台に、あの「ピーター・パン」の作家ジェームズ・バリと、そのモデルとなった少年の一家との不思議な交流の日々を描いた映画です。
内容はあまり書けませんが、感動作でした。忘れ去っていたものを思い出しました。
映像がとにかく幻想的で、色々な人の心の描写が凄いと思いました。始まった頃は「ん?」と思ったのですが、終わって気がついたらハンカチ・・・・。
映画のメッセージにもある「想像力」と「信じる」って、本当に大切だと思いました。
映画って人によって感じ方が違うと思いますが、個人的にはお奨めです。
生涯の中で5本の指に入る作品になるかもしれません。
20041011.jpg俳優のクリストファー・リーブがなくなったそうですね。ご冥福をお祈りします。
彼の一般的なイメージは、やはり「スーパーマン」なのでしょう。しかし私にとっては・・・。
邦題は「ある日どこかで」、「somewhere in time」という、リーブ氏とジェーン・シーモア嬢が共演したSF恋愛映画があります。
時空を超え、時の運命に引き裂かれる恋人たちの悲恋を描いた映画なのですが、今でも強烈な印象が残っています。
高校時代に初めてこの映画を観た時、映像の美しさと、シーモア嬢の恋愛をしている時のとても幸せそうな表情、そしてその後に理屈では片づけられない時の悪戯に巻き込まれてしまう、あまりにも悲しすぎるラストが一気に私を襲い、暫く放心状態でした。あの空気感はなんなんだろうと思いました。
この映画を更にドラマティックにさせているのが、ラフマニロフの「パガニーニの主題によるラプソディ」です。とても効果的に使われていますが、映画の内容に非常にマッチしています。
もし機会があれば是非ご覧下さい。DVDも出たそうです。なんともいえない切ない気持ちになります。私のお薦め恋愛映画のうちのひとつです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。